Masanaho Sasatsu

J-GLOBAL         Last updated: Aug 23, 2018 at 11:03
 
Avatar
Name
Masanaho Sasatsu
E-mail
sasatsuhoshi.ac.jp
Affiliation
Hoshi University
Research funding number
60421210

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Hiraku Onishi, Masashi Nakamura, Masanaho Sasatsu
Current Nanoscience   14 366-376   Jan 2018
© 2018 Bentham Science Publishers. Background: Quercetin (QE) is one of the flavonoids with various biological functions such as anti-oxidation, anti-inflammatory and antitumor. However, the low aqueous solubility and short half-life in the body r...
(1) Satoshi Kitaoka, Jo Hatogai, Nanako Niikura, Miho Hirata, Nanako Fukasawa, Satoru Miyazaki, Naoto Yamaguchi, Shohei Harada, Masanaho Sasatsu, Kiyoshi Sugiyama, Wataru Ochiai
Fundamental Toxicological Sciences   5(1) 49-56   2018   [Refereed]
Kawano Y, Sasatsu M, Mizutani A, Hirose K, Hanawa T, Onishi H
Chemical & pharmaceutical bulletin      Mar 2016   [Refereed]
Onishi H., Abe K., Sasatsu M., Ikeuchi Y, Machida Y.
Austin J Nanomed Nanotechnol   4(1) 1-5   2016   [Refereed]
Toraishi Tatsunori, Sasatsu Masanaho, Nakamura Tadayuki, Matsuo Kei, Matsuo Akiko, Yotsumoto Kana, Sato Hajime, Saitou Ryoko, Ide Makoto, Wachi Hiroshi, Okuyama Kiyoshi, Toraishi Kenichi
Japanese Journal of Pharmaceutical and Diabetes   4(2) 204-213   2015   [Refereed]
今回,我々は健常人を対象として,手動式皮膚痛覚計を用いて手指の圧痛覚テストを行い,測定部位による感覚閾値の違いについて検討を行った。その結果,感覚閾値が低い順に第三指爪の横,第二指爪の横,第四指爪の横,手のひら,第二指指紋部,第三指指紋部,第四指指紋部となり,測定部位によって圧痛覚に違いがあることが分かった。よって,痛みを理由に血糖自己測定を継続しがたい症例に関しては,穿刺部位により感覚閾値の違いがあることを患者自身に認知させることは,血糖自己測定の継続に寄与することができる可能性があると...

Misc

 
外用製剤のMRIを用いた吸水特性の評価
笹津 備尚, 横川 雅光, 大貫 義則, 関根 祐介, 入澤 亮吉, 坪井 良治, 輪千 浩史
日本褥瘡学会誌   19(3) 363-363   Aug 2017
壊死組織の種類におけるスルファジアジン銀の効果について
土方 愛莉菜, 関根 祐介, 廣瀬 香織, 笹津 備尚, 下平 智秀, 藤瀬 遥, 奥山 清, 明石 貴雄, 入澤 亮吉, 坪井 良治
日本褥瘡学会誌   19(3) 364-364   Aug 2017
院内製剤から臨床製剤への進化 効果的な薬物治療を実践するために 臨床製剤の新たな発信は大学から
米持 悦生, 笹津 備尚
日本薬剤学会年会講演要旨集   32年会 43-43   May 2017
テノホビルを含む抗HIV薬の味覚マスキングについての検討
関根 祐介, 笹津 備尚, 矢島 敏行, 平野 智理, 小野 愛莉菜, 金子 亜希子, 長尾 達哉, 山元 泰之, 鈴木 隆史, 天野 景裕, 明石 貴雄, 輪千 浩史, 福武 勝幸
日本エイズ学会誌   18(4) 543-543   Nov 2016
褥瘡に対する外用薬物療法の課題と今後の展望 世界における外用薬物療法の現状
笹津 備尚
日本褥瘡学会誌   18(3) 242-242   Aug 2016