講演・口頭発表等

2019年9月

福島第一原子力発電所近くにおける空間線量率の長期モニタリングの最適化

日本原子力学会2019年秋の大会
  • 村上 冶子
  • ,
  • Sun, D
  • ,
  • Oroza, C
  • ,
  • 関 暁之
  • ,
  • 三上 智
  • ,
  • 武宮 博
  • ,
  • 斎藤 公明

記述言語
英語
会議種別
開催地
富山

本研究では、空間線量率のモニタリングの場所を最適化するための手法を開発している。それは、(1)セシウムの移動と分布に影響を与えることが知られている環境の条件にあわせてモニタリングの場所を変化させるためのガウス混合モデル、および(2)領域全体の空間線量率の不均一性を捉えるためのガウス過程モデルに基づいている。