野上 識

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/22 12:13
 
アバター
研究者氏名
野上 識
 
ノガミ サトル
URL
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/e/ORSD/
所属
東京大学
部署
大学院理学系研究科
職名
シニア・リサーチ・アドミニストレーター
学位
博士(理学)(東京大学)

研究分野

 

経歴

 
2017年3月
 - 
現在
東京大学 大学院理学系研究科 シニア・リサーチ・アドミニストレーター
 
2014年5月
 - 
2017年3月
東京大学大学院理学系研究科 リサーチ・アドミニストレーター
 
2014年4月
 - 
2014年5月
東京大学大学院新領域創成科学研究科 特任研究員
 
2011年5月
 - 
2014年3月
東京大学大学院新領域創成科学研究科 特任准教授
 
2008年4月
 - 
2011年5月
東京大学大学院新領域創成科学研究科 特任助教
 
2007年4月
 - 
2008年3月
バイオ産業情報化コンソーシアム 勤務先:東京大学大学院新領域創成科学研究科 特別研究職員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
科学技術振興機構バイオインフォマティクス推進センター 勤務先:東京大学大学院新領域創成科学研究科 研究員
 
2004年10月
 - 
2005年3月
東京大学大学院新領域創成科学研究科 教務補佐員
 
2000年10月
 - 
2004年9月
獨協医科大学 医学総合研究所 助手
 
1999年4月
 - 
2000年9月
東京大学大学院新領域創成科学研究科 教務補佐員
 

学歴

 
 
 - 
1999年
東京大学 理学系研究科 生物科学
 
 
 - 
1997年
東京大学 理学系研究科 生物科学
 
 
 - 
1994年
東京大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2011年5月
 - 
2013年3月
酵母遺伝学フォーラム  運営委員
 

論文

 
Sukegawa Y, Negishi T, Kikuchi Y, Ishii K, Imanari M, Ghanegolmohammadi F, Nogami S, Ohya Y
Journal of cell science      2018年5月   [査読有り]
Makiyama T, Higashi S, Sakane H, Nogami S, Shirataki H
Experimental cell research      2017年12月   [査読有り]
Sakane H, Makiyama T, Nogami S, Horii Y, Akasaki K, Shirataki H
Experimental cell research   345(2) 230-238   2016年7月   [査読有り]
Nogami S, Ohnuki S, Ohya Y
Journal of phycology   50(5) 939-947   2014年10月   [査読有り]
Horii Y, Sakane H, Nogami S, Ohtomo N, Tomiya T, Shirataki H
Histochemistry and cell biology   141 165-180   2014年2月   [査読有り]
Sakane H, Horii Y, Nogami S, Kawano Y, Kaneko-Kawano T, Shirataki H
PloS one   9 e93509   2014年   [査読有り]
Ohnuki S, Nogami S, Ota S, Watanabe K, Kawano S, Ohya Y
Plant & cell physiology      2013年9月   [査読有り]
Yvert G, Ohnuki S, Nogami S, Imanaga Y, Fehrmann S, Schacherer J, Ohya Y
BMC systems biology   7 54   2013年7月   [査読有り]
Horii Y, Nogami S, Kawano Y, Kaneko-Kawano T, Ohtomo N, Tomiya T, Shirataki H
Cell structure and function   37(2) 111-126   2012年   [査読有り]
Watanabe D, Nogami S, Ohya Y, Kanno Y, Zhou Y, Akao T, Shimoi H
Journal of bioscience and bioengineering   112 577   2011年12月   [査読有り]
Ohnuki S, Kobayashi T, Ogawa H, Kozone I, Ueda JY, Takagi M, Shin-Ya K, Hirata D, Nogami S, Ohya Y
FEMS yeast research      2011年11月   [査読有り]
Yamagishi H, Ohnuki S, Nogami S, Ogata T, Ohya Y
The Journal of general and applied microbiology   56(4) 297-312   2010年8月   [査読有り]
Okada H, Abe M, Asakawa-Minemura M, Hirata A, Qadota H, Morishita K, Ohnuki S, Nogami S, Ohya Y
Genetics   184 1013-1024   2010年4月   [査読有り]
Ohnuki S, Oka S, Nogami S, Ohya Y
PloS one   5 e10177   2010年4月   [査読有り]
Watanabe M, Watanabe D, Nogami S, Morishita S, Ohya Y
Current genetics   55 365-380   2009年8月   [査読有り]
Sekiya M, Nogami S, Ohya Y
Genes & genetic systems   84(4) 269-276   2009年8月   [査読有り]
Negishi T, Nogami S, Ohya Y
Journal of biotechnology   141(3-4) 109-117   2009年5月   [査読有り]
Kozone I, Ueda JY, Watanabe M, Nogami S, Nagai A, Inaba S, Ohya Y, Takagi M, Shin-ya K
The Journal of antibiotics   62(3) 159-162   2009年3月   [査読有り]
Ohnuki S, Nogami S, Ohya Y
Cell division   4 5   2009年3月   [査読有り]
Sakakibara S, Nakadate K, Tanaka-Nakadate S, Yoshida K, Nogami S, Shirataki H, Ueda S
The Journal of comparative neurology   511 65-80   2008年11月   [査読有り]
Kono K, Nogami S, Abe M, Nishizawa M, Morishita S, Pellman D, Ohya Y
Molecular biology of the cell   19 1763-1771   2008年4月   [査読有り]
Kikuchi Y, Mizuuchi E, Nogami S, Morishita S, Ohya Y
FEMS yeast research   7(4) 569-578   2007年6月   [査読有り]
Ohnuki S, Nogami S, Kanai H, Hirata D, Nakatani Y, Morishita S, Ohya Y
Eukaryotic cell   6(5) 817-830   2007年5月   [査読有り]
Ishihara S, Hirata A, Nogami S, Beauvais A, Latge JP, Ohya Y
Eukaryotic cell   6(2) 143-156   2007年2月   [査読有り]
Nogami S, Ohya Y, Yvert G
PLoS genetics   3 e31   2007年2月   [査読有り]
Suzuki G, Sawai H, Ohtani M, Nogami S, Sano-Kumagai F, Saka A, Yukawa M, Saito TL, Sese J, Hirata D, Morishita S, Ohya Y
Current genetics   49 237-247   2006年4月   [査読有り]
Ohya Y, Sese J, Yukawa M, Sano F, Nakatani Y, Saito TL, Saka A, Fukuda T, Ishihara S, Oka S, Suzuki G, Watanabe M, Hirata A, Ohtani M, Sawai H, Fraysse N, Latgé JP, François JM, Aebi M, Tanaka S, Muramatsu S, Araki H, Sonoike K, Nogami S, Morishita S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   102(52) 19015-19020   2005年12月   [査読有り]
Yoshida K, Nogami S, Satoh S, Tanaka-Nakadate S, Hiraishi H, Terano A, Shirataki H
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   10 465-476   2005年5月   [査読有り]
Igarashi R, Suzuki M, Nogami S, Ohya Y
Cell structure and function   30(2) 57-67   2005年   [査読有り]
Nogami S, Satoh S, Tanaka-Nakadate S, Yoshida K, Nakano M, Terano A, Shirataki H
Biochemical and biophysical research communications   319(3) 936-943   2004年7月   [査読有り]
Nogami S, Satoh S, Nakano M, Terano A, Shirataki H
Biochemical and biophysical research communications   311(4) 797-802   2003年11月   [査読有り]
Fukuda T, Nogami S, Ohya Y
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   8(7) 587-602   2003年7月   [査読有り]
Okuda Y, Sasaki D, Nogami S, Kaneko Y, Ohya Y, Anraku Y
Yeast (Chichester, England)   20(7) 563-573   2003年5月   [査読有り]
Nagai Y, Nogami S, Kumagai-Sano F, Ohya Y
Molecular and cellular biology   23(5) 1726-1736   2003年3月   [査読有り]
Nogami S, Satoh S, Nakano M, Shimizu H, Fukushima H, Maruyama A, Terano A, Shirataki H
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   8(1) 17-28   2003年1月   [査読有り]
Nogami S, Fukuda T, Nagai Y, Yabe S, Sugiura M, Mizutani R, Satow Y, Anraku Y, Ohya Y
Yeast (Chichester, England)   19(9) 773-782   2002年6月   [査読有り]
Mizutani R, Nogami S, Kawasaki M, Ohya Y, Anraku Y, Satow Y
Journal of molecular biology   316(4) 919-929   2002年3月   [査読有り]
Nakano M, Nogami S, Sato S, Terano A, Shirataki H
Biocbem. Biophys. Res. Commun.   288(2) 468-475   2001年   [査読有り]
Ishihara S, Hirata A, Minemura M, Nogami S, Ohya Y
Mol. Genet. Genomics   265(4) 585-595   2001年   [査読有り]
Ozawa T, Nogami S, Sato M, Ohya Y, Umezawa Y
Analytical Chemistry   72(21) 5151-5157   2000年   [査読有り]
Nogami S, Satow Y, Ohya Y, Anraku Y
GENETICS   147(1) 73-85   1997年   [査読有り]
Kawasaki M, Nogami S, Satow Y, Ohya Y, Anraku Y
Journal of Biological Chemistry   272(25) 15668-15674   1997年   [査読有り]
Takita Y, Takahara M, Nogami S, Anraku Y, Ohya Y)(Academic Journal、1997
Yeast   13(8) 763-768   1997年   [査読有り]

Misc

 
細胞の形態から遺伝子の機能を予測する
野上 識、森下 真一、大矢 禎一
月刊バイオインダストリー   23(8) 49-54   2006年8月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Chemistry, biochemistry and biology of (1-3)-β-glucans and related polysaccharides
Satoru Nogami and Yoshikazu Ohya (担当:分担執筆, 範囲:Biosynthetic enzymes for (1-3)-β-glucans, (1-3;1-6)-β-glucans from yeasts: biochemical properties and molecular biology (part 3.3.3, pp 259-282))
Elsevier Inc.   2009年8月   ISBN:978-0-12-373971-1
タンパク質の分子設計
野上 識、安楽 泰宏、大矢 禎一 (担当:分担執筆, 範囲:プロテインスプライシングとその生物学的意義(第1章6節, pp 110-121))
共立出版   2001年2月   ISBN:9784320055544

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 野上 識
平成24年度は、地理的にも環境的にも異なる場所から単離された S. cerevisiae 36 株を用い、細胞形態情報の定量化と解析を行った。これらの36株は共同研究者の Schacherer (CNRS, France) らにより精密な遺伝子多型マッピングが行われており、実験室酵母株を対照として約 65,000 箇所の SNPs, 約 200 個の欠失が報告されている (Schacherer ら (2009)) ため、 表現型の違いが遺伝子多型に起因するかどうかを関連解析により検討するこ...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 野上 識
細胞内小胞輸送は、細胞内小器官の形成や細胞運動、細胞質分裂などの重要な細胞機能に関与しており、Tethering因子、Rab低分子量G蛋白質、SNARE系などの一群の蛋白分子によって時間的・空間的に制御されていると考えられている。この数年、私はSNARE系構成因子の一つであるシンタキシンファミリーに着目して研究を進めており、昨年度は新規シンタキシン結合蛋白質であるtaxilinを発見した。本年度は、まず哺乳細胞においてtaxilinと相同性の高い分子を2つ発見し、taxilinと2つの相同...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 白瀧 博通
現在、種々の細胞内情報伝達関連分子が、細胞膜や細胞内小器官膜上の特定微小領域に局在化して情報伝達の場を形成することが、細胞内情報伝達系の機能遂行に重要であることが明らかになっている。このうち、細胞増殖等の重要な細胞機能に関与しているGPIアンカー蛋白質を介した細胞内情報伝達系では、ラフトと呼ばれる徴小細胞膜領域に一群の関連情報伝達分子が局在化することが明らかになっている。このことから、ラフトの形成機構を明らかにすることが、GPIアンカー蛋白質を介した細胞内情報伝達系の分子メカニズムの解明に...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間: 2001年 - 2001年    代表者: 白瀧 博通
最近、細胞のがん化、がん細胞の浸潤・転移に深く関与しているreceptor for advanced glycation end products(RAGE)が、ラフトと呼ばれるコレステロールに富んだ微小膜領域に局在化することが明らかになっている。さらに、ラフト形成には、細胞内小胞輸送が関与していることが明らかになっている。これらのことから、ラフト形成における細胞内小胞輸送の機能と作用機構を解明することは、生物学のみならず医学においても重要な課題となっている。そこで、本研究では、ラフト形成...

特許

 
大矢 禎一, 河野 重行, 野上 識, 大貫 慎輔, 大田 修平, 渡邉 光一
大矢 禎一, 河野 重行, 野上 識, 大貫 慎輔, 大田 修平, 渡邉 光一
善本 裕之、榎本 賢一、堀越 杏子、大矢 禎一、野上 識、大貫 慎輔

講演・口頭発表等

 
HaematoCalMorph: Haematococcus pluvialisのための多機能細胞画像処理ソフトウェア
野上 識、大貫慎輔、大田修平、渡邉光一、河野重行、大矢禎一
日本藻類学会第37回大会   2013年3月28日   
野上識, 大貫慎輔, 大田修平, 渡邉光一, 河野重行, 大矢禎一
藻類   2013年3月10日   
野上識, 大矢禎一, YVERT Gael
生化学   2007年   
河野恵子, 野上識, 岡さとみ, 森下真一, 大矢禎一
日本分子生物学会年会講演要旨集   2005年11月25日   
野上識, 佐藤幸江, 中野道子, 寺野彰, 白瀧博通
生化学   2002年8月25日   
野上識, 福田智行, 長井由利, 大矢禎一
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   2000年11月25日   
野上識, 長井由利, 大矢禎一
生化学   2000年8月25日   
野上識, 矢部志津, 水谷隆太, 佐藤能雅, 大矢禎一
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   1999年11月22日   
野上識, 矢部志津, 水谷隆太, 佐藤能雅, 大矢禎一
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   1998年11月   
野上識, 大矢禎一
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   1997年12月   
野上識, 大矢禎一
日本遺伝学会大会プログラム・予稿集   1997年11月   
野上識, 大矢禎一, 安楽泰宏
日本遺伝学会大会プログラム・予稿集   1996年10月   
矢原徹一, 巌佐庸, 野上識, 安楽泰宏, 小林一三
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   1996年7月   
野上識, 大矢禎一, 佐藤能雅, 安楽泰宏
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   1996年7月   
野上識, 大矢禎一, 佐藤能雅, 安楽泰宏
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   1995年11月