畠山 鎮次

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/25 12:48
 
アバター
研究者氏名
畠山 鎮次
URL
http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~d20505/
所属
北海道大学
部署
大学院医学研究院生化学分野医化学教室
職名
教授
学位
博士(医学)

プロフィール

ユビキチン化を中心としたタンパク質翻訳後修飾を研究しております。ユビキチン化は分解システムとしてだけではなく、酵素の活性化制御などの多くの重要な役割を果たしています。また、がん、免疫学、神経科学を含め多くの領域の研究で、ユビキチン化が注目されております。

研究分野

 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
北海道大学 アイソトープ総合センター センター長
 
2017年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院医学研究院・大学院医学院 副研究院長・副学院長
 
2017年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院医学研究院生理系部門生化学分野医化学教室 教授
 
2014年4月
 - 
2017年3月
北海道大学 総長室(研究戦略室) 総長補佐
 
2013年4月
 - 
2014年3月
北海道大学 総長室(研究戦略室) 役員補佐
 
2011年9月
 - 
2013年8月
北海道大学 大学院医学研究科附属動物実験施設 施設長
 
2007年4月
 - 
2017年3月
北海道大学 大学院医学研究科医学専攻生化学講座医化学分野 教授
 
2004年7月
 - 
2007年3月
北海道大学 大学院医学研究科生体機能学専攻分子生化学講座分子医化学分野 教授
 
2000年11月
 - 
2004年6月
九州大学 生体防御医学研究所 助教授
 
1997年3月
 - 
2000年10月
九州大学 生体防御医学研究所 助手
 
1995年6月
 - 
1997年2月
米国国立がん研究所 日本学術振興会NIH派遣研究者
 
1994年4月
 - 
1995年5月
ワシントン大学医学部 博士研究員
 

受賞

 
2013年6月
日本リウマチ財団 三浦記念リウマチ学術研究賞 リウマチ性疾患における免疫細胞活性化を制御するユビキチン化システムの解明
 
2012年11月
公益信託・日本白血病研究基金研究助成事業 一般研究賞 ユビキチン依存性分化制御による白血病治療への展開基盤
 
2007年
公益信託・日本白血病研究基金研究助成事業 一般研究賞 多発性骨髄腫細胞の細胞内品質管理におけるユビキチン化酵素Ro52の役割
 
2005年
日本リウマチ財団 三浦記念リウマチ学術研究賞 シェーグレン症候群関連自己抗原Ro52/SSAのユビキチンリガーゼとしての機能解析
 

論文

 
Yanagi T, Watanabe M, Hata H, Kitamura S, Imafuku K, Yanagi H, Homma A, Wang L, Takahashi H, Shimizu H, Hatakeyama S
Cancer research      2018年11月   [査読有り]
Matsumoto J, Takada S, Kinugawa S, Furihata T, Nambu H, Kakutani N, Tsuda M, Fukushima A, Yokota T, Tanaka S, Takahashi H, Watanabe M, Hatakeyama S, Matsumoto M, Nakayama KI, Otsuka Y, Sabe H, Tsutsui H, Anzai T
Circulation   138(18) 2064-2066   2018年10月   [査読有り]
Sang Y, Li Y, Song L, Alvarez AA, Zhang W, Lv D, Tang J, Liu F, Chang Z, Hatakeyama S, Hu B, Cheng SY, Feng H
Cancer research   78(7) 1792-1804   2018年4月   [査読有り]
Yaguchi H, Yabe I, Takahashi H, Watanabe M, Nomura T, Kano T, Watanabe M, Hatakeyama S
Journal of neurology   265(4) 962-965   2018年4月   [査読有り]
Yabe I, Yaguchi H, Kato Y, Miki Y, Takahashi H, Tanikawa S, Shirai S, Takahashi I, Kimura M, Hama Y, Matsushima M, Fujioka S, Kano T, Watanabe M, Nakagawa S, Kunieda Y, Ikeda Y, Hasegawa M, Nishihara H, Ohtsuka T, Tanaka S, Tsuboi Y, Hatakeyama S, Wakabayashi K, Sasaki H
Scientific reports   8(1) 819   2018年1月   [査読有り]
Yaguchi H, Yabe I, Takahashi H, Watanabe M, Nomura T, Kano T, Matsumoto M, Nakayama KI, Watanabe M, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications   494(1-2) 234-241   2017年12月   [査読有り]
Watanabe M, Hatakeyama S
Cellular & molecular immunology      2017年9月   [査読有り]
Hatakeyama S
Trends in biochemical sciences      2017年1月   [査読有り][招待有り]
Masashi Watanabe, Shigetsugu Hatakeyama
Journal of Biochemistry      2017年1月   [査読有り][招待有り]
Ibata M, Iwasaki J, Fujioka Y, Nakagawa K, Darmanin S, Onozawa M, Hashimoto D, Ohba Y, Hatakeyama S, Teshima T, Kondo T
Cancer science      2016年12月   [査読有り]
Mizushima W, Takahashi H, Watanabe M, Kinugawa S, Matsushima S, Takada S, Yokota T, Furihata T, Matsumoto J, Tsuda M, Chiba I, Nagashima S, Yanagi S, Matsumoto M, Nakayama KI, Tsutsui H, Hatakeyama S
Journal of molecular and cellular cardiology      2016年9月   [査読有り]
Anwar D, Takahashi H, Watanabe M, Suzuki M, Fukuda S, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta   1859(8) 975-982   2016年8月   [査読有り]
Fujimoto K, Kinoshita M, Tanaka H, Okuzaki D, Shimada Y, Kayama H, Okumura R, Furuta Y, Narazaki M, Tamura A, Hatakeyama S, Ikawa M, Tsuchiya K, Watanabe M, Kumanogoh A, Tsukita S, Takeda K
Mucosal immunology      2016年7月   [査読有り]
Otomo K, Amengual O, Fujieda Y, Nakagawa H, Kato M, Oku K, Horita T, Yasuda S, Matsumoto M, Nakayama KI, Hatakeyama S, Koike T, Atsumi T
Lupus      2016年3月   [査読有り]
Hatakeyama S
Expert opinion on therapeutic targets   1-4   2016年2月   [査読有り]
Fujieda Y, Amengual O, Matsumoto M, Kuroki K, Takahashi H, Kono M, Kurita T, Otomo K, Kato M, Oku K, Bohgaki T, Horita T, Yasuda S, Maenaka K, Hatakeyama S, Nakayama KI, Atsumi T
Rheumatology (Oxford, England)      2016年2月   [査読有り]
Suzuki M, Watanabe M, Nakamaru Y, Takagi D, Takahashi H, Fukuda S, Hatakeyama S
Cellular and molecular life sciences : CMLS      2015年9月   [査読有り]
Masuda Y, Takahashi H, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta   1853(10 Pt A) 2296-2305   2015年6月   [査読有り]
Masuda, Y., Takahashi, H., Sato, S., Tomonori-Sato, C., Saraf, A., Washburn, M.P., Florens, L., Conaway, R.C., Conaway, J.W. and Hatakeyama, S.
Nature Communications   6 7299   2015年6月   [査読有り]
Takahashi H, Takigawa I, Watanabe M, Anwar D, Shibata M, Tomomori-Sato C, Sato S, Ranjan A, Seidel CW, Tsukiyama T, Mizushima W, Hayashi M, Ohkawa Y, Conaway JW, Conaway RC, Hatakeyama S
Nature communications   6 5941   2015年1月   [査読有り]
Watanabe M, Takahashi H, Saeki Y, Ozaki T, Itoh S, Suzuki M, Mizushima W, Tanaka K, Hatakeyama S
eLife   4 e05615   2015年4月   [査読有り]
Tsukiyama T, Fukui A, Terai S, Fujioka Y, Shinada K, Takahashi H, Yamaguchi TP, Ohba Y, Hatakeyama S
Molecular and cellular biology   35(11) 2007-2023   2015年6月   [査読有り]
Kameda Y, Takahata M, Mikuni S, Shimizu T, Hamano H, Angata T, Hatakeyama S, Kinjo M, Iwasaki N
Bone   71 217-226   2015年2月   [査読有り]
Nakamaru Y, Takagi D, Homma A, Hatakeyama S, Fukuda S
Otolaryngology--head and neck surgery : official journal of American Academy of Otolaryngology-Head and Neck Surgery   152 48-52   2015年1月   [査読有り]
Kanno Y, Mitsui T, Kitta T, Moriya K, Tsukiyama T, Hatakeyama S, Nonomura K
Neurourology and urodynamics      2015年1月   [査読有り]
Kanno Y, Watanabe M, Kimura T, Nonomura K, Tanaka S, Hatakeyama S
Acta histochemica   116 708-712   2014年6月   [査読有り]
Yabe I, Tanino M, Yaguchi H, Takiyama A, Cai H, Kanno H, Takahashi I, Hayashi YK, Watanabe M, Takahashi H, Hatakeyama S, Tanaka S, Sasaki H
Clinical neurology and neurosurgery   127 10-12   2014年12月   [査読有り]
Ai L, Kim WJ, Alpay M, Tang M, Pardo CE, Hatakeyama S, May WS, Kladde MP, Heldermon CD, Siegel EM, Brown KD
Cancer research      2014年6月   [査読有り]
Sato T, Takahashi H, Hatakeyama S, Iguchi A, Ariga T
Oncogene      2014年3月   [査読有り]
Yaguchi H, Yabe I, Takahashi H, Okumura F, Takeuchi A, Horiuchi K, Kano T, Kanda A, Saito W, Matsumoto M, Nakayama KI, Hatakeyama S, Sasaki H
Journal of neurology   261 224-226   2014年1月   [査読有り]
Kameda Y, Takahata M, Komatsu M, Mikuni S, Hatakeyama S, Shimizu T, Angata T, Kinjo M, Minami A, Iwasaki N
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research      2013年5月   [査読有り]
Ichimura T, Taoka M, Shoji I, Kato H, Sato T, Hatakeyama S, Isobe T, Hachiya N
Journal of cell science   126(9) 2014-2026   2013年2月   [査読有り]
Okumura F, Okumura AJ, Uematsu K, Hatakeyama S, Zhang DE, Kamura T
The Journal of biological chemistry      2012年12月   [査読有り]
[New findings of ubiquitin-proteasome system from yeast to higher organisms].
Yamaguchi J, Hatakeyama S
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   84 407-408   2012年6月   [査読有り]
Kondo T, Watanabe M, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications   422 501-507   2012年6月   [査読有り]
Shibata M, Sato T, Nukiwa R, Ariga T, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications   423 104-109   2012年6月   [査読有り]
Sato T, Okumura F, Ariga T, Hatakeyama S
Journal of cell science      2012年2月   [査読有り]
Tsukiyama T, Matsuda-Tsukiyama M, Bohgaki M, Terai S, Tanaka S, Hatakeyama S
Molecular medicine (Cambridge, Mass.)      2012年2月   [査読有り]
Yaguchi H, Okumura F, Takahashi H, Kano T, Kameda H, Uchigashima M, Tanaka S, Watanabe M, Sasaki H, Hatakeyama S
The Journal of biological chemistry      2012年2月   [査読有り]
Sato T, Okumura F, Iguchi A, Ariga T, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications   417(1) 594-600   2012年1月   [査読有り]
Okumura F, Okumura AJ, Matsumoto M, Nakayama KI, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta   1813 1784-1792   2011年10月   [査読有り]
Hatakeyama S
Nature reviews. Cancer   11 792-804   2011年10月   [査読有り]
Sato T, Okumura F, Kano S, Kondo T, Ariga T, Hatakeyama S
Journal of cell science   124(20) 3492-3502   2011年10月   [査読有り]
Noguchi K, Okumura F, Takahashi N, Kataoka A, Kamiyama T, Todo S, Hatakeyama S
Carcinogenesis   32(7) 995-1004   2011年7月   [査読有り]
Okumura F, Yoshida K, Liang F, Hatakeyama S
Molecular and cellular biochemistry   352(1-2) 163-172   2011年6月   [査読有り]
Sho T, Tsukiyama T, Sato T, Kondo T, Cheng J, Saku T, Asaka M, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta   1813 1245-1253   2011年6月   [査読有り]
Okumura F, Kameda H, Ojima T, Hatakeyama S
Biochemical and biophysical research communications   395(3) 352-355   2010年4月   [査読有り]
Sasai M, Tatematsu M, Oshiumi H, Funami K, Matsumoto M, Hatakeyama S, Seya T
Molecular immunology   47(6) 1283-1291   2010年3月   [査読有り]
Kikuchi M, Okumura F, Tsukiyama T, Watanabe M, Miyajima N, Tanaka J, Imamura M, Hatakeyama S
Biochimica et biophysica acta   1793 1828-1836   2009年12月   [査読有り]
Suizu F, Hiramuki Y, Okumura F, Matsuda M, Okumura AJ, Hirata N, Narita M, Kohno T, Yokota J, Bohgaki M, Obuse C, Hatakeyama S, Obata T, Noguchi M
Developmental cell   17(6) 800-810   2009年12月   [査読有り]

Misc

 
松田拳, 高木賢治, 畠山鎮次, 水島恒裕
日本結晶学会年会講演要旨集   2018 67   2018年11月
免疫介在性小脳失調症例で同定した抗Sez6l2抗体はSez6l2とGluR1の結合を阻害することにより病原性を呈する
矢口 裕章, 高橋 秀尚, 矢部 一郎, 渡辺 雅彦, 畠山 鎮次
神経免疫学   22(1) 130-130   2017年10月
高橋秀尚, 柴田美音, 瀧川一学, 渡部昌, 築山忠維, 山本淳一, 山口雄輝, 藤井聡, 飯田緑, RANJAN Amol, SATO Shigeo, TOMOMORI‐SATO Chieri, CONAWAY Joan, CONAWAY Ronald, 畠山鎮次
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.4P2T15‐06(3P‐0635) (WEB ONLY)   2017年
吉田一彦, 吉田一彦, 谷野美智枝, 堀井理絵, 木村太一, 津田真寿美, 近藤恒徳, 秋山太, 畠山鎮次, 田邉一成, 田中伸哉
日本泌尿器科学会東部総会プログラム・抄録集   82nd 222   2017年
渡部昌, 高橋秀尚, 畠山鎮次
日本内分泌学会雑誌   92(1) 201   2016年4月

書籍等出版物

 
系統看護学講座 専門基礎分野 人体の構造と機能[2] 生化学
畠山 鎮次
医学書院   2019年1月   
ベインズ・ドミニチャク生化学
畠山 鎮次 (担当:共訳, 範囲:30 代謝における肝臓の役割)
丸善   2018年12月   
Advances in Medicine and Biology. Volume 120
渡部 昌、畠山 鎮次 (担当:共著, 範囲:Ubiquitin-Conjugating Enzymes (E2s))
Nova Science Publishers   2017年   
次世代がん戦略研究 がん基盤生物学 −革新的シーズ育成に向けて−
畠山 鎮次 (担当:分担執筆, 範囲:ユビキチン関連酵素を標的としたがん治療シーズの開発)
南山堂   2013年10月   
標準生化学
畠山 鎮次
医学書院   2012年8月   

講演・口頭発表等

 
TRIMファミリータンパク質による細胞機能制御 [招待有り]
畠山 鎮次
GU Cancer Forum 2017   2017年7月21日   
TRIMファミリータンパク質が関与する疾患 [招待有り]
畠山 鎮次
第24回分子皮膚科学フォーラム   2017年4月14日   
代謝とがんにおけるTRIMファミリータンパク質の機能 [招待有り]
畠山 鎮次
International Symposium for New Aspects of the Ubiquitin Research   2016年12月6日   
ユビキチンを中核とした翻訳後修飾による多様な生体調節メカニズム
畠山 鎮次
第39回日本分子生物学会年会   2016年12月1日   
TRIMファミリーユビキチンリガーゼによる生体制御機構 [招待有り]
畠山 鎮次
日本生化学会   2015年12月1日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
TRIMファミリータンパク質によるユビキチンネットワーク制御の解析
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 畠山 鎮次
信頼性の高いユビキチン化基質タンパク質の新規同定法の確立
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的研究(萌芽))
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 畠山 鎮次
TRIMファミリータンパク質による抗原提示制御
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究)
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 畠山 鎮次
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 畠山 鎮次
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 畠山 鎮次

学歴

 
1990年4月
 - 
1994年3月
北海道大学 大学院医学研究科 博士課程
 
1984年4月
 - 
1990年3月
北海道大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
現在
北海道医学会  評議員、編集幹事
 
2012年4月
 - 
現在
公益財団法人 東洋紡バイオテクノロジー研究財団  評議員
 
2011年4月
 - 
現在
北海道地区大学等放射線施設協議会  会長
 
2004年7月
 - 
現在
日本生化学会  評議員
 

特許

 
特願PCT/JP2013/083915 : 前立腺基底細胞の検出方法
畠山 鎮次、田中 伸哉

社会貢献活動

 
北大セミナーin旭川「がんの原因はどんなことなの?」
【講師】  北海道大学  2016年9月11日 - 2016年9月11日
立命館慶祥中学校 中学3年生キャリア教育 北海道大学キャンパスツアー「ヒトの遺伝子の異常によって起きる病気」
【講師, 企画】  立命館慶祥中学校  2015年11月18日
【講師】  北海道留萌高等学校  2014年9月20日
「がん」はどうしてできるの -遺伝子とタンパク質の研究から-
【講師】  北海学園札幌高等学校「進路ガイダンス」  2014年5月27日
人が病気にかかると体の中で何が起きるのだろうか(札幌市立中央中学校)
【講師】  JST「サイエンス・パートナーシップ・プログラム」事業  2013年6月25日
【講師】  北海道旭川東高等学校  2009年10月15日
【講師】  北海道旭川東高等学校  2008年10月16日