吉田知史

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/20 21:20
 
アバター
研究者氏名
吉田知史
ハンドル
Satoshiyoshida32
eメール
satoshwaseda.jp
所属
早稲田大学
部署
国際学術院
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京大学)
科研費研究者番号
60519320

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年
 - 
現在
早稲田大学 国際学術院 准教授
 
2014年
 - 
2018年
群馬大学 未来先端研究機構 准教授
 
2009年
 - 
2014年
ブランダイス大学 生物学部 アシスタントプロフェッサー
 
2003年
 - 
2009年
ハーバード大学医学部 研究員
 

学歴

 
1998年
 - 
2003年
東京大学 大学院理学系研究科 
 
1994年
 - 
1998年
東京大学 理学部 
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
文部科学省  NISTEP専門調査委員
 
2017年
 - 
現在
酵母遺伝学フォーラム  運営委員
 
2014年
 - 
現在
Scientific Reports  Editorial Board Member
 
 
 - 
現在
Frontiers in Cell and Developmental Biology  Editorial Board Member
 
 
 - 
現在
Frontiers in Endocrinology  Editorial Board Member
 
2017年
 - 
2018年
日本学術振興会 Japanese-Canadian Frontiers of Science Symposium  Planning Group Member
 

受賞

 
2018年9月
酵母遺伝学フォーラム 会長賞
 
2010年7月
Massachusetts Life Science Center New Investigator Award
 
2007年7月
Charles King Trust Medical Foundation Fellowship
 
2006年6月
国際生化学・分子生物学連合 Young Scientists' prize
 
2005年4月
日本学術振興会 海外特別研究員
 
2001年4月
日本学術振興会 特別研究員 (DC2)
 

論文

 
Ohashi K, Chaleckis R, Takaine M, Wheelock CE, Yoshida S
Scientific reports   7(1) 12180   2017年9月   [査読有り]
Hatakeyama R, Kono K, Yoshida S
Journal of cell science   130(6) 1169-1178   2017年3月   [査読有り]
Jonasson EM, Rossio V, Hatakeyama R, Abe M, Ohya Y, Yoshida S
The Journal of cell biology   212(1) 51-61   2016年1月   [査読有り]
Rossio V, Kazatskaya A, Hirabayashi M, Yoshida S
Cell cycle (Georgetown, Tex.)   13(13) 2073-2083   2014年   [査読有り]
Botchkarev VV Jr, Rossio V, Yoshida S
Cell cycle (Georgetown, Tex.)   13(20) 3260-3270   2014年   [査読有り]
Rossio V, Michimoto T, Sasaki T, Ohbayashi I, Kikuchi Y, Yoshida S
Journal of cell science   126(Pt 19) 4396-4405   2013年10月   [査読有り]
Atkins BD, Yoshida S, Saito K, Wu CF, Lew DJ, Pellman D
The Journal of cell biology   202(2) 231-240   2013年7月   [査読有り]
Yano K, Uesono Y, Yoshida S, Kikuchi A, Kashiwazaki J, Mabuchi I, Kikuchi Y
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   18(6) 425-441   2013年6月   [査読有り]
Kono K, Saeki Y, Yoshida S, Tanaka K, Pellman D
Cell   150(1) 151-164   2012年7月   [査読有り]
Ikui AE, Rossio V, Schroeder L, Yoshida S
PLoS genetics   8(12) e1003099   2012年   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
細胞外小胞生成に必要な遺伝子の網羅的同定とその解析
科学技術振興機構: さきがけ
研究期間: 2018年 - 2022年    代表者: 吉田知史
環境変化に応答してRho1GTPaseがシグナルアウトプットを変化させる仕組み
日本学術振興会: 科研費 基盤B
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 吉田知史
RhoのGTPase活性を標的とした抗がん剤開発の合理性を明らかにする
武田科学振興財団: 医学系研究奨励
研究期間: 2016年       代表者: 吉田知史