行松彰

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/24 20:02
 
アバター
研究者氏名
行松彰
 
ユキマツ アキラ
URL
http://www.nipr.ac.jp/
所属
国立極地研究所
部署
研究教育系 宙空圏研究グループ
職名
准教授
学位
博士(理学)(京都大学), 修士(理学)(京都大学)

プロフィール

研究課題と活動状況: SuperDARN短波レーダーを用いた電磁圏ダイナミクスの研究を中心に研究を進めている。

1995年に極地研がSuperDARN短波レーダー観測網に参加するにあたり、それ以前から主に技術的な準備を進め、昭和基地での2基の短波レーダーの観測開始、国内データベースの作成、共同利用へのデータ提供と共同研究の推進に努めてきた。2基運用体制が軌道に乗り出してからは、本レーダーを用いた新しい観測手法の開発を基に、特定ビームの高時間分解能観測により、カスプ域近傍での、磁気圏磁気再結合過程と関連すると考えられる、FTE現象の観測に成功し、その太陽風変動への応答についての新たな知見を得た。また、これまでのマルチパルス法を用いたドップラースペクトル観測と平行して、全生IQ時系列データを取得し、飛躍的に高い時間分解能によるデータ取得を行う観測手法を開発し、この手法を用いて、流星エコーのみを抽出し、中間圏界面領域での中性風の高度分布とその時間発展をSuperDARNで初めて取得することに成功した。SuperDARNは他に例を見ない極域全体を覆うレーダーネットワークであるため、この利点と新しい観測手法を組合せることで、この高度領域にいける地球規模の中性風観測網の構築を試みている。また、上記生時系列取得モードを電離層観測に応用し、カスプ領域や、電離圏加熱装置による人工励起FAIからのエコーを捉え、FAIや各領域を特徴付ける物理素過程を捉えることを目的とした研究を進めている。又、SuperDARN短波レーダーは、基本的物理量である電離圏電場の広域2次元での観測が可能である為、他の地上観測や、衛星観測等との比較総合解析研究にも頻繁に役立てられており、共同研究や、他国のSuperDARN参加研究機関との国際共同研究の様態で、これらの研究を推進するよう努めてきた。

南極昭和基地受信設備でデータ取得を行っていた、科学衛星「あけぼの」の放射線モニター(RDM)を用いた、地球磁気圏の放射線帯粒子の振舞いについての研究も、主に宇宙科学研究所や東京工業大学との共同研究の形で行っている。特に、大きな磁気嵐やSCの際に起こる、放射線帯外帯、内帯及びスロット領域の高エネルギー粒子の振る舞いを初め、内部磁気圏のダイナミクスについての、研究を行っている。極域観測歴: 1988.8~1990.3:第30次日本南極地域観測隊あすか観測拠点越冬隊に宙空系隊員として参加、本拠点での本格的な宙空越冬観測として昭和基地との多点観測を実施。

2003.10~2003.11:マクマード基地及びアムンセン・スコット南極点基地を訪問し、全天イメージャー保守。

2004.7~2006.3:第46次日本南極地域観測隊昭和基地越冬隊に宙空系隊員として参加(短波レーダー第1装置更新・短波レーダー第2装置干渉計観測開始・中継拠点往復旅行・沿岸旅行で無人磁力計設置及び保守や宇宙線観測実施・宙空系チーフ・観測主任・持帰り輸送担当等)

その他:2004.1~2、2007.2:英国レスター大にて、EISCAT加熱装置による電離層FAIをSuperDARNレーダー詳細観測、流星風観測。アイスランドにて共役点観測機器の保守。ブラジル地磁気異常帯直下にて宇宙線観測、等。産学共同研究: 特に無

研究分野

 
 

経歴

 
1988年8月
 - 
1990年3月
第30次日本南極観測地域観測隊 宙空系 越冬隊員
 
1992年10月
 - 
2004年3月
国立極地研究所 研究系 超高層大気物理学部門 助手
 
1993年4月
 - 
2004年3月
総合研究大学院大学 数物科学研究科 極域科学専攻 助手
 
2004年4月
 - 
2007年3月
情報・システム研究機構国立極地研究所 研究教育系 助手
 
2004年4月
 - 
2007年3月
総合研究大学院大学 複合科学研究科 極域科学専攻 助手
 
2004年7月
 - 
2006年3月
第46次日本南極観測地域観測隊 宙空系 越冬隊員
 
2007年4月
 - 
2008年11月
情報・システム研究機構国立極地研究所 研究教育系 助教
 
2007年4月
 - 
2008年12月
総合研究大学院大学 複合科学研究科 極域科学専攻 助教
 
2008年12月
 - 
現在
情報・システム研究機構国立極地研究所 研究教育系 准教授
 
2009年1月
 - 
現在
総合研究大学院大学 複合科学研究科 極域科学専攻 准教授
 
2016年7月
 - 
2017年3月
第58次日本南極地域観測隊 宙空圏 夏隊隊員
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1992年9月
京都大学 大学院理学研究科 地球物理学専攻
 
1984年4月
 - 
1988年3月
京都大学 理学部 
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
SuperDARN  SENSU Syowa radars Principal Investigator
 
2015年7月
 - 
2016年3月
日本地球惑星科学連合  選挙管理委員会委員
 
2013年7月
 - 
2014年7月
日本地球惑星科学連合  選挙管理委員会委員
 
2010年5月
 - 
2011年4月
情報システム研究機構 国立極地研究所  過半数代表者
 
2009年5月
 - 
2010年4月
情報システム研究機構 国立極地研究所  過半数代表者
 

論文

 
Sato, N., A. S. Yukimatu, Y,. Tanaka, and T. Hori
Earth, Planets and Space   69(103) 1-11   2017年8月   [査読有り]
We examined the morphological signatures of 315 omega band aurora events observed using the Time History of Events and Macroscale Interactions during Substorm ground-based all-sky imager network over a period of 8 years. We find that omega bands c...
Kawano, H., A. S. Yukimatu, Y. Tanaka, S. Saita, N. Nishitani, and T. Hori
九州大学大学院理学研究院紀要 Series D, Earth and Planetary Sciences   XXXIV(1) 1-15   2016年11月   [査読有り]
In this paper we present a new kind of wave event found in the ground/sea backscattered data of the SuperDARN Hokkaido East radar, located in the mid-latitude area at the AACGM latitude (longitude) of 36.5° (214.7°). The wave event started at the ...
Nishitani, N., T. Nagatsuma, A. S. Yukimatu, Hongqiao Hu, and T. Sakanoi
Earth, Planets and Space   68(168)    2016年10月
(Preface for an EPS Special issue)
Sato, N., A. Kadokura, Y. Tanaka, T. Nishiyama, T. Hori, A. S. Yukimatu
J. Geophys. Res.   120    2015年6月   [査読有り]
We examined a fortuitous case of an omega band pulsating aurora observed simultaneously on the ground at Sanikiluaq in Canada and onboard the THEMIS spacecraft on March 1, 2011. We observed almost the entire process of the generation of the omega ...
Tsuda, T. T., X. Chu, T. Nakamura, M. K. Ejiri, T. D. Kawahara, A. S. Yukimatu, and K. Hosokawa
Geophys. Res. Lett.   42(10) 3647-3653   2015年5月   [査読有り]
We report a thermospheric Na layer event (up to 140 km) observed by lidar in the night of 23–24 September 2000 at Syowa (69.0°S, 39.6°E), Antarctica. The thermospheric Na number densities were 2–9 cm−3 at 110–140 km, 3 orders of magnitude smaller ...
Yukimatu, A. S.
Proc. SuperDARN 2014 Workshop   1 P-1-1-P-1-23   2015年5月
Triggered by VAP (Van Allen Probe) and ERG (Exploration of energization and Radiation in Geospace) mission plans exploring inner magnetosphere, many debates have been kicked off to discuss on the radar operating modes that are the most suitable fo...
Hori, T., Y. Miyashita, Y. Miyoshi, K. Seki, T. Segawa, Y.-M. Tanaka, K. Keika, M. Shoji, I. Shinohara, K. Shiokawa, Y. Otsuka, S. Abe, A. Yoshikawa, K. Yumoto, Y. Obana, N. Nishitani, A. S. Yukimatu, T. Nagatsuma, M. Kunitake, K. Hosokawa, Y. Ogawa, K. T. Murata, M. Nose, H. Kawano, and T. Sakanoi
宇宙航空研究開発機構研究開発報告: 宇宙科学情報解析論文誌   4 (JAXA-RR-14-009) 75-89   2015年3月   [査読有り]
The Exploration of energization and Radiation in Geospace project Science Center (ERG-SC) has developed the science data file archive and integrated data analysis tool for the ground network observation data of the ERG project. We have organized d...
Syowa SENSU imaging radar status and future prospects -2
Yukimatu, A.S.
Proc. SuperDARN Workshop 2013 in Moose Jaw, Canada      2014年3月
Hosokawa, K., Y. Takeda, T. Ogawa, A. Kadokura, A. S. Yukimatu, and N. Sato
南極資料   57(3) 317-328   2013年11月   [査読有り]
昭和基地における夜光雲(NLC)と極域夏季中間圏レーダーエコー(PMSE)の同時観測について報告する.2009 年2 月11 日の2000 UT から2130 UTの間,昭和基地の南側において夜光雲が目視観測された.同時に,昭和基地SuperDARN 短波レーダーが近距離レンジにおいて特徴的なエコーを観測した.このエコーは小さいドップラー速度とスペクトル幅を持ち,短波レーダーによって観測されるPMSEの特徴と調和的であるが,同じ時間帯にNLCが観測されたことから,この特徴的な近距離エコーが...
Suzuki, H., T. Nakamura, M. K. Ejiri, T. Ogawa, M. Tsutsumi, M. Abo, T. D. Kawahara, Y. Tomikawa, A. S. Yukimatu, and N. Sato
Ann. Geophys.   31(10) 1793-1803   2013年10月   [査読有り]
A Rayleigh–Raman lidar system was installed in January 2011 at Syowa Station, Antarctica (69.0° S, 39.6° E). Polar mesospheric clouds (PMCs) were detected by lidar at around 22:30 UTC (LT −3 h) on 4 February 2011, which was the first day of observ...
A. Grocott, K. Hosokawa, T. Ishida, M. Lester, S. E. Milan, M. P. Freeman, N. Sato and A. S. Yukimatu
J. Geophys. Res.   118(9) 5830-5841   2013年9月   [査読有り]
We present a survey of medium-scale traveling ionospheric disturbances (MSTIDs) observed by a Super Dual Auroral Radar Network HF radar located in the Falkland Islands between May 2010 and April 2011. The radar has a field of view that overlooks t...
LIU Jianjun,HU Hongqiao,HAN Desheng,LIU Yonghua,ZHANG Qinghe,Akira S Yukimatu
Adv. Polar. Sci.   24(1-English) 60-68   2013年3月   [査読有り]
We present observations of a duskside shock aurora occurred on 21 April 2001 by the SuperDARN radar at Syowa Station and the all-sky camera at Zhongshan Station (ZHS) in Antarctica when the radar was operated in fast-scan mode covering the ZHS reg...
Hori T, N. Nishitani, Y. Miyoshi, Y. Miyashita, K. Seki, T. Segawa, K. Hosokawa, A. S. Yukimatu, Y. Tanaka, N. Sato, M. Kunitake, and T. Nagatsuma
Adv. Polar. Sci.   24(1-English) 69-77   2013年3月   [査読有り]
The Energization and Radiation in Geospace (ERG) mission seeks to explore the dynamics of the radiation belts in the Earth’s inner magnetosphere with a space-borne probe (ERG satellite) in coordination with related ground observations and simulati...
Syowa SENSU imaging radar and the future perspectives
Yukimatu, A. S., K. Nishimura, M. Tsutsumi, N. Sato and M. Lester
Proc. SuperDARN Workshop 2012 in Shanghai, China   P4-1-P4-37   2012年6月
Yukimatu, A. S., A. Grocott, S. Fujita and N. Sato
Proc. SuperDARN Workshop 2011 in New Hampshire, USA   CS8-1-CS8-24   2011年6月
Liu, J. J., H. Q. Hu, D. S. Han, T. Araki, Z. J. Hu, Q. H. Zhang, H. G. Yang, N. Sato, A. S. Yukimatu, and Y. Ebihara
J. Geophys. Res.   116(A03210)    2011年3月   [査読有り]
We examined temporal variations of a dayside aurora and corresponding ionospheric plasma convection observed by an all-sky camera (ASC) and the Super Dual Auroral Radar Network (SuperDARN) over Zhongshan (ZHS), located at −74.5° in magnetic latitu...
Grocott, A., S. E. Milan, T. K. Yoeman, N. Sato, A. S. Yukimatu and J. A. Wild
J. Geophys. Res.   115(A00I06)    2010年10月   [査読有り]
We present superposed epoch analyses of the average ionospheric convection response in the northern and southern hemispheres to magnetospheric substorms occurring under different orientations of the interplanetary magnetic field (IMF). Observation...
Taguchi, S., K. Hosokawa, S. Suzuki, A. Tawara, H. U. Frey, J. Matzka, A. S. Yukimatu, and N. Sato
J. Geophys. Res.   115(A10308)    2010年10月   [査読有り]
On the basis of simultaneous observations from the Super Dual Auroral Radar Network (SuperDARN), the far ultraviolet instrument on the IMAGE spacecraft, and a magnetometer installed on the east coast of Greenland, we present the characteristics of...
Hosokawa, K., T. Motoba, A. S. Yukimatu, S. E. Milan, M. Lester, A. Kadokura, N. Sato, and G. Bjornsson
J. Geophys. Res.   115(A09303)    2010年9月   [査読有り]
We demonstrate a close association between decameter-scale plasma irregularities in the E region ionosphere and auroral patches in the postmidnight sector. In September 2009, campaign-based measurements of the aurora were conducted in Iceland with...
Yukimatu, A. S., K. Hosokawa, T. Motoba, N. Sato and M. Lester
Proc. CAWSES-II Kickoff Symposium in Japan   103-106   2010年7月
Development of CDF conversion scheme for SDD fitacf files by ERG-Science Center: A new data analysis platform powered by the THEMIS tool
Hori, T., N. Nishitani, Y. Miyashita, Y. Miyoshi, K. Seki, T. Segawa, K. Hosokawa, A. S. Yukimatu, Y. Tanaka, N. Sato, M. Kunitake, and T. Nagatsuma
Proc. SuperDARN Workshop 2010 in Hermanus, South Africa      2010年6月
Substorm associated convection in the northern and southern auroral ionospheres
Grocott, A., S. E. Milan, N. Sato, J. A. Wild, T. K. Yeoman, A. S. Yukimatu
Proc. SuperDARN Workshop 2010 in Hermanus, South Africa      2010年6月
2-D Electric field modulation with pulsating aurora observed with a new SuperDARN high temporal resolution technique
Yukimatu, A. S., K. Hosokawa, T. Motoba, N. Sato, and M. Lester
Proc. SuperDARN Workshop 2010 in Hermanus, South Africa   3-8-1-3-8-30   2010年6月
Taguchi, S., K. Hosokawa, S. Suzuki, A. S. Yukimatu, and N. Sato
J. Geophys. Res.   115(A05305)    2010年5月   [査読有り]
In this study, we report evidence proving the existence of a close relationship between the initial development of a poleward propagating feature of the HF radar backscatter, that is, HF radar polar patch, and a fast azimuthal flow in the cusp. We...
Taguchi, S., S. Suzuki, K. Hosokawa, Y. Ogawa, A. S. Yukimatu, N. Sato, M. R. Collier, and T. E. Moore
J. Geophys. Res.   114(A06211)    2009年6月   [査読有り]
On 28 March 2001, when the interplanetary magnetic field was strongly duskward, the DMSP F12 spacecraft observed an ion precipitation burst in a latitudinally narrow region near 1200 MLT. A few minutes earlier, the Low Energy Neutral Atom (LENA) i...
Simultaneous observations of visible NLC and SuperDARN-PMSE over Japanese Syowa station in Antarctica
Sato, N., K. Hosokawa, Y. Takeda, T. Ogawa, A. S. Yukimatu, A. Kadokura and M. Tsutsumi
Proc. SuperDARN Workshop 2009 in Corsica      2009年6月
Small-scale converging electric field structure in the vicinity of breakup auroral arcs
Hosokawa, K., R. Sugita, A. Kadokura, A. S. Yukimatu, N. Sato, S. E. Milan, M. Lester, G. Bjornsson, and T. Saemundsson
Proc. SuperDARN Workshop 2009 in Corsica      2009年6月
Direct comparison between IF and RF sampling performance with SENSU Syowa Stereo digital SuperDARN system
Yukimatu, A. S., M. Tsutsumi, N. Sato, M. J. Parsons, J. Thornhill, E. C. Thomas, and M. Lester
Proc. SuperDARN Workshop 2009 in Corsica      2009年6月
Tsutsumi, M., A. S. Yukimatu, D. A. Holdsworth, and M. Lester
Radio Science   44(RS2006)    2009年3月   [査読有り]
The meteor observation technique based on SuperDARN raw time series analysis has been upgraded. This technique extracts meteor information as biproducts and does not degrade the quality of normal SuperDARN operations. In the upgrade the radar oper...
Taguchi, S., K. Hosokawa, A. Nakao, M. R. Collier, T. E. Moore, N. Sato, and A. S. Yukimatu
J. Geophys. Res.   114(A02311)    2009年2月   [査読有り]
Recent studies have shown that the motion of the cusp can be deduced from the energetic neutral atom signals detected in the magnetosphere by the Low Energy Neutral Atom (LENA) imager on the IMAGE spacecraft. We use this approach to understand the...
Miyashita, Y., K. Hosokawa, T. Hori, Y. N. Kamide, A. S. Yukimatu, M. Fujimoto, T. Mukai, S. Machida, N. Sato, Y. Saito, I. Shinohara, and J. B. Sigwarth
J. Geophys. Res.   113(A12309)    2008年12月   [査読有り]
We have studied the response of large-scale ionospheric convection to substorm expansion onsets on the basis of two weak substorms of 1 May 2001, during which a large part of the dawn cell of the two-cell ionospheric convection pattern was monitor...
Jayachandran, P. T., N. Sato, Y. Ebihara, A. S. Yukimatu, A. Kadokura, J. W. MacDougall, E. F. Donovan, and K.Liou
J. Geophys. Res.   113(A08208)    2008年8月   [査読有り]
Three SuperDARN radars in the afternoon-midnight sector of the auroral oval detected a boundary oscillation, originating near ∼1800 MLT sector. Analysis of the phase of the oscillations measured in three meridians indicates that the disturbance ha...
Borderick, J. D., T. K. Yeoman, A. S. Yukimatu, and D. M. Wright
Proc. SuperDARN workshop 2008 in Newcastle, Australia      2008年6月
Yukimatu, A. S., K. Nishimura, Y. Ogawa, M. Tsutsumi, N. Sato, M. T. Rietveld, J. D. Borderick, D. M. Wright, T. K. Yeoman, T. R. Robinson, and M. Lester
Proc. SuperDARN workshop 2008 in Newcastle, Australia      2008年6月
Murata, Y., S. Taguchi, K. Hosokawa, A. Nakano, M. R. Collier, T. E. Moore, N. Sato, H. Yamagishi, A. S. Yukimatu
J. Geophys. Res.   112(A11208)    2007年11月   [査読有り]
Recent studies have shown that the Low Energy Neutral Atom (LENA) imager on the IMAGE spacecraft in the magnetosphere detects neutral atoms coming from the direction of the high-altitude cusp. The primary source of the neutral atoms has been repor...
Operational meteor wind observations based on raw time series analysis
Tsutsumi, M., A. S. Yukimatu, and M. Lester
Proc. SuperDARN workshop 2007 in Hokkaido, Japan      2007年7月
fitacf, lag-0 power, new ROS and TMS mode - to fitacfers -
Yukimatu, A. S.
Proc. SuperDARN workshop 2007 in Hokkaido, Japan      2007年7月
Range Imaging by FDI - heater induced FAIs observed by SuperDARN and EISCAT-
Yukimatu, A. S., K. Nishimura, M. Tsutsumi, Y. Ogawa, N. Sato, D. M. Wright, T. K. Yeoman, M. T. Rietveld, and M. Lester
Proc. SuperDARN workshop 2007 in Hokkaido, Japan      2007年7月
Status Report of SENSU Syowa South and East radars
Sato, N., and A. S. Yukimatu
Proc. SuperDARN workshop 2007 in Hokkaido, Japan      2007年7月
Nagai T., A. S. Yukimatu, A. Matsuoka, K. T. Asai, J. C. Green, T. G. Onsager, H. J. Singer
J. Geophys. Res.   111(A11205)    2006年11月   [査読有り]
We present two event studies of significant enhancements of relativistic electron flux in the slot region of Earth's radiation belts during storms, using electron measurements from the Akebono spacecraft at high altitudes and NOAA 15, 16, 17, and ...
Shiokawa, K., K. Seki, Y. Miyoshi, A. Ieda, T. Ono, M. Iizima, T. Nagatsuma, T. Obara, T. Takashima, K. Asamura, Y. Kasaba, A. Matsuoka, Y. Saito, H. Saito, M. Hirahara, Y. Tonegawa, F. Toyama, M. Tanaka, M. Nose, Y. Kasahara, K. Yumoto, H. Kawano, A. Yoshikawa, Y. Ebihara, A. Yukimatsu, N. Sato, S. Watanabe, and the Inner Magnetosphere Subgroup in the Society of Geomagnetism and Earth, Planetary and Space Sciences
Adv. Space Res.   38(8) 1861-1869   2006年8月   [査読有り]
The Earth’s inner magnetosphere (inside 10 Re) is a region where particle energy increases to the relativistic energy range. This region is very important as a laboratory where high-energy particle acceleration can be directly measured in a dipola...
Taguchi, S., K. Hosokawa, Y. Murata, A. Nakao, M. R. Collier, T. E. Moore, N. Sato and A. S. Yukimatu
Adv. Polar Upper Atmos. Res.   20 17-26   2006年8月   [査読有り]
The Low Energy Neutral Atom (LENA) imager on the Imager for Magnetopause-to-Aurora Global Exploration (IMAGE) spacecraft in the magnetosphere can detect neutral particles coming from the direction of the magnetopause. During a period of dynamic pr...
Taguchi, S., K. Hosokawa, A. Nakao, M. R. Collier, T. E. Moore, A. Yamazaki, N. Sato, A. S. Yukimatu
Geophys. Res. Lett.   33(L03101)    2006年2月   [査読有り]
During a northward interplanetary magnetic field on 27 March 2001, the Low Energy Neutral Atom (LENA) imager on the Imager for Magnetopause-to-Aurora Global Exploration (IMAGE) spacecraft in the magnetosphere observed an enhanced emission in the d...
High resolution studies of the spectral characteristics of particle-driven ULF waves observed in heater-generated radar backscatter
Wright, D. M., T. K. Yeoman, and A. S. Yukimatu
Proc. SuperDARN workshop 2005 in U.K.      2005年6月
Hosokawa, K., T. Ogawa, N.F. Arnold, M. Lester, N. Sato and A.S. Yukimatu
Geophys. Res. Lett.   32(L12801)    2005年6月   [査読有り]
An algorithm for automated extraction of polar mesosphere summer echoes (PMSE) from near-range measurements of the Super Dual Auroral Radar Network (SuperDARN) is applied to observations obtained by the Syowa East (69.01°S, 38.61°E) and Iceland Ea...
T. Ogawa, S. Nozawa, M. Tsustsumi, N.F. Arnold, N. Nishitani, N. Sato and A.S. Yukimatu
Ann. Geophys.   22(12) 4049-4059   2004年12月   [査読有り]
Polar mesosphere summer echoes (PMSEs) have been well studied using vertical incidence VHF radars at northern high-latitudes. In this paper, two PMSE events detected with the oblique incidence SuperDARN HF radars at Hankasalmi, Finland (62.3° N) a...
S. Taguchi, K. Hosokawa, M. R. Collier, T. E. Moore, M.-C. Fok, A. S. Yukimatu, N. Sato and R. A. Greenwald
Adv. Polar Upper Atmos. Res.   18 53-64   2004年8月   [査読有り]
The Low Energy Neutral Atom (LENA) imager on the IMAGE spacecraft observed significant emission in the high-latitude magnetosheath direction during an extreme solar wind condition on April 11, 2001. The emission was modulated in such a manner that...
On the relationship between spectral characteristics of high-latitude irregularities and small-scale electromagnetic field fluctuations
Hosokawa, K., S. Yamashita, P. Stauning, A. S. Yukimatu, N. Sato, and T. Iyemori
Proc. SuperDARN workshop 2004 in Saskatoon, Canada      2004年5月
Statistical analysis of backscatters from first range gates with SENSU Syowa East and CUTLASS Iceland East - an attenmpt to estimate interhemispheric asymmetry in PMSE activities -
Hosokawa, K., T. Ogawa, N. F. Arnold, M. Lester, A. S. Yukimatu, and N. Sato
Proc. SuperDARN workshop 2004 in Saskatoon, Canada      2004年5月
Poleward-moving patch of neutral atoms as observed by the IMAGE spacecraft Low Energy Neutral Atom (LENA) imager - manifestation of transient dayside reconnection? -
Hosokawa, K., S. Taguchi, A. Nakano, M. R. Collier, T. E. Moore, M. Lester, A. S. Yukimatu, and N. Sato
Proc. SuperDARN workshop 2004 in Saskatoon, Canada      2004年5月
Ionospheric disturbances in conjugate hemispheres during the 23 November 2004 solar eclipse
Sato, N., A. Kadokura, T. Saemundsson, Y. Shinkai, A. S. Yukimatu, T. Ogawa, R. FUjii, J.-P. Villain, S. E. Milan, and M. Lester
Proc. SuperDARN workshop 2004 in Saskatoon, Canada      2004年5月
Short time scale characteristics of artificial radar backscatter using the raw time series analysis method of Yukimatu and Tsutsumi (2002)
Wright, D. M., T. K. Yeoman, and A. S. Yukimatu
Proc. SuperDARN workshop 2004 in Saskatoon, Canada      2004年5月
Advanced SuperDARN meteor wind observations based on raw time series analysis technique
Tsutsumi, M., A. S. Yukimatu, D. Holdsworth, and M. Lester
Proc. SuperDARN workshop 2004 in Saskatoon, Canada      2004年5月
New implementation of digital receivers to new SENSU SuperDARN Syowa Stereo radar
Yukimatu, A. S., M. Tsutsumi, N. Sato, M. Lester, E. C. Thomas
Proc. SuperDARN workshop 2004 in Saskatoon, Canada      2004年5月
Raw time series analysis of cusp and heater induced irregularities
Yukimatu, A. S., T. K. Yeoman, D. M. Wright, M. Lester, T. Robinson, M. Tsutsumi, and N. Sato
Proc. SuperDARN workshop 2004 in Saskatoon, Canada      2004年5月
Nishitani N., M. Lester, S. E. Milan, T. Ogawa, N. Sato, H. Yamagishi, A. S. Yukimatu, F. J. Rich
J. Geophys. Res.   109(A2)    2004年2月   [査読有り]
The spectral width of the ionospheric backscatter echoes obtained with the SuperDARN radars has been regarded as a useful tool for locating specific ionospheric regions such as the cusp. In this paper we report the presence of ionospheric echoes w...
K. Hosokawa, S. Yamashita, P. Stauning, N. Sato, A. S. Yukimatu, and T. Iyemori
Ann. Geophys.   22(1) 159-168   2004年1月   [査読有り]
We perform a case study of a favorable conjunction of an overpass of the Oersted satellite with the field-of-view of the SuperDARN Syowa East radar during an interval of the southward IMF Bz. At the time, the radar observed an L-shell aligned boun...
Hosokawa K., T. Ogawa, A. S. Yukimatu, N. Sato, T. Iyemori
Geophys. Res. Lett.   31(2)    2004年1月   [査読有り]
An oblique-sounding coherent HF radar of the SuperDARN (Super Dual Auroral Radar Network) at about 11 MHz sometimes receives peculiar backscatter returns, which are suspected as Polar Mesosphere Summer Echoes (PMSE), from ranges very close to the ...
Ogawa, T., K. Hosokawa, N. Nishitani, N. Sato, H. Yamagishi and A. S. Yukimatu
Adv. Polar Upper Atmos. Res.   17 13-29   2003年9月   [査読有り]
Polar mesosphere summer echoes(PMSE) are strong VHF-UHF radar echoes from the high-latitude cold mesopause at around 80-90km altitudes in summer. Although a number of in situ and radar observations of PMSE have been made until now, generation mech...
Wild, J. A., S. E. Milan, S. W. H. Cowley, M. W. Dunlop, C. J. Owen, M. G. H. Taylor, D. A. Davies, M. Lester, A. S. Yukimatu, N. Sato, A. N. Fazakerley and A. Balogh
Ann. Geophys.   21(8) 1807-1826   2003年8月   [査読有り]
At 10:00 UT on 14 February 2001, the quartet of ESA Cluster spacecraft were approaching the Northern Hemisphere high-latitude magnetopause in the post-noon sector on an outbound trajectory. At this time, the interplanetary magnetic field incident ...
Hosokawa, K., E. E. Woodfield, M. Lester, S. E. Milan, N. Sato, A. S. Yukimatu, and T. Iyemori
Ann. Geophys.   21(7) 1553-1565   2003年7月   [査読有り]
Previous studies have shown that dayside equatorward edge of coherent HF radar backscatter having broad Doppler spectral width is coincident with the equatorward edge of the cusp particle precipitation. This enables the boundary between broad and ...
Kataoka, R., H. Fukunishi, K. Hosokawa, H. Fujiwara, A. S. Yukimatu, N. Sato, and Y.-K. Tung
Ann. Geophys.   21(7) 1531-1541   2003年7月   [査読有り]
Transient production of F-region plasma irregularities due to traveling convection vortices (TCVs) was investigated using the Super Dual Auroral Radar Network (SuperDARN) combined with ground magnetometer networks and the POLAR ultraviolet imager....
Appearance of ionospheric echoes with very narrow spectral width observed by the SuperDARN HF radars and corresponding magnetic field line geometry in the magnetotail region
Nishitani, N., T. Ogawa, M. Lester, S. E. Milan, J. Wild, S. W. H. Cowley, N. Sato, H. Yamagishi, and A. S. Yukimatu
Proc. SuperDARN workshop 2003 in Finland      2003年5月
Localized ionospheric ~20mHz ULF waves obtained by the CUTLASS radars during the campaign of the SuperDARN / GEOTAIL simultaneous observation
Shinkai, Y., N. Sato, A. S. Yukimatu, T. Sakurai, Y. Tonegawa, T. Mukai, M. Lester, T. Yeoman, S. E. Milan, J.-P. Villain, G. Sofko, and B. J. Fraser
Proc. SuperDARN workshop 2003 in Finland      2003年5月
Simultaneous observation of optical and E-region radar aurora over Iceland during the Syowa-Iceland conjugate campaign
Sato, N., S. E. Milan, M. Lester, A. S. Yukimatu, H. Miyaoka, Y. Shinkai, Y. Murata, H. Deguchi, T. Saemundsson and J.-P. Villain
Proc. SuperDARN workshop 2003 in Finland      2003年5月
Simultaneous interhemispheric observations of flow during magnetospheric substorms with SuperDARN
Lester, M., G. Provan, S. E. Milan, N. Sato, H. Yamagishi, and A. S. Yukimatu
Proc. SuperDARN workshop 2003 in Finland      2003年5月
Raw time series analysis of heater induced irregularities
Yukimatu, A. S., M. Lester, T. K. Yeoman, D. M. Wright, T. R. Robinson, M. T. Rietveld, M. Tsutsumi, and N. Sato
Proc. SuperDARN workshop 2003 in Finland      2003年5月
Raw time series analysis of cusp irregularities
Yukimatu, A. S., M. Lester, T. K. Yeoman, S. E. Milan, M. Tsutsumi, and N. Sato
Proc. SuperDARN workshop 2003 in Finland      2003年5月
Improvement of SuperDARN meteor wind measurements with raw time series analysis method
Yukimatu, A. S., M. Tsutsumi, M. Lester, S. E. Milan, and N. Sato
Proc. SuperDARN workshop 2003 in Finland      2003年5月
Nishitani, N., V. Papitashvili, T. Ogawa, N. Sato, H. Yamagishi, A. S. Yukimatu, and F. J. Rich
J. Geophys. Res.   108(A5) 1184   2003年5月   [査読有り]
Ionospheric convection over the southern polar cap on 11–12 May 1999 has been studied by using the Syowa East and South HF radar data and the DMSP ion driftmeter data, when the solar wind density was very low and geomagnetic activity was low. The ...
Hosokawa, K., M. Sugino, M. Lester, N. Sato, A. S. Yukimatu and T. Iyemori
J. Geophys. Res.   107(A12) 1457   2002年12月   [査読有り]
Dusk scatter event (DUSE) (first reported by Ruohoniemi et al. [1988]) is one of the most reproducible features among the SuperDARN radar backscatter within the subauroral ionosphere. Hosokawa et al. [2001] analyzed the scattering occurrence perce...
Kadokura, A., A. S. Yukimatu, M. Ejiri, T. Oguti, M. Pinnock, and P. R. Sutcliffe
J. Geophys. Res.   107(A12) 1480   2002年12月   [査読有り]
We have analyzed in detail the auroral bulge evolution during the expansion phase of an isolated substorm, which was observed by the UV imager aboard the Akebono satellite. It was found that there were three distinct stages in the evolution. Stage...
Kadokura, A., A. S. Yukimatu, M. Ejiri, T. Oguti, M. Pinnock, and M. R. Hairston
J. Geophys. Res.   107(A12) 1479   2002年12月   [査読有り]
We have analyzed in detail the evolution of nightside auroral activities and ionospheric convection during the growth phase of an isolated substorm. The following three characteristic auroral activities were identified by meridian scanning photome...
Sakanoi, T., H. Fukunishi, S. Okano, N. Sato, H. Yamagishi, A. S. Yukimatu
J. Geophys. Res.   107(A11) 1388   2002年11月   [査読有り]
Simultaneous measurements of neutral winds and plasma drifts have been carried out to clarify the local neutral-ion coupling processes in the auroral F region. High-resolution maps of thermospheric winds and plasma drifts were made using data obta...
Matsuoka, H., A. S. Yukimatu, H. Yamagishi, N. Sato, G. J. Sofko, B. J. Fraser, P. Ponomarenko, R. Liu, and T. Goka
J. Geophys. Res.   107(A11) 1400   2002年11月   [査読有り]
In spite of accumulated observations of ULF pulsations, there are no satisfactory explanations for the generation and transmission mechanisms of Pc3 pulsations at very high latitudes. We studied the characteristics of the high-latitude Pc3 pulsati...
Yukimatu, A. S., and M. Tsutsumi
Geophys. Res. Lett.   29(20) 1981   2002年10月   [査読有り]
SuperDARN meteor wind measurements in the mesopause region using the standard analysis of ACFs constructed from the multi-pulse sequence have several shortcomings. To overcome them, we have developed a new method to enable raw time series analysis...
Makarevitch, R. A., A. V. Koustov, K. Igarashi, K. Ohtaka, T. Ogawa, N. Nishitani, N. Sato, H. Yamagishi, and A. S. Yukimatu
Adv. Polar Upper Atmos. Res.   16 59-83   2002年9月   [査読有り]
In this study, characteristics of the auroral E-region echoes at two significantly different radar frequencies of 12 and 50 MHz are compared. Considered observations were performed at the Syowa Antarctic station in March of 1997 using two HF and o...
Ogawa, T., N. Nishitani, N. Sato, H. Yamagishi, and A. S. Yukimatu
Adv. Polar Upper Atmos. Res.   16 84-98   2002年9月   [査読有り]
E region radar echo parameters (echo power, Doppler velocity and spectral width) obtained with the Syowa Station HF radar under disturbed geomagnetic conditions are qualitatively analyzed to study how echoing region changes due to HF wave refracti...
Yukimatu, A. S., M. Tsutsumi, H. Yamagishi and N. Sato
Adv. Polar Upper Atmos. Res.   16 181-192   2002年9月   [査読有り]
DC offsets in quadrature outputs (I/Q signals) pertinent to the SuperDARN HF radars can cause problems in determining and analysing auto-correlation functions, cross-correlation functions and raw time series data if they are not negligible. We hav...
Hosokawa, K., E. E. Woodfield, M. Lester, S. E. Milan, N. Sato, A. S. Yukimatu and T. Iyemori
Ann. Geophys.   20(8) 1213-1223   2002年8月   [査読有り]
We performed a statistical analysis of the occurrence distribution of Doppler spectral width around the day-side high-latitude ionosphere using data from the conjugate radar pair composed of the CUTLASS Iceland-East radar in the Northern Hemispher...
SuperDARN HF Radar Signatures of Traveling Convection Vortices
Kataoka, R., H. Fukunishi, A. S. Yukimatu, N. Sato, K. Hosokawa, and SuperDARN PIs
Proc. SuperDARN workshop 2002   2.12.1-2.12.30   2002年5月
GEOTAIL/SuperDARN Simultaneous Observations in Order to Investigate the Pc 3 ULF Waves
Shinkai, Y., N. Sato, A. S. Yukimatu, M. Lester, S. E. Milan, J.-P. Villain, G. Sofko, T. Sakurai, and Y. Tonegawa, SuperDARN/GEOTAIL Research Group
Proc. SuperDARN workshop 2002   2.3.1-2.3.23   2002年5月
Interhemispheric Comparison of Spectral Width Boundary as Observed by the SuperDARN Radars
Hosokawa, K., E. E. Woodfield, M. Lester, S. E. Milan, N. Sato, A. S. Yukimatu
Proc. SuperDARN workshop 2002   5.4.1-5.4.10   2002年5月
ULF Waves Detected by the Coordinated Observation of GEOTAIL, CUTLASS, and EISCAT Heater Experiment on January 17, 2002
Tonegawa, Y., T. Sakurai, N. Sato, Y. Shinkai, A. S. Yukimatu, T. Aso, M. Lester, T. K. Yeoman, and M. T. Rietveld
Proc. SuperDARN workshop 2002   2.7.1-2.7.11   2002年5月
Ionospheric Echoes With High Velocities and Very Narrow Spectral Widths Observed by the SuperDARN Radars During High Geomagnetic Activity
Nishitani, N., T. Ogawa, N. Sato, H. Yamagishi, A. S. Yukimatu, M. Lester
Proc. SuperDARN workshop 2002   4.3.1-4.3.25   2002年5月
Polar Mesosphere Summer Echoes Detected With the SuperDARN Radars
Ogawa, T., N. F. Arnold, N. Nishitani, N. Sato, H. Yamagishi, and A. S. Yukimatu
Proc. SuperDARN workshop 2002   3.3.1-3.3.3   2002年5月
Bifurcating Cusp Aurora and Transient Traveling Auroral Vortices (TTAVs) under Large IMF By Condition
Sato, N., H. Yang, H. Hu, R. Liu, H. Yamagishi, A. S. Yukimatu, M. Kikuchi, Y. Murata, S. E. Milan, M. Lester, and T. Iijima
Proc. SuperDARN workshop 2002   2.10.1-2.10.16   2002年5月
Development of I/Q DC offset monitoring and removal code
Yukimatu, A. S., and M. Tsutsumi
Proc. SuperDARN workshop 2002   7.2.1-7.2.9   2002年5月
Comparison of new SuperDARN raw time series neutral wind data with SD ACF and MF radar data obtained at Syowa, Antarctica: preliminary results
Yukimatu, A. S., and M. Tsutsumi
Proc. SuperDARN workshop 2002   7.1.1-7.1.12   2002年5月
An application of raw time series analysis method to MLT region dynamics: improvement of meteor wind measurements
Yukimatu, A. S., and M. Tsutsumi
Proc. SuperDARN workshop 2002   3.4.1-3.4.27   2002年5月
Development of raw time series analysis method using unequally spaced multi-pulse observation data
Yukimatu, A. S., and M. Tsutsumi
Proc. SuperDARN workshop 2002   3.3.1-3.3.16   2002年5月
Ogawa, T., N. Nishitani, N. Sato, H. Yamagishi, and A. S. Yukimatu
Geophys. Res. Lett.   29(7) 1157   2002年4月   [査読有り]
Peculiar HF radar echoes observed at Syowa Station, Antarctica (69.0°S, 39.6°E) are reported. The echoes occurred in summer at slant ranges between 180 (first range gate) and 315 km under very quiet geomagnetic conditions. They are characterized b...
国際SuperDARN大型短波レーダー網プロジェクトの昭和-極地研間データ通信回線利用計画
行松彰
インテルサット衛星回線を利用したテレサイエンスに関する研究小集会発表資料集   44-48   2002年
SuperDARNデータベースについて
西谷望、佐藤夏雄、山岸久雄、行松彰
第6回太陽地球環境研究のコンピューティング研究会講演要旨集   27-28   2002年
GEOTAIL/SuperDARN cooperative Study for Pc 3 ULF Waves
Shinkai, Y., N. Sato, A. S. Yukimatu, M. Lester, S. E. Milan, T. Sakurai, Y. Tonegawa, SuperDARN PIs and SuperDARN/GEOTAIL Research Group
Proc. COSPAR Colloquium "Frontiers of Magnetospheric Plasma Physics" Celebrating 10 Years of GEOTAIL Operation   108(A5)   2002年
Characteristics of 12- and 3-m E-Region Irregularities as Observed at Syowa, Antarctica
Koustov, A. V., R. A. Makarevitch, T. Ogawa, N. Nishitani, K. Igarashi, K. Ohtaka, N. Sato, H. Yamagishi, A. S. Yukimatu
Proc. 2001 Asia Pacific-Radio Science Conference   p.349   2001年
Effect of Tenuous Solar Wind on High Latitude Ionospheric Convection
Nishitani, N., T. Ogawa, N. Sato, H. Yamagishi, A. S. Yukimatu
Proc. 2001 Asia Pacific-Radio Science Conference   p.347   2001年
Source of plasma irregularities in the subauroral F region as observed by the SuperDARN radars
Hosokawa, K., T. Iyemori, A. S. Yukimatu, N. Sato, M. Sugino
Proc. 2001 Asia Pacific-Radio Science Conference   p.346   2001年
Source of field-aligned irregularities in the subauroral F region as observed by the SuperDARN radars
Hosokawa, K., A. S. Yukimatu, T. Iyemori, and N. Sato
J. Geophys. Res.   106, 24713-24731-(2001JA900080)   2001年   [査読有り]

Misc

 
A new SuperDARN meteor wind measrement:Raw time series analysis method and its application to mesopause region dynamics
Geophysical Research Letters   29(20) 1981   2002年
New sounding modes for SuperDARN HF radars
Advances in Polar Upper Atmosphere Research   15 135-145   2001年
The Ionospheric Cusp's Response to Impulusive IMF Changes
Proc. International SuperDARN workshop 1998   768-785   1998年
Structural Variation of Radiation Belt Associated with Solar Flare and SC Events Observed by Radiation Monitor(RDM) Aboard AKEBONO(EXOS-D)
Proc. 8th International Symposium on Solar Terrestrial Physics dedicated to STEP   (Part1) 150   1994年
行松彰
南極資料   36(2) 294-309   1992年
1989年, 南極あすか観測拠点で30MHzリオメーターの観測を行った。太陽活動が最大級であったこの年, 混信が非常に多く出現した。この混信は規則的な日変化や季節変化を示し, 670km東方の昭和基地でも同様の特性の混信が受信された。この混信は, さらに北半球極域でのリオメーター及び日本での電波観測にも同様に現れており, 地球規模で発生している現象であると考えられる。この混信の出現特性を, 電離層foF_2のデータ, 地磁気活動指数Kp, また太陽黒点数と比較を行った結果, 次のことがわか...

講演・口頭発表等

 
行松彰
第142回地球電磁気・地球惑星圏学会 総会・講演会(2017年秋学会)   2017年10月18日   地球電磁気・地球惑星圏学会
Tanaka, Y., T. Nishiyama, A. Kadokura, M. Ozaki, K. Shiokawa, S-I. Oyama, M. Nose, T. Nagatsuma, M. Tsutsumi, K. Nishimura, K. Sato, Y. Miyoshi, Y. Kasahara, A. Kumamoto, F. Tsuchiya, M. Hikishima, S. Matsuda, A. Matsuoka, R. Kataoka, and A. S. Yukimatu
第142回地球電磁気・地球惑星圏学会 総会・講演会(2017年秋学会)   2017年10月16日   地球電磁気・地球惑星圏学会
佐藤夏雄、行松彰、田中良昌、堀智昭、門倉昭
第142回地球電磁気・地球惑星圏学会 総会・講演会(2017年秋学会)   2017年10月16日   地球電磁気・地球惑星圏学会
河野英昭、行松彰、西谷望、田中良昌、才田聡子、堀智昭、飯田剛平
第142回地球電磁気・地球惑星圏学会 総会・講演会(2017年秋学会)   2017年10月16日   地球電磁気・地球惑星圏学会
門倉昭、田中良昌、片岡龍峰、内田ヘルベルト陽仁、岡田雅樹、小川泰信、佐藤由佳、田口真、 尾崎光紀、塩川和夫、細川敬祐、三好由純、元場哲郎、行松彰、山岸久雄、佐藤夏雄
第142回地球電磁気・地球惑星圏学会 総会・講演会(2017年秋学会)   2017年10月16日   地球電磁気・地球惑星圏学会
アイスランドと南極昭和基地との間の超高層現象の地磁気共役点観測の現状について紹介する。アイスランドについては、科学研究費補助金(基盤研究(A):海外学術調査)課題「高時間分解能観測によるオーロラ現象の南北共役性の研究」(代表:門倉、平成27~31年度)を中心に、科学研究費補助金(特別推進研究)課題「地上多点ネットワーク観測による内部磁気圏の粒子・波動の変動メカニズムの研究」(代表:塩川、平成28~32年度)とも協力して、観測機器の整備を進めていて、平成28年度には、フッサフェル観測点にVL...
SuperDARN Japan webサイトの紹介
門脇優香、行松彰、長妻努、西谷望、堀智昭 、細川敬祐、渡辺正和、河野英昭
極域・中緯度SuperDARN研究集会   2017年9月12日   情報通信研究機構、国立極地研究所、名古屋大学宇宙地球環境研究所
オメガバンドオーロラのドリフト速度とSuperDARNで観測した電離圏流速との同時観測
佐藤夏雄、行松彰、田中良昌、堀智昭、長妻努
極域・中緯度SuperDARN研究集会   2017年9月12日   情報通信研究機構、国立極地研究所、名古屋大学宇宙地球環境研究所
SuperDARN昭和SENSUレーダー現況と第IX期南極観測計画
行松彰
極域・中緯度SuperDARN研究集会   2017年9月11日   情報通信研究機構、国立極地研究所、名古屋大学宇宙地球環境研究所
Yukimatu, A. S.
SuperDARN Workshop 2017   2017年6月6日   INAF/IAPS (Institute for Space Astrophysics and Planetology), Italy
Sato, N., A. S. Yukimatu, Y. Tanaka, T. Hori, T. Nagatsuma
SuperDARN Workshop 2017   2017年6月   INAF/IAPS (Institute for Space Astrophysics and Planetology), Italy
Omega band auroras are generally observed in the post-midnight and morning sectors during the recovery phases of magnetospheric substorms. They typically have sizes of 400–1000 km and usually drift eastward at speeds of 0.3–2 km/s. The mechanism r...
佐藤 夏雄、行松 彰、田中 良昌、堀 智昭、門倉昭
日本地球惑星科学連合連合大会2017年大会   2017年5月21日   日本地球惑星科学連合
Using the ground-based all-sky imagers we examined the long period (T~ 2-10 min) east-west band type auroral pulsations which are completely different from well-known pulsating auroras with period of ~ 10 second. Fundamental characteristics of thi...
河野英昭、行松 彰、西谷 望、田中良昌、才田聡子、堀 智昭、飯田剛平
ISEE研究集会「プラズマ圏の観測とモデリング」(共催:PSTEP(新学術領域「太陽地球圏環境予測:我々が生きる宇宙の理解とその変動に対応する社会基盤の形成」))   2017年3月6日   名古屋大学宇宙地球環境研究所
塩川和夫、阿部修司、藤井良一、橋本久美子、細川敬祐、石井守、門倉昭、 河野英昭、菊池崇、北村健太郎、宮下幸長、三好由純、長妻努、西谷望、尾花由紀、 小川泰信、大矢浩代、岡田雅樹、大塚雄一、大山伸一郎、尾崎光紀、才田聡子、 佐藤夏雄、篠原学、田所裕康、田口真、田中良昌、谷森達、土屋史紀、山岸久雄、 吉川顕正、行松彰、湯元清文
第17回宇宙科学シンポジウム   2017年1月5日   宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所
Sato, N., A. S. Yukimatu, Y. Tanaka, T. Hori, and A. Kadokura
2016 AGU fall meeting   2016年12月12日   米国地球物理学連合
We examined Omega band auroras observed with the THEMIS ground based all-sky imager network. Using 8 years data from January 2007 we found a large number of events (~ 330) that showed characteristics of omega band aurora. We examined optical signa...
Sato, N., A. S. Yukimatu, Y. Tanaka, and T. Hori
第7回極域科学シンポジウム   2016年11月29日   国立極地研究所
It is well known that the poleward boundary of a diffuse aurora occasionally develops large-scale wavy structures, called omega bands or torch structures, in the morning sector of the auroral oval. We examined Omega band auroras observed with the ...
河野英昭、行松彰、田中良昌、才田聡子、西谷望、堀智昭、飯田剛平
第7回極域科学シンポジウム   2016年11月29日   国立極地研究所
磁力線共鳴(Field-Line Resonance, FLR)により励起される地磁気脈動は、その周波数が磁力線沿いのプラズマ密度に依存する。特に、プラズマ圏境界面では密度が急変し、それに伴い磁力線共鳴周波数も急変する。地磁気脈動は電離圏プラズマも振動させるので、SuperDARNによってその振動数の2次元分布を観測しプラズマ圏境界面の位置をモニター出来る可能性がある。本研究の最終的目的はその為の方法論を確立し実行する事である。具体的には、SuperDARNの各beamの各range ga...
Hori, T., A. S. Yukimatu, and N. Nishitani
第7回極域科学シンポジウム   2016年11月29日   国立極地研究所
We have been developing a possible measurement technique for Pc1-range oscillations of ionospheric electric field with Super Dual Auroral Radar Network (SuperDARN) radars. The goal of the present study is to study spatial and temporal evolution of...
Nishitani, N., T. Hori, A. S. Yukimatu, and T. Nagatsuma
第7回極域科学シンポジウム   2016年11月29日   国立極地研究所
Watanabe and Nishitani (Adv. Polar Sci., 2013)は、太陽フレアの開始直後にSuperDARN の地上・海面散乱エコーのDoppler 速度が正に変動することを指摘し、この変動が太陽X 線・EUV により下部電離圏(D 層・E 層)において異常電離により短波帯レーダー電波の吸収を起こし、その結果レーダー電波の実効伝搬パスを短縮させることが主な要因であると結論付けた。上記論文はまた、このドップラー速度変動から下部電離圏電子密度の変動量を見積もることが...
門倉昭、田中良昌、佐藤由佳、片岡龍峰、岡田雅樹、小川泰信、田口真、尾崎光紀、細川敬祐、 行松彰、山岸久雄、佐藤夏雄
第7回極域科学シンポジウム   2016年11月29日   国立極地研究所
アイスランドと南極昭和基地との間の宙空関係の観測(地磁気共役点観測)の現状と将来計画について紹介する。アイスランドについては、5 か年計画(平成27 年度~平成31 年度)の科学研究費補助金(基盤研究(A):海外学術調査)課題「高時間分解能観測によるオーロラ現象の南北共役性の研究」を中心とした観測機器の整備を進めていて、平成28 年度には、フッサフェル観測点にVLF 観測装置を、チョルネス観測点に高速全天イメージャを、それぞれ新規設置した。
昭和基地については、平成28 年度からの第Ⅸ期南...
佐藤夏雄、行松彰、田中良昌、堀智昭
第140回 SGEPSS総会および講演会   2016年11月21日   地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS) / 九州大学
THEMIS 全天オーロラ画像ネットワークで観測されたデータを用いてオメガバンドオーロラの統計的な特性を調べた。データ期間は2007年1月から2014年12月までの8年間であり、その中から約330イベントを抽出した。そのイベント...
T. Hori, N. Nishitani, A. S. Yukimatu, T. Nagatsuma, K. Hosokawa, H. Kawano, M. Watanabe + ERG-SuperDARN共同観測検討タスクチーム
第8回ERGサイエンス会議   2016年11月15日   名古屋大学宇宙地球環境研究所、京都大学生存圏研究所
佐藤夏雄、行松彰、田中良昌、堀智昭
第3回「太陽地球環境データ解析に基づく超高層大気の空間・時間変動の解明」   2016年10月19日   国立極地研究所、名古屋大学宇宙地球環境研究所、京都大学生存圏研究所
佐藤夏雄、行松彰、田中良昌、堀智昭、長妻努、W. Bristow
極域・中緯度SuperDARN研究集会   2016年8月10日   国立極地研究所、名古屋大学宇宙地球環境研究所、 情報通信研究機構
行松彰
極域・中緯度SuperDARN研究集会   2016年8月9日   国立極地研究所、名古屋大学宇宙地球環境研究所、 情報通信研究機構
行松彰
極域・中緯度SuperDARN研究集会   2016年8月9日   国立極地研究所、名古屋大学宇宙地球環境研究所、 情報通信研究機構
Sato, N., A. Kadokura, Y. Tanaka, T. Hori, and A. S. Yukimatu
AOGS 2016 meeting (13th Asia Oceania Geosciences Society Annual Meeting)   2016年7月31日   AOGS (Asia Oceania Geosciences Society)
We examined Omega band auroras observed with the THEMIS ground based all-sky imager network. Using 8 years data from January 2007 we found a large number of events (~ 330) that showed the processes of the generation of omega band aurora from the g...
Yukimatu, A. S.
SuperDARN Workshop 2016   2016年5月31日   Geophys. Inst., Univ. of Alaska, Fairbanks
Antarctic SENSU Syowa South and East radars have been running since 1995 and 1997, respectively. Many maintenance works for conventional log-periodic antennae have been required almost every year mainly due to bent or broken elements, saddles (par...
Nishitani, N., T. Hori, A. S. Yukimatu, and T. Nagatsuma
SuperDARN Workshop 2016   2016年5月30日   Geophys. Inst., Univ. of Alaska, Fairbanks
佐藤夏雄、門倉昭、田中良昌、堀智昭、行松彰
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月25日   日本地球惑星科学連合
We examine morphological and statistical characteristics of Omega band auroras. In order to study statistical feature of Omega band aurora we used the THEMIS ground-based all-sky imager network data for 8 years from January 2007 to December 2014. ...
行松彰
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月23日   日本地球惑星科学連合
西谷望、堀 智昭、行松彰、長妻努
日本地球惑星科学連合2016年大会   2016年5月23日   日本地球惑星科学連合
Watanabe and Nishitani (Adv. Polar Sci, 2013) showed that during solar flares the SuperDARN data show positive Doppler velocities in ground / sea scatter echoes, and that this velocity change can be interpreted mainly in terms of the abnormal ioni...
Shiokawa K., S. Abe, R. Fujii, K. Hashimoto, K. Hosokawa, M. Ishii, A. Kadokura, H. Kawano, T. Kikuchi, K. Kitamura, Y. Miyoshi, T. Nagatsuma, N. Nishitani, Y. Obana, Y. Ogawa, H. Ohya, M. Okada, Y. Otsuka, S. Oyama, M. Ozaki, S. Saita, N. Sato, M. Shinohara, H. Tadokoro, M. Taguchi, Y. Tanaka, T. Tanimori, F. Tsuchiya, H. Yamagisi, A. Yoshikawa, A. S. Yukimatu, and K. Yumoto
磁気圏シンポジウム   2015年12月3日   宇宙科学研究所
行松彰
第6回極域科学シンポジウム   2015年11月16日   国立極地研究所
1995 年以来国際短波帯レーダーネットワーク観測プロジェクトであるSuperDARN の重要な一翼を担ってきたSENSU昭和基地HF レーダーの空間分解能を飛躍的に向上させる為のイメージング化の準備がほぼ整った状況であり、その詳細な現況を報告する。また、イメージング化の実現によって研究の発展が期待される、オーロラや電離圏不規則構造近傍の詳細な電離圏電場構造の観測による電磁圏・磁気圏結合物理素過程の研究、様々なメソスケールの過渡的現象や波動現象、電離圏不規則構造自体の生成消滅物理素過程の研...
Sato, N., A. Kadokura, Y. Tanaka, T. Hori, A. S. Yukimatu
第6回極域科学シンポジウム   2015年11月16日   国立極地研究所
We examined omega band auroras observed with the THEMIS ground based all-sky imagers. Using 8 years data from 2007 we found a large number of events (~ 150) that showed almost whole processes of the generation of omega band aurora from the initial...
岩木美延、片岡龍峰、渡辺正和、藤田茂、 行松彰、細川敬祐、田中高史
第6回極域科学シンポジウム   2015年11月16日   国立極地研究所
電離圏対流は惑星間空間磁場(IMF) Bzに関連して数々の研究がなされてきており、北向きIMFに対しては粘性相互作用が卓越すると予想されてきた。しかし、Super DARNレーダーを用いて弱い北向きIMFに対する電離圏対流の応答をGrocott [2009] によって作られた統計データベースを用いて調べると、IMFが北向きのとき極冠電位差(cross polar cap potential)は一定の強度を維持することはなく、北向き1nT付近で最小値をとることが明らかになった。一方、数々の研...
岩木美延、片岡龍峰、渡辺正和、藤田茂、行松彰、細川敬祐、田中高史
平成27年度 国立極地研究所研究集会 第299回生存圏シンポジウム 平成27年度STE現象解析ワークショップ 「第5回極端宇宙天気研究会」   2015年11月11日   国立極地研究所、京都大学生存圏研究所、名古屋大学宇宙地球環境研究所
行松彰
第138回地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)総会および講演会   2015年11月2日   地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS), 東京大学
1995 年以来国際短波帯レーダーネットワーク観測プロジェクトであるSuperDARN の重要な一翼を担ってきたSENSU昭和基地HF レーダーの空間分解能を飛躍的に向上させる為のイメージング化の準備がほぼ整った状況であり、詳細な現況を中心に報告する。また、イメージング化の実現によって研究の発展が期待される、オーロラや電離圏不規則構造近傍の詳細な電離圏電場構造の観測による電磁圏・磁気圏結合物理素過程の研究、様々なメソスケールの過渡的現象や波動現象、電離圏不規則構造自体の生成消滅物理素過程の...
北海道第二レーダー+SuperDARN全体の動向、ERG-SuperDARNタスクチームについて
西谷望、堀智昭、行松彰、長妻努他
SGEPSS内部磁気圏分科会   2015年11月1日   地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)内部磁気圏分科会
Kawano, H., A. S. Yukimatu, Y. Tanaka, S. Saita, N. Nishitani, T. Hori
第138回地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)総会および講演会   2015年11月1日   地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS), 東京大学
In the sea/ground backscattered data obtained by the SuperDARN Hokkaido East radar, we have found a relatively short-lived (lasting for about an hour) wave event which could be classified as a different type from the typical long-lasting (several ...
佐藤夏雄、門倉昭、田中良昌、堀智昭、行松彰
第138回地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)総会および講演会   2015年11月1日   地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS), 東京大学
およそ8 年分のTHEMIS 全天オーロラ画像ネットワーク観測データを用いてオメガバンドオーロラの特性を調べた。これまでの解析により、オメガバンドオーロラの生成期から拡大期、減衰期までの一連のライフサイクルついて数多くのイベント例を得ることができた。オメガバンドオーロラの成長特性として以下のことが明らかになった。オーロラは弱い種から次第に成長して、形状が大きく明瞭になってゆく。既存の東西方向のバンド状オーロラがねじ曲げられてオメガ状に形成されるのでは無い。成長過程では回転を伴う捻れ運動はほ...
Tanaka, Y., Y. Ogawa, A. Kadokura, H. Miyaoka, A. S. Yukimatu, H. Yamagishi, A. Shinbori, N. Umemura, S. Abe, Y. Koyama, M. Yagi, and S. Ueno
SCOSTEP WDS Workshop - Global Data Activities for the Study of Solar-Terrestrial Variability   2015年9月29日   情報通信研究機構
The Japanese Antarctic Research Expedition (JARE) started on the occasion of the International Geophysical Year (IGY) and has performed various observations at Syowa Station and the surrounding areas. National Institute of Polar Research (NIPR) in...
岩木美延、片岡龍峰、渡辺正和、藤田茂、 行松彰、細川敬祐、田中高史
国立極地研究所研究集会「プラズマシート電離圏投影問題研究会」   2015年9月18日   国立極地研究所
行松彰、共同研究者
第7回南極観測シンポジウム   2015年9月17日   国立極地研究所
本研究観測計画は、昭和基地SENSU SuperDARNレーダーを中心に、地上光学観測網や衛星観測等との緊密な連携により、第Ⅸ期中に予想される極端に低い太陽活動の極域超高層大気への影響を明らかにする。グランドミニマムが全球規模の長期気候環境変動に及ぼす影響は未解明であり、定量的な科学的評価を行うことが重要である。また近年内部磁気圏(放射線帯)高エネルギー粒子加速機構の研究が活況を呈し、米国VAPや日本のERG計画等内外で衛星観測計画が進んでいる。特にSuperDARNは最重要の連携地上観測...
行松彰
極域・中緯度SuperDARN研究集会   2015年9月15日   国立極地研究所、名古屋大学太陽地球環境研究所、情報通信研究機構
佐藤夏雄、門倉昭、田中良昌、堀智昭、行松彰
第2回「太陽地球環境データ解析に基づく超高層大気の空間・時間変動の解明」(IUGONET研究集会)   2015年8月18日   国立極地研究所、名古屋大学太陽地球環境研究所、京都大学生存圏研究所
Nakamura, T., K. Sato, M. Tsutsumi, T. Yamanouchi, T. Sato, Y. Tomikawa, K. Nishimura, M. K. Ejiri, M. Abo, T. Tsuda, T. Kawahara, H. Suzuki, A. Mizuno, T. Nagahama, H. Yamagishi, A. S. Yukimatu, M. Kohma, Y. Isono, T. Nishiyama, T. S. Matsuda
AOGS (Asia Oceania Geosciences Society) 2015 (12th Annual Meeting)   2015年8月5日   AOGS (Asia Oceania Geosciences Society)
JARE (Japanese Antarctic Research Expedition) has been carrying out a six year prioritized project of the Antarctic research observations since 2010. One of the sub projects is on the precise profiling of Antarctic middle and upper atmosphere from...
Hori, T., Y. Miyoshi, K. Seki, Y. Miyashita, K. Keika, M. Shoji, T. Segawa, I. Shinohara, Y. Tanaka, K. Shiokawa, K. Asamura, T. Takashima, N. Nishitani, A. S. Yukimatu, and T. Nagatsuma
SuperDARN Workshop 2015   2015年6月5日   英国レスター大学
The ERG (Exploration of energization and Radiation in Geospace) is a Japanese geospace exploration project and its scientific goal is comprehensive understanding of geospace storm with a special focus on dynamical evolution of the radiation belts ...
Sato, N., A. S. Yukimatu, Y. Tanaka, T. Hori, A. Kadokura
SuperDARN Workshop 2015   2015年6月5日   英国レスター大学
We examined omega band auroras observed with the THEMIS ground based all-sky imagers. We could find several events that showed almost whole processes of the generation of omega band aurora from the initial growth phase to the declining phase throu...
Kawano, H., A. S. Yukimatu, Y. Tanaka, S. Saita, N. Nishitani, and T. Hori
SuperDARN Workshop 2015   2015年6月2日   英国レスター大学
In the ground/sea backscattered data obtained by the SuperDARN Hokkaido East radar, located at 36.5 (214.7) degrees in the AACGM latitude (longitude), we have found a relatively short-lived wave event which could be classified as a different type ...
門倉昭、山岸久雄、岡田雅樹、小川泰信、田中良昌、元場哲郎、細川敬祐、才田聡子、三好由純、行松彰、宮岡宏、片岡龍峰
日本地球惑星連合大会2015   2015年5月28日   日本地球惑星連合
国立極地研究所(極地研)の宙空圏研究グループは、平成28 年度(2016 年度)から始まる次期南極観測計画期間中に、無人観測システムを利用した、オーロラ現象の地上ネットワーク観測を計画している。本講演では、その計画の概要紹介を行う。…
才田聡子、藤田茂、門倉昭、田中高史、行松彰、田中良昌、大谷晋一、村田健史、樋口知之
日本地球惑星連合大会2015   2015年5月28日   日本地球惑星連合
The Magnetosphere-Ionosphere (M-I) boundary condition in the global MHD simulation (Tanaka, 2010) includes insufficient factors for the M-I coupling process, so that we have to calibrate the global MHD simulation model considering parametric uncer...
佐藤夏雄、門倉昭、田中良昌、西山尚典、行松彰
日本地球惑星連合大会2015   2015年5月27日   日本地球惑星連合
Omega band auroras were observed with the THEMIS ground based All-Sky Imagers array at SNKQ in Canada at ˜0230 MLT
on 1st March 2011. We could find almost whole processes of the generation of omega band aurora from the initial growth phase
to the ...
行松彰
日本地球惑星連合大会2015   2015年5月26日   日本地球惑星連合
岩木美延、片岡龍峰、渡辺正和、藤田茂、田中高史、行松彰、細川敬祐、Adrian Grocott
日本地球惑星連合大会2015   2015年5月26日   日本地球惑星連合
It is well known that the north-south component of the interplanetary magnetic field (IMF BZ) controls the strength of ionospheric two-cell convection. When the IMF is southward, ionospheric convection exhibits the two-cell pattern that is generat...
堀智昭, 三好由純, 西谷望、行松彰、長妻努、寺本万里子、野村麗子、高橋直子、笠羽康正、坂口歌織、塩川和夫、河野英昭、細川敬祐、海老原祐輔、尾花由紀
ERGサイエンス会議   2015年3月13日   京都大学生存圏研究所・名古屋大学太陽地球環境研究所
門倉昭、行松彰、片岡龍峰、宮岡宏、 岡田雅樹、小川泰信、田中良昌、 山岸久雄
ERGサイエンス会議   2015年3月13日   京都大学生存圏研究所・名古屋大学太陽地球環境研究所
岩木美延、片岡龍峰、渡辺正和、藤田茂、田中高史、行松彰、細川敬祐
国連宇宙天気ワークショップ2015   2015年3月3日   九州大学
岩木美延、片岡龍峰、渡辺正和、藤田茂、田中高史、行松彰、細川敬祐
電磁圏物理学シンポジウム   2015年3月2日   名古屋大学太陽地球環境研究所
河野英昭、行松彰、田中良昌、才田聡子、西谷望、堀智昭
電磁圏物理学シンポジウム   2015年3月2日   名古屋大学太陽地球環境研究所
塩川和夫、藤井良一、橋本久美子、細川敬祐、石井守、門倉昭、 河野英昭、菊池崇、北村健太郎、三好由純、長妻努、西谷望、尾花由紀、小川泰信、 大矢浩代、岡田雅樹、大塚雄一、尾崎光紀、佐藤夏雄、篠原学、田所裕康、田口真、 田中良昌、谷森達、土屋史紀、山岸久雄、吉川顕正、行松彰、湯元清文
第15回宇宙科学シンポジウム   2015年1月6日   宇宙航空開発研究機構 宇宙科学研究所
ERGプロジェクトでは、ジオスペース赤道面における総合観測を世界で初めて実現し、宇宙嵐でのジオスペースの大変動とそれに伴う相対論的粒子生成の物理プロセスを探ることを目的としている。この過程においては、赤道面におけるERG衛星による総合観測と、加速のプロセスを再現するモデリング・シミュレーションに加えて、グローバルな「場」の変動を把握することが本質的に重要である。このため、ERGプロジェクトでは、近年急速に発達してきた地上多点観測ネットワークとERG衛星を動的に結合することが考えられている。...
行松彰
第5回極域科学シンポジウム   2014年12月2日   国立極地研究所
SENSU昭和基地短波レーダーは、1995年以来、国際短波レーダーネットワーク観測プロジェクトであるSuperDARNの重要な一翼を担い、電離圏磁気圏物理やその相互作用、更には、中間圏~熱圏領域研究に至る広い分野で重要な貢献を積み重ねてきた。SuperDARNはそのレーダー数、観測視野の経度・緯度範囲を今尚南北両半球、即ち地球全体で大幅に増大させており、これを用いた研究領域も格段に増え、今やSuperDARNは、他の観測手法・研究手法との共同で、多くの研究者に基本的でかつ不可欠な観測手段の...
河野英昭、行松彰、田中良昌、才田聡子、西谷望、堀 智昭
第5回極域科学シンポジウム   2014年12月2日   国立極地研究所
磁力線共鳴により励起される地磁気脈動は、その周波数が磁力線沿いのプラズマ密度に依存する。特に、プラズマ圏境界面では密度が急変し、それに伴い磁力線共鳴周波数も急変する。地磁気脈動は電離圏プラズマも振動させるので、SuperDARNによってその振動数の2次元分布を観測しプラズマ圏境界面の位置をモニター出来る可能性がある。本研究では、その可能性をSuperDARN北海道−陸別HFレーダーのデータの解析により検証する。具体的には、SuperDARNの各beam・各range gate毎の時系列デー...
山岸久雄、門倉昭、宮岡宏、岡田雅樹、 行松彰、小川泰信、田中良昌
第5回極域科学シンポジウム   2014年12月2日   国立極地研究所
There are numbers of all-sky aurora imagers operated in Antarctica. However, there are still huge gaps between their field of views (FOVs). Based on successful experience of low-power unmanned magnetometer observation in Antarctica, we are develop...
門倉昭、山岸久雄、宮岡宏、行松彰、岡田雅樹、小川泰信、田中良昌、片岡龍峰、海老原祐輔、田口真、細川敬祐、元場哲郎、佐藤由佳
第5回極域科学シンポジウム   2014年12月2日   国立極地研究所
オーロラに代表される太陽地球系現象は、そのほとんどの生成域が地球を取り巻く宇宙空間(磁気圏、惑星間空間などを含めたジオスペース)にあり、南北の両極に同時に現れ、その出現が全球に影響を与える、または、全球の状態がその出現に影響を与えることになり、そうした全球を視野に入れた研究が本質的に重要となる。現在南北両極域には、SuperDARN 大型短波レーダーネットワーク、地磁気観測ネットワーク、GNSS-TEC 観測ネットワーク、オーロラ光学観測ネットワークなど、様々な地上観測ネットワークが国際的...
行松彰
平成26年度名古屋大学太陽地球環境研究所研究集会 「中緯度短波レーダー研究会」   2014年11月17日   名古屋大学太陽地球環境研究所
Saita, S., S. Fujita, A. Kadokura, T. Tanaka, A. S. Yukimatu, Y. Tanaka, S. Ohtani, T. Murata, T. Higuchi
ICS-12 (12th International Conference on Substorms)   2014年11月13日   名古屋大学
Case studies have been done for simulated processes of the magnetosphere-ionosphere (M-I) coupling using the global MHD simulation code developed by Tanaka (2010). We combine the MHD simulation and solar wind parameters derived from the ACE satell...
Yukimatu, A. S.
ICS-12 (The 12th International Conference on Substorms)   2014年11月13日   名古屋大学
SuperDARN HF radar network and various ground-based electro-magnetic field/waves and optical instruments at manned and unmanned stations have been deployed in Antarctic region - which are powerful and unique tools to study storms, substorms and M-...
行松彰
第136回 SGEPSS総会および講演会(地球電磁気・地球惑星圏学会2014年秋学会)   2014年11月2日   地球電磁気・地球惑星圏学会
The current unusual solar cycle is thought possibly to be the beginning of so-called Grand-Minimum period when solar activity
stays at a low level for a considerably long period. If this is the case, geospace environment (e.g., solar wind energy i...
津屋太志、西谷望、小川忠彦、堤雅基、行松彰
第136回 SGEPSS総会および講演会(地球電磁気・地球惑星圏学会2014年秋学会)   2014年11月1日   地球電磁気・地球惑星圏学会
中間圏界面は高度 80 km から 100 km 付近に存在する領域であり、地球大気の中でも最も温度が低い領域である。中間圏界面の温度は下層大気を含む大規模な子午面循環 (南北循環) の影響を受けている。従って中間圏界面の研究は、地球温暖化を含めた環境変動を理解する上で非常に重要である。
中間圏界面温度が極低温 (150 K 以下) となった時、帯電した重い氷エアロゾルが発生し、そのイオンによって電子拡散が弱められる。中性大気の乱流が電子拡散の減少と相まってレーダーの半波長スケールの構造を...
山岸久雄、門倉昭、岡田雅樹、小川泰信、田中良昌、宮岡宏、行松彰
第136回 SGEPSS総会および講演会(地球電磁気・地球惑星圏学会2014年秋学会)   2014年11月1日   地球電磁気・地球惑星圏学会
There are numbers of all-sky aurora imagers operated in Antarctica. However, there are still huge gaps between their field
of views (FOVs). Based on successful experience of low-power unmanned magnetometer observation in Antarctica, we are
develop...
才田聡子、藤田茂、門倉昭、田中高史、行松彰、田中良昌、大谷 晋一、村田健史、樋口知之
第63回理論応用力学講演会   2014年9月26日   日本学術会議「機械工学委員会,土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」
磁気圏-電離圏相互作用過程は現在も十分に解明されていないために、グローバル電磁流体力学的シミュレーションモデル(Tanaka et al., 2010)における磁気圏と電離圏の境界における関係式にはいくつか任意に決定されている係数がある。本研究の最終的な目的はデータ同化手法を用いて最適な組み合わせの係数を推定することである。本発表では衛星ACEによって観測された太陽風パラメータを入力してシミュレーションを実行して得た電離圏のプラズマ対流速度SuperDARNレーダーで観測されたプラズマ対流...
Shiokawa, K., R. Fujii, K. Hashimoto, K. Hosokawa, M. Ishii, A. Kadokura, H. Kawano, T. Kikuchi, K. Kitamura, Y. Miyoshi, T. Nagatsuma, N. Nishitani, Y. Obana, Y. Ogawa, H. Ohya, M. Okada, Y. Otsuka, M. Ozaki, N. Sato, M. Shinohara, H. Tadokoro, M. Taguchi, Y. Tanaka, T. Tanimori, F. Tsuchiya, H. Yamagisi, A. Yoshikawa, A. S. Yukimatu, K. Yumoto
Geospace revisited: a Cluster / MAARBLE / Van Allen Probes Conference   2014年9月14日   
The ERG (Energization and Radiation in Geospace) project is going on in order to investigate the acceleration process of relativistic particles in the inner magnetosphere and the global dynamics of geospace. The project consists of the ERG satelli...
Kadokura, A., H. Yamagishi, A. S. Yukimatu, H. Miyaoka, M. Okada, Y. Ogawa, Y. Tanaka, Y. Ebihara, T. Motoba
XXXIII SCAR Biennial Meeting, Open Science Conference   2014年8月26日   SCAR, The Royal Society of New Zealand
In the Japanese Antarctic Research Expedition (JARE), various ground-based observations for studying auroral phenomena are carried out at ground stations and unmanned network sites. At Syowa Station, various instruments are operated for doing a sy...
Tsuya, T., N. Nishitani, T. Ogawa, M. Tsutsumi and A. S. Yukimatu
AOGS (Asia Oceania Geosciences Society) 11th Annual Meeting   2014年7月30日   AOGS (Asia Oceania Geosciences Society)
The upper atmosphere at 70 to 110 km altitude is often ionized by precipitating meteors. Radar waves are backscattered from ionized regions called meteor trails. As a result, meteor echoes backscattered from meteor trails are observed by SuperDARN...
Yukimatu, A. S.
AOGS (Asia Oceania Geosciences Society) 11th Annual Meeting   2014年7月29日   AOGS (Asia Oceania Geosciences Society)
SuperDARN HF radar network and various ground-based electro-magnetic field/waves and optical instruments at manned and unmanned stations have been developed in Antarctic area from high to lower sub-auroral latitudes - which is a powerful and uniqu...
Yukimatu, A. S., N. Nishitani, T. Nagatsuma
AOGS (Asia Oceania Geosciences Society) 11th Annual Meeting   2014年7月29日   AOGS (Asia Oceania Geosciences Society)
Super Dual Auroral Radar Network (SuperDARN) is an international collaborative HF-radar network operated by more than 15 institutions in over 10 countries, and the number of the radars is currently more than 30 and it is still growing and the FOVs...
Saita, S., S. Fujita, A. Kadokura, T. Tanaka, A. S. Yukimatu, Y. Tanaka, S. Ohtani, T. Murata, T. Higuchi
AOGS (Asia Oceania Geosciences Society) 11th Annual Meeting   2014年7月29日   AOGS (Asia Oceania Geosciences Society)
Case studies have been done for simulated processes of the magnetosphere-ionosphere (M-I) coupling using the global MHD simulation code developed by Tanaka (2010). We combine the MHD simulation and solar wind parameters derived from the ACE satell...
Saita, S., S. Fujita, A. Kadokura, T. Tanaka, A. S. Yukimatu, Y. Tanaka, S. Ohtani, T. Murata, T. Higuchi
The 23rd South Taiwan Statistics Conference and 2014 Chinese Institute of Probability and Statistics Annual Meeting   2014年6月27日   
Tsuya, T., N. Nishitani, T. Ogawa, M. Tsutsumi and A. S. Yukimatu
SuperDARN 2014 Workshop   2014年5月28日   UNIS (The Univ. Centre in Svalbard), Svalbard
Sakanoi, T., N. Nishitani, A. S. Yukimatu, A. Saito, T. Hori, A. Yamazaki, Y. Otsuka, Y. Akiya, Y. Hozumi, S. Perwitasar
SuperDARN 2014 Workshop   2014年5月27日   UNIS (The Univ. Centre in Svalbard), Svalbard
Hori, T., Y. Miyoshi, K. Seki, Y. Miyashita, K. Keika, T. Segawa, I. Shinohara, Yoshimasa Tanaka, K. Asamura, T. Takashima, N. Nishitani, A. S. Yukimatu, and T. Nagatsuma
SuperDARN 2014 Workshop   2014年5月26日   UNIS (The Univ. Centre in Svalbard), Svalbard
門倉昭、山岸久雄、行松彰、宮岡宏、岡田雅樹、小川泰信、田中良昌、片岡龍峰、海老原祐輔、元場哲郎
日本地球惑星連合(JpGU)2014大会   2014年5月1日   日本地球惑星連合
現在南極域には、SuperDARN レーダー網や地上の有人、無人観測点における様々な観測機器による観測点網など、極を取巻いて、緯度方向にはサブオーロラ帯から極冠域まで、経度方向には、夜側から昼間側の時間帯にまで及ぶ広域観測網が国際協力の下展開されている。こうした広域観測網は南極域独自のものであり、太陽-地球相互作用の結果生じる現象:昼間側カスプ域、極冠域への太陽風エネルギー、運動量の直接的な侵入、サブストーム時の爆発的なエネルギー消費、ストーム時の高エネルギー粒子の大気への侵入、などの研究...
行松彰
日本地球惑星連合(JpGU)2014大会   2014年4月30日   日本地球惑星連合
SuperDARN (Super Dual Auroral Radar Network) [Greenwald, et al., 1995] is an international collaborative HF-radar network [Greenwald, et al., 1985] operated by more than 15 institutions in over 10 countries, and the number of the radars is current...
才田聡子、藤田茂、門倉昭、田中高史、行松彰、田中良昌、Ohtani Shinichi、村田健史、樋口知之
日本地球惑星連合(JpGU)2014大会   2014年4月29日   日本地球惑星連合
グローバル電磁流体力学的(MHD)シミュレーション(Tanaka et al., 2010)による太陽風の変動に対する地球磁気圏や電離圏の応答を調べる研究は発展を続けており、太陽風から取り込まれた磁気圏のエネルギーが突然開放されるサブストームと呼ばれる現象を再現し、そのときの地球磁気圏のダイナミクスを議論できる程度にまで成長してきた。
磁気圏-電離圏相互作用過程は現在も十分に解明されていないために、シミュレーションモデルにおける磁気圏と電離圏の境界における関係式にはいくつか任意に決定されて...
西谷望、行松彰、長妻努
日本地球惑星連合(JpGU)2014大会   2014年4月28日   日本地球惑星連合
The Super Dual Auroral Radar Network (SuperDARN) is a network of HF radars operated under the international collaboration of 12 countries. At present, total of 33 radars have been operating in both hemispheres, monitoring important ionospheric par...
塩川和夫、藤井良一、橋本久美子、細川敬祐、石井守、門倉昭、河野英昭、菊池崇、北村健太郎、三好由純、長妻努、西谷望、尾花由紀、小川泰信、大矢浩代、岡田雅樹、大塚雄一、尾崎光紀、佐藤夏雄、篠原学、田所裕康、田口真、田中良昌、谷森達、土屋史紀、山岸久雄、吉川顕正、行松彰、湯元清文
第5回ERGサイエンス会議   2014年3月25日   平成25年度 名古屋大学 太陽地球環境研究所 研究集会「内部磁気圏研究集会」、 京都大学 生存圏研究所 生存圏シンポジウム「ジオスペースダイナミクスに関するシンポジウム」 と合同開催
堀智昭、三好由純、西谷望、行松彰、長妻努、寺本万里子、高橋直子、笠羽康正、坂口歌織、塩川和夫、河野英昭、細川敬祐、海老原祐輔
第5回ERGサイエンス会議   2014年3月25日   平成25年度 名古屋大学 太陽地球環境研究所 研究集会「内部磁気圏研究集会」、 京都大学 生存圏研究所 生存圏シンポジウム「ジオスペースダイナミクスに関するシンポジウム」 と合同開催
電離圏プラズマ対流速度の計算値と観測値との比較による次世代磁気圏-電離圏結合系シミュレーション内部境界モデル改良の研究
才田聡子、藤田茂、門倉昭、田中高史、行松彰、田中良昌、大谷晋一、村田健史、樋口知之
第6回電磁圏物理学シンポジウム   2014年3月17日   
塩川和夫、藤井良一、橋本久美子、細川敬祐、石井守、門倉昭、河野英昭、菊池崇、北村健太郎、三好由純、長妻努、西谷望、尾花由紀、小川泰信、大矢浩代、岡田雅樹、大塚雄一、尾崎光紀、佐藤夏雄、篠原学、田所裕康、田口真、田中良昌、谷森達、土屋史紀、山岸久雄、吉川顕正、行松彰、湯元清文
第14回 宇宙科学シンポジウム   2014年1月9日   宇宙航空研究開発機構/宇宙科学研究所
Tsuya, T., N. Nishitani, T. Ogawa, M. Tsutsumi, and A. S. Yukimatu
AGU 2013 Fall meeting 2013   2013年12月9日   米国地球物理学会
Sato, N, H. Yang, H. Hu, Z.-J. Hu, L. Ruiyuan, A. Kadokura, H. Yamagishi, A. S. Yukimatu, H. Miyaoka
NSFC-CAS-JSPS International Workshop   2013年12月6日   NSFC-CAS-JSPS
Yukimatu, A. S., and N. Sato
SCOSTEP International CAWSES-II Symposium   2013年11月21日   SCOSTEP(太陽地球系科学委員会)
Tsuya T., N. Nishitani, T. Ogawa, M. Tsutsumi, and A. S. Yukimatu
SCOSTEP International CAWSES-II Symposium   2013年11月21日   SCOSTEP(太陽地球系科学委員会)
行松彰
第4回極域科学シンポジウム   2013年11月14日   国立極地研究所
行松彰
第4回極域科学シンポジウム   2013年11月14日   国立極地研究所
内部磁気圏観測衛星Van Allen Probe (RBSP) ミッションの開始に伴い、SuperDARN は連携地上ネットワーク観測網の重要な役割を担うべく、特別な観測体制で同時観測を開始している。従来は観測実施月の2ヶ月前迄に提案された観測提案を1ヶ月前までに決定するという体制でscheduling が行われてきたが、磁気嵐の開始と共に特別観測体制に入る為には、磁気嵐の開始を検知して、動的に観測モードの切り替えを行う必要がある。この為、SuperDARN では、磁気嵐の開始を検知すると...
河野英昭、行松彰、田中良昌、才田聡子、西谷望、堀智昭
第4回極域科学シンポジウム   2013年11月14日   国立極地研究所
才田聡子、藤田茂、門倉昭、田中高史、行松彰、田中良昌、S. Ohtani、村田健史、樋口知之
第4回極域科学シンポジウム   2013年11月14日   国立極地研究所
津屋太志、西谷望、小川忠彦、堤雅基、行松彰
第4回極域科学シンポジウム   2013年11月14日   国立極地研究所
行松彰
第4回極域科学シンポジウム   2013年11月13日   国立極地研究所
SENSU昭和基地短波レーダーは、1995年以来、国際短波レーダーネットワーク観測プロジェクトであるSuperDARNの重要な一翼を担い、電離圏磁気圏物理やその相互作用、更には、中間圏~熱圏領域研究に至る広い分野で重要な貢献を積み重ねてきた。SuperDARNはそのレーダー数、観測視野の経度・緯度範囲を今尚南北両半球、即ち地球全体で大幅に増大させており、これを用いた研究領域も格段に増え、今やSuperDARNは、他の観測手法・研究手法との共同で、多くの研究者に基本的でかつ不可欠な観測手段の...

担当経験のある科目

 
 
  • 極域科学など (総合研究大学院大学、京都造形大学、日本女子大学)

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科研費(科学研究費助成事業)・基盤研究(B)・研究課題番号:25287129
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 行松彰
本研究では、SuperDARN 短波レーダーに、新しいイメージング観測法を導入し、飛躍的に(従来
比約1 桁の)高い空間分解能観測を実現し、近年開発の2 次元超高時間分解能観測手法と組み合わせ、
現状を打破する次世代の高時空間分解能観測を確立する。これにより、中間圏・下部熱圏(MLT)領
域の中性風速観測精度の飛躍的向上を達成すると共に、従来時間空間分解能が不十分な為に詳細な
観測研究が困難であった、電離圏FAI(沿磁力線不規則構造)の詳細や過渡的現象を含む様々な超
高層大気の諸現象を高精...
日本学術振興会: 科学研究費・基盤研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2014年3月    代表者: 佐藤夏雄
オーロラ現象の南北半球間の対称性・非対称性の特性を定量的に明らかにすることを目的としている。2012年7月8-14日(期間①)に1名が、9月9-21日(期間②)に4名が、2013年2月24日-3月2日(期間③)に1名が、アイスランド観測拠点において観測機器の保守作業と観測を行った。期間①では、フッサフェル観測点において、8CH掃天フォトメータ(SPM)の受光部ヘッドと前シーズンの光学観測データの持帰り、及びイメージングリオメータ(IRIO)のデータロガー交換等を行った。期間②では、フッサフ...
日本学術振興会: 科研費(科学研究費助成事業)・基盤研究(B)・研究課題番号:19340143
研究期間: 2007年4月 - 2011年3月    代表者: 堤雅基
流星の残す電離飛跡をターゲットとしたレーダー観測を主とした手法により、南北両極域の中間圏界面領域(高度90km前後)における大気の振る舞い、特に大気重力波と呼ばれる運動量やエネルギー輸送に重要な役割を果たす大気中の波動について研究を行った。重力波の水平伝播特性は平均流と相互作用を行いながら明瞭な季節および高度依存性を示すことが示された。同時に流星観測用ではないレーダーを流星観測に応用する技術を開発し、極域での流星観測の普及に努めた。
日本学術振興会: 科研費(科学研究費助成事業)・基盤研究(C)・研究課題番号:18540446
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 行松彰
Yukimatu and Tsutsumi, GRL, 2002 で開発した、SuperDARN レーダーによる高時間分解能観測・解析手法を発展させ、周波数領域干渉計(FDI)手法によるレンジ方向の高空間分解能観測をSuperDARN で初めて実現し、中間圏界面領域の高精度中性風観測に成功し、又、電離圏沿磁力線不規則構造(FAI)の生成・消滅過程に関する重要な知見を得た。更に、方位角方向の高空間分解能観測実現の為の重要な基礎データを得た。これらの新しい観測手法の実現は、電離圏・磁気圏相互作...
日本学術振興会: 科研費(科学研究費助成事業)・基盤研究(C)・研究課題番号:16540410
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 行松彰、堤雅基
本研究では、Yukimatu and Tsutsumi(2002)で開発したSuperDARNレーダーを用いた生時系列観測・解析手法を発展させ、SuperDARNの弱点である時間空間分解能の向上を図ると共に、従来は扱われていなかった散乱体にもSuperDARNの観測対象を拡げる開発を行った。

1 第一段階として、距離分解能を向上させる開発を行った。周波数領域干渉法(FDI)とオーバーサンプリングによる2つの手法を実現し、まず流星観測に応用することで中間圏界面領域の中性風速観測の実用化を行...
日本学術振興会: 科研費(科学研究費助成事業)・基盤研究(B)・研究課題番号:14340146
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 麻生武彦
EISCATをはじめとするレーダー観測と数値モデリングを両輪とする極域大気潮汐波の研究から(1)EISCATレーダーによる長期間極域潮汐波キャンペーン観測で、高度方向の位相値が流星レーダーとつながること、SSRレーダーのPMSEエコーによる潮汐比較解析もほぼ良い対応がみられることなど種々の知見を得た。(2)スバルバールとトロムソ流星レーダー連続観測から潮汐波のクライマトロジーや一日周期潮汐の緯度構造や季節変化が高緯度(1,-2)モードと矛盾しないこと、風速のパワースペクトルが、半日周期成分...
日本学術振興会: 科研費(科学研究費助成事業)・基盤研究(A)・研究課題番号:11304029
研究期間: 1999年4月 - 2003年3月    代表者: 佐藤夏雄
国際SuperDARNは、大型短波レーダー(HFレーダー)を南極域と北極域の両極に多数配備し、国際ネットワーク観測により、グローバルな極域電磁圏対流などを国際共同で行う観測・研究プロジェクトである。南極昭和基地に設置されている2基の大型短波レーダーはこのSuperDARNの一翼として貢献している。この昭和基地レーダーを中心とし、南極域や北極域のSuperDARNレーダーを用いての研究はこの数年間で多くの研究成果を上げることができた。代表的な研究成果としては、1)昭和基地レーダーで取得された...
日本学術振興会: 科研費(科学研究費助成事業)・基盤研究(B)・研究課題番号:11691137
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 江尻全機
アムンセン・スコット南極点基地に設置した全天オーロラ・イメージャは、平成11年度及び平成12年度南半球冬期に於いて、全米科学財団(NSF)の技術支援者の協力を得て、極地研究所の計算機から人工衛星を介したインターネット経由で、観測を実施した。唯し、平成11年度には研究分担者の岡田雅樹と研究協力者として鈴木靖和技官、平成12年度には、研究分担者の岡田雅樹と竹下秀を、夫々アムンセン・スコット南極点基地に派遣し、機器の調整、保守、較正等を実施し、現地技術者に対しての操作訓練を行って来た。特に2年目...
日本学術振興会: 科研費(科学研究費助成事業)・萌芽的研究・研究課題番号:20125686
研究期間: 1997年4月 - 2000年3月    代表者: 湯元清文
本研究目的は、地磁気強度が日本付近の半分程度と異常に弱く磁場減少率が異常に大きいブラジル南部地域で、超高層や中層大気圏における諸現象の形態学的な調査を行い、将来予想される汎地球的な地球磁場減少がもたらすであろう宇宙からの高エネルギー粒子の入射量増加に伴って、どのように地球環境が変動するかについての影響評価とその予測を行うことであり、そのためにどのような共同観測調査が必要なのか等を研究することであった。

平成11年度も磁気異常帯での超高層異常現象の研究をする際、どのような観測項目をどの程度...
日本学術振興会: 科研費(科学研究費助成事業)・国際学術研究・研究課題番号:30013692
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 江尻全機
1996年に南極点基地に設置された超高感度全天イメージャ(ASI)に、昨年に引続き、1998年南半球冬期にらいても稼働する事が出来た。人工衛星を経由してのインターネットを使用し、基本的なオペレーション・コマンドの送出と、1日数枚のクイック・ルック画像の取得を行って、正常な機器の運用を行うことが出来た。但し、全データは光磁気ディスクに蓄積されているのでそのデータ回収、さらに1年毎の機器メンテナンス(感度較正、テープ装置の設置、焦点調整等)の為、1998年11月に田口をアムンセン・スコット南極...
日本学術振興会: 科研費(科学研究費助成事業)・基盤研究(B)・研究課題番号:08454138
研究期間: 1996年4月 - 1998年3月    代表者: 佐藤夏雄
南極昭和基地のHFレーダーは国際HFレーダー網観測(SuperDARN)の一環として活動している。本研究目的は、昭和基地を含めたSuperDARNレーダーを用いて、南極域と北極域の電離圏や磁気圏で生起するプラズマダイナミックスの形態を明らかにする事を目的にしている。

昭和基地HFレーダーとSuperDARN観測データを用いての2年間の研究成果概要は以下のとうりである。

1.オーロラサブストームに伴い、夜側磁気圏でリコネクションが起こり、磁気圏・プラズマシート境界域が急激に地球方向に向か...
日本学術振興会: 科研費(科学研究費助成事業)・国際学術研究・研究課題番号:08041115
研究期間: 1996年4月 - 1998年3月    代表者: 岡野章一
ブラジル磁気異常帯域で観測を行ない、以下のような知見を得た。

リオメター及び自然電波の観測データについて解析を進めているが、昼側の時間帯に弱い宇宙雑音吸収や自然電波強度の上昇が見られる例があった。この現象が磁気異常帯における特徴的な現象か否かについて、汎世界的なデータと現在比較・検討している。高感度のテレビカメラやフォトメターによる光学観測を5日間程行なったが、特に顕著な発光現象は認められなかった。一般に、磁気異常帯での発光現象は微弱でありと予想されるため、今回設置した測定器では検出が難...
日本学術振興会: 科研費(科学研究費助成事業)・国際学術研究・研究課題番号:50132709
研究期間: 1995年4月 - 1997年3月    代表者: 佐藤夏雄
本研究では、地球上のオーロラ帯で唯一南北共役点観測が可能である南極昭和基地と北極域のアイスランドでのオーロラ観測に加え、高高緯度のカスプ帯に位置する中国南極中山基地とスピッツベルゲンでの共役点観測を同時に実施する。さらに、昭和基地に設置した大型短波レーダーと北極域での諸外国短波レーダー網観測により、南北両極域の広範囲での磁気圈ダイナミックスの情報を得る事である。そして、太陽風の電磁エネルギーがどのような物理過程を経て極域磁気圈から大気圏まで、そして、高高緯度のカスプ帯からオーロラ帯の南北半...
日本学術振興会: 科研費(科学研究費助成事業)・基盤研究(C)・研究課題番号:05640490
研究期間: 1993年4月 - 1995年3月    代表者: 山岸久雄、門倉昭
日本学術振興会: 科研費(科学研究費助成事業)・国際学術研究・研究課題番号:04044165
研究期間: 1992年4月 - 1995年3月    代表者: 佐藤夏雄
極域の電離圏・磁気圏は太陽からのエネルギーの地球への主な流入路である。このエネルギーの流入過程を研究する上で、磁力線で結ばれた南北共役点での同時観測は極めて有効な観測手段である。本研究の目的は共役点である南極の昭和基地とアイスランドを中心とした北極域においてイメージングリオメーター、可視オーロラ、地磁気変動、プラズマ波動等を総合的にかつ定量的に同時観測することにより、太陽からの電磁エネルギーの地球への流入過程と機構を研究することである。この研究はSTEP国際共同研究計画の一環でもある。

...

社会貢献活動

 
【編集】  Elsevier  Polar Science  2009年2月 - 現在
Published on behalf of the National Institute of Polar Research

Polar Science is an international, peer-reviewed and quarterly journal. It is dedicated to provide original research articles for sciences related to the polar regions of the Earth a...
【司会】  Institute for Space Astrophysics and Planetology (IAPS) of the National Institute for Astrophysics (INAF), Italy  SuperDARN Workshop 2017  (Town Hall Chigi-Zondadari Palace, San Quirico d'Orcia, Siena, Italy)  2017年6月4日 - 2017年6月9日
A chair person for a science session at the international SuperDARN Workshop 2017 held in San Quirico d'Orcia, Siena, Italy
【司会】  Geophys. Inst., Univ. of Alaska, Fairbanks  SuperDARN Workshop 2016  (Fairbanks, Alaska, U.S.A.)  2016年5月30日 - 2016年5月30日
A chair person for a session "Science session 1" at the international SuperDARN Workshop 2016 held in Fairbanks, Alaska, U.S.A.
【運営参加・支援】  名古屋大学・国立極地研究所・情報通信研究機構  第12回国際サブストーム会議  (伊勢志摩ロイヤルホテル(三重県志摩市))  2014年11月10日 - 2014年11月14日
Over the half century since the first finding of the auroral substorm by Akasofu (1964), auroral and magnetospheric substorm has been one of the main topics for the scientists in space physics. Not only giving the spectacular auroral view, substor...
【パネリスト, 企画】  アジア大洋州地球科学連合  アジア大洋州地球科学連合大会2014  (札幌)  2014年7月28日 - 2014年8月1日
極域-中緯度電離圏結合とジオスペースダイナミクス
【編集】  Springer  Springer Open Journal  2014年 - 2014年
Title of special issue: Coupling of the High and Mid Latitude Ionosphere and Its Relation to Geospace Dynamics Deadline for submissions: 31st December 2014 Lead Guest Editor: Nozomu Nishitani Guest Editors: Tsutomu Nagatsuma, Akira Sessai Yukimatu...
【講師】  国立極地研究所  サイエンスカフェ  (国立極地研究所 南極北極科学館)  2013年12月21日 - 2013年12月21日
【運営参加・支援】  国際宇宙理学委員会、日本学術振興会、地球電磁気・惑星圏学会、名古屋大学、国立極地研究所、情報通信研究機構他  国際CAWSES-IIシンポジウム  (名古屋大学)  2013年11月18日 - 2013年11月22日
This International CAWSES-II Symposium hosted by SCOSTEP (Scientific Committee on Solar-Terrestrial Physics) will provide an excellent opportunity to discuss the scientific accomplishments of CAWSES-II and look forward to SCOSTEP's future programs...
【運営参加・支援】  国立極地研究所  第4回極域科学シンポジウム  (国立極地研究所)  2013年11月12日 - 2013年11月15日
【講師】  世田谷区教育委員会  才能の芽を育てる体験学習 南極探索教室  (国立極地研究所)  2011年7月26日 - 2011年7月26日
【講師】  世田谷区教育委員会  才能の芽を育てる体験学習 南極探索教室  (世田谷区立教育センター)  2010年11月7日 - 2010年11月7日
【講師】  ナイロビ日本人学校  ナイロビ日本人学校キャリア教育講義  (ナイロビ日本人学校(ケニア))  2010年6月7日 - 2010年6月7日
【講師】  愛知県吉良町教育委員会  白瀬中尉法要談話会  (農村環境改善センター(愛知県吉良町(現西尾市)))  2007年9月2日 - 2007年9月2日
【出演】  青森放送(ラジオ)  ラジオ番組(5回出演)  2007年 - 2007年
Chair person for a session, "Novel Application" at SuperDARN workshop 2003 in Finland
【司会】  フィンランド気象研究所  SuperDARN workshop 2003 (SD2003), Kiljava, Nurmijarvi, Finland  (フィンランド)  2003年5月19日 - 2003年5月23日
Chair person for a session
【司会】  IUGG  IUGG2003 (XXIII General Assembly of the International Union of Geodesy and Geophysics), Sapporo, Japan, 2003.6.30-7.11.  (札幌)  2003年6月30日 - 2003年7月11日
a session chair for a session
LOC member for "第25回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム"
【運営参加・支援】  国立極地研究所  第25回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム  (国立極地研究所)  2001年7月30日 - 2001年7月31日
学会・シンポジウム等のコンビーナ
【運営参加・支援】  国立極地研究所  国際SuperDARNワークショップ1998  (国立オリンピック記念青少年総合センター(東京))  1998年7月7日 - 1998年7月10日
国際SuperDARNワークショップ1998
LOC member for "第18回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム"
【運営参加・支援】  国立極地研究所  第18回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム  (国立極地研究所)  1994年11月1日 - 1994年11月2日
シンポジウム係(全プログラム編成・シンポジウム全体の取り纏め)
社会活動・貢献など
【その他】
・南極観測隊への参加経験についての講演・講話、数回。

その他

 
SuperDARN短波レーダー観測は、初期の目的はほぼ達成し、磁気圏・電離圏観測に欠けていた、重要な物理量である極域全体の電場2次元分布を提供することに成功し、今でも盛んに共同研究が行われており、これを今後も推進すべく努力してゆきたい。一方、初期の目的から発展し、或いは独立に、予想外の多方面の研究課題を産んでおり、観測もより複雑化、多様化の方向に進みつつある。その様な状況の中、これまで数秒間の積分で得られたドップラースペクトルを基にした研究から一歩踏み出し、他に先駆けて新しい観測手法を確立し、より高い時間・空間分解能の観測を行い、新しい物理量の抽出に成功したことは、SuperDARNコミュニティーや関連学問に大きな貢献ができたと考える。現在のこの新しい観測手法を、より高精度化し、より高空間・時間分解能のデータを得る技術的な発展を通して、短波レーダー電波の散乱体である未解明のFAIの物理素過程に迫り、また、カスプ等、特徴的なドップラースペクトルを有した地球物理学的な各領域における、スペクトルを決定する要因や物理素過程、また、磁気圏の領域とのマッピング等、現在の地球磁気圏・電離圏の研究における未解明問題や解析研究の際の障害となっている問題点の解明に向け、研究を発展させたいと考える。2004から2006年にかけては、南極地域観測隊に参加し、レーダー装置の更新作業他、種々の活動に忙殺され、腰を据えた研究は困難な状況にあったが、上記の今後の研究計画を実現する為の道具立ては、観測隊参加も含めたこれまでの活動の蓄積で、徐々に整いつつある状況と思われることから、今後は、その成果をより多く出せるように、尚一層の努力をしたいと考える。また、極域電離圏は磁気圏や宇宙への窓と呼ばれる重要且つ格好の観測研究の場であるが、地球規模の全体システムの理解には、高度方向や緯度方向のより地球規模のシステムの理解、或いは、記述する物理の大きく異なる境界領域を理解する為の総合的理解が欠かせない。極域観測の上下結合の理解や、極域電離圏と磁気圏全体を繋ぐ理解に繋がる研究を目指したいと考える。