論文

査読有り 責任著者
2021年1月

Ultra-high contrast STEM imaging for segmented/pixelated detectors by maximizing the signal-to-noise ratio

Ultramicroscopy
  • Kousuke Ooe
  • ,
  • Takehito Seki
  • ,
  • Yuichi Ikuhara
  • ,
  • Naoya Shibata

220
開始ページ
113133
終了ページ
記述言語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
DOI
10.1016/j.ultramic.2020.113133

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.1016/j.ultramic.2020.113133
共同研究・競争的資金等の研究課題
20H05659原子スケール局所磁場直接観察手法の開発と磁性材料界面研究への応用
共同研究・競争的資金等の研究課題
20H00301超低ドーズ原子直視型STEM法の開発と無機・有機材料原子構造解析
共同研究・競争的資金等の研究課題
20K15014走査透過型電子顕微鏡による局所領域における化学結合電子の可視化手法の開発
共同研究・競争的資金等の研究課題
17H06094原子・イオンダイナミクスの超高分解能直接観察に基づく新材料創成
共同研究・競争的資金等の研究課題
村田学術振興財団 DPC STEM法を用いた回折コントラストフリー電磁場観察法の開発

エクスポート
BibTeX RIS