基本情報

所属
大阪大学 大学院情報科学研究科 バイオ情報計測学講座 助教
(兼任) 先導的学際研究機構 産業バイオイニシアティブ研究部門 兼任教員
理化学研究所 生命機能科学研究センター 多階層生命動態研究チーム 客員研究員
学位
博士(理学)(2014年3月 大阪市立大学)

連絡先
taisuke_seikeist.osaka-u.ac.jp
通称等の別名
清家 泰介
研究者番号
80760842
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-8738-7759
J-GLOBAL ID
201201022778107365

外部リンク

野生酵母の生態や進化に興味があります。
またそうした酵母の特性を評価することにより、産業利用への展開を目指しています。
 
【これまでの主な成果】
分裂酵母Schizosaccharomyces pombeのフェロモンとその受容体の遺伝子を協調的に改変することによって、元の野生型から生殖隔離された新しい生殖群を人為的に創ることに成功しました (PNAS, 2015)。そして、世界中から単離された150のS. pombeのフェロモン遺伝子を解析した結果、片方のフェロモンは柔軟に変化しているにも関わらず、もう一方のフェロモンは同一の構造が厳密に保存されていることを明らかにしました (PLoS Biol., 2019)。
 
【現在の主な研究】
1. 分裂酵母を使って、フェロモンと受容体 (鍵 - 鍵穴)が変化するメカニズムを研究しています。
2. 昆虫ショウジョウバエや植物・果実から野生酵母を単離し、それらの酵母の潜在能力を調べています。
 新種もたくさん単離できているので、これらの中に産業利用に役立つ酵母がいると期待しています。


主要な学歴

  2

主要な委員歴

  2

主要な論文

  15

主要なMISC

  5

主要な講演・口頭発表等

  9

主要な所属学協会

  4

主要な共同研究・競争的資金等の研究課題

  12

主要な産業財産権

  1

主要なメディア報道

  13

主要なその他

  9