高村史記

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/03 13:27
 
アバター
研究者氏名
高村史記
 
タカムラ シキ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/90528564.ja.html
所属
近畿大学
部署
医学部
職名
講師
学位
医学博士(三重大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
近畿大学 医学部 講師
 
2008年8月
 - 
2014年3月
近畿大学 医学部 助教
 
2006年4月
 - 
2008年7月
Trudeau Institute David Woodland Lab ポストドクトラルフェロー
 
2004年7月
 - 
2006年3月
エイズ予防財団 リサーチレジデント
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2004年6月
三重大学 大学院医学系研究科 博士課程
 
1993年4月
 - 
1999年3月
酪農学園大学 酪農学部 獣医学科
 

委員歴

 
2013年3月
 - 
現在
Faculty of 1000  Associate Faculty Member
 
2012年
 - 
現在
免疫記憶-ワクチン国際研究会  若手運営委員
 

受賞

 
2018年12月
日本免疫学会 ベストプレゼンテーション賞
 
2012年3月
日本免疫学会 Tadamitsu Kishimoto International Travel Award
 

論文

 
Clinical Cancer Research   24(11) 2653-2664   2018年6月   [査読有り]
Shiki Takamura*
Frontiers in Immunology   31(9)    2018年5月   [査読有り][招待有り]
Shiki Takamura*
Viral Immunology   30(6) 438-450   2017年7月   [査読有り][招待有り]
Shiki Takamura*
Viral Immunology   30(6) 397-397   2017年7月   [査読有り][招待有り]
Immunological Reviews   278(1) 87-100   2017年7月   [査読有り][招待有り]
Takamura S*, Yagi H, Hakata Y, Motozono C, McMaster SR, Masumoto T, Fujisawa M, Chikaishi T, Komeda J, Itoh J, Umemura M, Kyusai A, Tomura M, Nakayama T, Woodland DL, Kohlmeier JE, Miyazawa M
Journal of Experimental Medicine   213(13) 3057-3073   2016年12月   [査読有り]
Kato M, Tsuji-Kawahara S, Kawasaki Y, Kinoshita S, Chikaishi T, Takamura S, Fujisawa M, Kawada A, Miyazawa M
Journal of Virology   89(2) 1468-1473   2015年1月   [査読有り]
Tsuji-Kawahara S, Takamura S, Miyazawa M
Journal of Virology   88(9) 5202-5203   2014年5月   [査読有り]
Takamura S*, Kajiwara E, Tsuji-Kawahara S, Masumoto T, Fujisawa M, Kato M, Chikaishi T, Kawasaki Y, Kinoshita S, Itoi M, Sakaguchi N, Miyazawa M*
PLoS pathogens   10(3) e1003937   2014年3月   [査読有り]
Sato H, Jing C, Isshiki M, Matsuo K, Kidokoro M, Takamura S, Zhang X, Ohashi T, Shida H
Vaccine   31(35) 3549-3557   2013年8月   [査読有り]
Kurachi M, Kurachi J, Suenaga F, Tsukui T, Abe J, Ueha S, Tomura M, Sugihara K, Takamura S, Kakimi K, Matsushima K
Journal of Experimental Medicine   208(8) 1605-1620   2011年8月   [査読有り]
Ogawa T, Tsuji-Kawahara S, Yuasa T, Kinoshita S, Chikaishi T, Takamura S, Matsumura H, Seya T, Saga T, Miyazawa M
Journal of Virology   85(11) 5423-5435   2011年6月   [査読有り]
Takamura S*, Roberts AD, Jelley-Gibbs DM, Wittmer ST, Kohlmeier JE, Woodland DL*
Journal of Experimental Medicine   207(6) 1153-1160   2010年6月   [査読有り]
Tsuji-Kawahara S, Chikaishi T, Takeda E, Kato M, Kinoshita S, Kajiwara E, Takamura S, Miyazawa M
Journal of Virology   84(12) 6082-6095   2010年6月   [査読有り]
Takamura S*, Tsuji-Kawahara S, Yagita H, Akiba H, Sakamoto M, Chikaishi T, Kato M, Miyazawa M*
Journal of Immunology   184(9) 4696-4707   2010年5月   [査読有り]
Hikono H, Kohlmeier JE, Takamura S, Wittmer ST, Roberts AD, Woodland DL
The Journal of Experimental Medicine   204(7) 1625-1636   2007年7月   [査読有り]
Takamura S, Matsuo K, Takebe Y, Yasutomi Y
Journal of Immunology   175(4) 2541-2547   2005年8月   [査読有り]
Takamura S, Niikura M, Li TC, Takeda N, Kusagawa S, Takebe Y, Miyamura T, Yasutomi Y.
Gene Therapy (Mie University School of Medicine)   11(7) 628-635   2004年4月   [査読有り]
Nishikubo K, Murata Y, Tamaki S, Sugama K, Imanaka-Yoshida K, Yuda N, Kai M, Takamura S, Sebald W, Adachi Y, Yasutomi Y.
Gene Therapy   10(26) 2119-2125   2003年12月   [査読有り]
Uno-Furuta S, Matsuo K, Tamaki S, Takamura S, Kamei A, Kuromatsu I, Kaito M, Matsuura Y, Miyamura T, Adachi Y, Yasutomi Y
Vaccine   21(23) 3149-3156   2003年7月   [査読有り]
Niikura M, Takamura S, Kim G, Kawai S, Saijo M, Morikawa S, Kurane I, Li TC, Takeda N, Yasutomi Y
Virology   293(2) 273-280   2002年2月   [査読有り]
Hagiwara K, Okamoto M, Kamitani W, Takamura S, Taniyama H, Tsunoda N, Tanaka H, Iwai H, Ikuta K
Veterinary Microbiology   84(4) 367-374   2002年2月   [査読有り]
Kuromatsu I, Matsuo K, Takamura S, Kim G, Takebe Y, Kawamura J, Yasutomi Y.
Cancer Gene Therapy   8(7) 483-490   2001年7月   [査読有り]
Uno-Furuta S, Tamaki S, Takebe Y, Takamura S, Kamei A, Kim G, Kuromatsu I, Kaito M, Adachi Y, Yasutomi Y.
Vaccine   19(15-16) 2190-2196   2001年2月   [査読有り]
Kamei A, Tamaki S, Taniyama H, Takamura S, Nishimura Y, Kagawa Y, Uno-Furuta S, Kaito M, Kim G, Toda M, Matsuura Y, Miyamura T, Adachi Y, Yasutomi Y.
Virology   273(1) 120-126   2000年7月   [査読有り]
Hagiwara K, Kamitani W, Takamura S, Taniyama H, Nakaya T, Tanaka H, Kirisawa R, Iwai H, Ikuta K.
Veterinary Microbiology   72(3-4) 207-216   2000年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
MHCテトラマー染色法、磁気細胞分離法、肺・肝臓リンパ球分離法、
高村史記 (担当:分担執筆)
フローサイトメトリーQ&A   2017年   
マウスレトロウイルスによるCD8T細胞免疫応答逃避機構
高村史記 (担当:分担執筆)
臨床免疫・アレルギー科   2012年   
肺粘膜におけるメモリーCD8T細胞維持機構
高村史記 (担当:分担執筆)
実験医学増刊   2011年   
呼吸器ウイルス感染におけるメモリーCD8+T細胞の亜集団と二次免疫応答
彦野 弘一、高村 史記 (担当:分担執筆)
臨床免疫・アレルギー科   2008年   
マイコバクテリウム由来抗原85Bを用いたCTL反応増強効果 −DNAワクチンへの応用−
高村史記 (担当:分担執筆)
臨床免疫   2006年   
DNAワクチン
高村史記 (担当:分担執筆)
小児科 3月増刊号   2003年   

講演・口頭発表等

 
Generation and maintenance of lung-resident memory CD8+ T cells. [招待有り]
高村史記
韓国国際免疫学会 2017.   2017年11月9日   
Maintenance of lung-resident memory CD8+ T cells. [招待有り]
高村史記
Symposium, Korea University.   2017年11月8日   
Maintenance of lung-resident memory CD8+ T cells. [招待有り]
高村史記
Yonsei Immunology Mini-Symposium, Yonsei University.   2017年11月7日   
肺滞在型メモリーCD8T細胞の分化、維持機構 [招待有り]
高村史記
日本サイトメトリー学会   2017年6月10日   
CD69 controls a balance between S1P- and CXCL16-induced chemotaxes in the establishment of CD8+ T cell memory in the lung airways. [招待有り]
高村史記
The 2nd Symposium of International Immunological Memory and Vaccine Forum   2014年8月25日   
Memory CD8+ T cells in the lung airways. [招待有り]
高村史記
The 1st Symposium of International Immunological Memory and Vaccine Forum   2013年1月29日   
CD69 controls a balance between S1P- and CXCL16-induced chemotaxes during the process of memory CD8+ T cell recruitment to the lung airways. [招待有り]
高村史記
Trudeau Institute, Seminar   2012年8月27日   
肺におけるメモリーCD8T細胞の役割及び維持機構 [招待有り]
高村史記
日本獣医学会学術集会 微生物学分科会   2012年3月26日   
Regulation of memory CD8+ T cell migration to the lung airways [招待有り]
高村史記
日本免疫学会学術集会 国際シンポジウム   2011年11月29日   
呼吸器粘膜におけるCD8T細胞免疫応答 [招待有り]
高村史記
日本獣医学会学術集会 微生物学分科会   2011年3月31日   
Friend virus evasion of CD8+ T cell Immunity [招待有り]
高村史記
The 5th Chiba University Global COE Symposium   2010年12月4日   
Regulation of memory CD8+ T cell migration to the lung airways [招待有り]
高村史記
大阪大学微生物病研究所 微研セミナー   2010年12月4日   
Friend virus evasion of CD8+ T cell immunity [招待有り]
高村史記
徳島大学 免疫系発生学セミナー   2010年3月2日   
Programmed migration of antigen-specific CD8+ T cells to the lung airways following respiratory virus infection [招待有り]
高村史記
Chiba University Global COE Seminar   2009年4月3日   
Programmed migration of antigen-specific CD8+ T cells to the lung airways following respiratory virus infection [招待有り]
高村史記
近畿大学大学院医学研究科 第30回ハイテクリサーチセミナー   2008年2月19日   

担当経験のある科目

 
 
  • 微生物学 (近畿大学医学部附属看護学校)
  • 免疫学 (近畿大学医学部、生物理工学部)

競争的資金等の研究課題

 
肺粘膜滞在型メモリーCD8T細胞維持機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 高村史記
肺滞在型メモリーCD8T細胞分化調節機構の解明
武田科学振興財団: 医学系研究助成
研究期間: 2018年       代表者: 高村史記
肺滞在型メモリーCD8T細胞分化調節機構の解明
持田記念医学薬学振興財団: 研究助成金
研究期間: 2018年       代表者: 高村史記
肺粘膜メモリーCD8T細胞を主体とした交差反応型防御免疫付インフルエンザワクチン開発の基礎研究
小児医学研究振興財団: ジャパンワクチン研究助成金
研究期間: 2017年       代表者: 高村史記
肺における組織滞在型メモリーCD8T細胞分化調節機構の解明
内藤記念科学振興財団: 内藤記念科学奨励金
研究期間: 2017年       代表者: 高村史記
肺粘膜滞在型メモリーCD8T細胞分化調節機構の解明
先進医薬研究振興財団: 血液医学分野 一般研究助成金
研究期間: 2017年       代表者: 高村史記
肺における組織滞在型メモリーCD8T細胞分化機構の解明
ライフサイエンス振興財団: 研究助成金
研究期間: 2016年       代表者: 高村史記
粘膜メモリーCD8T細胞のオートファジー非依存的維持機構
上原記念生命科学財団: 研究助成金
研究期間: 2015年       代表者: 高村史記
メモリーCD8T細胞の呼吸器感染防御免疫におけるCD69の役割の解明
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究A
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 高村史記
メモリーCD8T細胞維持におけるmTOR及びオートファジーの役割
加藤記念バイオサイエンス振興財団: 研究助成金
研究期間: 2014年       代表者: 高村史記
メモリーCD8T細胞維持におけるmTOR及びオートファジーの役割
日本ワックスマン財団: 学術研究助成金
研究期間: 2014年       代表者: 高村史記
メモリーCD8T細胞維持におけるmTOR及びオートファジーの役割
持田記念医学薬学振興財団: 研究助成金
研究期間: 2014年       代表者: 高村史記
メモリーCD8T細胞の肺粘膜移行調節機構の解明
かなえ医薬振興財団: 研究助成金
研究期間: 2013年       代表者: 高村史記
レトロウイルス誘発抗原特異的CD8T細胞機能不全機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究B
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 高村史記
メモリーCD8T細胞の肺粘膜移行調節機構の解明
上原記念生命科学財団: 研究奨励金
研究期間: 2012年       代表者: 高村史記
抗原特異的メモリーCD8T細胞の肺粘膜への蓄積を目的とした新規インフルエンザワクチン開発の基礎研究
第一三共生命科学研究振興財団: 研究助成金
研究期間: 2012年       代表者: 高村史記
メモリーCD8T細胞の肺粘膜移行調節機構の解明
武田科学振興財団: 医学研究奨励金
研究期間: 2011年       代表者: 高村史記
レトロウイルスによる新規免疫逃避機構の解明
金原一郎記念医学医療振興財団: 基礎医学医療助成金
研究期間: 2010年       代表者: 高村史記
レトロウイルスによる新規免疫逃避機構の解明
アステラス病態代謝研究会: 研究助成金
研究期間: 2010年       代表者: 高村史記
肺における抗原提示とCD8T細胞免疫応答
上原記念生命科学財団: 海外留学助成ポストドクトラルフェローシップ
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 高村史記