共同研究・競争的資金等の研究課題

2017年6月 - 2022年3月

南極氷床と気候の変動及び相互作用

日本学術振興会  科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
  • 川村 賢二
  • ,
  • 植村 立
  • ,
  • 本山 秀明
  • ,
  • 杉山 慎
  • ,
  • 澤柿 教伸

課題番号
17H06320
配分額
(総額)
168,610,000円
(直接経費)
129,700,000円
(間接経費)
38,910,000円

アイスコア研究では、特に温暖な「スーパー間氷期」で直近の最終間氷期(約12.5万年前)について、ドームふじアイスコアの年代決定精度を大幅に上げるため、酸素/窒素比ほか7種類の気体成分の分析を平均分解能500年で実施した。また、連続融解法により、年代同期に使用するメタンやダストなどの分析も開始した。
現場観測では、東南極リュッツォ・ホルム湾に流入するラングホブデ氷河における熱水掘削により、棚氷全域をカバーする4か所で棚氷下の海洋環境の観測に成功した(底層水班、固体地球班、生態系班連携)。また、沿岸から内陸にかけての涵養量や、氷床表面形状、表面流動などの氷床表面の観測と、氷床レーダーを用いた氷厚(基盤地形)や内部層の観測を実施した。

ID情報
  • 課題番号 : 17H06320