関 洋平

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/26 02:47
 
アバター
研究者氏名
関 洋平
 
セキ ヨウヘイ
所属
筑波大学
部署
図書館情報メディア系
職名
准教授
学位
博士(総合研究大学院大学)
科研費研究者番号
00348468

研究分野

 
 

経歴

 
2018年6月
 - 
2019年2月
シンガポール国立大学 計算機科学科 客員研究員
 
2015年12月
   
 
筑波大学 図書館情報メディア系 准教授
 
2008年7月
 - 
2009年3月
コロンビア大学 計算機科学科 客員研究員
 

受賞

 
2018年12月
WI2研究会 WI2研究会 ステージ発表 2017年12月の発表「重複する料理レシピを判別するためのコーパスの構築」に対する授与。
受賞者: 島田理紗子;小邦 将輝;平手 勇宇;関 洋平
 
2017年3月
情報処理学会 第79回全国大会 学生奨励賞(共著者として) 2017年3月の発表「マイクロブログにおける投稿パターンを考慮したコミュニケーションスキルの分析」に対する受賞.
受賞者: 石川 将吾
 
2017年3月
DEIM 2017 学生プレゼンテーション章(共著者として) 2017年3月の発表「ライフイベントに依存したトピック推移の分析手法」に対する受賞.
受賞者: 武田直人
 
2016年12月
WI2研究会 WI2研究会 ステージ発表 2015年12月の発表「外国人観光客に向けたTwitterユーザの地域別推薦の評価」に対する授与。
受賞者: 田中 匠;武田 直人;関 洋平
 
2016年3月
情報処理学会 第78回全国大会 学生奨励賞(共著者として) 2016年3月の発表「宣伝効果を促進するための親しみやすいツイートへの言い換え」に対する受賞.
受賞者: 佐藤朋美
 

書籍等出版物

 
コーパスと自然言語処理
関, 洋平 (担当:分担執筆, 範囲:意見分析)
朝倉書店   2017年11月   ISBN:9784254516081
図書館情報学を学ぶ人のために
関, 洋平 (担当:分担執筆, 範囲:検索と推薦の技術)
世界思想社   2017年4月   ISBN:9784790716952
The Semantic Web - ASWC 2006
Seddiqui,Md. Hanif;Seki,Yohei;Masaki,Aono (担当:分担執筆, 範囲:Automatic Alignment of Ontology Eliminating the Probable Misalignments)
Springer   2006年9月   
Digital Libraries: Knowledge, Information, and Data in an Open Access Society
Naoto,Takeda;Seki,Yohei (担当:分担執筆, 範囲:Twitter User Classification with Posting Locations)
Springer   2016年12月   
文書ジャンルとテキスト構造に着目した自動要約
関, 洋平
2005年3月   

講演・口頭発表等

 
市民意見収集のためのツイート表現の分析
柏野和佳子;平本, 智弥;関, 洋平
電子情報通信学会 思考と言語研究会   2019年3月18日   
調理手順テキストと料理画像の特徴量の最近傍探索に基づく重複レシピの検出手法
小邦, 将輝;Lasguido, NIO;平手, 勇宇;関, 洋平
電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会   2018年11月2日   
重複する料理レシピを判別するためのコーパスの構築 [招待有り]
島田, 理紗子;小邦, 将輝;平手, 勇宇;関, 洋平
Web インテリジェンスとインタラクション研究会 第6回ステージ発表   2018年12月3日   
Method for Detecting Near-duplicate Recipe Creators Based on Cooking Instructions and Food Images
Oguni, Masaki;Seki, Yohei;Shimada, Risako;Hirate, Yu
9th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities   2017年8月20日   
Evolution of Information Needs based on Life Event Experiences with Topic Transition
Naoto, Takeda;Seki, Yohei;Mimpei, Morishita;Yoichi, Inagaki
The 40th International ACM SIGIR Conference on Research and Development in Information Retrieval   2017年8月7日   

論文

 
重複レシピの自動検知によるユ ーザ投稿型レシピサービスのユーザビリティ向上
平手勇宇;関, 洋平
人工知能学会学会誌   34(1) 9-14   2019年1月
武田, 直人; 西村, 拓哉; 戸田, 浩之; 関, 洋平
JSAI大会論文集   2017 1L12in2-1L12in2   2017年5月
<p>観光客の移動軌跡情報を利用した分析は,観光振興において重要である.従来の分析では,移動軌跡が一点に留まる滞留点の発見とそれに基づく行動分析が行われてきた.本研究では,観光客の滞留だけでなく,散策行動も併せて抽出する手法を提案する.実験の結果,各観光地に対して滞留エリア,散策エリアといった意味付けを行うことができ滞留だけを考慮する分析よりも多くの観光客の行動や移動を捉えられたので報告する.</p>
安藤, 有生;関, 洋平
知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌)   30(6) 804-814   2018年12月   [査読有り]
<p>観光客を効果的に誘致するためには,観光目的で訪問している市民が多い都市において,広報することが必要である.市民の都市や地域に対する関心の傾向は,都市ごとに異なり,関心を持つ根拠も,帰省や観光など,目的によって異なる.本研究では,都市ごとに収集した Twitter のデータを使用し,市民が関心を持つ地名(都市名や地域名など)を明らかにして,関心の傾向が類似した地名をまとめて可視化する手法を提案する.そのために,まず,ユーザのプロフィールに記述されている情報を利用し,都市ごとに収集した ...
ライフイベントの経験に有用なトピックの抽出と評価
武田直人;関, 洋平;森下, 民平;稲垣, 陽一
情報処理学会論文誌 : データベース   11(2) 16-29   2018年7月   [査読有り]
Complement of Incomplete Task Results for Real-time Crowdsourcing Interpretation
Shionome, Takeaki;Hashimoto, Hirotaka;Zhang, Jianwei;Shiraishi, Yuhki;Wakatsuki, Daisuke;Seki, Yohei;Morishima, Atsuyuki
Proceedings of the 21th International Conference on Asian Language Processing (IALP 2017)      2017年12月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
ソーシャルメディアにおける市民意見を活用したシティプロモーション
日本学術振興会: 基盤研究B
研究期間: 2016年4月       代表者: 関洋平
人物と周囲に出現する事物との属性関係を利用したコミュニケーション支援に関する研究
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 関洋平
日英二言語のブログ文書を対象とした意見抽出と要約生成に関する研究
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 関洋平
多様な文書ジャンルを対象とした意見分析コーパスの作成に関する研究
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 関洋平
異なる特徴を持つニュースサイトを比較対照する世界ニュース分析システムの研究
北海道大学・国立情報学研究所: 国内共同研究
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 吉岡真治

委員歴

 
2017年3月
   
 
ISO/IEC JTC 1/WG 11  国内委員・国際エキスパート
 
2016年
   
 
日本規格協会  IEC SyC Smart Cities 国内委員会委員
 
2014年
   
 
情報処理学会  情報規格調査会 試行標準専門委員会 専門委員
 
2013年
 - 
2014年
情報処理学会  論文誌データベース 共同編集委員長
 
2011年
 - 
2012年
情報処理学会  情報基礎とアクセス技術研究会主査