MISC

2019年4月

臨床研究法適用となる研究のための「やることリスト」の作成

薬理と治療
  • 山中 真由美
  • ,
  • 矢野 郁
  • ,
  • 前川 由美
  • ,
  • 長野 郁子
  • ,
  • 樋野村 亜希子
  • ,
  • 小林 有理
  • ,
  • 倉田 真由美
  • ,
  • 久津見 弘

47
4
開始ページ
562
終了ページ
565
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
ライフサイエンス出版(株)

臨床研究法対応で研究を行う際の手順を簡便に、抜けなく把握できるような「やることリスト」を作成し、冊子化を試みた。作成は、倫理審査委員会事務を10年以上経験した者と臨床研究に関する業務を10年以上経験した者の2名を中心に行った。作成にあたっては、「研究計画書策定から研究を終了するまで」という研究実施の流れにそって、各段階で行うべき手続きをリスト化するようにした。「作成・提出・報告」といった行動に結びつく内容に特化させ、その際に必要な書類、提出先などもできる限り具体的に記載し、研究者が「いつ、誰に、何を、どうする」ことが理解できるような内容とするよう心がけた。また、記載項目がどの関連文書のどこの記載に由来するのかを補記した。作成した「やることリスト」は、臨床研究法適用となる継続研究についての面談の場面で、研究責任医師への説明に利用した。当初、研究者の理解の補助となることをおもに想定して作成した「やることリスト」であったが、研究支援者にとっても有用であった。

リンク情報
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01471&link_issn=&doc_id=20190521180002&doc_link_id=%2Fai6yrtyb%2F2019%2F004704%2F002%2F0562-0565%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fai6yrtyb%2F2019%2F004704%2F002%2F0562-0565%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J01471&link_issn=&doc_id=20190521180002&doc_link_id=issn%3D0386-3603%26volume%3D47%26issue%3D4%26spage%3D562&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0386-3603%26volume%3D47%26issue%3D4%26spage%3D562&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

エクスポート
BibTeX RIS