佐藤 貴宣

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 22:34
 
アバター
研究者氏名
佐藤 貴宣
 
サトウ タカノリ
eメール
rinokatas9.dion.ne.jp
所属
独立行政法人日本学術振興会
職名
特別研究員(PD)
学位
博士(人間科学)(大阪大学)
その他の所属
京都大学大学院人間・環境学研究科
科研費研究者番号
50737070

プロフィール

障害児(者)の教育/学習に関する社会学的研究

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
2017年3月
大阪市立大学大学院 文学研究科 都市文化研究センター 研究員
 
2013年10月
 - 
現在
京都文教大学 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
現在
龍谷大学 非常勤講師
 
2011年10月
 - 
現在
関西学院大学 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2017年3月
大阪産業大学 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2013年3月
神戸市看護大学 非常勤講師
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2012年3月
大阪大学 大学院人間科学研究科 博士後期課程
 

受賞

 
2015年11月
関西教育学会 第5回教育実践研究賞 「特別支援学校におけるリハビリテーション専門職の配置と教師役割―二重の専門性による教職把握に向けて」
受賞者: 佐藤貴宣・高橋眞琴
 

論文

 
インクルーシブ教育の到達点―関西圏の実践から
原田琢也・中村好孝・髙橋眞琴・佐藤貴宣・堀家由妃代
金城学院大学論集 社会科学編   14(2) 48-72   2018年3月
小学校における支援の組織化と教師のワーク―全盲児童の学級参画を中心に
佐藤 貴宣
龍谷教職ジャーナル   (5) 1-17   2018年3月
インクルーシヴ教育体制に関する社会学的探究―全盲児の学級参画とメンバーシップの配分実践
佐藤 貴宣
フォーラム現代社会学   (17) 188-201   2018年5月   [査読有り][招待有り]
視覚障害者と歩行訓練士の相互行為の中の触覚についての覚書
西澤弘行・南保輔・坂井田瑠衣・佐藤貴宣・秋谷直矩・吉村雅樹
現象と秩序   (5) 15-32   2016年10月   [査読有り]
歩行訓練における地図の習得プロセス―視覚障害者歩行訓練のエスノメソドロジー
吉村雅樹・秋谷直矩・佐藤貴宣
ソシオロゴス   (40) 133-155   2016年10月   [査読有り]
視覚障害児のインクルーシブ教育における支援の組織化ー視覚障害教育の教材供給における論点整理のために
高橋眞琴・植村要・佐藤貴宣
教育実践学論集   17 93-105   2016年3月   [査読有り]
特別支援学校におけるリハビリテーション専門職の配置と教師役割―二重の専門性による教職把握に向けて
佐藤貴宣・高橋眞琴
関西教育学会研究紀要   (15) 65-80   2015年8月   [査読有り]
書評 金澤貴之著『手話の社会学―教育現場への手話導入における当事者性をめぐって』生活書院,二〇一四年
佐藤貴宣
解放社会学研究   28 109-118   2015年3月   [招待有り]
障害児教育をめぐる[分離/統合]論の超克と社会科学的探求プログラム―盲学校での参与観察を起点として
佐藤貴宣
龍谷大学教育学会紀要   (14) 13-31   2015年
盲学校教師の「見えない」現象へのナラティブアプローチ
韓星民・佐藤貴宣・吉村雅樹
福岡教育大学紀要 第4分冊(教職科編)   64 83-98   2015年
秋谷直矩・佐藤貴宣・吉村雅樹
認知科学   21(2) 207-225   2014年   [査読有り]

Misc

 
松原 崇, 佐藤 貴宣
ボランティア学研究   (11) 85-98   2011年12月
本研究の目的は、障害疑似体験の可能性について、新たな観点を提示することである。一般に、従来の障害疑似体験は車いすやアイマスクのような補装具や拘束具を用いて、健常者の身体上に障害者の身体状態を再現することで可能になると考えられてきた。しかし、こうした障害疑似体験に対しては障害学や障害当事者団体より批判的な見解が提出されてきた。本研究では、体験は人々の間のコミュニケーションを通じて協働的に構成されると考える社会構成主義の観点に依拠して考案したワークショップ『バリバリツアー』を事例として、新たな...
佐藤 貴宣, サトウ タカノリ, Sato Takanori
年報人間科学   32 39-55   2011年3月
佐藤 貴宣, サトウ タカノリ, Sato Takanori
年報人間科学   (30) 1-17   2009年
安岡 愛理, 佐藤 貴宣, 青木 千帆子
年報人間科学   (30) 33-53   2009年
佐藤 貴宣
関西教育学会年報   (33) 101-105   2009年
佐藤 貴宣
関西教育学会研究紀要   (9) 18-32   2009年

書籍等出版物

 
ディスアビリティ現象の教育学―イギリス障害学からのアプローチ
堀正嗣(監訳) (担当:共訳, 範囲:第1章 特別な教育的ニーズの政治)
現代書館   2014年4月   ISBN:978-4-7684-3531-1

講演・口頭発表等

 
授業場面における合理的配慮の複層性―個別支援と一斉指導を架橋する実践を中心に
佐藤 貴宣
第70回日本教育社会学会大会   2018年9月3日   
「触る」ことの認知的動機と社会的動機:視覚障害者の歩行訓練場面における事例から
西澤弘行・佐藤貴宣・坂井田瑠衣・南保輔
日本認知科学会第35回大会   2018年9月1日   日本認知科学会
生活指導と支援ネットワークの自己産出―「お礼」と「謝罪」をめぐる社会化実践から
佐藤 貴宣
第90回日本社会学会大会   2017年11月4日   
ロンドン・ニューアム区のインクルーシブ教育実践に関する教育―個のニーズへの対応と集団への包摂
原田琢也・濱元伸彦・高橋眞琴・佐藤貴宣
第69回日本教育社会学会大会   2017年10月21日   
障害児教育の社会学的分析におけるディスアビリティ概念の位置と機能[2017年度第68回大会シンポジウム] [招待有り]
佐藤 貴宣
第68回関西社会学会   2017年5月28日   
障害児の学級参画におけるメンバーシップの不確定性―「児童/障害児」カテゴリーの棄却と前景化
佐藤 貴宣
第89回日本社会学会大会   2016年10月8日   
触ってみる:触覚を資源とする視覚障害者と歩行訓練士の相互行為
西澤弘行・坂井田瑠衣・南保輔・佐藤貴宣・秋谷直矩・吉村雅樹
第4回日本認知科学会研究分科会「間合い-時空間インタラクション」   2016年3月16日   
特別支援学校における二重の専門性による教職把握
高橋眞琴・佐藤貴宣
障害学会第12回大会   2015年11月7日   障害学会
知肢併置特別支援学校での教員研修に関する一考察―知肢併置特別支援学校,肢体不自由特別支援学校で勤務する教員へのアンケート調査を手がかりに
高橋眞琴・平田奈穂・佐藤貴宣
第53回日本特殊教育学会大会   2015年9月20日   日本特殊教育学会
通常学校での障害児教育における支援ニーズの組織化と校種間連携をめぐる教師の経験
佐藤 貴宣
第66回日本教育社会学会   2014年9月14日   
社会的行為としての歩行―視覚障害者による歩行訓練士の空間把握の利用
吉村雅樹・佐藤貴宣・秋谷直矩
第23回視覚障害リハビリテーション研究発表大会   2014年7月19日   
身体運動と知覚のエスノメソドロジー―歩行訓練場面の分析
秋谷直矩・佐藤貴宣・吉村雅樹
第64回関西社会学会   2013年5月18日   
盲学校における日常性の産出と進路配分の画一性―理想化された教育の意図せざる帰結
佐藤 貴宣
日本法社会学会関西研究支部研究会(2011-2014年期第3回研究会)   2012年1月8日   
生徒類型の産出と進路指導の困難性―盲学校における日常的実践を手がかりに
佐藤 貴宣
第61回関西社会学会   2010年5月30日   
〈進路問題〉をめぐる学校経験のリアリティ―盲学校教師のライフヒストリーを手がかりに
佐藤 貴宣
第61回関西教育学会   2009年11月15日   
〈視覚障害〉の産出と進路問題の形成―盲学校教師のライフヒストリーを手がかりに
佐藤 貴宣
第25回日本解放社会学会   2009年9月5日   
支援技術開発における、技術者コンフリクト現象の状況論的アプローチ―支援技術開発者とユーザーとの相互行為を中心に
韓星民・佐藤貴宣
第5回日本質的心理学会   2008年11月29日   
障害者は高等教育をどのように経験しているか
松原崇・佐藤貴宣・青木千帆子
第5回日本質的心理学会   2008年11月29日   
教育を再文脈化する教育経験の物語―盲学校における進路問題を中心に
佐藤 貴宣
第60回関西教育学会   2008年11月9日   
障害学の動向と到達点―"Disability & Society"を手がかりに
佐藤貴宣・松原崇・青木千帆子・秋風千恵・安岡愛理
第5回障害学会   2008年10月26日   

担当経験のある科目

 
 

社会貢献活動

 
地域社会における障害者家族の生活実践の動態に関する質的研究
【調査担当】  NPO法人「あとからゆっくり」  2010年
障害児をもつ家族の生活実態に関するインタビュー調査
[研究報告]盲学校における進路選択の規定要因
【情報提供】  社団法人子ども情報研究センター  障害児の生活と共育を考える部会  (piaNPO[大阪市])  2007年6月9日
支援を膨らませる
【寄稿】  毎日新聞社  点字毎日  (2006年四月二日号)  2006年4月2日
大阪におけるインクルージョン教育の起源と展望
【パネリスト】  宮城県障害児教育将来構想にかかる県南シンポジューム  (船岡生涯学習センター[宮城県柴田郡])  2005年1月10日
当たり前の支援について
【寄稿】  大阪大学大学教育実践センター  創造と実践  (第5巻, pp.14-18)  2005年

その他

 
2014年10月   専門社会調査士(第002071号)