MISC

2009年11月

レーザー照射による材料溶接シミュレーションに関する予備的検討

日本機械学会熱工学コンファレンス2009講演論文集
  • 高瀬 和之
  • ,
  • 村松 壽晴
  • ,
  • 関 暁之
  • ,
  • 北村 竜明
  • ,
  • 町田 啓

開始ページ
217
終了ページ
218
記述言語
日本語
掲載種別

原子炉本体やその付帯設備等の健全性を確保する補修技術の確立を目的として、3次元微細加工が可能なレーザーを利用した金属材料溶接技術の開発が行われている。この開発の一環として、金属材料溶接技術の最適化を目指し、レーザー照射による金属材料の溶融挙動を数値シミュレーションによって定量評価する手法の開発を原子力基礎工学部門が行っており、この手法開発に大型計算機の運用面等から協力を行っている。具体的には、金属溶融モデルのプログラミング,入力データの作成,予備計算の実施等を行い、金属材料溶融シミュレーションの可能性についてシステム計算科学の立場から助言を行っている。本報では、予備的に実施した金属溶融シミュレーションをもとに可視化処理した結果について述べる。

エクスポート
BibTeX RIS