IKEZAWA Satoru

J-GLOBAL         Last updated: Feb 9, 2019 at 22:56
 
Avatar
Name
IKEZAWA Satoru
Affiliation
National Center of Neurology and Psychiatry
Job title
Chief Psychiatrist
Degree
MD, PhD
ORCID ID
0000-0003-4712-9373

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2014
   
 
独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
 

Published Papers

 
Song MJ, Choi HI, Jang SK, Lee SH, Ikezawa S, Choi KH
Psychiatry research   229(1-2) 420-425   Sep 2015   [Refereed]
Kito S, Matsuda Y, Sewaki Y, Sekiya J, Fujii T, Noda T, Ikezawa S, Takano H, Nakazawa K, Nomura M, Setoyama S, Nakagome K
The journal of ECT   33(4) e43-e44   Dec 2017   [Refereed]
Hansen MC, Jones BD, Eack SM, Glenthøj LB, Ikezawa S, Iwane T, Kidd SA, Lepage M, Lindenmayer JP, Ljuri I, Maida K, Matsuda Y, Nakagome K, Nordentoft M, Ozog V, Penney D, Saperstein AM, Sunaga A, Vinogradov S, Virdee G, Wojtalik JA, Medalia A
Schizophrenia research      Dec 2018   [Refereed]
Kashiwagi H, Kuroki N, Ikezawa S, Matsushita M, Ishikawa M, Nakagome K, Hirabayashi N, Ikeda M
Annals of general psychiatry   14 46   2015   [Refereed]
Kashiwagi H, Ikezawa S, Sumiyoshi T, Kadono A, Segawa K, Takeda K, Omori M, Taguchi H, Hirabayashi N
Neuropsychiatric disease and treatment   13 2271-2273   2017   [Refereed]

Misc

 
【精神疾患における社会機能-いかにして評価して、治すのか】 統合失調症における社会機能障害
池澤 聰
精神科   31(1) 6-13   Jul 2017
【ITをもっと活用しよう】 ウェブを介した認知リハビリテーション
池澤 聰
精神科   30(5) 442-447   May 2017
【うつ病治療における「真のリカバリー」を考える】 うつ病の認知機能・社会機能障害に対する薬物療法の効果
池澤 聰
臨床精神薬理   20(3) 267-275   Mar 2017
うつ病における認知機能は、健常者に比し-0.5標準偏差ほど低下している。再燃・再発・治療反応性との関連が指摘されており、自殺関連症状のバイオマーカーとも想定される。さらに、就労を始めとした社会的機能に密接に関連し、患者の回復(recovery)にとって重要である。うつ病の認知機能を改善される薬物療法としてvortioxetineが注目されている。従来の抗うつ薬と同等の抗うつ効果を有するとともに、認知機能や社会的機能の向上を得られる可能性が示唆されている。非薬物療法としては、非侵襲的脳刺激療...
IKEBUCHI Emi, NAKAGOME Kazuyuki, IKEZAWA Satoru, MIURA Sachie, YAMASAKI Syudo, NEMOTO Takahiro, HIDAI Shin-Ichi, MOGAMI Tamiko
精神神經學雜誌 = Psychiatria et neurologia Japonica   114(5) 489-507   May 2012
統合失調症の社会的機能には神経認知と共に社会的認知が強く関連している。統合失調症では、情動識別課題でも情動認識課題でも健常者より低下しており、あいまいな刺激を特定の情動に結びつける困難や不快情動の方に認知が傾きやすい傾向がある。妄想の発生メカニズム研究から、統合失調症罹患者には結論への飛躍という社会的認知の障害がある。結論への飛躍は過小な情報収集と強すぎる確信度という二つのバイアスから起こる。これまでの社会的認知の知見から、情動認知障害、結論へのバイアス、発散的思考への介入技術が開発されて...
認知機能トレーニング日本語版の開発と有効性の検討
土屋 さとみ, 小関 俊祐, 小野 はるか, 中澤 佳奈子, 西 優子, 野村 茉未, 長谷川 由美, 瀬戸山 志緒里, 池澤 聰, 野田 隆政
日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集   42回 167-168   Oct 2016