佐竹 暁子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/02 11:55
 
アバター
研究者氏名
佐竹 暁子
 
サタケ アキコ
所属
九州大学
部署
大学院理学研究院生物科学部門
職名
教授
学位
理学博士(九州大学)
ORCID ID
ps://orcid.org/0000-0002-0831-8617

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
九州大学 大学院理学研究院生物科学部門 教授
 
2015年4月
 - 
2018年3月
九州大学 大学院理学研究院生物科学部門 准教授
 
2011年1月
 - 
2015年3月
北海道大学 大学院地球環境科学研究院 准教授
 
2007年4月
 - 
2008年1月
スイス連邦工科大学チューリヒ校水圏研究所 水圏研究所 グループリーダー
 
2005年
 - 
2007年
日本学術振興会海外特別研究員 プリンストン大学
 

学歴

 
 
 - 
2002年
九州大学 理学研究院生物学専攻博士後期課程修了 
 

受賞

 
2014年
ナイスステップな研究者 選定
 
2014年
守田科学研究奨励賞受賞
 
2012年
日本数理生物学会奨励賞受賞
 
2007年
日本生態学会宮地賞
 
2009年
Ecological Research論文賞
 

Misc

 
Conceptual Ecology and Invasion Biology: Reciprocal Approaches to Nature,” Cadotte M. W., S. M. McMahon, and T. Fukami eds. Springer, Dordrecht      2006年
Evolution of synchronized and intermittent reproduction (masting) of trees: key role of regeneration dynamics. in “Temporal Niche Dynamics,” Kelly C ed
Cambridge(in Press)      2010年
Roles of pollinator attraction and environmental fluctuation in inducing flowering synchrony. in “Temporal Niche Dynamics,” Kelly C ed
Cambridge(in Press)      2010年
Modeling population dynamics of a tea pest with temperature dependent development: predicting emergence timing and potential damage
Ecological Research   (21) 370-379   2006年

競争的資金等の研究課題

 
陸域生態系管理統合理論の構築
研究期間: 2007年   
人間の放流行動が水域生態系に与える影響評価
研究期間: 2007年   
一斉開花現象の分子機構の解明
研究期間: 2007年   
大地県境変動に対する植物の生存・成長突破力の分子的統合解析
研究期間: 2010年