佐藤久子

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/22 16:06
 
アバター
研究者氏名
佐藤久子
 
サトウ ヒサコ
所属
愛媛大学
部署
大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
職名
教授
学位
博士(理学)(北海道大学), 博士(工学)(東京大学)
科研費研究者番号
20500359

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
現在
愛媛大学 大学院・理工学研究科 教授
 
2009年4月
 - 
2010年3月
愛媛大学大学院理工学研究科 准教授
 
2006年10月
 - 
2009年3月
JST さきがけ研究者(東京大学大学院理学系研究科)
 
2003年3月
 - 
2006年9月
JST CREST研究員(東京大学大学院理学系研究科)
 
2002年7月
 - 
2003年2月
東京大学大学院理学系研究科 研究員
 
1983年4月
 - 
2002年6月
日立製作所勤務
 

学歴

 
1981年4月
 - 
1983年3月
東京大学 大学院理学系研究科 化学専攻
 
1977年4月
 - 
1981年3月
早稲田大学 理工学部 応用化学科
 

委員歴

 
2017年3月
 - 
現在
日本化学会 中国四国支部  代表正会員
 
 
 - 
現在
日本粘土学会  粘土科学 編集委員
 
 
 - 
現在
日本化学会 低次元系光機能材料研究会  運営委員
 
 
 - 
現在
環境放射能除染学会    評議員
 
 
 - 
現在
モレキュラーキラリティ学会   実行委員
 

受賞

 
2017年9月
日本粘土学会 論文賞
 
2008年6月
日本女性科学者の会 第13回奨励賞 無機ナノシートの電子デバイスの研究
 
2003年9月
日本粘土学会 平成15年度日本粘土学会論文賞
受賞者: 佐藤久子、土屋卓久、河村雄行
 

論文

 
Toshiyuki Sasaki, Toshiyuki Sasaki, Mikiji Miyata, Seiji Tsuzuki, Hisako Sato
Crystal Growth and Design   19 1411-1417   2019年2月   [査読有り]
Copyright © 2019 American Chemical Society. Controlling chiral crystallization, which remains one of the biggest challenges in crystal engineering, brings enormous advantages in material sciences, especially chiral industries. This work demonstrat...
Ryotaro Ozaki*, Tatsuya Yamada, Shinji Yudate , Kazunori Kadowaki , Hisako Sato
Scientific Report   8(-) DOI:10.1038/s41598-018-35467-4-17119   2018年11月   [査読有り]
Sato H, Takimoto K, Mori H, Yamagishi A
Physical chemistry chemical physics : PCCP   20(39) 25421-25427   2018年10月   [査読有り]
Jun Yoshida, Syuhei Tamura, Keisuke Hoshino, Hidetaka Yuge, Hisako Sato, Akane Yamazaki, Shigetaka Yoneda, and Go Watanabe
J. Phys. Chem. B   122 10615-10626   2018年11月   [査読有り]
Tomohiko Okada, Mutsuki Oguri, Kazuki Tajima, Tomohiko Yamakami, Hisako Sato
Applied Clay Science   163 72-80   2018年10月   [査読有り]
© 2018 The proposed study aims to prepare clay-coated spherical silica particles to be applied as a column packing material for chiral high performance liquid chromatography (HPLC). These particles were prepared by directly growing a hectorite-lik...
Hisako Sato, Fumi Sato, Akihiko Yamagishi
Inorganics   6    2018年9月   [査読有り][招待有り]
© 2018 by the authors. The present article reports the application of vibrational circular dichroism (VCD) and temperature-dependent electronic circular dichroism (ECD) methods to reveal the dynamical aspects of a star-burst tetranuclear metal com...
汚染土壌の減容化に向けた放射性セシウムイオン除去:ミニフィールド装置によるオンサイト実験
佐藤久子*、山下浩、大森大輔、田村堅志、金子芳郎、山岸晧彦、森田昌敏
環境放射能除染学会誌   6(3) 153-161   2018年9月   [査読有り][招待有り]
In-Situ Monitoring of Sol-Gel Transition by Temperature-dependent VCD Method: Signal Enhancement Induced by Gelation
Hisako Sato, * Keisuke Watanabe, and Jun Koshoubu
Chem.Lett.   47(-) 1435-1437   2018年11月   [査読有り]
Toshiyuki Sasaki, Toshiyuki Sasaki, Mikiji Miyata, Hisako Sato
Crystal Growth and Design   18 4621-4627   2018年8月   [査読有り]
© Copyright 2018 American Chemical Society. The applicability of advanced graph set analysis and solid-state vibrational circular dichroism (SD-VCD) spectroscopy to the characterization of supramolecular chirality has been demonstrated. Recrystall...
Toshiyuki Sasaki, Akiko Egami, Tomoko Yajima, Hidehiro Uekusa, Hisako Sato
Crystal Growth and Design   18 4200-4205   2018年7月   [査読有り]
Copyright © 2018 American Chemical Society. Gels composed of low molecular weight gelators (LMWGs) are fascinating research targets from the viewpoint of applications because their functionalities are easily modified by designing their molecular s...
Hajime Torii and Hisako Sato
Phys. Chem. Chem. Phys.   20 14992-14996   2018年5月   [査読有り]
© the Owner Societies 2018. Chiro-optical spectroscopic methods, such as vibrational circular dichroism (VCD) spectroscopy, are regarded as useful measures that provide us information on the structural properties of chiral species, but for correct...
Shinsuke Ishihara, Jan Labuta, Zdenek Futera, Shigeki Mori, Hisako Sato, Katsuhiko Ariga, and Jonathan P Hill
J. Phys. Chem. B   122(19) 5114-5120   2018年5月   [査読有り]
Hyesong Park, Ka Young Kim, Sung Ho Jung, Yeonweon Choi, Hisako Sato, Jong Hwa Jung
Chemistry of Materials   30 2074-2083   2018年3月   [査読有り]
© 2018 American Chemical Society. We report a distinctly different dynamic helix inversion pathway of self-assembled terpyridine-based ligands composed of different numbers of peptide moieties with Co 2+ and its amplification of strain-induced chi...
Ryotaro Ozaki, Tetsuya Yamada, Shinji Yudate, Kazunori Kadowaki, Hisako Sato
Japanese Journal of Applied Physics   57    2018年3月   [査読有り]
© 2018 The Japan Society of Applied Physics. Cyclometalated Ir(III) complexes are attracting extensive attention due to their high emission properties in the visible region. Oxygen sensitive photoluminescence (PL) emissions from single- and multi-...
Masaru Kato, Hisako Sato , Ichizo Yagi , Miwa Sugiura
Electrochimica Acta   264 386-392   2018年2月   [査読有り]
Mijiddorj B, Kaneda S, Sato H, Kitahashi Y, Javkhlantugs N, Naito A, Ueda K, Kawamura I
Biochimica et biophysica acta   1866(7) 789-798   2018年5月   [査読有り]
Kazuyoshi Takimoto, Kenji Tamura, Yutaka Watanabe, Akihiko Yamagishi, Hisako Sato
New Journal of Chemistry   42 4818-4823   2018年4月   [査読有り]
© 2018 The Royal Society of Chemistry and the Centre National de la Recherche Scientifique. An attempt to develop a chiral luminescent probe with enantioselectivity is described. A tris(chelated) iridium(iii) complex with bulky ligands, [Ir(bzq) 2...
Hisako Sato*, Tomoko Yajima and Akihiko Yamagishi
Physical Chemistry Chemical Physics   20 3210-3215   2018年2月   [査読有り]
Sato H, Tamura K, Takimoto K, Yamagishi A
(2018 HOT article) Physical chemistry chemical physics   20 3141-3147   2018年2月   [査読有り]
Hisako Sato, Kenji Tamura, Akihiko Yamagishi
Chemosensors   5    2017年12月   [査読有り]
© 2017 by the authors. An ultra-thin hybrid film of amphiphilic iridium(III) complexes and synthetic saponite was manipulated by means of the modified Langmuir-Blodgett method. In the film deposited onto a quartz substrate, the external mixed mole...

Misc

 
粘土面における分子認識のその後の展開
佐藤久子
低次元系光機能材料研究会 ニュースレター    17    2018年5月
山田達也, 尾崎良太郎, 弓達新治, 門脇一則, 佐藤久子
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.11‐7   2017年9月
叶野花菜子, 佐藤久子, 山岸晧彦, 矢島知子
高分子学会予稿集(CD-ROM)   66(2) ROMBUNNO.2Pb064   2017年9月
後藤勇太朗, 渡邉裕, 佐藤久子
錯体化学会討論会講演要旨集   67th 187   2017年9月
佐藤久子, 田村堅志, 山岸晧彦
錯体化学会討論会講演要旨集   67th 240   2017年9月

書籍等出版物

 
Surface and Interface Chemistry of Clay Minerals
Hisako Sato and Akihiko Yamagishi (担当:分担執筆, 範囲:Chap6)
Elsevier   2018年11月   
Inorganic Nanosheets and Related Materilas: Fumdamentals and Applications of Two-Dimensional Systems
Hisako Sato and Akihiko Yamagishi
Springer   2017年   ISBN:978-4-431-56494-2
低分子ゲルの開発と応用
佐藤久子、矢島知子 (担当:分担執筆, 範囲:振動円二色性分光法によるゲル形成過程の解析)
シーエムシー出版   2016年5月   
Clay MInerals in Nature
佐藤久子 (担当:分担執筆)
2012年   
笹井 亮, 高木 克彦 (担当:分担執筆)
シーエムシー出版   2012年   ISBN:9784781305653

講演・口頭発表等

 
合成サポナイトに吸着したイリジウム錯体の発光挙動におよぼすキラリティの影響
秦泉寺 良樹・瀧本 和誉・渡邉 裕・佐藤 久子
日本化学会第99春季年会   2019年3月18日   
粘土鉱物に吸着したイリジウム(III)錯体の発光特性
瀧本 和誉・秦泉寺 良樹・渡邉 裕・佐藤 久子
日本化学会第99春季年会   2019年3月18日   
振動円二色性分光法を用いた軸性キラリティをもつPd二核錯体の絶対配置の決定
登口 碧・後藤 勇太朗・渡邉 裕・佐藤 久子
日本化学会第99春季年会   2019年3月16日   
酸を用いた除染法 [招待有り]
佐藤久子
環境放射能除染学会第15回講演会   2019年1月28日   
振動円二色性分光法の超分子キラリティへの応用 [招待有り]
佐藤久子
59th RAP Seminor RIKEN   2018年12月21日   

競争的資金等の研究課題

 
汚染土壌中のセシウム固定化機構の解明と実用減容化技術の開発
環境省 : 環境研究総合推進費
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 田村堅志
多次元赤外二色性分光法の開発
国立研究開発法人科学技術振興機構: 未来社会創造事業
研究期間: 2018年11月 - 2021年3月    代表者: 佐藤久子
発光性キラルイリジウム錯体膜を用いたアップコンバージョンシステムの構築
日本学術振興会: 科研費基盤B
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 佐藤久子
汚染土壌中の吸着セシウムイオンのミクロ構造の解明
科研費基盤B
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 田村堅志
D-アミノ酸への転換反応追跡用次元拡張型振動円二色性分光法の開発
文部科学省 科学研究費補助金(新学術領域(研究提案型)): 
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 佐藤久子
発光性イリジウム錯体を用いた生体内アミノ酸DL変換のその場追跡
科研費挑戦的萌芽
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 佐藤二美
汚染土壌の減容化実現に向けた粘土化学的手法の開発
環境省: 環境研究総合推進費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 佐藤久子
球状ラポナイトを利用したキラル香料成分のための分取カラムの開発
JST: マッチング探索
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 佐藤久子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 佐藤 久子
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 佐藤 久子

社会貢献活動

 
環境省環境研究総合推進費評価委員
【その他】  2016年
~ 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会 審査委員
【その他】  2015年 - 2016年
独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会 審査委員
【その他】  2012年 - 2014年
愛媛県庁 科学技術振興会 委員
【その他】
愛媛県庁 環境審議会 委員(会長代理)
【その他】
愛媛県庁 土壌汚染調査・対策検討委員会 委員
【その他】
愛媛県庁 環境影響評価審査会 委員
【その他】
愛媛県庁 環境審議会温暖化対策部会 部局長
【その他】
愛媛県庁 都市計画審議会 委員
【その他】
愛媛県庁 廃棄物処理施設設置審査会 委員 
【その他】