shigeto yamawaki

J-GLOBAL         Last updated: Oct 12, 2018 at 21:24
 
Avatar
Name
shigeto yamawaki

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2018
 - 
Today
Director Special Appointed Professor, Brain, Mind and Kansei Sciences Research Center, Hiroshima University
 
Apr 2017
 - 
Today
Special Appointed Professor, Hiroshima University, Graduate School of Biomedical & Health Sciences
 
Apr 2012
 - 
Mar 2017
Professor, Psychiatry and Neurosciences,, Hiroshima University, Graduate School of Biomedical & Health Sciences
 
Apr 2002
 - 
Mar 2012
Professor, Psychiatry and Neurosciences,, Hiroshima University, Graduate School of Biomedical Sciences
 
May 1990
 - 
Mar 2002
Professor, Neurology and Psychiatry, Hiroshima University, School of Medicine
 

Published Papers

 
Mori A, Okamoto Y, Okada G, Takagaki K, Takamura M, Jinnin R, Ichikawa N, Yamamura T, Yokoyama S, Shiota S, Yoshino A, Miyake Y, Okamoto Y, Matsumoto M, Matsumoto K, Yamawaki S
BJPsych open   4(5) 317-323   Sep 2018   [Refereed]
Yoshino A, Aizawa H, Takamura M, Ichikawa N, Shibasaki C, Yamawaki Y, Sasaoka T, Okamoto Y, Yamawaki S
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   70(9) 1017-1023   Sep 2018   [Refereed]
Tokuda T, Yoshimoto J, Shimizu Y, Okada G, Takamura M, Okamoto Y, Yamawaki S, Doya K
Scientific reports   8(1) 14082   Sep 2018   [Refereed]
Yang W, Makita K, Nakao T, Kanayama N, Machizawa MG, Sasaoka T, Sugata A, Kobayashi R, Hiramoto R, Yamawaki S, Iwanaga M, Miyatani M
Behavior research methods   50(4) 1415-1429   Aug 2018   [Refereed]
Fujimaki K, Toki S, Yamashita H, Oyamada T, Yamawaki S
Psychiatry research   262 600-608   Apr 2018   [Refereed]
Yokoyama S, Okamoto Y, Takagaki K, Okada G, Takamura M, Mori A, Shiota S, Ichikawa N, Jinnin R, Yamawaki S
Journal of affective disorders   227 156-163   Feb 2018   [Refereed]
Yamawaki Y, Yoshioka N, Nozaki K, Ito H, Oda K, Harada K, Shirawachi S, Asano S, Aizawa H, Yamawaki S, Kanematsu T, Akagi H
Brain research   1680 13-38   Feb 2018   [Refereed]
Matsubara H, Hirano H, Hirano H, Soh Z, Nakamura R, Saeki N, Kawamoto M, Yoshizumi M, Yoshino A, Sasaoka T, Yamawaki S, Tsuji T
Scientific reports   8(1) 3091   Feb 2018   [Refereed]
Takagaki K, Okamoto Y, Jinnin R, Yokoyama S, Yoshino A, Kagawa F, Okamoto Y, Miyake Y, Yamawaki S
Neuropsychiatric disease and treatment   14 2159-2164   2018   [Refereed]
Shiota S, Okamoto Y, Okada G, Takagaki K, Takamura M, Mori A, Yokoyama S, Nishiyama Y, Jinnin R, Hashimoto R, Yamawaki S
Neuroreport   28(11) 671-676   Aug 2017   [Refereed]

Misc

 
内科疾患とうつ病up-to-date:心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、透析に焦点をあてて 脳血管障害とうつ病up-to-date
山下 英尚, 濱 聖司, 村上 太郎, 山脇 成人
精神神経学雑誌   (2018特別号) S231-S231   Jun 2018
慢性疼痛 慢性疼痛に対する精神医学的介入の重要性 脳とこころの視点から
吉野 敦雄, 岡本 泰昌, 山脇 成人
精神神経学雑誌   (2018特別号) S466-S466   Jun 2018
身体症状症および関連症群(身体表現性障害)の治療の進歩と今後の課題 身体症状症に対する認知行動療法のエビデンスについて
吉野 敦雄, 岡本 泰昌, 山脇 成人
精神神経学雑誌   (2018特別号) S483-S483   Jun 2018
産官学連携による精神医学研究の方向性 日本学術会議からの産官学連携による精神治療法開発への提言
山脇 成人
精神神経学雑誌   (2018特別号) S605-S605   Jun 2018
【ペインリハビリテーションの新潮流・新戦略】 ペインリハビリテーションの実践 ペインリハビリテーションの新しい手法、新しい取り組み ペインリハビリテーション方法論 慢性疼痛に対する認知行動療法の効果と脳内ネットワークの変化
吉野 敦雄, 岡本 泰昌, 岡田 剛, 神人 蘭, 山脇 成人
ペインクリニック   39(別冊春) S261-S268   Apr 2018
慢性疼痛の症候形成には、心理・行動要因が極めて大きく関与していることが示唆されている。そのため、心理・行動面からの治療の必要性が提言されており、これまでのところ、認知行動療法が最もエビデンスが蓄積し、治療効果が確かめられている。本稿では、まず当院におけるプログラムを含めたこれまでの認知行動療法の治療効果について紹介する。さらに、脳内ネットワークの変化に着目し、認知行動療法による慢性疼痛の修復過程についてわれわれの研究も含めた過去の脳画像研究を概括する。(著者抄録)
【中枢薬の新たなイノベーション】 創薬開発に向けた産官学連携 Public Private Partnerships, PPPs
池田 和隆, 小居 秀紀, 菊地 哲朗, 森尾 保徳, 川上 善之, 須原 哲也, 中込 和幸, 山脇 成人
臨床精神医学   47(3) 315-319   Mar 2018
【反応・副反応予測因子はどこまでわかったか?】 薬剤選択に寄与する研究環境の整備
中込 和幸, 森尾 保徳, 小居 秀紀, 池田 和隆, 山脇 成人
臨床精神薬理   21(2) 155-161   Feb 2018
精神科臨床において、目前の患者の薬物選択に有用な指標はほとんどない。数種類の薬物に反応しない治療抵抗性症例も少なくない。一方、薬物選択の幅を広げるために必要な薬物開発も滞っている。その大きな要因は、精神科診断の妥当性の低さである。診断カテゴリー内の生物学的多種性は、臨床試験の成功確率の低さをもたらしている。創薬開発研究においては、診断横断的に症状などの機能ドメインをターゲットに据えるべきである。また、患者のニーズに基づき、アウトカムメジャーには精神症状ばかりでなく、社会機能やQOLといった...
電気けいれん療法における発作誘発困難例にケタミンが有効であった1例
荒木 基亮, 町野 彰彦, 山脇 成人
精神神経学雑誌   120(2) 148-149   Feb 2018
大学生の抑うつに関する縦断的検討
神人 蘭, 岡本 泰昌, 高垣 耕企, 西山 佳子, 山村 崇尚, 森 麻子, 岡本 百合, 三宅 典恵, 尾形 明子, 山脇 成人
心身医学   58(1) 93-93   Jan 2018
慢性疼痛に対する認知行動療法のエビデンスと将来への展望について
吉野 敦雄, 岡本 泰昌, 神人 蘭, 森 麻子, 山脇 成人
PAIN RESEARCH   32(4) 260-266   Dec 2017
慢性疼痛に対する認知行動療法(CBT)の治療効果、当院における治療プログラム、治療効果による脳機能の変化について概説した。Cochrane Libraryでは、通常の診療と比較した研究を対象にメタ分析を行っており、痛み、抑うつ気分、社会機能、破局的思考などに対するCBTの有意な効果が報告されている。また、リラクゼーションなど、より積極的な治療に比べても社会機能や破局的思考に対して有意な改善が得られたという報告がある。一方、6ヵ月や12ヵ月後の治療効果判定においてネガティブな結果も散見される...

Research Grants & Projects

 
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED): うつ病の病態に基づく層別化と神経回路調整による革新的診断・治療法開発
Project Year: Apr 2016 - Mar 2021    Investigator(s): 山脇成人
うつ病の神経回路−分子病態に解明とそれに基づく診断・治療法の開発
独立行政法人科学技術振興機構 (JST) : 脳科学研究戦略推進プログラム
Project Year: Jan 2011 - Mar 2016    Investigator(s): 山脇成人
難治性うつ病の治療反応性予測と客観的診断法に関する生物・心理・社会的統合研究
厚生労働省: こころの健康科学研究事業
Project Year: Apr 2006 - Mar 2009    Investigator(s): 山脇成人
うつ病の難治化予測に関する生物・心理・社会的統合研究
厚生労働省: こころの健康科学研究事業
Project Year: Apr 2006 - Mar 2009    Investigator(s): 山脇成人
精神疾患の分子病態解明による新しい治療・予防法の開発に関する研究
厚生労働省: 躁うつ病の病因に関する生化学的研究
Project Year: Apr 2003 - Mar 2006    Investigator(s): 山脇成人
行動系メタ学習と情動コミュニケーション機構の解明
独立行政法人科学技術振興機構 (JST) : 「脳を創る」研究領域
Project Year: Apr 1999 - Mar 2005    Investigator(s): 銅谷賢治
ストレス適応破綻の脳内分子メカニズムに関する研究
厚生労働省: 脳科学研究事業
Project Year: 2000 - Mar 2003    Investigator(s): 山脇成人
がん患者のQOL向上と緩和医療に関する研究
厚生労働省: がん克服戦略事業
Project Year: Apr 1997 - Mar 2002    Investigator(s): 山脇成人