MISC

2005年12月

治癒困難にある患者を持つ家族を支える援助 JONSENらの臨床倫理の4分割表を用いて

日本看護学会論文集: 成人看護II
  • 石川 志保
  • ,
  • 鶴田 真弓
  • ,
  • 岡元 景子
  • ,
  • 養田 尚美
  • ,
  • 伊勢 恵子

36
開始ページ
202
終了ページ
204
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
日本看護学会

治癒困難にある肺癌患者をもつ家族に対し,JONSENらの臨床倫理の4分割表(以下,4分割表)を用いて患者・家族の意向を調整し,家族ケアの方向を見出した2事例(30代女性患者,70代男性患者)を報告した.4分割表を用いたことで,事例1では,「疼痛コントロール」「告知の問題と患者の自己決定権」の2つの倫理的問題が明らかになったことで,ケアの優先順位を整理し,関わることができた.また,事例2では,妻の予期悲嘆の心理的プロセスに関する倫理的課題が明確になり,患者の病状悪化に伴う家族の心理状態に応じたケアを,家族の個性を尊重しながら行うことができた

リンク情報
URL
https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2005&ichushi_jid=J04333&link_issn=&doc_id=20060208360068&doc_link_id=1523106605914917504&url=https%3A%2F%2Fcir.nii.ac.jp%2Fcrid%2F1523106605914917504&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif
URL
https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2005&ichushi_jid=J04333&link_issn=&doc_id=20060208360068&doc_link_id=0501738&url=https%3A%2F%2Fkango-sakuin.nurse.or.jp%2Fnid%2F0501738&type=%E6%9C%80%E6%96%B0%E7%9C%8B%E8%AD%B7%E7%B4%A2%E5%BC%95Web&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00014_1.gif
ID情報
  • ISSN : 1347-8206
  • 医中誌Web ID : 2006139885

エクスポート
BibTeX RIS