田尻芳樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/13 12:27
 
アバター
研究者氏名
田尻芳樹
 
タジリ ヨシキ
所属
東京大学
部署
大学院・総合文化研究科
職名
教授
学位
Ph.D(Univerity of London)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東京大学大学院 総合文化研究科 教授
 
2001年4月
 - 
2015年3月
東京大学 大学院・総合文化研究科 助教授、准教授
 
1993年4月
 - 
2001年3月
一橋大学 専任講師、助教授
 

論文

 
「『わたしを離さないで』におけるリベラル・ヒューマニズム批判」
田尻芳樹
『カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』を読む』、田尻芳樹、三村尚央編、水声社   228-240   2018年9月
‘Trauma and Ordinary Objects in Virginia Woolf and Samuel Beckett’
Yoshiki Tajiri
Samuel Beckett and Trauma. Ed. Mariko Hori Tanaka, Yoshiki Tajiri, and Michiko Tsushima. Manchester: Manchester UP   135-154   2018年7月   [査読有り]
「テロの記憶と日常性――イアン・マキューアン『土曜日』試論」
田尻芳樹
河内恵子編『現代イギリス小説の「今」』、彩流社   55-79   2018年3月   [招待有り]
「『金閣寺』における音楽の比喩について」
田尻芳樹
『言語・情報・テクスト』   24 27-40   2017年12月
「『疑似カップル』のセクシュアリティ--『メルシエとカミエ』論のために」
田尻芳樹
『サミュエル・ベケットと批評の遠近法』、井上善幸、近藤耕人編、未知谷   285-298   2016年11月   [招待有り]
「三島由紀夫における現実描写――日常性、存在論、情動」
田尻芳樹
『混沌と抗戦――三島由紀夫と日本、そして世界』、井上隆史ほか編、水声社   277-284   2016年11月
In Quest of “Other Modes of Being”: J. M. Coetzee’s Ontological Inquiries
Yoshiki Tajiri
Textual Practice   30(3) 381-397   2016年   [査読有り]
Reprinted in J. M. Coetzee: Fictions of the Real. Ed. Anthony Uhlmann. London: Routledge, 2017. pp. 5-21.
Yoshiki Tajiri
Journal of Modern Literature   39(2) 72-88   2016年   [査読有り]
Reprinted in J. M. Coetzee’s The Childhood of Jesus: The Ethics of Ideas and Things. Ed. Jennifer Rutherford and Anthony Uhlmann. London: Bloomsbury, 2017. pp. 187-209.
『ドリアン・グレイの画像』におけるニヒリズム
田尻芳樹
海老根宏、高橋和久編『一九世紀「英国」小説の展開』、松柏社   385-406   2014年6月   [招待有り]
‘Beckett, Coetzee and Animals’.
Samuel Beckett and Animals. Ed. Mary Bryden. (Cambridge: Cambridge University Press)   27-39   2013年   [招待有り]

書籍等出版物

 
『カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』を読む』
田尻芳樹 (担当:共編者)
水声社   2018年9月   
Samuel Beckett and Trauma
Yoshiki Tajiri (担当:共編者)
Manchester University Press   2018年7月   
フレドリック・ジェイムソン『アメリカのユートピア――二重権力と国民皆兵制』(スラヴォイ・ジジェク編)
田尻芳樹 (担当:共訳)
書肆心水   2018年4月   
『混沌と抗戦――三島由紀夫と日本、そして世界』
田尻芳樹 (担当:共編者)
水声社   2016年11月   
J・M・クッツェー『世界文学論集』
田尻芳樹 (担当:単訳)
みすず書房   2015年11月   
ロバート・イーグルストン『ホロコーストとポストモダン――歴史・文学・哲学はどう応答したか』
田尻芳樹 (担当:共訳)
みすず書房   2013年10月   
Samuel Beckett and Pain
Yoshiki Tajiri (担当:共編者)
Rodopi   2012年6月   
『ベケットとその仲間たち--クッツェーから埴谷雄高まで』
田尻芳樹
論創社   2009年12月   
『英米小説の読み方・楽しみ方』
田尻芳樹 (担当:共著)
岩波書店   2009年2月   
『サミュエル・ベケット証言録』
ジェイムズ&エリザベス・ノウルソン  (担当:共訳)
白水社   2008年12月