松尾 禎之

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/12 19:05
 
アバター
研究者氏名
松尾 禎之
 
マツオ ヨシユキ
eメール
ysmatsuo-kytumin.ac.jp
所属
関西医科大学
部署
附属生命医学研究所 侵襲反応制御部門
職名
講師
学位
博士(医学)(京都大学)

研究分野

 
 

論文

 
Sumi C, Okamoto A, Tanaka H, Kusunoki M, Shoji T, Uba T, Adachi T, Iwai T, Nishi K, Harada H, Bono H, Matsuo Y, Hirota K
Scientific reports   8(1) 8987   2018年6月   [査読有り]
Nguyen HT, Noguchi S, Sugie K, Matsuo Y, Nguyen CTH, Koito H, Shiojima I, Nishino I, Tsukaguchi H
Scientific reports   8(1) 3326   2018年2月   [査読有り]
Sumi C, Okamoto A, Tanaka H, Nishi K, Kusunoki M, Shoji T, Uba T, Matsuo Y, Adachi T, Hayashi JI, Takenaga K, Hirota K
PloS one   13(2) e0192796   2018年   [査読有り]
Matsuo Y, Hirota K
FEBS open bio   7(11) 1768-1777   2017年11月   [査読有り]
Yodoi J, Matsuo Y, Tian H, Masutani H, Inamoto T
Nutrients   9(10)    2017年9月   [査読有り]
Inada T, Sumi C, Hirota K, Shingu K, Okamoto A, Matsuo Y, Kamibayashi T
Immunopharmacology and immunotoxicology   39(4) 225-232   2017年8月   [査読有り]
Okamoto A, Sumi C, Tanaka H, Kusunoki M, Iwai T, Nishi K, Matsuo Y, Harada H, Takenaga K, Bono H, Hirota K
Scientific reports   7(1) 3816   2017年6月   [査読有り]
Okamoto A, Tanaka M, Sumi C, Oku K, Kusunoki M, Nishi K, Matsuo Y, Takenaga K, Shingu K, Hirota K
BMC anesthesiology   16(1) 104   2016年10月   [査読有り]
Tanaka M, Masuda S, Matsuo Y, Sasaki Y, Yamakage H, Muranaka K, Wada H, Hasegawa K, Tsukahara T, Shimatsu A, Satoh-Asahara N
Journal of atherosclerosis and thrombosis   23(10) 1212-1221   2016年10月   [査読有り]
Daijo H, Hoshino Y, Kai S, Suzuki K, Nishi K, Matsuo Y, Harada H, Hirota K
Scientific reports   6 34424   2016年9月   [査読有り]
Tanaka M, Matsuo Y, Yamakage H, Masuda S, Terada Y, Muranaka K, Wada H, Hasegawa K, Shimatsu A, Satoh-Asahara N
Metabolism: clinical and experimental   65(2) 1-11   2016年2月   [査読有り]
Matsuo Y, Tanaka M, Yamakage H, Sasaki Y, Muranaka K, Hata H, Ikai I, Shimatsu A, Inoue M, Chun TH, Satoh-Asahara N
Metabolism: clinical and experimental   64(11) 1490-1499   2015年11月   [査読有り]
Munakata S, Tanaka Y, Nezu Y, Harada Y, Yogo T, Hara Y, Tian H, Matsuo Y, Tagawa M, Yodoi J
American journal of veterinary research   76(6) 554-560   2015年6月   [査読有り]
Suzuki K, Sato Y, Kai S, Nishi K, Adachi T, Matsuo Y, Hirota K
PeerJ   3 e1498   2015年   [査読有り]
Yoshihara E, Masaki S, Matsuo Y, Chen Z, Tian H, Yodoi J
Frontiers in immunology   4 514   2014年1月   [査読有り]
Yamakage H, Ito R, Tochiya M, Muranaka K, Tanaka M, Matsuo Y, Odori S, Kono S, Shimatsu A, Satoh-Asahara N
Endocrine journal   61(8) 807-819   2014年   [査読有り]
Matsuo Y, Yodoi J
Cytokine & growth factor reviews   24(4) 345-353   2013年8月   [査読有り]
Matsuo Y, Irie K, Kiyonari H, Okuyama H, Nakamura H, Son A, Lopez-Ramos DA, Tian H, Oka S, Okawa K, Kizaka-Kondoh S, Masutani H, Yodoi J
Antioxidants & redox signaling   18(11) 1263-1272   2013年4月   [査読有り]
Tian H, Matsuo Y, Fukunaga A, Ono R, Nishigori C, Yodoi J
Frontiers in immunology   4 269   2013年   [査読有り]
Chen Z, Yoshihara E, Son A, Matsuo Y, Masutani H, Sugie K, Maeda M, Yodoi J
Immunology letters   131(1) 11-18   2010年6月   [査読有り]
Yoshihara E, Chen Z, Matsuo Y, Masutani H, Yodoi J
Methods in enzymology   474 67-82   2010年   [査読有り]
Son A, Kato N, Horibe T, Matsuo Y, Mochizuki M, Mitsui A, Kawakami K, Nakamura H, Yodoi J
Antioxidants & redox signaling   11(10) 2595-2605   2009年10月   [査読有り]
Nakamura H, Hoshino Y, Okuyama H, Matsuo Y, Yodoi J
Advanced drug delivery reviews   61(4) 303-309   2009年4月   [査読有り]
Son A, Nakamura H, Okuyama H, Oka S, Yoshihara E, Liu W, Matsuo Y, Kondo N, Masutani H, Ishii Y, Iyoda T, Inaba K, Yodoi J
European journal of immunology   38(5) 1358-1367   2008年5月   [査読有り]
Son A, Nakamura H, Kondo N, Matsuo Y, Liu W, Oka S, Ishii Y, Yodoi J
Cell research   16(2) 230-239   2006年2月   [査読有り]
Nishinaka Y, Masutani H, Oka S, Matsuo Y, Yamaguchi Y, Nishio K, Ishii Y, Yodoi J
The Journal of biological chemistry   279(36) 37559-37565   2004年9月   [査読有り]
Kondo N, Ishii Y, Son A, Sakakura-Nishiyama J, Kwon YW, Tanito M, Nishinaka Y, Matsuo Y, Nakayama T, Taniguchi M, Yodoi J
Immunology letters   92(1-2) 143-147   2004年3月   [査読有り]
Matsuo Y, Nishinaka Y, Suzuki S, Kojima M, Kizaka-Kondoh S, Kondo N, Son A, Sakakura-Nishiyama J, Yamaguchi Y, Masutani H, Ishii Y, Yodoi J
Archives of biochemistry and biophysics   423(1) 81-87   2004年3月   [査読有り]
Matsuo Y, Hirota K, Nakamura H, Yodoi J
Drug news & perspectives   15(9) 575-580   2002年11月   [査読有り]
Hashimoto H, Matsuo Y, Yokoyama Y, Toyohara H, Sakaguchi M
Biochimica et biophysica acta   1575(1-3) 139-142   2002年5月   [査読有り]
Matsuo, Y, Akiyama, N, Nakamura, H, Yodoi, J, Noda, M, Kizaka-Kondoh, S
J Biol Chem   276(13) 10032-10038   2001年3月   [査読有り]
Hashimoto, H, Fukuda, M, Matsuo, Y, Yokoyama, Y, Nishida, E, Toyohara, H, Sakaguchi, M
Eur J Biochem   267(14) 4362-4371   2000年7月   [査読有り]
Akiyama, N, Matsuo, Y, Sai, H, Noda, M, Kizaka-Kondoh, S
Mol Cell Biol   20(9) 3266-3273   2000年5月   [査読有り]
Existence of two isoforms of extracellular signal-regulated kinase in fish
Hashimoto, H, Yokoyama, Y, Matsuo, Y, Toyohara, H, Kohno, M, Sakaguchi, M
J Biochem   123(6) 1031-1035   1998年6月   [査読有り]
Structure and expression of carp mitogen-activated protein kinases homologous to mammalian JNK/SAPK
Hashimoto, H, Matsuo, Y, Yokoyama, Y, Toyohara, H, Sakaguchi, M
J Biochem   122(2) 381-386   1997年8月   [査読有り]

Misc

 
小胞体内レドックスバランスの維持機構
松尾 禎之, 広田 喜一
細胞   50(4) 208-209   2018年4月
小胞体内にはチオレドキシン様の活性ドメインをもつ酸化還元酵素が多数存在し、複雑なレドックス制御ネットワークを形成している。タンパク質の酸化還元状態の変動を指標として、小胞体ストレスが細胞内レドックス環境に及ぼす影響を検討した。小胞体へのタンパク質の蓄積は膜貫通型の酸化還元酵素TMX1の酸化型への変換を誘導した。小胞体ストレスによるTMX1の酸化は可逆的であり、細胞内の抗酸化機能を担うグルタチオンシステムと連動した小胞体内のレドックス恒常性維持機構が存在することが示唆された。(著者抄録)
バイオマーカーと心血管疾患の評価 Fatty acidと心血管疾患
松尾 禎之, 浅原 哲子[佐藤], 小川 佳宏
血管医学   15(2) 169-177   2014年7月
余剰な脂肪酸は、各種臓器への脂肪蓄積をもたらし、肥満を助長するだけでなく、インスリン抵抗性や組織炎症などの脂肪毒性をももたらし、メタボリックシンドロームの病態悪化につながる。飽和脂肪酸やトランス脂肪酸摂取が心血管疾患発症リスクを上昇させるのに対し、エイコサペンタエン酸(EPA)などのn-3系多価不飽和脂肪酸は、抗動脈効果作用・炎症抑制作用を発揮し、病態の改善をもたらす。さらに、心血管疾患の発症リスクと血中EPA/アラキドン酸比との関連が明らかとなり、心血管イベントを予測するバイオマーカーと...
【酸化ストレス】 酸化ストレスとレドックス制御 タンパク質の酸化的修飾と活性調整
榮長 裕晴, 吉原 栄治, 松尾 禎之, 淀井 淳司
生物試料分析   32(4) 265-272   2009年9月
生化学・分子生物学 小胞体のチオレドキシンファミリー 蛋白質の可逆的酸化還元に基づく機能制御システム
松尾 禎之
医学のあゆみ   222(11) 891-892   2007年9月
【レドックス ストレス防御の医学】 レドックス基礎医学 チオレドキシンシステム 蛋白質の酸化/還元に基づく機能制御
松尾 禎之, 近藤 則彦
医学のあゆみ   別冊(レドックス-ストレス防御の医学) 9-13   2005年7月
チオレドキシンは,グルタチオン系とともに,細胞内の抗酸化機構を担う代表的な蛋白質である.近年このような抗ストレス因子としての働きに加えて,チオレドキシンによる蛋白質の可逆的酸化還元に基づいた活性調節(レドックス制御)が,細胞内シグナル伝達や遺伝子発現制御において,重要な役割を果たすことが明らかとなってきた.本稿では,チオレドキシンが生体内で果たす多彩な機能について,最近の知見を含めて述べるとともに,近年次々と同定されているチオレドキシンスーパーファミリーについて紹介する(著者抄録)