論文

査読有り
2019年6月

腹腔鏡下リスク低減卵管卵巣摘出術により両側卵管采に漿液性卵管上皮内病変が発見された遺伝性乳癌卵巣癌症候群の1例

信州医学雑誌
  • 鹿島 大靖
  • ,
  • 岡 賢二
  • ,
  • 品川 真奈花
  • ,
  • 山中 桜
  • ,
  • 小野 元紀
  • ,
  • 竹内 穂高
  • ,
  • 井田 耕一
  • ,
  • 樋口 正太郎
  • ,
  • 山田 靖
  • ,
  • 小原 久典
  • ,
  • 菊地 範彦
  • ,
  • 宮本 強
  • ,
  • 橘 涼太
  • ,
  • 福嶋 義光
  • ,
  • 古庄 知己
  • ,
  • 家里 明日美
  • ,
  • 伊藤 研一
  • ,
  • 浅香 志穂
  • ,
  • 上原 剛
  • ,
  • 塩沢 丹里

67
3
開始ページ
209
終了ページ
215
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
信州医学会

症例は42歳女性で、41歳時に左乳癌と診断され、左乳房全摘術、センチネルリンパ節生検、乳房再建術が行われた。家族歴と若年での乳癌発症から遺伝性乳癌卵巣癌症候群が疑われたため、遺伝カウンセリングが行われた後に当科紹介となった。リスク低減卵管卵巣摘出術を腹腔鏡下手術で行った。子宮、膀胱子宮窩、ダグラス窩、骨盤腹膜、両側傍結腸溝、大網、肝表面、横隔膜下面に異常所見は認められず、骨盤内から腹腔洗浄細胞診を施行したが、腫瘍細胞は検出されなかった。術後経過は良好で、2日目に退院した。HE標本では両側の卵管采上皮に細胞の偽重層化した領域を認め、核異型はごく軽度であり、免疫染色ではp53強発現、Ki-67低陽性率であることから漿液性卵管上皮内病変と診断した。術後27ヵ月経過し、腹膜癌等の異常は認められていない。

リンク情報
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J00685&link_issn=&doc_id=20190626490007&doc_link_id=%2Fdg2shins%2F2019%2F006703%2F008%2F0209-0215%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg2shins%2F2019%2F006703%2F008%2F0209-0215%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J00685&link_issn=&doc_id=20190626490007&doc_link_id=10.11441%2Fshinshumedj.67.209&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11441%2Fshinshumedj.67.209&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J00685&link_issn=&doc_id=20190626490007&doc_link_id=http%3A%2F%2Fhdl.handle.net%2F10091%2F00021474&url=http%3A%2F%2Fhdl.handle.net%2F10091%2F00021474&type=%90M%8FB%91%E5%8Aw%81F%90M%8FB%91%E5%8Aw%8B%40%8A%D6%83%8A%83%7C%83W%83g%83%8A&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F80022_3.gif
ID情報
  • ISSN : 0037-3826
  • eISSN : 1884-6580
  • 医中誌Web ID : 2020140981

エクスポート
BibTeX RIS