立澤 史郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/29 14:25
 
アバター
研究者氏名
立澤 史郎
 
タツザワ シロウ
eメール
serowlet.hokudai.ac.jp
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究科 地域システム科学講座
職名
助教
学位
博士(理学)(京都大学), 学術修士(京都大学), 教育学修士(大阪教育大学)
その他の所属
北極域研究センター文学部北方研究教育センター

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院・文学研究科 助教
 
2003年4月
 - 
2008年3月
北海道大学 大学院・文学研究科 大学院・文学研究科 助手
 

学歴

 
1994年4月
 - 
2000年3月
京都大学 理学研究科 生物科学専攻
 
1991年4月
 - 
1993年3月
京都大学 人間・環境学研究科 人間・環境学専攻
 
1985年4月
 - 
1988年3月
大阪教育大学 教育学研究科 理科教育専攻
 
1979年4月
 - 
1983年3月
神戸大学 農学部 畜産学科
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
北海道大学文学研究科  広報委員会人文学カフェ実行委員会委員
 
2014年1月
 - 
現在
北海道大学CoSTEP  「科学技術コミュニケーション」編集委員
 
2013年
 - 
現在
奈良県  奈良のシカ保護管理計画検討委員会委員
 
2014年
 - 
現在
奈良県  奈良のシカ保護管理計画検討委員会・全体計画/農林業被害/事故WG委員
 
2011年
 - 
現在
日本哺乳類学会  和文誌編集委員
 
2006年
 - 
現在
農水省  農作物野生鳥獣被害対策アドバイザー
 
2005年
 - 
現在
屋久島まるごと保全協会[YOCA]  専門委員
 
2003年
 - 
現在
IUCN(国際自然保護連合)  種の保存委員会外来種専門部会(ISSG)委員
 
2000年
 - 
現在
関西自然保護機構  編集委員
 
1997年
 - 
現在
日本哺乳類学会  保護管理検討委員会(ニホンジカ作業部会)委員
 
2010年
 - 
2014年
環境省・林野庁  屋久島世界遺産地域科学委員会ヤクシカワーキンググループ委員
 
2009年
 - 
2014年
環境省・林野庁  屋久島世界遺産地域科学委員会委員
 
2009年
 - 
2014年
林野庁  野生鳥獣との共存に向けた生息環境等整備調査(屋久島)検討委員
 
2008年
 - 
2014年
環境省屋久島生物多様性保全協議会  専門委員
 
2008年
 - 
2012年
屋久島町  野生動物保護管理ミーティング専門委員
 
2007年4月
 - 
2009年3月
大阪府環境農林水産部  大阪府外来生物目録(鳥類・哺乳類)作成検討部会員
 
2003年
 - 
2005年
日本生態学会  英文誌編集委員
 
2003年
 - 
2005年
兵庫県  播磨ため池群自然再生検討委員会委員
 
1988年
 - 
1990年
大阪府環境局  環境教育推進検討会作業部会員
 

論文

 
立澤史郎・吉田 睦・中田 篤・池田 透
シベリア 温暖化する極北の水環境と社会   385-420   2015年3月   [査読有り]
檜山哲哉・藤原潤子 編著
立澤 史郎・オクロプコフ, I.M.
シベリア 温暖化する極北の水環境と社会   49-83   2015年3月   [査読有り]
檜山哲哉・藤原潤子 編著
Germogenov NI Okhlopkov IM Solomonov NG Tatsudzava (Tatsuzawa) S Kirillin RA Nikolayev EA Vladimirtseva MV
J Ecosys Ecograph   4(1) 141-144   2014年   [査読有り]
川村 貴志, 幸田 良介, 立澤 史郎
哺乳類科学   53(2) 345-350   2013年   [査読有り]
牧場はシカの良好な餌場となり,個体数増加にも影響しうるが,屋久島におけるヤクシカ(Cervus nippon yakushimae)の牧場利用の実態は不明である.屋久島町営長峰牧場において2006年から2009年にかけてほぼ毎月の頻度で行ったスポットライトカウントの結果,平均で420頭/km2と非常に多くのヤクシカが牧場を利用していること,日没後すぐの時間帯や放牧地の耕耘があった場合の密度は低いことが明らかとなり,ヤクシカの牧場利用に人間の活動や利用できる牧草量が影響していることが示唆され...
Terada C, Tatsuzawa S, Saitoh T
Oecologia   169(4) 981-994   2012年8月   [査読有り]
立澤 史郎, オフロプコフ I. M., キリリン E. V.
北方民族文化シンポジウム報告書   26(0) 9-16   2012年   [査読有り][招待有り]
阿部豪, 三好英勝, 佐鹿万里子, 中井真理子, 島田健一郎, 上田一徳, 富樫崇, 池田透, 立澤史郎, 室山泰之
哺乳類科学   51(2) 257-263   2011年12月   [査読有り]
阿部 豪, 三好 英勝, 佐鹿 万里子, 中井 真理子, 島田 健一郎, 上田 一徳, 富樫 崇, 池田 透, 立澤 史郎, 室山 泰之
哺乳類科学   51(2) 257-263   2011年
エッグトラップはアライグマ捕獲に有効な罠だが,保定・回収の際に作業従事者が攻撃を受ける,アライグマにストレスがかかるなどの問題点も指摘されている.そこで本研究では,エッグトラップで捕獲されたアライグマが自発的に回収箱に潜り込むように,内部を暗くした専用の誘導型回収箱を設計し,捕獲個体を円滑にかつ安全に回収する方法を開発した.本研究では,市販の容器に黒の塗料を塗布したタイプAと,北海道で最も普及率の高い箱罠に黒の覆いをかけて内部を暗くしたタイプBの2種類の回収箱を製作し,エッグトラップで捕獲...
寺田 千里, 立澤 史郎, 川村 貴志, 藤岡 正博
保全生態学研究   15(2) 193-201   2010年11月   [査読有り]
林道の敷設が屋久島に生息するヤクシカの食物資源の増加に寄与している可能性について検討するために、屋久島の林道脇と森林内部における食物現存量と食痕数を調べた。調査地は鹿児島県屋久島北東部の小瀬田林道周辺(標高150〜180m)のスギ人工林(34年生)と広葉樹二次林(36年生および47年生)に設けた。2006年7月〜2007年5月の期間、2ヵ月おきに各調査地の林道脇と森林内部の林床植物を刈り取り、乾燥重量を計測し食物現存量とした。また、各調査地の林道脇と森林内部で食痕数を数えた。食物現存量は人...
Shimatani Yukari, Takeshita Tsuyoshi, Tatsuzawa Shirow
Zoological science   27(3) 243-247   2010年3月   [査読有り]
浅川 満彦, 佐藤 未希, 曽根 啓子, 立澤 史郎, 織田 銑一
酪農学園大学紀要. 自然科学編   33(2) 291-292   2009年4月   [査読有り]
ヌートリアMyocastor coypusはヒトと家畜の共通寄生虫症の原因虫の媒介者として、海外では注目され、わが国では岐阜などで捕獲された個体からヌートリア糞線虫Strongyloides myopotamiおよび肝蛭Faciola sp.が検出されている。しかし前報で肝蛭が見つかった個体は、1986年2月から翌年9月にかけ捕獲されたものであり再調査が希求されていた。そこで、2000年11月から2002年6月にかけ、愛知県および兵庫県で有害捕獲されたヌートリア計80個体について内部寄生虫...
鳥居 春己 立澤 史郎
Biology and Management of Native and Introduced Populations   347-363   2009年   [査読有り]
本川 雅治, 立澤 史郎
日本生物地理學會會報 = Bulletin of the Bio-geographical Society of Japan   63(0) 43-45   2008年12月   [査読有り]
Shimatani Yukari, Takeshita Tsuyoshi, Tatsuzawa Shirow
Zoological Science   25(7) 714-720   2008年7月   [査読有り]
立澤 史郎
環境社会学研究   0(13) 33-47   2007年10月   [査読有り][招待有り]
市民調査は,観察会型,研究会型,運動型,政策提言型などに類型化でき,専門性と能動性という二軸で整理できる。なかでも社会的意思決定過程という機能を重視するならば,政策提言型市民調査のあり方を議論する必要がある。そこで政策提言を目指した野生生物保全市民調査を事例に,政策提言や政策関与に至らなかった理由や,専門性と能動性の動態を振り返り,政策提言型市民調査が乗り越えるべき課題を整理した。カモシカ食害防除活動では,新たな事実や新たな技術を示した点で市民調査の成果はあったが,問題の変化や専門化に対応...
阿部豪, 青柳正英, 的場洋平, 佐鹿万里子, 車田利夫, 高野恭子, 池田透, 立澤史郎
ほ乳類科学   (93) 169-175   2006年12月
阿部 豪, 青柳 正英, 的場 洋平, 佐鹿 万里子, 車田 利夫, 高野 恭子, 池田 透, 立澤 史郎
哺乳類科学   46(2) 169-175   2006年12月   [査読有り]
箱ワナによる外来アライグマ捕獲における諸問題である 1)他動物の錯誤捕獲,2)小動物による餌の持ち逃げや誤作動,3)トラップシャイ個体の存在,4)捕獲個体によるワナの破壊と逃亡,5)ワナの購入・運搬・管理に係るコスト高などの改善を図るため,アライグマ捕獲用に開発されたエッグトラップ7個を用いて試用捕獲(200 trap nights)を行った.その結果,野生個体としては高齢のアライグマ2頭(5歳オス,6歳メス)をいずれも無傷で捕獲した.捕獲期間中に錯誤捕獲は1例もなく,また誤作動は本体内部...
YAMADA Masahiro, HOSOI Eiji, TAMATE Hidetoshi B., NAGATA Junco, TATSUZAWA Shirow, TADO Hiroyuki, OZAWA Shinobu
Mammal study = The Continuation of the Journal of the Mammalogical Society of Japan   31(1) 23-28   2006年6月   [査読有り]
Nucleotide sequences of sika deer (Cervus nippon) collected from the eastern part of Shikoku Island were investigated & compared with those from other areas. Nucleotide sequence of the whole D-loop region of the mitochondrial DNA was determined by...
阿部豪・池田透・立澤 史郎
Assessment and Control of Biological Invasion Risks. Shoukadoh Book Sellers, Kyoto, Japan and IUCN   116-121   2006年   [査読有り]
立澤 史郎
日本生態学会関東地区会会報   (54) 37-49   2005年   [査読有り]
T. Tsunoda, T. Tsunoda, S. Tatsuzawa
Parasitology   128 503-509   2004年5月   [査読有り]
The questing height (i.e. ambush height) of ticks on a plant plays an important role in host selection. To test the hypothesis that the questing height of ticks in a locality had adapted to the body size of the host in that locality, we examined t...
立澤 史郎, 藤田 和, 伊藤 真子
関西自然保護機構会報   24(1) 3-14   2002年12月   [査読有り]
立澤 史郎, 藤田 和
関西自然保護機構会報   23(2) 127-140   2001年12月   [査読有り]
TATSUZAWA Shirow, SAKAIZUMI Mitsuru, KANO Yuichi
Biogeography : international journal of biogeography, phylogeny, taxonomy, ecology, biodiversity, evolution, and conservation biology   3(0) 89-100   2001年8月   [査読有り]
Simon J. Goodman, Simon J. Goodman, Hidetoshi B. Tamate, Rebecca Wilson, Junko Nagata, Shirow Tatsuzawa, Graeme M. Swanson, Josephine M. Pemberton, Dale R. McCullough
Molecular Ecology   10 1357-1370   2001年6月   [査読有り]
We assessed genetic differentiation and diversity in 14 populations of sika deer (Cervus nippon) from Japan and four populations of sika deer introduced to the UK, using nine microsatellite loci. We observed extreme levels of differentiation and s...
立澤 史郎
史料編集室紀要   0(26) 1-20   2001年3月   [査読有り][招待有り]
大隅諸島馬毛島の昆虫目録
河上康子・立澤史郎
Nature Study   47(1) 8-8   2000年1月   [査読有り]
Junko Nagata, Ryuichi Masuda, Hidetoshi B. Tamate, Shin Ichiro Hamasaki, Keiji Ochiai, Masahiko Asada, Shirow Tatsuzawa, Kazuki Suda, Hiroyuki Tado, Michihiro C. Yoshida
Molecular Phylogenetics and Evolution   13 511-519   1999年12月   [査読有り]
To investigate genetic diversity among populations of the sika deer, Cervus nippon, nucleotide sequences (705-824 bases) of the mitochondrial D-loop regions were determined in animals from 13 localities in the Japanese islands. Phylogenetic trees ...
岡田 篤, 立澤 史郎, 村上 興正
関西自然保護機構会報   20(2) 77-81   1998年12月   [査読有り]
Hidetoshi B. Tamate, Shirow Tatsuzawa, Kazuki Suda, Masako Izawa, Teruo Doi, Katsunori Sunagawa, Fumiyosi Miyahira, Hiroyuki Tado
Journal of Mammalogy   79 1396-1403   1998年11月   [査読有り]
A partial sequence of the mitochondrial cytochrome-b gene was determined for seven subspecies of sika deer (Cervus nippon) in the Japanese Islands. Nine mitochondrial DNA genotypes were distinguishable among deer sampled. Sequence analysis reveale...
立澤 史郎
関西自然保護機構会報   14(0) 41-56   1992年12月   [査読有り]
立澤 史郎
関西自然保護機構会報   14(0) 77-85   1992年12月   [査読有り]
立澤 史郎
関西自然保護機構会報   14(0) 87-95   1992年12月   [査読有り]
立沢 史郎
関西自然保護機構会報   13(2) 103-116   1992年2月   [査読有り]
立澤 史郎, 鈴木 善次
大阪教育大学紀要. V, 教科教育   38(2) 229-245   1989年12月   [査読有り]

Misc

 
立澤史郎
技術と普及   49(1) 82-83-83   2012年1月   [依頼有り]
立澤 史郎
地域自然史と保全 = Bulletin of Kansai Organization for Nature Conservation   35(2) 155-165   2013年12月   [依頼有り]
立澤 史郎
哺乳類科学   52(2) 299-300   2012年12月   [依頼有り]
立澤 史郎
グリーン・パワー   (393) 6-7   2011年9月   [依頼有り]
立澤 史郎
グリーン・パワー   (371) 24-25   2009年11月   [依頼有り]
立澤 史郎
グリーン・パワー   (370) 24-25   2009年10月   [依頼有り]
立澤 史郎
グリーン・パワー   (369) 24-25   2009年9月   [依頼有り]
立澤 史郎
グリーン・パワー   (368) 24-25   2009年8月   [依頼有り]
立澤 史郎
グリーン・パワー   (367) 24-25   2009年7月   [依頼有り]
立澤 史郎
グリーン・パワー   (365) 14-15   2009年5月   [依頼有り]
立澤 史郎
グリーン・パワー   (363) 14-15   2009年3月   [依頼有り]
[連載]獣害問題・ヌートリア(上.生態と被害の特徴、中.被害防除と個体数管理、下.ため池灌漑による生息地管理)
立澤 史郎
日本農業新聞      2009年6月   [依頼有り]
日本農業新聞2009 年6 月10 日/16 日/23 日(各1 面、上.生態と被害の特徴、中.被害防除と個体数管理、下.ため池灌漑による生息地管理).
立澤 史郎
グリーン・パワー   (362) 14-15   2009年2月   [依頼有り]
立澤 史郎
グリーン・パワー   (361) 14-15   2009年1月   [依頼有り]
立澤 史郎
グリーン・パワー   (356) 14-15   2008年8月   [依頼有り]
東シベリアにおけるトナカイ生態調査:温暖化で急変する人と動物のくらし
立澤 史郎
Arctic Circle   (70) 14-17   2009年   [依頼有り]
立澤 史郎
サステナ   0(3) 64-66   2007年4月   [依頼有り]
外来生物問題−基礎知識と大阪府の課題
立澤 史郎
都市と自然   31(12) 4-6   2008年3月   [依頼有り]
矢原 徹一, 立澤 史郎
エコソフィア   (18) 70-77   2006年   [依頼有り]
立澤 史郎
道路と自然   33(2) 28-30   2006年   [依頼有り]
69. 名取睦・松井淳・立澤史郎・河内直子・安田美香・吉田正人・夏原由博(訳・解説)
保全生物学会Newsletter      2007年
立澤 史郎
リテラポプリ   (26) 16-17   2006年   [依頼有り]
立澤 史郎
リテラポプリ   (26) 16-17   2006年   [依頼有り]
立澤 史郎
里山から見える世界-人をつなぐ・未来をひらく大学の森   37-44   2006年
龍谷大学里山学・地域共生学オープンリサーチセンター.
ニホンジカ-野生を失いつつある天然記念物
立澤 史郎
月刊みんぱく   29(2) 20-21   2005年2月   [依頼有り]
立澤 史郎
「「学校」「地域」と自然史博物館-平成14年度文部科学省「科学系博物館教育機能活用事業」のとりくみから-   46-47   2003年   [依頼有り]
大阪自然史センター・大阪市立自然史博物館発行
立澤 史郎
日本動物行動学会Newsletter   (41) 19-22   2002年12月   [依頼有り]
[連載]大阪近郊の哺乳類
立澤 史郎
Nature Study   46(4)    2000年   [依頼有り]
2004年2月号49(2)まで、各回2-4pp.
大阪市立自然史博物館友の会発行
立澤 史郎
哺乳類科学   40(2) 211-212   2000年
立澤 史郎
哺乳類科学   40(1) 134-136   2000年
<書評>食べる速さの生態学
立澤 史郎
生物科学   52(3) 181-182   2000年   [依頼有り]
立澤 史郎
哺乳類科学 = Mammalian Science   37(2) 125-133   1998年3月
<書評>Geographic variation in behavior (Foster & Endler, 1999).
石田惣ほか
日本動物行動学会Newsletter   (34)    1999年
小泉 透, 鈴木 正嗣, 浅田 正彦, 立澤 史郎
Honyurui Kagaku (Mammalian Science)   33(2) 130-136   1994年   [依頼有り]
行動学者が保全生物学者になるためにー<書評>Behavioral Approaches to Conservation in the Wild.
立澤 史郎
日本動物行動学会Newsletter   (33) 6-9   1998年   [依頼有り]
立沢 史郎
関西自然保護機構会報   0(17) 59-60   1989年3月   [依頼有り]
<書評>Behavioral Ecology - An Evolutionary Approach (Krebs & Davis eds. 4th ed.)
水島希ほか
日本動物行動学会Newsletter   (31) 16-19   1997年
立沢 史郎
関西自然保護機構会報   0(16)    1988年9月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
低温環境の科学事典
立澤 史郎 (担当:分担執筆, 範囲:北方林と動物および人間の生活)
朝倉書店   2015年12月   ISBN:978-4-254-16128-1
檜山 哲哉・藤原 潤子編 (担当:分担執筆, 範囲:第3章、第11章)
京都大学学術出版会   2015年4月   ISBN:4876983151
日本環境教育学会編 (担当:分担執筆, 範囲:北極海、家畜、獣害、生態系管理、地球規模生物多様性概況(GB03) 、共生、動物解放論、動物の権利)
教育出版   2013年7月   ISBN:4316801309
前迫ゆり 編著 (担当:分担執筆, 範囲:第15章 「奈良のシカ」の生態と管理)
ナカニシヤ出版   2013年3月   ISBN:4779507448
池田 透, 小杉 康, 立澤 史郎, 橋本 雄, 武田 雅哉, 藏田 伸雄, 佐藤 淳二, 千葉 惠, 和田 博美 (担当:分担執筆, 範囲:第二章 日本最古のテーマパーク?――奈良公園に見る人とシカの関係史)
北海道大学出版会   2013年3月   ISBN:4832933841
牧 洋一郎, 長野 広美, 立澤 史郎, 下野 敏見, 蔵元 淳, 木下 大然, 上妻 昭夫, 瀬下 満義 (担当:共編者, 範囲:共編著、および2編執筆(1-1 馬毛島の自然の魅力、2-3民意を問うべき馬毛島問題))
南方新社   2010年9月   ISBN:4861241952
鬼頭秀一・福永真弓編 (担当:分担執筆, 範囲:7 第7章「外来対在来」を問う――地域社会のなかの外来種)
東京大学出版会   2009年12月   ISBN:4130623117
Springer Japan   2009年1月   ISBN:0130205931
環境教育事典編集委員会, 本谷 勳, 小原 秀雄, 宮本 憲一 (担当:分担執筆, 範囲:「哺乳類と環境教育」など49項目)
旬報社   1999年5月   ISBN:484510573X
小川 みさこ
南方新社   2003年7月   ISBN:4931376959
田端 英雄 (担当:分担執筆, 範囲:ニホンジカ)
保育社   1997年5月   ISBN:4586312068
Hairston Nelson G. (Nelson George), 堀 道雄, 中田 兼介, 立澤 史郎, 足羽 寛 (担当:共訳)
蒼樹書房   1996年11月   ISBN:4789120562
クライブ ポンティング
朝日新聞   1994年6月   ISBN:402259604X
環境教育事典編集委員会 (担当:分担執筆, 範囲:「哺乳類と環境教育」など49項目)
労働旬報社   1992年6月   ISBN:484510248X
クライブ ポンティング
朝日新聞   1994年6月   ISBN:4022596031
川道 武男, 川道 美枝子 (担当:分担執筆, 範囲:ポンポン山42-43, 芦生139-141, 大阪の自然が残る箕面・能勢153-155, アナグマ228-232, 滋賀県土山町234-235, 大台ヶ原258-260)
京都新聞社   1991年10月   ISBN:4763802801

講演・口頭発表等

 
羽馬千恵, 菊崎弘泰, 立澤史郎, 池田透
野生生物と社会学会大会プログラム・講演要旨集   2015年11月21日   
羽馬千恵, 羽馬千恵, 池田透, 立澤史郎
日本環境教育学会大会研究発表要旨集   2015年8月21日   
立澤 史郎
The 14th Arctic Ungulate Conference   2015年8月17日   International Arctic Ungulate Society
Okhlopkov, I.M.・立澤 史郎
Symposium.56. Conservation and Long-Term Research of Marine and Terrestrial Large Mammals in the Russian Far East and Eastern Siberia,   2015年7月29日   IWMC, MSJ
立澤 史郎
Symposium.62. Instrumental Studies of Large Mammals in the Russian Far East and Siberian Arctic, The Vth International Wildlife Management Congress   2015年7月29日   IWMC, MSJ
立澤 史郎
ICARPIII (International Conference on Arctic Research Planning) and ISAR-4 (International Symposium on Arctic Research)   2015年4月19日   ICARPIII and ISAR-4
立澤史郎
CoSTEP   2015年1月10日   CoSTEP
oral
Tatsuzawa, S., Okhlopkov, I.M., Solomonov, N.G., Nikolaev, E.A., Kirillin, E.V., Kirillin, R.A., Mamaev, N.V., Troeva, E.I.
The Arctic Biodiversity Congress, Dec   2014年12月3日   CAFF
立澤 史郎
Round table 3 Environmental Conservation and Rational use of Natural Resources in the Arctic, International Research and Practice Conference "Arctic: Prospects for Sustainable Development”   2014年11月28日   Government of Sakha Republic (Yakutia)
立澤 史郎
Round table "Comprehensive Study of Territorial Development: Historical Experience and Modern Approach, International Research and Practice Conference "Social and Human Adaptation of the Arctic Regions to Climate Change and Globalisation"   2014年11月26日   UNESCO, UNITWIN, North-Eastern Federal University
立澤 史郎
Session 4. Monitoring of the Biological Resources in the Arctic under the Concept of Climate Change, International Research and Practice Conference "Social and Human Adaptation of the Arctic Regions to Climate Change and Globalisation"   2014年11月25日   UNESCO, UNITWIN, North-Eastern Federal University
立澤 史郎
International Research and Practice Conference "Social and Human Adaptation of the Arctic Regions to Climate Change and Globalisation"   2014年11月25日   UNESCO, UNITWIN, North-Eastern Federal University
立澤 史郎
The International Science Conference ‘Mammals of Northern Eurasia: Life in the Northern Latitudes (Russian Academy of Science   2014年4月7日   Rossian Theriological Society, RUS
Mammal Species in Yakutia: as possible global climate change indicators.
Okhlopkov, I.M., Tatsuzawa, S., Kirillin, E.V., Nikolaev, E.A.
2nd International Conference on “Global Warming and the Human-Nature Dimension in Siberia: Social Adaptation to the Changes of the Terrestrial Ecosystem.   2013年10月   2nd International Conference on “Global Warming and the Human-Nature Dimension in Siberia: Social Adaptation to the Changes of the Terrestrial Ecosystem.
oral
5 years corporative study of reindeer migration: its result and prospect.
Tatsuzawa, S., Okhlopkov, I.M., Kirillin, E.V., Nikolaev, E.A.
2nd International Conference on “Global Warming and the Human-Nature Dimension in Siberia: Social Adaptation to the Changes of the Terrestrial Ecosystem.   2013年10月   2nd International Conference on “Global Warming and the Human-Nature Dimension in Siberia: Social Adaptation to the Changes of the Terrestrial Ecosystem.
oral
Solomonov, N. G., Okhlopkov, I. M., Tatsuzawa, S., Troeva, E.I.
the 3rd International Symposium on the Arctic Research (ISAR-3)   2013年1月14日   the 3rd International Symposium on the Arctic Research (ISAR-3)
Poster (G5-P6)
Migration of the wild reindeers during 2010_2012, tracked with the use of satellite radio beacons.
Okhlopkov, I.М., Kirillin, R.А., Kirillin, Е.V., Nikolaev, Е.А., Solomonov, N.G., Tatsudzava (Tatsuzawa), S.
Current issues of the contemporary theriology.   2012年9月18日   Russia Theriological Society
oral
Okhlopkov, I.M.・立澤 史郎
1st International Conference on "Global Warming and the Human-Nature Dimension in Siberia: Social Adaptation to the Changes of the Terrestrial Ecosystem   2012年3月8日   RIHN
Current status of hunting by the indigenous minorities in Yakutia.
Nikolaev,E.A.,Stepanova,V.V., Okhlopkov, I.M.,Tatsuzawa, S., Ikeda, T.
1st International Conference on "Global Warming and the Human-Nature Dimension in Siberia: Social Adaptation to the Changes of the Terrestrial Ecosystem.   2012年3月7日   綜合地球環境学研究所
poster
Reacclimatization of the muskox in the arctic zone of Yakutia: results and prospects for further research.
Kirillin,E.V.,Okhlopkov, I.M., Tatsuzawa, S., Nikolaev, E.A.
1st International Conference on "Global Warming and the Human-Nature Dimension in Siberia: Social Adaptation to the Changes of the Terrestrial Ecosystem.   2012年3月7日   綜合地球環境学研究所
poster
The migration of eastern Siberian wild reindeer: where, when, how and why do they do?
Tatsuzawa, S., Okhlopkov, I.M., Kirillin, E.V., Nikolaev, E.A.
1st International Conference on "Global Warming and the Human-Nature Dimension in Siberia: Social Adaptation to the Changes of the Terrestrial Ecosystem.   2012年3月7日   綜合地球環境学研究所
oral
農林業被害とヤクシカ管理の歴史.
立澤史郎
第59回日本生態学会大津大会・第5回EAFES(東アジア生態学会連合)大会自由集会「屋久島研究会:ヤクシカと植生の関係をどう捉えるか」   2012年3月   日本生態学会
oral
立澤 史郎
第26回北方民族文化シンポジウム   2011年10月1日   北方文化振興協会・北海道立北方民族博物館
Kirillin, E.V, Okhlopkov, I.M, Tatsuzawa, S, Nikolaev, E.A, Solomonov, N.G
13th International Arctic Ungulates Conference   2011年8月22日   International Arctic Ungulate Society
立澤 史郎
13th International Arctic Ungulates Conference   2011年8月22日   International Arctic Ungulate Society
Okhlopkov, I.M.・立澤 史郎
13th International Arctic Ungulates Conference   2011年8月22日   International Arctic Ungulate Society
立澤史郎, OKHLOPKOV I.M., KIRILLIN E.V., ISAEV A.P., KRIVOSHAPKIN A.A.
日本生態学会大会講演要旨集   2011年3月8日   日本生態学会
屋久島におけるシカ管理の現状と課題.
立澤史郎
日本哺乳類学会2011年度大会自由集会「生物多様性保全に向けたシカの管理目標と管理の現状」   2011年3月   日本哺乳類学会
oral
Tatsuzawa S., Okhlopkov I.M., Kirillin E.V., Krivoshapkin A.A., Isaev A.P.
the 2nd International Symposium on the Arctic Research (ISAR-2)   2010年12月6日   the 2nd International Symposium on the Arctic Research (ISAR-2)
Poster (G5-P26)
立澤史郎, 手塚賢至, 川崎勝也
日本生態学会大会講演要旨集   2010年3月15日   日本生態学会
Potentials of natural/ cultural monitoring by local residents: a trial in deer/forest management on the Yakushima WNH (World Natural Heritage) site [招待有り]
立澤 史郎
The 1st Asian Conference of Ethnobiology (When Nature Meets Culture; The International Forums for National Parks and Indigenous Cultural Understanding of Nature),   2009年10月24日   nternational Society of Ethnobiology
屋久島・口之永良部島における市民調査をベースとしたニホンジカ管理計画の可能性.
立澤史郎・川村貴志・手塚賢至・荒田洋一・川_勝也
日本哺乳類学会2009年大会   2009年9月   日本哺乳類学会
oral(22 国-9-23A-1)
寺田千里, 立澤史郎, 齊藤隆
日本生態学会大会講演要旨集   2009年3月17日   日本生態学会
立澤史郎, 小林勝志, 鈴木康良
日本生態学会大会講演要旨集   2009年3月17日   日本生態学会
七條宏樹, 立澤史郎, 小山田正幸, 高橋俊浩, 森田哲夫
日本環境動物昆虫学会年次大会要旨集   2008年11月16日   日本環境動物昆虫学会
阿部豪, 池田透, 立澤史郎
日本生態学会大会講演要旨集   2008年3月14日   日本生態学会
竹下毅, 池田透, 立澤史郎, 嶋谷ゆかり, 増田隆一
日本生態学会大会講演要旨集   2008年3月14日   日本生態学会
立澤史郎, 川村貴志, 松田裕之
日本生態学会大会講演要旨集   2008年3月14日   日本生態学会
立澤史郎, 高橋裕史, 松田裕之, 常田邦彦
日本生態学会大会講演要旨集   2007年3月19日   日本生態学会
池田透, 立澤史郎
日本生態学会大会講演要旨集   2007年3月19日   日本生態学会
太田碧海, 松田裕之, 立澤史郎, 高橋裕史, 常田邦彦
日本生態学会大会講演要旨集   2007年3月19日   日本生態学会
寺田千里, 立澤史郎, 川村貴志, 藤岡正博
日本生態学会大会講演要旨集   2007年3月19日   日本生態学会
太田碧海, 高橋裕史, 立澤史郎, 松田裕之
日本生態学会大会講演要旨集   2006年3月24日   日本生態学会
立澤史郎, 池田透, 増田泰, 河合広次
日本生態学会大会講演要旨集   2006年3月24日   日本生態学会
外来齧歯類ヌートリアMyocastor coypusにおける肝蛭の疫学調査および糞線虫の寄生状況
佐藤 未希, 八木 欣平, 曽根 啓子, 織田 銑一, 立澤 史郎, 長谷川 英男, 浅川 満彦
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2004年8月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 鬼頭 秀一
生物多様性保全と自然再生の理念は、地域社会の文化や社会のあり方と密接に結びついており、そのようなものを統合した「地域再生」の理念と深い関係がある。そのため、自然と社会や文化の入れ子状態の中で、「サステイナビリティ」などの自然にかかわる理念も社会や文化の理念から再定義されなければならない。そのようなことを実践的に可能にするための人材育成のあり方を実践的に提示するとともに、生物多様性保全や自然再生が、治水や災害などの問題も含めた包括的な環境や社会のあり方、さらには、エネルギーや脱炭素化社会の構...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 宮内 泰介
本研究は、自然資源管理と再生可能エネルギーという2つのテーマに焦点を当てながら、多くの詳細な事例研究(20件程度の中核的事例とその他多数の網羅的な事例)から、多元的な価値の中でどう環境ガバナンスを構築することができるかを研究することを目的としている。具体的には、(1)自然資源管理や再生可能エネルギーをめぐっての地域の多元性とその歴史的ダイナミズムについて事例から分析してモデル化、理論化し、さらに、(2)地域固有の歴史とりわけ地域環境史の中で環境ガバナンスのあり方、とくに合意形成や地域の文脈...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 小谷 凱宣, 佐々木 史郎
本研究は、北海道内の博物館に収蔵きれている、アイヌ民族資料の所在を確認し、その記録を取るとともに、その資料が収蔵された歴史的な背景を解明することを目的としていた。本研究で調査対象としたのは、北海道大学北方生物圏フィールド科学センター植物園(北大植物園)、函館市北方民族資料館、松前城資料館である。この3つの博物館が調査の対象とされたのは、資料の収集経緯に関する記録が比較的よく残されていたからである。3年にわたる調査の結果、北大植物園が所蔵する2600点に及ぶアイヌ文化関連の標本資料全点と松前...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 宮内 泰介
自然をめぐるガバナンスについて多くの現地調査を軸に研究した結果、多元的な価値を認めることが重要であること、また、ガバナンスのプロセスの中で試行錯誤とダイナミズムを保障することが大事であること、さらには、様々な市民による調査活動や学びを軸としつつ、大きな物語を飼い慣らして、地域の中での再文脈化を図ることが重要であることが明らかになった。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 池田 透
外来アライグマ対策への合意形成の基礎的資料として、北海道4地域における地域住民のアライグマ問題に対する意識調査をアンケートによって実施した。全体的には、外来種問題の理解が進み、駆除対策に対する合意形成はできつつあると予想されるが、地域住民の外来種問題理解は、マスコミ報道などを通した画一的な理解となっていることも推察され、アライグマ対策も真に生態系保全を目的とした外来種対策とは受け取られてはいないことが明らかとなった。外来種管理に関わる長期的視点からは、生態系保全意識をベースとした対策への合...