論文

査読有り
2018年12月15日

高齢者の音声知覚特性に基づいた音声の明瞭化加工法の研究

知能と情報
  • 西村 良太
  • ,
  • 長尾 拓海
  • ,
  • 一万田 郁仁
  • ,
  • 北岡 教英

開始ページ
1
終了ページ
6
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)

近年の超高齢社会において,高齢者の加齢に伴う聴覚機能の低下が問題視されている.聴覚機能が低下すると,会話に よるコミュニケーションにも支障をきたす.近年は,音声対話システムを利用した高齢者サポートシステムなどの開発も 行われているが,このようなシステムで用いられる合成音声は高齢者にとっては聞き取りにくいものである.そこで本研 究では,まず高齢者に音声の聴取実験を行ってもらい,その結果から聴覚特性の分析を行った.聴取実験では,単語了解 度試験を行い,音素単位(子音部,母音部)での識別率を求めた.その結果,摩擦音,破擦音,破裂音同士での異聴が多 かった.この結果を受けて,我々は音声に対して高齢者の聴覚特性に基づいた子音強調加工を施し,高齢者にとって聞き 取りやすい音声を作成することができるかを調査した.音声加工は,特に異聴が多かった /k/,/s/,/t/,/h/,/ky/,/sy/,/ch/ の音素に対して行った.具体的な加工法としては,子音部の振幅を原音声比 400% で増幅させるものである.加工音声の 評価実験では,単語了解度試験による聴取実験を行った被験者と同じ被験者に聴取実験を行ってもらい,得られた聞き取 り結果の正答率の比較を行った.結果,いくつかの音素においては,音声を加工することで正答率が上昇した.

エクスポート
BibTeX RIS