基本情報

所属
東京医科大学 公衆衛生学分野 兼任助教
東京大学大学院医学研究科 公共健康医学専攻保健社会行動学分野 特任研究員
学位
博士(医学)(2020年3月 東京医科大学)
修士(医科学)(2017年3月 東京医科大学)
学士(スポーツ健康科学)(2015年3月 立命館大学)

連絡先
amagasatokyo-med.ac.jp
J-GLOBAL ID
201901017217360280

1日の行動パターン(睡眠、座位行動、身体活動)が人々の健康にどのように影響を及ぼすのかを研究しています。特に、日常生活において散在する"細切れの身体活動"や"低強度身体活動"が健康アウトカムにどのように影響しているかに着目して研究しています。
また、行動パターンに関連する社会人口統計学的要因を明らかにすることにも取り組んでいます。

Google scholar: https://scholar.google.co.jp/citations?user=D6LaVL4AAAAJ&hl=ja

ResearchGate: https://www.researchgate.net/profile/Shiho_Amagasa

ORCID: https://orcid.org/0000-0002-6047-0771

PubMed: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Shiho+Amagasa 


委員歴

  3

受賞

  5

論文

  22

MISC

  7

書籍等出版物

  2
  • 天笠志保, 井上茂(担当:共訳, 範囲:50章 健康への構築環境の影響)
    丸善出版  2020年3月 
  • 江口泰正, 中田由夫, 宮地元彦, 永田智久, 澤田亨, 笹井浩行, 松尾知明, 甲斐裕子, 岡浩一朗, 福島教照, 近藤尚己, 上原正道, 金森悟, 楠本真理, 松平浩, 遠藤俊介, 井上茂, 天笠志保, 蘇リナ, 川又華代(担当:共著, 範囲:第11章 身体活動・運動を継続するための環境づくり)
    大修館書店  2018年1月26日 (ISBN: 4469268348) 

講演・口頭発表等

  58

担当経験のある科目(授業)

  2

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1
  • DC1 
    日本学術振興会 特別研究員 
    天笠志保

その他

  2
  • 2016年 - 2016年
    Lancet Physical Activity Series 論文 https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(16)30581-5/fulltext のレビュー。 名前は謝辞に掲載されている。
  • International Journal of Behavioral Nutrition and Physical Activity (IJBNPA), The Journal of Gerontology, JMIR mHealth and uHealth (JMU), BMC Public Health, Journal of Epidemiology (JE), Geriatrics & Gerontology International (GGI), 運動疫学研究