岩井 茂樹

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/06 14:53
 
アバター
研究者氏名
岩井 茂樹
 
イワイ シゲキ
eメール
i.shigehotmail.co.jp
所属
大阪大学
部署
日本語日本文化教育センター(CJLC)
職名
准教授
学位
博士(学術)(総合研究大学院大学), 文学修士(愛知学院大学大学院), 工学修士(広島大学工学部大学院), 工学学士(広島大学工学部第三類)
科研費研究者番号
60647080

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2004年
総合研究大学院大学(総研大) 文化科学研究科 国際日本研究専攻
 
 
 - 
1991年
広島大学 工学部 第三類(化学系)
 

論文

 
幽霊画の視線ー幽霊はなぜこちらを向くのか?
岩井 茂樹
タイ国日本研究国際シンポジウム2018   101-105   2019年3月   [査読有り]
禅と痴漢
岩井 茂樹
日本語・日本文化   (44) 73-84   2017年3月   [査読有り]
世界「痴漢」発見
岩井 茂樹
日本語・日本文化   (44) 31-52   2017年3月   [査読有り]
「視線」の文化史(1)ー「美人画」の場合ー
岩井 茂樹
日本語・日本文化   (43) 1-26   2016年3月   [査読有り]
タイはいつ微笑んだのかー「黄衣の国」「白象の国」から「微笑みの国」への道程
岩井 茂樹
タイ国日本研究国際シンポジウム2014   35-45   2015年3月   [査読有り]

Misc

 
茶の湯と恋歌
岩井茂樹
国文学 解釈と教材の研究 12月臨時増刊号   52(16臨時号) 26-34   2007年
二宮金次郎「負薪読書図」源流考―「朱買臣図」からの展開
岩井茂樹
日本研究(国際日本文化研究センター)   (36集)    2007年
「日本的」美的概念の成立②-茶道はいつから「わび」「さび」になったのか?
岩井茂樹
日本研究(国際日本文化研究センター)   (33集)    2006年
「日本的」美的概念の成立-能はいつから「幽玄」になったのか?
岩井茂樹
日本研究(国際日本文化研究センター)   (31集)    2005年
連歌・俳諧DBより抽出した連想語彙ネットワークの解析
岩井茂樹・山田奨治
人文科学とコンピュータシンポジウム論文集      2005年

書籍等出版物

 
日本人の肖像 二宮金次郎
角川叢書45   2010年   
茶道と恋の関係史
思文閣出版   2006年   
恋歌の歴史-日本における恋歌観の変遷
日文研叢書39(国際日本文化研究センター)   2007年   
わび・さび・幽玄-「日本的なるもの」への道程(鈴木貞美との共編著)
水声社   2006年   
連歌の発想-連想語彙用例辞典と、そのネットワークの解析(山田奨治との共編著)
日文研叢書38(国際日本文化研究センター)   2006年   

講演・口頭発表等

 
浮世絵の視線ー役者絵の場合
岩井 茂樹
第12回国際日本語教育・日本研究シンポジウム   2018年12月8日   
茶道具における歌銘由来歌出典巧ー大名茶人・松平不昧を例にー
岩井 茂樹
日本語日本文化教育研究会   2018年10月6日   
幽霊画の視線ー幽霊はなぜこちらを向くのか?
岩井 茂樹
タイ国日本研究国際シンポジウム2018   2018年8月21日   
神と仏が語る時 [招待有り]
岩井 茂樹
第16回チュラーロンコーン大学・大阪大学大学院生研究交流会   2017年8月21日   
大学間連携におけるSkypeを用いた日本文化遠隔講義の試み
岩井 茂樹 ほか
第11回国際日本語教育・日本研究シンポジウム   2016年11月19日   

Works

 
文化としての植物 -日本の内と外-
2004年 - 2006年
文化の所有と拡散
2006年 - 2009年
幸田露伴の世界
2006年 - 2008年
近代日本における音楽・芸能の再検討
2006年 - 2008年

競争的資金等の研究課題

 
概念形成過程の分類と法則性および諸言語への汎用性の研究
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 岩井 茂樹
日タイ文化交流史の研究-山田長政から柳澤健まで-
大阪大学: 未来知創造プログラム
研究期間: 2014年7月 - 2017年3月    代表者: 橋本順光
日本における恋歌の歴史
総合研究
研究期間: 2002年 - 2007年
日本的美意識の成立過程-わび・さび・幽玄を中心に-
総合研究
研究期間: 2004年 - 2007年
連歌・俳諧データベースから抽出した連想語彙ネットワーク図の作成(古事類苑データベース化研究)
科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2006年

特許

 
異繊度混繊糸
特許公開:平11-350280
抗菌性ポリエステル繊維
特許公開:平11-229236
抗菌性ポリエステル繊維
特許公開:平11-158730
窒素酸化物分解繊維の製造方法
特許公開:平11-124769
抗菌性合成繊維
特許公開:平11-117177