基本情報

所属
千葉大学 教育学部 准教授
学位
博士(経済学)(2006年3月 京都大学)

研究者番号
70451739
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0001-8249-8196
J-GLOBAL ID
200901036804084943

外部リンク

しばしば破綻国家・脆弱国家とも称される世界の後発発展途上国は、いかにして政治的経済的な発展軌道に乗ることができるのか、あるいはできないのか。このことを、一次産品、農業、紛争、開発、資源の呪い、平和構築、国家建設、グローバリゼーションといった観点から政治経済学的に考えるということに、取り組んできました。

具体的には、こうした大きな研究関心を、以下の3つの研究領域で具体的に深めてきました。
第一は、破綻国家・脆弱国家や、そこでの人間の安全保障に関する研究で、グローバリゼーションと呼ばれる世界政治経済の構造変動と関わらせて研究を進めてきました。
第二は、発展途上国にとって重要な一次産品について、その生産・流通・加工・消費の実態を、世界経済とのかかわりの中で捉える研究で、具体的にはコーヒー、石油、カカオを取り上げて、分析を進めてきました。
第三は、上の第一と第二の領域に大きくかかわる場所としてのアフリカの政治経済研究です。

専攻は「国際経済学(国際政治経済学)、開発学」、専門領域は「途上国政治経済論、一次産品経済論、国際開発とグローバリゼーション」ということにしています。経済学者ですが、国際政治学(国際関係論)とのかかわりの多い研究領域を手がけています。

本務校での授業では、国際経済学(貿易・金融・開発)のほかに、世界経済史、途上国経済、食糧・農業、エネルギー、雇用・労働、社会保障、金融、財政など、かなり多様な領域を講じることを余儀なくされつつも、研究者としては日本国際経済学会のほか、日本国際政治学会と日本平和学会という二つのIR系の学会にも所属、双方の学会にて役員または司会討論者を務めた経験のある日本唯一(?)の経済学者。

連絡先メールアドレスは、千葉大学研究者情報データベース:http://curt.chiba-u.jp/ でご確認下さい。


経歴

  4

主要な書籍等出版物

  6

MISC

  34

講演・口頭発表等

  4

共同研究・競争的資金等の研究課題

  4

所属学協会

  4

委員歴

  2

主要な担当経験のある科目(授業)

  17