黒田茂

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/15 14:16
 
アバター
研究者氏名
黒田茂
 
クロダシゲル
ハンドル
shigeru.kuroda
URL
https://sites.google.com/site/labkuroda/
所属
青森大学
部署
ソフトウェア情報学部
職名
准教授
学位
博士(理学)(北海道大学)

研究分野

 
 

論文

 
A Mathematical Model for Adaptive Vein Formation during Exploratory Migration of Physarum polycephalum: Routing while Scouting,
Schenz,D., Shima,Y., Kuroda,S., Nakagaki,T., Ueda,K.
J. Phys. D: Appl. Phys      2017年9月   [査読有り]
Behavioural differentiation induced by environmental variation when crossing a toxic zone in an amoeba,
Kunita, I., Ueda,K., Akita,D., Kuroda,S., Nakagaki,T.
J. Phys. D: Appl. Phys   50 354002   2017年8月   [査読有り]
Yoshikawa,T., Inagaki,N., Takagi,S., Kuroda,S., Yamasaki,M., Watanabe,M., Honma,S., Honma,K.-I.
Scientific reports   7(1) 8210   2017年8月   [査読有り]
Akita D, Schenz D, Kuroda S, Sato K, Ueda KI, Nakagaki T
Development, growth & differentiation   59(5) 465-470   2017年6月   [査読有り]
Ono D, Honma S, Nakajima Y, Kuroda S, Enoki R, Honma KI
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(18) E3699-E3708   2017年5月   [査読有り]
Enoki,R., Ono,D., Kuroda,S., Honma,S., Honma,K-I.
Scientific Reports   7 41733-kuroda   2017年2月   [査読有り]
Dissociation of Per1 and Bmal1 circadian rhythms in the suprachiasmatic nucleus in parallel with behavioral outputs,
Ono,D., Honma,S., Nakajima,Y., Kuroda,S., Enoki,R., Honma,K
PNAS   doi:10.1073/pnas.1613374114    2017年4月   [査読有り]
Physical ethology of unicellular organism
Kuroda,S., Takagi,S., Saegusa,T., Nakagaki,T.
Brain Evolution by Design   -kuroda   2017年2月   [査読有り]
Kunita,I., Yamaguchi,T., Tero,A., Akiyama,M., Kuroda,S., Nakagaki,T.
J. R. Soc. Interface   13(118) 20160155-kuroda   2016年5月   [査読有り]
Kuroda S, Takagi S, Nakagaki T, Ueda T
The Journal of experimental biology   218(Pt 23) 3729-3738   2015年10月   [査読有り]

Misc

 
黒田 茂
物性研究   83(1) 142-149   2004年10月
この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
黒田 茂, 行木 孝夫, 山口 明宏, 山口 裕, 津田 一郎, KUBO Hideo, 斉藤 朝輝, 行木 孝夫, 中村 文彦, 藤堂 真登, 渡部 大志, TOYOKAWA Hisayoshi, 塚田 啓道
Hokkaido University technical report series in mathematics   172 1-63   2018年1月
福島 康弘, 塚田 稔, 津田 一郎, 黒田 茂, 山口 裕
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   106(588) 1-4   2007年3月
海馬CA1野錐体細胞に対し、2つの独立経路から時空間的にランダムな電気刺激を行った際の膜電位応答を記録した。その結果、応答は、刺激のパターンや以前の刺激パターンによってクラスター化されていた。そのクラスター化の度合いは、刺激の強度に依存しており、閾値下の弱い刺激による応答に比べ閾値上の強い刺激による応答の方が、より以前のクラスターのパターンを内包していた。このクラスター化は、海馬の神経情報処理モデルとして、津田らによって提案されているカントールコーディングモデルに必要な条件の一つである。本...

書籍等出版物

 
研究者が教える動物実験 第三巻
黒田茂、國田樹 (担当:分担執筆, 範囲:生命のリズムを取り出す)
共立出版   2015年   
物理学ガイダンス
黒田茂、中垣俊之 (担当:分担執筆, 範囲:生命現象の物理学 生物行動の運動方程式をめざして)
日本評論社   2014年   

講演・口頭発表等

 
The role of body stiffness  for adaptive locomotion in centipede
Kuroda,S., Aonuma,H., Yasui,K., Ishiguro,A.
第87回日本動物学会   2018年11月17日   
ムカデにおける動的歩容遷移現象について
黒田茂、内田就也、中垣俊之
第37回動物行動学会   2018年9月29日   
Dynamic gait trainsition in the cenpede Scolopendromorpha scolopocryptops rubiginosus
Kuroda,S. and Uchida,N. and Nakagaki,T.
International Congress in Neuroethology   2018年7月15日   
Adaptive locomotion in centipede : the role of body stiffness and morphology
Kuroda,S., Aonuma,H., Yasui,K., Ishiguro,A.
AMAM 2017   2018年6月27日   
単細胞生物(ゾウリムシ)の創発行動および短期的適応能の実験的およびモデル研究 [招待有り]
黒田茂
北大数学科数理科学セミナー   2018年3月13日   

競争的資金等の研究課題

 
神経系の起源を探る 上皮系から上皮ー神経系への変化に関する実験および理論的研究
日本学術振興会: 基盤研究C
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 黒田茂
数理科学と生体生命情報科学との連携による生命知の基本アルゴリズムの探求
日本学術振興会: 基盤研究B
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 中垣俊之

社会貢献活動

 
ミミズからムカデまで長い生物の移動方法である“這行(しゃこう;這う移動)”について
【講師】  バイオミメティクス市民セミナー(第70回)  2017年10月7日