川原 繁人

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/08 04:53
 
アバター
研究者氏名
川原 繁人
 
カワハラ シゲト
eメール
kawaharaicl.keio.ac.jp
URL
http://user.keio.ac.jp/~kawahara/index_j.html
所属
慶應義塾大学
部署
言語文化研究所
職名
准教授
学位
Ph.D. (Linguistics)(University of Massachusetts, Amherst), 教養学士(国際基督教大学)
科研費研究者番号
80718792

プロフィール

2002年に国際基督教大学教養学士、2007年にマサチューセッツ大学言語学博士取得。ジョージア大学Assistant professorで1年、Rutgers, the State University of Jerseyで5年間教鞭をとった後に、慶應義塾大学言語文化研究所に移籍。

日本学術会議若手音声研究者ネットワーク代表者

Associate editor:
Linguistics Vanguard

Editorial board:
Phonetical
Phonology
Natural Language and Linguistic Theory (NLLT)
The journal of the phonetic society of Japan
Linguistics and Philosophy at Bloomsbury Academic

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
2013年
Rutgers, the State University of New Jersey the linguistics department Assistant Professor
 
2009年
 - 
2013年
Rutgers, the State University of New Jersey Graduate faculty in the psychology department
 
2011年
 - 
2013年
Rutgers, the State University of New Jersey Rutgers University Center for Cognitive Science (RuCCs)
 
2012年1月
 - 
2012年2月
国際基督教大学 客員研究員
 
2007年
 - 
2008年
University of Georgia Assistant Professor
 

学歴

 
2002年
 - 
2007年9月
マサチューセッツ大学アマースト校  
 
2006年
 - 
2006年
トロムソ大学 (客員大学院生)  
 
1998年4月
 - 
2002年3月
国際基督教大学  
 
2000年
 - 
2001年
カリフォルニア大学サンタクルーズ校(交換留学生)  
 

受賞

 
2016年3月
日本音声学会 日本音声学会学術研究奨励賞 マイボイス:難病患者様の失われる声を救う
 
http://www.psj.gr.jp/jpn/psj_awards
2016年3月
日本音声学会 2015年度日本音声学会学術研究奨励賞 マイボイス:難病患者様の失われる声を救う
 
2012年1月
Japan ICU Foundation JICUF Scholarship Award
 

論文

 
Assessing feature specification in surface phonological representations through simulation and classification of phonetic data.
SHAW, Jason and KAWAHARA Shigeto
Phonology   35(2)    2018年6月   [査読有り]
Stochastic phonological knowledge and word formation in Japanese.
Kumagai, Gakuji and KAWAHARA Shigeto
Journal of the Linguistic Society of Japan      2018年6月   [査読有り]
Predictability and phonology: Past, present & future.
SHAW, Jason and KAWAHARA Shigeto
Linguistics Vanguard      2018年6月   [査読有り][招待有り]
Sound symbolic patterns in Pokémon names
KAWAHARA Shigeto, Atsushi Noto, and Gakuji Kumagai
Phonetica   75    2018年5月   [査読有り]
The phonetic structure of Dzongkha: A preliminary study
LEE, Seunghun and KAWAHARA Shigeto
Journal of the Phonetic Society of Japan      2018年4月   [査読有り]

Misc

 
連濁の心理言語学的研究
川原 繁人・竹村亜希子
連濁の研究      2017年12月   [依頼有り]
生成音韻論における連濁の理論的分析
川原 繁人 ・三間英樹
連濁の研究      2017年12月   [依頼有り]
In Memoriam: Osamu Fujimura
Erickson, Donna and KAWAHARA Shigeto
Phonetica   74(4) I-IV   2017年5月   [依頼有り]
音そのものに意味はあるのか—ポケモンから考える『音とことばのふしぎな 世界』
川原 繁人
Wired      2017年2月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
ビジュアル音声学
川原 繁人
三省堂   2018年6月   
Japanese Korean Linguistics 24
Funakoshi, Kenshi, KAWAHARA Shigeto, Christopher Tancredi (担当:共編者)
CSLI   2018年2月   
『「あ」は「い」より大きい!?:音象徴で学ぶ音声学入門』
川原 繁人
ひつじ書房   2017年10月   
Proceedings of FAJL 7
KAWAHARA Shigeto and Mika Igarashi (担当:共編者)
MIT Working Papers in Linguistics   2014年12月   
Prosody Matters: Essays in honor of Elisabeth Selkirk
Borowsky, Toni, KAWAHARA Shigeto, Takahito Shinya, and Mariko Sugahara (担当:共編者)
Equinox Publishing. London   2012年   

講演・口頭発表等

 
Korean vocative truncation and Information Theory
Lee, Seunghun & Shigeto Kawahara
Japanese/Korean Linguistics   2016年10月17日   
Interaction of high vowel devoicing and syllabification [招待有り]
Kawahara, Shigeto and Jason Shaw (
Syllables and Prosody   2016年10月13日   
声楽的発声における母音知覚―基本周波数および声 楽経験の影響―.
遠藤希美・皆川泰代・川原繁人
音声学会   2016年9月18日   
マイボイスと大学における音声教育
川原繁人・桃生朋子・皆川泰代
音声学会   2016年9月16日   
EPG を用いた日本語歯茎促音の調音的特 徴
松井理直・川原繁人・シャージェイソン
音声学会   2016年9月16日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
宮古語池間方言と八重山語波照間方言における無声鼻音の研究
鹿島学術振興財団: 
研究期間: 2017年4月   
Phonetics, Phonology and New Orthographies in Roman and Indigenous Script: Helping Native Language Communities in the Himalayas
国際共同研究事業: 
研究期間: 2017年4月   
乳児の音素獲得のメカニズムに迫る:アジアの4言語の対照研究
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2016年4月       代表者: 馬塚れい子
戦略的研究基盤形成支援事業・コミュニケーション行動の生涯発達研究拠点
研究期間: 2015年10月 - 2018年3月    代表者: 皆川泰代
日本語音韻現象の調音的および情報理論的分析
JSPS: 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
科学研究費特別研究員奨励費

その他

 
2015年
Two is too much: Two is too much: [p]-driven geminate devoicing in Japanese. In Phonological
Society of Japan (ed.) Phonological Studies 18. Tokyo: Kaitakusha
2014年
Testing Rosen’s Rule and Strong Lyman’s Law. NINJAL Research Papers 7: 111-120.
2014年
マイボイス:言語学が失われる声を救うために. In Phonological Society of Japan (ed.) Phonological Studies 18. Tokyo: Kaitakusha
2013年
音象徴の普遍性: 大きさのイメーシを基に. 篠原和子、宇野良
子(編) オノマトヘ研究の射程: 近づく音と意味. 東京:ひつじ書房, pp. 43-57.
2013年
メイド文化と音声学. たかとら(編)メイドカフェ批評. 同人誌, pp. 112-121.