Omiya Hidetoshi

J-GLOBAL         Last updated: Apr 2, 2018 at 09:34
 
Avatar
Name
Omiya Hidetoshi
E-mail
h.omiyasgu.ac.jp
Affiliation
Sapporo Gakuin University

Published Papers

 
大宮秀淑, 大宮秀淑, 傳田健三, 山家研司, 松本出, 宮島真貴, 宮島真貴, 松井三枝
精神医学   59(3) 275‐281   Mar 2017
Hidetoshi Omiya, Hidetoshi Omiya, Kiyoko Yamashita, Tomoki Miyata, Yukie Hatakeyama, Maki Miyajima, Maki Miyajima, Kenji Yambe, Izuru Matsumoto, Mie Matsui, Atsuhito Toyomaki, Kenzo Denda
Open Psychology Journal   9 121-128   Oct 2016
© Omiya et al.Introduction: Cognitive Remediation Therapy is a new rehabilitation approach that has been created in order to improve cognitive functions such as attention, memory and executive function. We aimed to investigate the effects of one t...
Miyajima M, Omiya H, Yamashita K, Miyata T, Yambe K, Matsui M, Denda K
International journal of psychiatry in medicine   51(3) 223-235   Apr 2016   [Refereed]
宮島真貴, 大宮秀淑, 山下聖子, 山家研司, 傳田健三
最新精神医学   21(2) 145‐149-149   Mar 2016
自閉スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder、ASD)と統合失調症の異同については今まで多くの議論がなされ、現在も遺伝的、神経生理的レベルから統合失調症との共通点が見出されつつある。本研究では慢性期統合失調症とASDを対象に、神経認知機能と社会生活機能を比較した。認知機能は両疾患ともに健常者より低い成績であり、言語性記憶においてはASD群の方が統合失調症群よりも有意に成績が高かった。さらに統合失調症群は、各認知機能領域において同程度の成績低下が認められるのに対し、A...
宮島真貴, 宮島真貴, 大宮秀淑, 山家研司, 松井三枝, 傳田健三
作業療法   35(1) 22‐31-31   Feb 2016
認知機能改善療法の1つである前頭葉/実行機能プログラム(FEP)を,自閉スペクトラム症(以下,ASD)をもつ複数の人を対象に日本で初めて行った研究である.ASDでは社会認知のみならず神経認知機能障害も存在し,近年では統合失調症の障害領域との類似も報告されている.今回は4例を対象に認知機能,社会生活能力,自己効力感に着目し,FEPがそれらに及ぼす効果について検討した.その結果,ほとんどの症例に認知機能,自己効力感,社会生活能力および社会的転帰の改善が認められた.FEPが認知機能の改善に有効な...

Misc

 
【「楽しかった」だけで終わらない!体験型実習、ワーク、研修ゲーム 現場の業務につなげるコツ】 研修の学びを業務にリンクさせるワークの組み入れ方・進め方
大宮 秀淑
病院安全教育   3(6) 44-49   Jun 2016
自閉スペクトラム症に対する認知機能改善療法の効果研究 Frontal/Executive Program(FEP)の有効性
宮島 真貴, 大宮 秀淑, 山下 聖子, 山家 研司, 傳田 健三
北海道児童青年精神保健学会会誌   (30) 30-30   Nov 2016
ナースマネジャー新目線 注意散漫、伝わらない…"危なっかしいスタッフ"のミスを予防する新しい非言語的アプローチにチャレンジ! TEACCHを参考にしたスムーズな業務遂行・職場適応支援
大宮 秀淑
ナースマネジャー   18(2) 33-38   Apr 2016