基本情報

所属
東京大学 大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論分野
学位
修士(学術)(2020年 東京大学)

連絡先
psy22thou5gmail.com
ORCID ID
 https://orcid.org/0009-0002-4867-3151
J-GLOBAL ID
201901014306878006
researchmap会員ID
B000354323

外部リンク

美学、芸術哲学の研究をしています。

1 現在の研究テーマ

美的価値について調査しています。美しさ、優美さ、鮮やかさ、あるいは醜さやけばけばしさといった美的価値は、美的でないその他の価値と並んで私たちの生活に組み込まれており、私たちの選択や行為に一種の複雑さを与えています。とりわけ、(1)美的快楽主義ないし経験主義としてまとめられる伝統的な見解の是非、(2)美的価値の社会的側面、(3)ネガティブな美的価値の特徴づけ、などに関心があります。

2 これまでの研究テーマ

博士論文は芸術のカテゴリーについて書きました。芸術鑑賞や批評において、カテゴリー(ジャンル、形式、様式、メディアなど)が果たす役割については広く認識されていますが、そもそもカテゴリーとはなにか、どのような存在論的構造を持ち、いかにして鑑賞上・批評上の役割を担うのか。博士論文では、ジャンルを鑑賞のためのルールとして捉え、カテゴライズ実践をダイナミックな社会的相互作用として理解する制度主義アプローチを提示し、擁護しました。中心となるアイデアはSen (2022)で発表しています。

修士論文はKendall Waltonの写真論について書きました。Waltonによれば写真は「透明」であり、写真を通して対象xを見る経験は、透明でない絵画を通してxを見る経験よりも、対面で直接xを見る経験の方に類比的だとされます。Waltonは写真の透明性テーゼを支持することで、絵画にはない写真ならではの情動喚起能力を説明しようとしていますが、修士論文ではたとえ写真の透明性が言えるとしても、そこから特別な情動喚起能力への橋渡しに際してWaltonは失敗していると論じています。

 3 その他の活動

分析美学第一世代をちゃんと読む会」というオンライン勉強会を主催しています。Monroe Beardsley、Frank Sibley、George Dickieらが活躍していた分析美学初期の動向に関心があり、翻訳にも携わっています。

論文レジュメ、研究ノートなどをブログにあげています[1][2]。まれに商業誌で音楽や映画の批評も書いています。


経歴

  1

論文

  7

MISC

  12

講演・口頭発表等

  13

書籍等出版物

  12

担当経験のある科目(授業)

  1

委員歴

  1

所属学協会

  1