糸原 重美

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/12 19:00
 

プロフィール

マウス遺伝学に立脚し、動物の行動を制御する神経回路機構およびその基礎となる分子・細胞機構を明らかにしようとしている。現在の主な関心は、注意や衝動性を制御する機構である。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
理化学研究所 行動遺伝学研究チーム チームリーダー(研究職)
 
2007年4月
 - 
2018年3月
早稲田大学先進理工学部生命医科学科 客員教授
 
1997年12月
 - 
2018年3月
理化学研究所 行動遺伝学技術開発チーム チームリーダー(研究職)
 
2007年4月
 - 
2017年3月
東京大学大学院農学生命科学研究科 連携教授
 
1993年4月
 - 
1997年11月
京都大学 ウイルス研究所 助教授
 

論文

 
An Automated T-maze Based Apparatus and Protocol for Analyzing Delay- and Effort-based Decision Making in Free Moving Rodents.
Zhang Q, Kobayashi Y, Goto H, Itohara S.
J. Vis. Exp.   doi: 10.3791/57895.   2018年8月   [査読有り][招待有り]
Automated, Long-term Behavioral Assay for Cognitive Functions in Multiple Genetic Models of Alzheimer's Disease, Using IntelliCage.
Masuda A, Kobayashi Y, Itohara S.
J. Vis. Exp.   doi: 10.3791/58009.   2018年8月   [査読有り][招待有り]
Nav1.2 haplodeficiency in excitatory neurons causes absence-like seizures in mice.
Ogiwara I, Miyamoto H, Tatsukawa T, Yamagata T, Nakayama T, Atapour N, Miura E, Mazaki E, Ernst SJ, Cao D, Ohtani H, Itohara S, Yanagawa Y, Montal M, Yuzaki M, Inoue Y, Hensch TK, Noebels JL, Yamakawa K.
Communications Biology   doi: 10.1038/s42003-018-0099-2   2018年7月   [査読有り]
Ant1 mutant mice bridge the mitochondrial and serotonergic dysfunctions in bipolar disorder.
Kato TM, Kubota-Sakashita M, Fujimori-Tonou N, Saitow F, Fuke S, Masuda A, Itohara S, Suzuki H, Kato T.
Molecular Psychiatry      2018年6月   [査読有り]
Kuroki S, Yoshida T, Tsutsui H, Iwama M, Ando R, Michikawa T, Miyawaki A, Ohshima T, Itohara S.
Cell Reports   22(11) 2873-2885   2018年3月   [査読有り]
Potentiation of excitatory synaptic transmission ameliorates aggression in mice with Stxbp1 haploinsufficiency.
Miyamoto H, Shimohata A, Abe M, Abe T, Mazaki E, Amano K, Suzuki T, Tatsukawa T, Itohara S, Sakimura K, Yamakawa K.
Human Molecular Genetics   26(24) 4961-4974   2017年12月   [査読有り]
Dendritic Homeostasis Disruption in a Novel Frontotemporal Dementia Mouse Model Expressing Cytoplasmic Fused in Sarcoma.
Shiihashi G, Ito D, Arai I, Kobayashi Y, Hayashi K, Otsuka S, Nakajima K, Yuzaki M, Itohara S, Suzuki N.
EBioMedicine   24 102-115   2017年10月   [査読有り]
The 3-hydroxyacyl-CoA dehydratases HACD1 and HACD2 exhibit functional redundancy and are active in a wide range of fatty acid elongation pathways.
Sawai M, Uchida Y, Ohno Y, Miyamoto M, Nishioka C, Itohara S, Sassa T, Kihara A
Journal of Biological Chemistry   292(37) 15538-15551   2017年9月   [査読有り]
Spinal RacGAPchimaerin is required to establish the midline barrier for proper corticospinal axon guidance.
Katori S, Noguchi-Katori Y, Itohara S, Iwasato T
Journal of Neuroscience   37(32) 7682-7699   2017年8月   [査読有り]
Hayashi Y, Itohara S
Neuroscience research   118 1-2   2017年5月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
佐々貴之, 五味浩司, SUNWilliam, THOMPSONRichard F, 糸原重美
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   21    1998年12月
永井尚子, 糸原重美, 細川昌則, 細川暢子, 永田和宏
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   21    1998年12月
西山洋, 糸原重美
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   21    1998年12月
伊藤剛, 谷岡正淑, 上平昌弘, 西本弘史, 吉田寛, 吉岡貴幸, 糸原重美, 鈴木隆司
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   21    1998年12月
高橋智聡, SASAHARAR. M., OHJ., HORANTomas. p., 荒川力, 牧正敏, 千葉勉, 西村幸子, 糸原重美, 野田亮
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   21    1998年12月

競争的資金等の研究課題

 
視床皮質回路依存的ADHDモデルマウスの樹立
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 糸原 重美
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年
瞬目条件反射学習は、種を越えて高度に保存された運動学習のパラダイムであり、その学習記憶には小脳が中心的役割を果たす。しかしながら、記憶痕跡の形成場所、およびその分子・細胞機構が十分に理解されたとは言えない。我々は、瞬目条件反射学習に伴ってマウス小脳深部核で発現量が変化する遺伝子を体系的に解析し、異なった時空間的特徴を示す二群の遺伝子の存在を明らかとした。早期に広範な領域で発現が高まる遺伝子群は運動学習に先行する情動学習を反映し、後期に小脳深部核選択性を持って発現が高まる遺伝子群が運動学習の...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2006年
遺伝子組換え動物作製効率向上のために振動型マイクロインジェクション法(VM)を考案し、その有用性を評価した。本法はマイクロピペットへの縦振動付与によって細胞内刺入および遺伝子導入を容易にすることを目指す。1号機VM装置(可聴域振動付加タイプ)を開発し、無振動の従来型マイクロインジェクション法(OM)を比較対象として、マウスの受精卵でその有用性を評価した。導入DNAはVenus遺伝子、マウスはBDF1を使用し、種々の周波数および振幅で評価した。周波数10kHzの結果を例示する。
1.マイクロ...

特許

 
特許JP2009051742-A; US2010242126-A1; US8337812-B2 : Agent useful for controlling axon extension for treating nerve damage disease e.g. spinal injury, comprises agent e.g. DNA or double-stranded RNA capable of stimulating or suppressing function of alpha-chimerin
特許JP2005087095-A : Novel non-human animal e.g. mouse model for osteoporosis and/or craniosynostosis having defective matrix metalloprotease-2 gene, useful for evaluating effect of test substance as osteoporosis and/or craniosynostosis therapeutic agent
糸原 重美
特許JP2001327289-A; CA2324167-A1 : Membrane bound type netrin, comprises hydrophobic region which can be combined to cell membrane through glycosylphosphatidylinositol at C-terminal
特許EP1120655-A; EP1120655-A2; JP2001204475-A; CA2332657-A1; US200 : Detecting aberrant animal-derived prion gene, by introducing prion gene of an animal into a mouse to produce a prion gene modified mouse and determining whether the prion gene modified mouse exhibits a heart anomaly