酒井 隆一

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/05 10:47
 
アバター
研究者氏名
酒井 隆一
 
サカイ リュウイチ
所属
北海道大学
部署
大学院水産科学研究院
職名
教授
科研費研究者番号
20265721

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
2012年
北海道大学 水産科学研究科(研究院) 教授
 
1984年
 - 
1985年
 琉球大学理学研究科修士課程
 
1985年
 - 
1987年
 ハーバーブランチ海洋学研究所(米国)
 
1987年
 - 
1991年
 イリノイ大学 Urbana-Champaign 博士課程
 
1992年
 - 
1994年
 イリノイ大学 Urbana-Champaign 博士研究員
 

学歴

 
 
 - 
1992年
イリノイ大学大学院 化学研究科 有機化学
 
 
 - 
1985年
琉球大学 理学研究科 海洋学
 
 
 - 
1983年
琉球大学 理学部 海洋
 

論文

 
Shiozaki H, Miyahara M, Otsuka K, Miyako K, Honda A, Takasaki Y, Takamizawa S, Tukada H, Ishikawa Y, Sakai R, Oikawa M
Organic letters   20(11) 3403-3407   2018年6月   [査読有り]
Matsumura K, Taniguchi T, Reimer JD, Noguchi S, Fujita MJ, Sakai R
Organic letters   20(10) 3039-3043   2018年5月   [査読有り]
Motohashi S, Jimbo M, Naito T, Suzuki T, Sakai R, Kamiya H
Marine drugs   15(6)    2017年6月   [査読有り]
Kita A, Jimbo M, Sakai R, Morimoto Y, Takeuchi R, Tanaka H, Takahashi T, Miki K
Glycobiology      2017年5月   [査読有り]
Tadokoro Y, Nishikawa T, Ichimori T, Matsunaga S, Fujita MJ, Sakai R
ACS omega   2(3) 1074-1080   2017年3月   [査読有り]
Hajime Uchimasu, Ken Matsumura, Masashi Tsuda, Keiko Kumagai, Mai Akakabe, Masaki J. Fujita, Ryuichi Sakai
Tetrahedron   72 7185-7193   2016年11月
© 2016 Elsevier LtdNovel guanidine alkaloids dopargimine (1) and mellpaladines A–C (2–4) were isolated from a Palauan Didemnidae tunicate. The structures of 1–4 were elucidated on the basis of spectral data along with chemical reactions. A putativ...
Fukushima K, Ishikawa Y, Sakai R, Oikawa M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   26(21) 5164-5167   2016年11月   [査読有り]
Chiba M, Ishikawa Y, Sakai R, Oikawa M
ACS combinatorial science   18(7) 399-404   2016年7月   [査読有り]
Kita A, Jimbo M, Sakai R, Morimoto Y, Miki K
Glycobiology   25(9) 1016-1023   2015年9月   [査読有り]
Chiba M, Fujimoto C, Sakai R, Oikawa M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   25(9) 1869-1871   2015年5月   [査読有り]
Fujita MJ, Sakai R
Marine drugs   12(9) 4799-4809   2014年9月   [査読有り]
Matsunaga S, Kishi R, Otsuka K, Fujita MJ, Oikawa M, Sakai R
Organic letters   16(11) 3090-3093   2014年6月   [査読有り]
Copits BA, Vernon CG, Sakai R, Swanson GT
The Journal of physiology   592(10) 2079-2096   2014年4月   [査読有り]
Sakai R, Swanson GT
Natural product reports   31(2) 273-309   2014年1月   [査読有り]
Sasaki S, Suzuki H, Ouchi H, Asakawa T, Inai M, Sakai R, Shimamoto K, Hamashima Y, Kan T
Organic letters   16(2) 564-567   2014年1月   [査読有り]
Fujita MJ, Sakai R
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   77(12) 2467-2472   2013年12月   [査読有り]
Fujita MJ, Nakano K, Sakai R
Molecules (Basel, Switzerland)   18(4) 3917-3926   2013年4月   [査読有り]
Juknaitė L, Sugamata Y, Tokiwa K, Ishikawa Y, Takamizawa S, Eng A, Sakai R, Pickering DS, Frydenvang K, Swanson GT, Kastrup JS, Oikawa M
Journal of medicinal chemistry   56(6) 2283-2293   2013年3月   [査読有り]
Ueda T, Nakamura Y, Smith C, Copits BA, Inoue A, Ojima T, Matsunaga S, Swanson GT, Sakai R
Glycobiology   23(4) 412-425   2012年12月   [査読有り]
Freymann DM, Nakamura Y, Focia PJ, Sakai R, Swanson GT
Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography   68(9) 1163-1174   2012年9月   [査読有り]
Novel tetrameric galectin from a marine sponge potentiates mammalian glutamate receptor function
Ueda Takuya, Nakamura Yuka, Focia Pamela J., Smith Caleb, Inoue Akira, Ojima Takao, Matsunaga Satoko, Freymann Douglas M., Sakai Ryuichi, Swanson Geoffrey T.
ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   244    2012年8月   [査読有り]
Unno M, Shinohara M, Takayama K, Tanaka H, Teruya K, Doh-ura K, Sakai R, Sasaki M, Ikeda-Saito M
Journal of molecular biology   413(3) 667-683   2011年10月   [査読有り]
Matsunaga S, Jimbo M, Gill MB, Wyhe LL, Murata M, Nonomura K, Swanson GT, Sakai R
Chembiochem : a European journal of chemical biology   12(14) 2191-2200   2011年9月   [査読有り]
Qiu CS, Lash-Van Wyhe L, Sasaki M, Sakai R, Swanson GT, Gereau RW 4th
Pain   152(5) 1052-1060   2011年5月   [査読有り]
Sakurada T, Gill MB, Frausto S, Copits B, Noguchi K, Shimamoto K, Swanson GT, Sakai R
Journal of medicinal chemistry   53(16) 6089-6099   2010年8月   [査読有り]
Oikawa M, Ikoma M, Sasaki M, Gill MB, Swanson GT, Shimamoto K, Sakai R
Bioorganic & medicinal chemistry   18(11) 3795-3804   2010年6月   [査読有り]
Lash-Van Wyhe LL, Postila PA, Tsubone K, Sasaki M, Pentikäinen OT, Sakai R, Swanson GT
Neuropharmacology   58(3) 640-649   2010年3月   [査読有り]
Oikawa M, Ikoma M, Sasaki M, Gill MB, Swanson GT, Shimamoto K, Sakai R
European journal of organic chemistry   2009(32) 5531-5548   2009年11月   [査読有り]
Frydenvang K, Lash LL, Naur P, Postila PA, Pickering DS, Smith CM, Gajhede M, Sasaki M, Sakai R, Pentikaïnen OT, Swanson GT, Kastrup JS
The Journal of biological chemistry   284(21) 14219-14229   2009年5月   [査読有り]
Swanson GT, Sakai R
Progress in molecular and subcellular biology   46 123-157   2009年   [査読有り]
Ikoma M, Oikawa M, Gill MB, Swanson GT, Sakai R, Shimamoto K, Sasaki M
European journal of organic chemistry   2008(31) 5215-5220   2008年11月   [査読有り]
Sakai R, Yoshida K, Kimura A, Koike K, Jimbo M, Koike K, Kobiyama A, Kamiya H
Chembiochem : a European journal of chemical biology   9(4) 543-551   2008年3月   [査読有り]
Lash LL, Sanders JM, Akiyama N, Shoji M, Postila P, Pentikäinen OT, Sasaki M, Sakai R, Swanson GT
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   324(2) 484-496   2008年2月   [査読有り]
Sasaki M, Tsubone K, Aoki K, Akiyama N, Shoji M, Oikawa M, Sakai R, Shimamoto K
The Journal of organic chemistry   73(1) 264-273   2008年1月   [査読有り]
Matsunaga S, Sakai R, Jimbo M, Kamiya H
Chembiochem : a European journal of chemical biology   8(14) 1729-1735   2007年9月   [査読有り]
Jimbo M, Usui R, Sakai R, Muramoto K, Kamiya H
Comparative biochemistry and physiology. Part B, Biochemistry & molecular biology   147(2) 164-171   2007年6月   [査読有り]
Cheng JF, Lee JS, Sakai R, Jares-Erijman EA, Silva MV, Rinehart KL
Journal of natural products   70(3) 332-336   2007年3月   [査読有り]
Sasaki M, Tsubone K, Shoji M, Oikawa M, Shimamoto K, Sakai R
Bioorganic & medicinal chemistry letters   16(22) 5784-5787   2006年11月   [査読有り]
Sakai R, Kamiya H
The Journal of antibiotics   59(8) 507-511   2006年8月   [査読有り]
Shoji M, Akiyama N, Tsubone K, Lash LL, Sanders JM, Swanson GT, Sakai R, Shimamoto K, Oikawa M, Sasaki M
The Journal of organic chemistry   71(14) 5208-5220   2006年7月   [査読有り]
Sanders JM, Pentikäinen OT, Settimo L, Pentikäinen U, Shoji M, Sasaki M, Sakai R, Johnson MS, Swanson GT
Molecular pharmacology   69(6) 1849-1860   2006年6月   [査読有り]
Sakai R, Nakamura T, Nishino T, Yamamoto M, Miyamura A, Miyamoto H, Ishiwata N, Komatsu N, Kamiya H, Tsuruzoe N
Bioorganic & medicinal chemistry   13 6388-6393   2005年12月   [査読有り]
Sakai R, Minato S, Koike K, Koike K, Jimbo M, Kamiya H
Cell and tissue research   322 491-502   2005年12月   [査読有り]
Sanders JM, Ito K, Settimo L, Pentikäinen OT, Shoji M, Sasaki M, Johnson MS, Sakai R, Swanson GT
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   314 1068-1078   2005年9月   [査読有り]
Jimbo M, Koike K, Sakai R, Muramoto K, Kamiya H
Biochemical and biophysical research communications   330(1) 157-162   2005年4月   [査読有り]
Koike K, Jimbo M, Sakai R, Kaeriyama M, Muramoto K, Ogata T, Maruyama T, Kamiya H
The Biological bulletin   207(2) 80-86   2004年10月   [査読有り]
Shimamoto K, Sakai R, Takaoka K, Yumoto N, Nakajima T, Amara SG, Shigeri Y
Molecular pharmacology   65(4) 1008-1015   2004年4月   [査読有り]
Sakai R, Suzuki K, Shimamoto K, Kamiya H
The Journal of organic chemistry   69(4) 1180-1185   2004年2月   [査読有り]
Sakai R, Matsubara H, Shimamoto K, Jimbo M, Kamiya H, Namikoshi M
Journal of natural products   66(6) 784-787   2003年6月   [査読有り]
Sakai R, Koike T, Sasaki M, Shimamoto K, Oiwa C, Yano A, Suzuki K, Tachibana K, Kamiya H
Organic letters   3(10) 1479-1482   2001年5月   [査読有り]
Pharmacological properties of the potent epileptogenic amino acid dysiherbaine, a novel glutamate receptor agonist isolated from the marine sponge Dysidea herbacea.
Sakai R, Swanson GT, Shimamoto K, Green T, Contractor A, Ghetti A, Tamura-Horikawa Y, Oiwa C, Kamiya H
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   296 650-658   2001年2月   [査読有り]
Sato S, Sakai R, Kodama M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   10(16) 1787-1789   2000年8月   [査読有り]
Jimbo M, Yanohara T, Koike K, Koike K, Sakai R, Muramoto K, Kamiya H
Comparative biochemistry and physiology. Part B, Biochemistry & molecular biology   125 227-236   2000年2月   [査読有り]
Yamaguchi M, Jimbo M, Sakai R, Muramoto K, Kamiya H
Comparative biochemistry and physiology. Part B, Biochemistry & molecular biology   119 593-597   1998年3月   [査読有り]
Sakai R, Rinehart KL, Kishore V, Kundu B, Faircloth G, Gloer JB, Carney JR, Namikoshi M, Sun F, Hughes RG Jr, García Grávalos D, de Quesada TG, Wilson GR, Heid RM
Journal of medicinal chemistry   39(14) 2819-2834   1996年7月   [査読有り]
Sakai R, Rinehart KL
Journal of natural products   58(5) 773-777   1995年5月   [査読有り]
Molecular and crystal structures of ecteinascidins: potent antitumor compounds from the Caribbean tunicate Ecteinascidia turbinata.
Guan Y, Sakai R, Rinehart KL, Wang AH
Journal of biomolecular structure & dynamics   10 793-818   1993年4月   [査読有り]
Rinehart KL, Holt TG, Fregeau NL, Keifer PA, Wilson GR, Perun TJ Jr, Sakai R, Thompson AG, Stroh JG, Shield LS
Journal of natural products   53(4) 771-792   1990年7月   [査読有り]
Rinehart KL, Kishore V, Bible KC, Sakai R, Sullins DW, Li KM
Journal of natural products   51 624   1988年5月   [査読有り]
Didemnins and tunichlorin: novel natural products from the marine tunicate Trididemnum solidum.
Rinehart KL, Kishore V, Bible KC, Sakai R, Sullins DW, Li KM
Journal of natural products   51 1-21   1988年1月   [査読有り]

Misc

 
酒井隆一
天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集   22nd 1‐4   2018年10月
酒井隆一
東和食品研究振興会奨励研究報告書   2017 1‐11   2018年12月
内舛肇, ENG Andrew, EKINS Merrick, HOOPER John, SWANSON Geoofrey T., 酒井隆一
日本水産学会大会講演要旨集   2014 121   2014年3月
酒井隆一, 酒井隆一
トキシンシンポジウム予稿集   62nd 89   2015年6月
飯田祐介, 中野宏治, 上田拓也, 北野雅也, 藤田雅紀, 酒井隆一
日本水産学会大会講演要旨集   2018 107   2018年3月

書籍等出版物

 
東京化学同人   2018年7月   ISBN:4807915053

Works

 
新規興奮性アミノ酸の生理作用
1995年 - 2002年
Dysiherbainのカイニン酸受容体に対する作用
2000年 - 2003年
海洋生物の産生する新規抗癌物質の探索
2001年 - 2003年
海洋微生物の産生する生理活性物質

競争的資金等の研究課題

 
褐虫藻を起点としたサンゴ礁生態系の新しい食物網ルートの提案
文部科学省: 基盤研究B
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 山下 洋(国立研究開発法人・水産研究・教育機構)
魚類卵膜軟化症の発症・促進機構の解明に基づく防除技術の確立
文部科学省: 基盤研究B
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 笠井 久会
海洋生物のポリカチオンコミュニケーション戦略の研究
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 酒井 隆一
細胞表面の「生命装置」に作用する海洋天然物の探索
文部科学省: 基盤研究B
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 酒井 隆一
レクチン―糖相互作用を利用した低分子化合物の直接構造決定
文部科学省: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 酒井 隆一
イオンチャネル・受容体の動的構造変化追跡を可能にするケミカルプローブの創製
文部科学省: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 及川 雅人
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 酒井 隆一
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 酒井 隆一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 酒井 隆一
西表産海綿Cinachyrellaに含まれるレクチンIRI35の精製を行い、ガラクトース結合型の16kDのタンパク質であることを明らかにした。IRI35は培養細胞の発現グルタミン酸受容体の脱感作を阻害することで電流を増強した。この活性は培養神経細胞や脳スライスでも観測されることを見出し、ガラクトース結合型レクチンが神経調節において重要な役割を担う可能性を示唆した。新規ペプチドAculeineは45アミノ酸残基とN-末端にある長鎖ポリアミンを含む構造未知のユニットから構成される。今回Acul...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 及川 雅人
イオンチャネル型グルタミン酸レセプター(iGluR)は、脊椎動物の中枢シナプスの神経伝達において中心的な役割を担い、創薬ターゲットとしても注目されている。iGluRは20種のサブタイプタンパク質が知られている構造・機能共に極めて多様性の高い受容体であるが、最近、研究代表者の及川はiGluRリガンド候補として多様な構造を有する人工Gluアナログ類の化学合成を独自性の高い方法で行い、酒井(研究分担者)が生物活性を評価したところ、マウスの自発的行動を抑制する化合物IKM-159を見出した。またS...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 茂里 康
中性アミノ酸トランスポーターの一種であるアラニン、セリン、システイン輸送機構(alanine-serine-cysteine transporter, ASCT1,2)の阻害剤スクリーニングのためのハイスループットアッセイ系の開発のために、内因性のASCT1,2が高発現していないホスト細胞を検索した。そこでCHO細胞、HEK293細胞、3T3細胞等を用いて遺伝子レベル、タンパクレベルでの実験を実施したが、内因性のASCT1,2の発現量が高く、ASCT1,2のアッセイ用のホスト細胞としては不...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 酒井 隆一
本研究では、神経細胞およびシナプスの受容体に対し興味深い活性を示す新規ポリアミンオリゴマー(LCP-Aa),ポリアミンにより修飾を受けたペプチドアーキュレイン、神経毒作用を示す新規プリン誘導体クリブロプリン、新規タンパク質毒ソリテシジンを単離した。LCPA-Aaについては、NMDA受容体に対してリガンドの結合を促進する作用およびマウスに対して遅発性の痙攣誘発作用を持つほかにも、海綿において骨片の形成に関与している可能性を見出した。クリブロプリン酸は海馬の神経細胞に対し自発的な痙攣様の電流を...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 佐々木 誠
グルタミン酸受容体は高等動物の中枢神経シナプスにおいて興奮性神経伝達の中心的役割を司るのみならず、記憶や学習などの高次脳機能、種々の脳疾患における神経細胞死に深く関与している。グルタミン酸受容体は数多くのサブタイプに細分化されているが、個々の生理機能は未だ完全には明らかにされていない。本研究では、グルタミン酸受容体サブタイプ選択的なアゴニストである海綿由来の興奮性アミノ酸ダイシハーベインおよびネオダイシハーベインAとそれらの類縁体の効率的全合成と構造展開により、サブタイプ選択的な生体機能分...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 神谷 久男
SLL-2のメラニン化を防ぎ、高収率の精製法を確立した。構造を精査した結果、SLL-2は分子量122Kの糖タンパク質で、それぞれ等モルのサブユニット2a、2b、2c9個から分子が構成されていることがわかった。フロンタルアフィニティークロマトグラフィーにより、SLL-2の各種糖鎖に対する結合性を調べた。その結果、SLL-2はGal α 1-3(Fuc α 1-2)Gal β 1-4(Fuc α 1-3)Glcに高いKa値を示した。また、GalNAc α 1-3 GalNAcをもつForssm...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 酒井 隆一
ダイシハーベイン(DH)はミクロネシア連邦ヤップ州産海綿Dysidea herbaceaより得られる興奮性アミノ酸で、既存のアミノ酸には無い特異な構造を持つことから、機能・構造の両面で注目されている。これまでの研究で、DHは海綿内の間充織に存在する直径10μm程度の球状細胞に存在することがわかっている。本研究ではこの球状細胞の機能と起源を多面的に比較・解析した。形態観察:電子顕微鏡、蛍光顕微鏡観察の結果、球状細胞は光合成補助色素フィコエリトリンを含み、3重の細胞壁を持つこと、また核やオルガ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2000年 - 2003年    代表者: 児玉 正昭
麻ひ性貝毒(PSP)の測定には多くの方法が開発されているが、わが国を含む多くの国では貝の安全性を調べるための公定法としてマウス試験法を採用している。本方法は信頼できる優れた方法であるが、動物試験に伴う多くの問題を抱えており、これに代わる毒の簡易測定法の開発が期待されている。このような簡易測定法の一つとして、毒に対する抗体を用いるELISA法が考えられる。ELISAの開発には毒に対する抗体が必要となるが、PSPのような低分子物質に対する抗体を得るにはタンパクなどの高分子物質に毒を結合したハプ...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究, 萌芽研究)
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 神谷 久男
共生渦鞭毛藻Symbiodiniumの自由生活ステージから共生ステージへの形態変化を引き起こす物質を検索するために、様々な海洋生物抽出物のスクリーニングを行った結果、海綿Theonella sp.の抽出物に、Symbiodinium CS-156培養株の増殖に影響を与えずに形態を共生ステージに変化させ、その状態を持続させる活性を見出した。今年度はTheonella中の活性成分の性状解析を目指し、(1)分子量分画、(2)加熱安定性、(3)SephadexLH-20ゲルクロマトグラフィー上の挙...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 神谷 久男
シゲミカタトサカレクチンSLL-2のSymbiodinium以外の微細藻に対する形態変化能を調べたところ、SLL-2に対する反応は種類によって様々で、なんら影響を受けないもの、細胞が破壊されるもの、細胞が凝集し増殖が抑制されるものとがあった。Cy2結合SLL-2を作成して調べたところ、Symbiodiniumその他の微細藻のいずれの場合でも藻体表面にSLL-2が結合することを確認した。一方、Con-A、UEA-IのいずれもSymbiodinium細胞に対する結合性は無いか、ごく弱いものと判...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 児玉 正昭
毒化したホタテガイ中腸腺より水溶性タンパクおよび膜結合タンパク画分を得、両タンパク画分をサキシトキシン(STX)に対する抗体を用いたwestem blot分析にかけたところ、両者共に抗体と反応する複数のタンパクバンドを観察した。抗体と反応するバンドは膜結合タンパク画分に強く認められた。westem blotにおける抗体との反応を指標にこれらタンパクの精製を試みたが、精製過程でタンパクのバンドが変化し、タンパクの分解が起こっていることが考えられた。この原因は現在のところ不明で、ホタテガイ試料...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 酒井 隆一
本研究では、ダイシハーベイン(DH)およびその関連化合物の構造、生理活性、絶対構造そして構造-活性相関について検討を行なった。DHはnon-NMDAタイプのグルタミン酸受容体に結合して、アゴニストとして作用することが示されたきたが、本研究では、さらにその薬理活性を詳しく評価するために、マウスを用いたin vivoでの活性、培養神経細胞およびラットのシナプス膜標本におけるin vitroでの挙動を既知の興奮性アミノ酸と詳しく比較した。その結果、DHはマウスに対して既知の興奮性アミノ酸中最強の...

特許

 
酒井 隆一, 神谷 久男, 村田 道雄, 島本 啓子
Ecteinascidins 736 and 722
U.S. Patent #5,149,804
Compositions Comprising Ecteinascidins and a Method of Treating Herpes Simplex Virus infections Therewith
U.S. Patent # 5,256,663
Ecteinascidins
U.S. Patent #5,654,426
Ecteinascidins (ET 729, 743 analogues and derivatives of ET 729 and 743)
U.S. Patent #5,478,932

社会貢献活動

 
第2回函館セミナー
【企画】  2018年9月18日
第1回函館セミナー
【企画】  2017年9月19日