Sasahara Hideki

J-GLOBAL         Last updated: Mar 2, 2018 at 19:03
 

Misc

 
笹原 英樹, 三浦 清之, 清水 博之
中央農業総合研究センター研究報告   (19) 15-29   Oct 2013
NAGAOKA Ichiro, MIURA Kiyoyuki, UEHARA Yasuki, SASAHARA Hideki, OHTA Hisatoshi, GOTO Akitoshi, SHIGEMUNE Akiko, KOMAKI Yuzo
Breeding Research   15(2) 25-31   Jun 2013
我が国では,食料及び飼料の自給率を向上させるため,稲麦二毛作の拡大や生産調整水田の利用等を通じて,飼料用稲の増産が図られている(農林水産省 2010)。稲を牛の飼料とする場合には,子実だけでなく地上部全体を利用することも可能である。特に,稲の茎葉を子実ごと収穫し,嫌気的に発酵させて作る稲発酵粗飼料(Whole Crop Silage:WCS)は,牛の嗜好性もよく,肉の品質も向上するとされており,注目されている(石田ら 2007)。WCSは地上部全体を利用するため,生産にあたっては地上部乾物...
Ozaki Koji, Miura Kiyoyuki, Sasahara Hideki, Shigemune Akiko, Goto Akitoshi, Nagaoka Ichiro, Fujita Morihiko, Imai Hideto, Kawase Koichi
Journal of Crop Research   58(0) 25-31   2013
A rice cultivar suitable for sake brewing, "Kyonokagayaki," was developed from a cross between Shu6602 and Yamagata90 in collaboration between Kyoto prefecture and the National Agricultural Research Center. Culm length of Kyonokagayaki is slightly...
重宗 明子, 三浦 清之, 上原 泰樹, 小林 陽, 古賀 義昭, 内山田 博士, 佐本 四郎, 笹原 英樹, 後藤 明俊, 太田久稔#清水博之#藤田米一#石坂昇助#.中川原捷洋#奥野員敏#山田利昭#小牧有三#堀内久満#福井清美#大槻寛#丸山清明
Bulletin of the National Agricultural Research Center   (16) 17-37   Mar 2011
「華麗舞」は1979年に北陸農業試験場(現中央農業総合研究センター・北陸研究センター)において,超多収品種の育成を目的として,インド型多収品種「密陽23号」を母とし,日本型多収品種「アキヒカリ」を父とする人工交配を行って育成された品種である.1990年から「北陸149号」の系統名で関係各府県における奨励品種決定調査試験およびその他の試験に供試してきたものであり,2006年10月4日に新品種として「水稲農林415号」に命名登録された「華麗舞」の特性の概要は以下のとおりである.1. 出穂期は「...