論文

査読有り
2020年

日本の生活保護制度における「自立」言説の再検討――1940~1950年代の「社会保障制度審議会」を構成したアクターの言説を中心とする――

社会福祉学
  • 狩谷 尚志

61
3
開始ページ
14
終了ページ
27
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.24469/jssw.61.3_14
出版者・発行元
一般社団法人 日本社会福祉学会

<p>本研究は,1940~1950年代にかけて「社会保障制度審議会」を構成した政策主体(アクター)の「自立」言説を再検討することによって,生活保護制度へ「自立」が制度化された背景に,以下の三つの言説上の潮流が存在したことを明らかにした.第一に,労働市場で活動を行い経済的な自助を達成している状態を「自立」と定義する立場.第二に,労働市場もしくは民間社会福祉施設にて,何らかの活動を行っている状態を「自立」としたうえで,個人をそのような場所へと統合する必要を主張した立場.第三に,個人が日常生活を営むうえで必要な所得を備え,特定の施設外での活動を行うことができる自由を有した状態を「自立」と定義した立場である.このような言説分析を踏まえ,「自立」概念の両義性を指摘した.また,各アクターの認識に基づく「自立」概念の歴史的発展と,それらアクターの相互関係による福祉政策の形成という二つの仮説を提示した.</p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.24469/jssw.61.3_14
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007982624
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00314800
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/031235379
ID情報
  • DOI : 10.24469/jssw.61.3_14
  • ISSN : 0911-0232
  • CiNii Articles ID : 130007982624
  • CiNii Books ID : AN00314800

エクスポート
BibTeX RIS