羽田沙緒里

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/09 15:41
 
アバター
研究者氏名
羽田沙緒里
 
ハタ サオリ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/40581012.ja.html
所属
北海道大学
部署
薬学研究科(研究院)
職名
助教
学位
博士 (生命科学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
2012年
北海道大学 薬学研究科(研究院) 助教
 

論文

 
Kimura A, Hata S, Suzuki T
The Journal of biological chemistry   291(46) 24041-24053   2016年11月   [査読有り]
Cam M, Durieu E, Bodin M, Manousopoulou A, Koslowski S, Vasylieva N, Barnych B, Hammock BD, Bohl B, Koch P, Omori C, Yamamoto K, Hata S, Suzuki T, Karg F, Gizzi P, Erakovic-Haber V, Bencetic Mihaljevic V, Tavcar B, Portelius E, Pannee J, Blennow K, Zetterberg H, Garbis SD, Auvray P, Gerber H, Fraering J, Fraering PC, Meijer L
Journal of Alzheimer's disease : JAD   62(4) 1663-1681   2018年2月   [査読有り]
Tsukamoto M, Chiba K, Sobu Y, Shiraki Y, Okumura Y, Hata S, Kitamura A, Nakaya T, Uchida S, Kinjo M, Taru H, Suzuki T
FEBS letters   592(16) 2716-2724   2018年8月   [査読有り]
Sobu Y, Furukori K, Chiba K, Nairn AC, Kinjo M, Hata S, Suzuki T
Molecular biology of the cell   28(26) 3844-3856   2017年12月   [査読有り]
Motodate R, Saito Y, Hata S, Suzuki T
Brain research   1646 227-234   2016年9月   [査読有り]

Misc

 
【認知症 発症前治療のために解明すべき分子病態は何か?】 (第2章)アルツハイマー病病因分子と制御 BACE1によるAPP切断とprotective変異
羽田 沙緒里
実験医学   35(12) 1996-1998   2017年8月
アルツハイマー病(AD)発症に深く関与すると考えられるアミロイドβタンパク質(Aβ)はAPPがβセクレターゼによって切断された後、γセクレターゼによって二次切断されることによって産生される。これまでに家族性AD家系からAPPのβセクレターゼ切断が亢進する遺伝子変異が発見されている。一方、アイルランドの全ゲノム配列解析から、AD発症に抑制的に作用する遺伝子変異が見つかった。この変異はAPPのβ切断を減少させる変異である。これらのことから、βセクレターゼ切断がADの有効な治療ターゲットとなるこ...
羽田 沙緒里
助成研究報告集   44(0)    2012年
鈴木 利治, 羽田 沙緒里
日本臨床   69(0) 110-114   2011年10月

特許

 
鈴木 利治, 今野 禎子, 羽田 沙緒里, 清藤 勉, 赤津 裕康