佐藤岳詩

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 19:03
 
アバター
研究者氏名
佐藤岳詩
所属
熊本大学
部署
大学院人文社会科学研究部
職名
准教授
学位
博士(文学)(北海道大学)

プロフィール

R.M.ヘアの道徳哲学を中心としたメタ倫理学や規範倫理学、
エンハンスメントを巡る応用倫理学の諸問題について研究しています。

近年は特に、G.E.アンスコムやI.マードック、B.ウィリアムズによる、
反合理主義的なアプローチについても研究を進めており、
倫理とは何かということをより多面的な観点から、明らかにしたいと考えています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
熊本大学 大学院人文社会科学研究部 准教授
 
2018年4月
 - 
現在
福岡大学 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
現在
熊本学園大学 非常勤講師
 
2018年9月
 - 
2018年9月
京都大学 非常勤講師(集中講義)
 
2014年4月
 - 
2017年3月
熊本大学 大学院社会文化科学研究科 准教授
 

書籍等出版物

 
メタ倫理学入門 ~ 道徳のそもそもを考える
佐藤岳詩
勁草書房   2017年8月   
CAPE Studies in Applied Philosophy & Ethics Series Vol. 2
佐藤岳詩 (担当:共編者)
CAPE publication   2013年3月   
R・M・ヘアの道徳哲学
佐藤岳詩
勁草書房   2012年10月   

論文

 
C.ダイアモンドの分析的倫理学批判-分析対象としての倫理をめぐって
佐藤岳詩
現代思想 12月臨時増刊号   45(21) 235-249   2017年11月   [招待有り]
二つの倫理学 ── 選ぶことと視えること
佐藤岳詩
Humanitas   (8) 93-105   2017年3月   [招待有り]
私たちの身体と性とエンハンスメント –美容整形をめぐって-
佐藤岳詩
愛・性・家族の哲学② 性 自分の身体ってなんだろう?   76-107   2016年4月
アンスコム、 “Modern Moral Philosophy ”の処方箋
佐藤岳詩
先端倫理研究   (10) 5-24   2016年3月   [査読有り]
倫理学における内的視点と外的視点 ~ 「全一性に基づく反論」と間接功利主義
佐藤岳詩
西日本哲学年報   (23) 91-108   2015年10月   [査読有り]
現代徳倫理学における自然主義と徳の規準
佐藤岳詩
実践哲学研究   (36) 153-180   2013年10月   [査読有り]
Two Thesis of Moral Enhancement
佐藤岳詩
Applied Ethics: Risk, Justice and Liberty   13-24   2013年7月   [査読有り]
手段としての道徳とその内側・外側を巡って ― 安彦道徳哲学における道徳の正当化
佐藤岳詩
Dialogica   (15) 71-88   2013年3月   [招待有り]
メタ倫理学における「非認知主義」の展開
佐藤岳詩
実践哲学研究   (35) 41-74   2012年11月   [査読有り]
性格のエンハンスメントの倫理的問題点について
佐藤岳詩
『医学哲学・医学倫理』   (30) 20-29   2012年10月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
動物倫理と肉食
佐藤岳詩
第23回マルチスピーシーズ人類学研究会「食と肉の種的転回」   2018年12月8日   
道徳の領域を見定める - R.M.ヘアとP.フットの論争を手掛かりに [招待有り]
佐藤岳詩
Morality mod Scienceセミナー特別編「モラルハッカソン2018」   2018年11月24日   
Locating the Spheres of Morality [招待有り]
佐藤岳詩
Center for Ethics Research Seminar   2018年10月25日   
”Good” on Benatar’s Anti-natalism
佐藤岳詩
Closed Seminar on “Meaning in life” and Analytic Existentialism   2018年8月19日   
反出生主義のメタ倫理学的検討 [招待有り]
佐藤岳詩
学習院大学文学会・学習院大学文学部哲学科共催シンポジウム「D・ベネター 『生まれて来なかった方が良かった』をめぐって」   2018年4月21日   
倫理的に生きるとは何か ー八重樫徹『フッサールにおける価値と実践』の価値、理性、愛をめぐってー [招待有り]
佐藤岳詩
フッサール研究会特別企画 八重樫徹著『フッサールにおける価値と実践​』合評会   2017年12月2日   
道徳的評価における一般的観点と批判的思考の役割 [招待有り]
佐藤岳詩
「時間の哲学と倫理学研究」主催『襤褸を纏った徳』書評会   2017年3月1日   
“Human Enhancement and Meaning of Life”
佐藤岳詩
科研費研究会「「人生の意味」に関する分析実存主義的研究と応用倫理学への実装」   2017年2月23日   
ヒト受精胚のゲノム編集をめぐる倫理学的アプローチの在り方
佐藤岳詩
第7回 九州医学哲学・倫理学会 学術大会   2016年9月3日   
「生の意味の問題における主観説について」の意味について
佐藤岳詩
科研費研究会「「人生の意味」に関する分析実存主義的研究と応用倫理学への実装」   2016年8月28日   

Misc

 
書評:アラスデア・マッキンタイア『依存的な理性的動物 ヒトにはなぜ徳が必要か』
佐藤岳詩
『図書新聞』   (3269)    2018年10月   [依頼有り]
善い生き方と徳――徳倫理学というアプローチ
佐藤岳詩
α-Synodos   (249+250)    2018年8月   [依頼有り]
書評:ラース・スヴェンセン著『働くことの哲学』
佐藤岳詩
『図書新聞』   (3269) 3-3   2016年9月   [依頼有り]
書評:伊勢田哲治著『倫理学的に考える』
佐藤岳詩
『倫理学研究』   (44)    2014年6月   [依頼有り]
書評:國分功一郎著『暇と退屈の倫理学』
佐藤岳詩
『社会と倫理』   (28) 183-183   2013年11月   [依頼有り]

受賞

 
2017年11月
熊本大学 研究業績表彰
 
2016年12月
西日本哲学会 若手優秀論文賞
 
2013年10月
日本倫理学会 平成25年度 和辻賞 (著作部門)
 
2012年11月
日本医学哲学・倫理学会 日本医学哲学・倫理学会奨励賞
 
2010年3月
日本イギリス哲学会 第二回日本イギリス哲学会奨励賞
 

競争的資金等の研究課題

 
I・マードックの道徳哲学から見た現代メタ倫理学の批判的再検討
日本学術振興会: 若手研究B
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 佐藤岳詩
「人生の意味」に関する分析実存主義的研究と応用倫理学への実装
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 藏田伸雄
現代倫理学における反合理主義的アプローチ のメタ倫理学的研究
日本学術振興会: 研究活動スタート支援
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 佐藤岳詩