共同研究・競争的資金等の研究課題

2012年4月 - 2015年3月

カービング氷河の後退が急加速する水理条件の解明

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 内藤 望
  • ,
  • 杉山 慎
  • ,
  • 澤柿 教伸

課題番号
24540474
配分額
(総額)
5,200,000円
(直接経費)
4,000,000円
(間接経費)
1,200,000円

南米パタゴニアのペリート・モレノ氷河を対象とした現地観測により、氷河末端部の位置変動と流動速度分布の経年変化、ならびに氷河下流域における氷厚変動などを明らかにした。そして氷河末端部が流入している湖の水深データも利用して、末端変動や氷厚変動と湖水圧との水理学的な相関関係の解明を目指したが、残念ながら本研究課題期間中には達成できていない。ただしカービング氷河としては比類なき稀少な観測データ・セットが蓄積されており、今後も継続的に研究を進めることで、カービング氷河の変動メカニズムの解明に貢献するものとなろう。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-24540474/24540474seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 24540474