佐藤聡美

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/03 14:17
 
アバター
研究者氏名
佐藤聡美
所属
聖路加国際大学
学位
博士(人文科学)(お茶の水女子大学)

論文

 
小児急性リンパ性白血病女児の知的能力の推移
佐藤 聡美, 瀧本 哲也, 藤井 美有, 石田 敏章, 小阪 嘉之, 大六 一志
日本小児血液・がん学会雑誌   54(5) 403-407   2018年4月
小児の急性リンパ性白血病(ALL)の治療に必須のmethotrexate(MTX)大量療法や髄注は、知的な能力に影響を及ぼしうる長期的な神経毒性(白質脳症を含む)が懸念される。今回、MTX大量療法を行ったALL標準リスクの診断時年齢4歳女児の知的な能力について縦断的な前向き調査を行った。WISC-IV知能検査を1年ごとに計4回実施した。対象児は、ALL発症前までは成長発達に問題はなく、標準的な社会経済的環境にある両親と生活してきた。診断後、対象児はJACLS ALL-02 SRプロトコール...
【小児がんの長期フォローアップ〜医療から教育支援まで〜】 臨床心理士の立場から 長期フォローアップのカウンセリングと心理アセスメント
佐藤 聡美
小児看護   39(12) 1548-1555   2016年11月
看護に生かせる心理学 小児がんの子どもと家族のために(第9回)(最終回) あなたは未来を変えられる
佐藤 聡美
小児看護   37(3) 370-374   2014年3月
看護に生かせる心理学 小児がんの子どもと家族のために(第8回) 亡くなってから生きてくるもの
佐藤 聡美
小児看護   37(2) 228-233   2014年2月
看護に生かせる心理学 小児がんの子どもと家族のために(第7回) 思春期の子どもへの心理的支援
佐藤 聡美
小児看護   37(1) 118-122   2014年1月

講演・口頭発表等

 
小児がんの子どもの地域・成人移行に向けた支援 生きる力を育むエンパワメント 年齢層に応じた心理学的支援
佐藤 聡美
日本小児血液・がん学会雑誌   2015年10月   
NALLS3-9(小児白血病の標準リスク群における認知機能)の中間解析
佐藤 聡美, 瀧本 哲也, 藤本 純一郎, NALLS3-9研究グループ
日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号   2013年11月   
長期フォローアップを取り巻くチーム医療 小児がん経験者の心理アセスメント
佐藤 聡美[船木]
日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号   2012年11月   
小児がんの子どもと家族を支える多職種の活動 小児がんのチーム医療 臨床心理士の立場から
佐藤 聡美[船木]
日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号   2012年11月