共同研究・競争的資金等の研究課題

2008年 - 2010年

医療従事者側から見た生体肝移植のこれまでの評価と今後の課題

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 倉田 真由美

課題番号
20590508
配分額
(総額)
4,030,000円
(直接経費)
3,100,000円
(間接経費)
930,000円

本研究は2008年までに発表された医学系論文のほか,社会学・倫理学,法学などの生体肝ドナーに関する関連史料を幅広く収集し,日本の生体肝ドナーの産出過程を,生体肝移植をめぐる技術および制度の歴史的検討を通じて明らかにし,それを踏まえて生体肝ドナーが直面する問題を考察した研究である.本研究によって生体ドナーおよび生体移植治療が孕む倫理的・社会的・法的な問題を生みだした背景と経緯が明らかになり,歴史的パースペクティブから生体ドナーを巡る問題が理解できるようになった

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-20590508/20590508seika.pdf