韓 松伊

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 12:43
 
アバター
研究者氏名
韓 松伊
eメール
shanmd.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科 研究員
 
2011年4月
 - 
2014年3月
横浜市立大学 / 筑波大学 生命医科学研究科 / 生命環境系 日本学術振興会 特別研究員RPD
 
2006年4月
 - 
2011年3月
筑波大学 生命環境系 研究員
 
2004年4月
 - 
2006年3月
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 日本学術振興会 外国人特別研究員
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2004年3月
東京工業大学  生命理工研究科
 
1994年3月
 - 
1998年2月
梨花女子大学  自然科学科
 

論文

 
The Peroxisome Proliferator-Activated Receptor α (PPARα) Agonist Pemafibrate Protects against Diet-Induced Obesity in Mice
International Journal of Molecular Sciences   19(7) E2148   2018年7月   [査読有り]
Transgenic Mice Overexpressing SREBP-1a in Male ob/ob Mice Exhibit Lipodystrophy and Exacerbate Insulin Resistance
Endocrinology   159(6) 2308-2323   2018年6月   [査読有り]
Biochemical and Biophysical Research Communications   499(2) 239-245   2018年5月   [査読有り]
Elovl6 Deficiency Improves Glycemic Control in Diabetic db/db Mice by Expanding β-Cell Mass and Increasing Insulin Secretory Capacity
Diabetes   66(7) 1833-1846   2017年7月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
MafAはリン酸によりBeta2/NeuroD1との相互作用が亢進する
韓 松伊、常陰 幸乃、片岡 浩介
第39回日本分子生物学会   2016年11月30日   
Gata3はSP1との相互作用を介してMafB及びGcm2と協調的に副甲状腺ホルモン遺伝子の発現を活性化する
韓 松伊、常陰 幸乃、片岡 浩介
第38回日本分子生物学会・第88回日本生化学大会 合同大会   2015年12月1日   
MafAのリン酸化によるインスリン遺伝子転写制御と膵臓β細胞疲弊
韓 松伊、常陰 幸乃、片岡 浩介
転写サイクル・転写代謝システム・転写研究会共催「若手ワークショップ2014」   2014年1月   
核内受容体ER/LXRクロストークによる脂質代謝制御機構の解明
韓 松伊、鈴木 美智子、村山 明子、柳澤 純
転写研究会・転写サイクル・転写代謝システム共催「若手ワークショップ@鬼怒川」   2013年1月   
Non-classical ER/LXR pathway in lipid metabolism
韓 松伊、鈴木 美智子、村山 明子、柳澤 純
「転写代謝システム」領域班会議   2012年7月   

競争的資金等の研究課題

 
SREBP-1活性化を制御する新奇プロテアーゼによる新たな脂質代謝制御機構の解明
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 韓 松伊
エネルギー代謝における転写因子複合体形成と遺伝子発現制御
日本学術振興会: 科研費 研究活動スタート支援
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 韓 松伊