Shimada Shuichi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 31, 2018 at 18:57
 
Avatar
Name
Shimada Shuichi
E-mail
shimappuro.med.tohoku.ac.jp
Affiliation
Tohoku University

Published Papers

 
Shimada S, Saito H, Kawasaki Y, Yamashita S, Adachi H, Kakoi N, Namima T, Sato M, Kyan A, Mitsuzuka K, Ito A, Yamaguchi T, Arai Y
Investigative and clinical urology   58(4) 228-234   Jul 2017   [Refereed]
Itoh J, Ito A, Shimada S, Kawasaki Y, Kakoi N, Saito H, Mitsuzuka K, Watanabe M, Satoh M, Saito S, Arai Y
Glycoconjugate journal   34(2) 267-273   Apr 2017   [Refereed]
[Disialosyl globopentaosylceramide (DSGb5) as a biomarker of prostate cancer].
Ito A, Kawasaki Y, Kakoi N, Shimada S, Saito S, Arai Y
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   74 Suppl 3 196-200   May 2016   [Refereed]
Kawasaki Y, Ito A, Kakoi N, Shimada S, Itoh J, Mitsuzuka K, Arai Y
The Tohoku journal of experimental medicine   236(1) 1-7   May 2015   [Refereed]
Shimada S, Ito A, Kawasaki Y, Kakoi N, Taima T, Mitsuzuka K, Watanabe M, Saito S, Arai Y
Prostate cancer and prostatic diseases   17(2) 199-205   Jun 2014   [Refereed]
Katayama H, Ito A, Kakoi N, Shimada S, Saito H, Arai Y
Urologia internationalis   92(1) 122-124   2014   [Refereed]
Shimada S, Saito H, Arai Y
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   19(3) 277-278   Mar 2012   [Refereed]
[Retroperitoneal extraskeletal Ewing's sarcoma difficult to differentiate from adrenocortical carcinoma : a case report].
Sato M, Miyazato M, Yamada S, Shimada S, Kaiho Y, Ishidoya S, Arai Y
Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica   57(6) 303-307   Jun 2011   [Refereed]
[A case of Fournier's gangrene reconstructed with negative-pressure bolster for free skin grafts: a case report].
Shimada S, Eriguchi T, Mitsuzuka K, Wako M, Kato S
Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica   54(5) 387-389   May 2008   [Refereed]
Shimada S, Nakagawa H, Shintaku I, Saito S, Arai Y
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   13(8) 1121-1122   Aug 2006   [Refereed]

Misc

 
胚細胞腫瘍予後不良において肺転移病変の最大径は予後不良因子である
藤井 紳司, 山下 慎一, 山田 成幸, 佐藤 琢磨, 嶋田 修一, 泉 秀明, 川崎 芳英, 川守田 直樹, 三塚 浩二, 伊藤 明宏, 荒井 陽一
泌尿器外科   31(臨増) 845-845   Jun 2018
川崎 芳英, 齋藤 英郎, 嶋田 修一, 山下 慎一, 川守田 直樹, 泉 秀明, 三塚 浩二, 伊藤 明宏, 荒井 陽一
日本泌尿器科学会総会   106回 OP-480   Apr 2018
EPIC、SF-8でみた低リスク前立腺癌短期〜中期QOL比較 PARP vs brachytherapy(BT) vs active surveillance(AS)
嶋田 修一, 川崎 芳英, 伊藤 明宏, 三塚 浩二, 山下 慎一, 川守田 直樹, 泉 秀明, 佐藤 琢磨, 高橋 正博, 佐藤 友紀, 佐藤 真彦, 荒井 陽一
日本泌尿器科学会総会   106回 PP2-066   Apr 2018
嶋田修一, 川崎芳英, 伊藤明宏, 三塚浩二, 山下慎一, 川守田直樹, 泉秀明, 佐藤琢磨, 高橋正博, 佐藤友紀, 佐藤真彦, 荒井陽一
日本泌尿器科学会総会(Web)   106th ROMBUNNO.PP2‐066 (WEB ONLY)   2018
嶋田修一, 齋藤英郎, 川崎芳英, 山下慎一, 三塚浩二, 伊藤明宏, 荒井陽一
Japanese Journal of Endourology   30(3) 216-216   Nov 2017
後藤拓郎, 山下慎一, 嶋田修一, 佐藤琢磨, 川崎芳英, 泉秀明, 川守田直樹, 三塚浩二, 伊藤明宏, 荒井陽一
Japanese Journal of Endourology   30(3) 204-204   Nov 2017
HoLEPによる下部尿路閉塞の解除は骨盤内血流を改善するか
高橋 則雄, 中野 磨, 嶋田 修一, 秀城 雅之, 大井 知教, 徳永 英夫, 松下 真史
日本排尿機能学会誌   28(1) 247-247   Sep 2017
伊藤明宏, 嶋田修一, 川崎芳英, 栫井成彦, 伊藤淳, 荒井陽一
泌尿器外科   30 669‐670   May 2017
伊藤明宏, 川崎芳英, 伊藤淳, 栫井成彦, 嶋田修一, 荒井陽一
泌尿器外科   30 695‐697   May 2017
岩橋成寿, 國井啓子, 駒澤大輔, 勝又有記, 嶋田修一, 徳山聡
心身医学   57(6) 636-636   Jun 2017
前立腺癌バイオマーカーのパラダイムシフト 前立腺癌糖鎖変化による予後予測と悪性度評価
伊藤 明宏, 嶋田 修一, 川崎 芳英, 栫井 成彦, 伊藤 淳, 荒井 陽一
泌尿器外科   30(臨増) 669-670   May 2017
泌尿器糖鎖生物学の幕開け 泌尿器癌におけるガングリオシド糖鎖の役割
伊藤 明宏, 川崎 芳英, 伊藤 淳, 栫井 成彦, 嶋田 修一, 荒井 陽一
泌尿器外科   30(臨増) 695-697   May 2017
腎癌におけるDSGb5糖鎖発現の意義
伊藤 淳, 伊藤 明宏, 嶋田 修一, 川崎 芳英, 栫井 成彦, 佐藤 友紀, 三塚 浩二, 渡辺 みか, 荒井 陽一
泌尿器外科   30(臨増) 887-887   May 2017
藤井紳司, 山下慎一, 山田成幸, 佐藤琢磨, 嶋田修一, 泉秀明, 川崎芳英, 川守田直樹, 三塚浩二, 伊藤明宏, 荒井陽一
日本泌尿器科学会東部総会プログラム・抄録集   82nd 335   2017
伊藤 淳, 伊藤 明宏, 嶋田 修一, 川崎 芳英, 栫井 成彦, 齋藤 英郎, 佐藤 友紀, 三塚 浩二, 渡辺 みか, 佐藤 信, 荒井 陽一
日本泌尿器科学会総会   105回 OP48-3   Apr 2017
腎癌におけるDSGb5糖鎖発現の臨床病理学的意義
伊藤 淳, 伊藤 明宏, 嶋田 修一, 川崎 芳英, 栫井 成彦, 佐藤 友紀, 三塚 浩二, 渡辺 みか, 荒井 陽一
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 P49-1   Oct 2016
前立腺癌患者の転帰を予測する因子についての検討
勝又 有記, 嶋田 修一, 徳山 聡
日本泌尿器科学会総会   105回 PP86-08   Apr 2017
当院における前立腺癌患者の死因に関連する因子についての検討
小名木 彰史, 嶋田 修一, 勝又 有記, 徳山 聡
泌尿器外科   30(臨増) 929-929   May 2017
QOL維持目的に大腿骨頭置換術を施行した進行腎癌の一例
勝又 有記, 嶋田 修一, 徳山 聡
泌尿器外科   29(9) 1500-1500   Sep 2016
診断に苦慮した尿管皮膚瘻部腫瘍の一例
小名木 彰史, 嶋田 修一, 勝又 有記, 徳山 聡
泌尿器外科   29(9) 1501-1501   Sep 2016
【新前立腺癌学-最新の基礎研究と診断・治療-】 臨床応用を目指した基礎研究 バイオマーカーの開発 前立腺癌の糖鎖マーカーとしての disialosyl globopentaosylceramide(DSGb5)
伊藤 明宏, 川崎 芳英, 栫井 成彦, 嶋田 修一, 斎藤 誠一, 荒井 陽一
日本臨床   74(増刊3 新前立腺癌学) 196-200   May 2016
腎癌の分子標的薬治療において血中濃度モニタリングが有用であった2例
信濃 寛久, 齋藤 英郎, 伊藤 明宏, 三浦 直晃, 石塚 雄一, 嶋田 修一, 三塚 浩二, 山田 成幸, 荒井 陽一
泌尿器外科   29(2) 185-185   Feb 2016
副腎神経節細胞腫の混在により無症候性かつ内分泌非活性であった褐色細胞腫の1例
石塚 雄一, 山田 成幸, 前澤 玲奈, 諸角 謙人, 嶋田 修一, 安達 尚宣, 齋藤 英郎, 海法 康裕, 荒井 陽一, 森本 玲, 渡辺 みか, 中村 保宏
泌尿器外科   29(2) 190-190   Feb 2016
放射線性膀胱炎に合併した膀胱破裂の1例
津久井 良昌, 藤井 紳司, 嶋田 修一, 徳山 聡
泌尿器外科   29(2) 197-198   Feb 2016
両側腎瘻造設後に膀胱黄色肉芽腫を発生した慢性尿閉の1例
藤井 紳司, 嶋田 修一, 津久井 良昌, 徳山 聡
泌尿器外科   29(2) 198-198   Feb 2016
ADACHI Hisanobu, ERIGUCHI Tomohiro, SHIMADA Shyuichi, KATO Shinnosuke
The Japanese Journal of Urology   98(3) 576-579   Mar 2007
A 49-year-old female visited to our department with complaints of gross hematuria and micturition pain. Cystoscopic examination revealed a 5-cm diameter solid broad-based tumor located at the front wall of the bladder. Histologically, the tumor wa...
若手と語る泌尿器科医として大切なこと
大家 基嗣, 近藤 幸尋, 小島 祥敬, 嶋田 修一, 河野 春奈, 門本 卓
臨床泌尿器科   70(2) 104-114   Feb 2016
両側尿管結紮、両側腎瘻造設術による尿路変更を選択した6症例の検討
嶋田 修一, 藤井 紳司, 徳山 聡
日本泌尿器科学会総会   103回 694-694   Apr 2015
前立腺癌のPSA再発を予測する新規腫瘍マーカー(Ganglioside DSGb5 is a predictor of PSA recurrence-free survival following prostatectomy)
嶋田 修一, 伊藤 明宏, 伊藤 淳, 川崎 芳英, 三塚 浩二, 荒井 陽一
日本癌学会総会記事   73回 P-3166   Sep 2014
割腹自殺企図による尿管切断に対して後腹膜鏡下尿管尿管吻合術を施行した1例
福士 太郎, 宮里 実, 嶋田 修一, 佐々木 光晴, 山田 成幸, 伊藤 明宏, 荒井 陽一
泌尿器外科   27(4) 518-518   Apr 2014
下大静脈腫瘍塞栓の遊離による肺塞栓に対し、観血的治療を行い救命し得た腎細胞癌の2例
嶋田 修一, 齋藤 英郎, 三塚 浩二, 川守田 直樹, 佐藤 琢磨, 木田 智, 伊藤 明宏, 中川 晴夫, 荒井 陽一
泌尿器外科   27(4) 522-522   Apr 2014
感染出血性腎嚢胞との鑑別に苦慮した巨大乳頭状腎癌の1例
山室 拓, 三塚 浩二, 嶋田 修一, 佐々木 光春, 山田 成幸, 斉藤 英郎, 伊藤 明宏, 石戸谷 滋人, 荒井 陽一
泌尿器外科   27(4) 529-529   Apr 2014
腎後性腎不全をきたしたEncrusted cystitisの1例
田中 峻希, 山下 慎一, 嶋田 修一, 三塚 浩二, 山田 成幸, 中川 晴夫, 荒井 陽一
泌尿器外科   27(4) 537-537   Apr 2014
【明解!! 必携 泌尿器科診療の手引き】 副腎疾患
嶋田 修一, 海法 康裕, 荒井 陽一
泌尿器外科   27(特別号) 78-84   Apr 2014
前立腺癌のPSA再発を予測する新規腫瘍マーカー
嶋田 修一, 伊藤 明宏, 川崎 芳英, 栫井 成彦, 當麻 武信, 三塚 浩二, 渡辺 みか, 斎藤 誠一, 荒井 陽一
日本泌尿器科学会総会   102回 451-451   Apr 2014
東北大学関連施設における腎腫瘍患者1,079例のトレンド
齋藤 英郎, 伊藤 明宏, 嶋田 修一, 荒井 陽一
日本泌尿器科学会総会   102回 540-540   Apr 2014
東北大学および関連病院における癌手術症例の検討 RN後の腎機能を中心に
嶋田 修一, 齋藤 英郎, 伊藤 明宏, 荒井 陽一
日本腎泌尿器疾患予防医学研究会誌   22(1) 42-43   Apr 2014
【後期研修医がおさえておきたい泌尿器疾患TOP 30】 疾患 副腎疾患
嶋田 修一, 石戸谷 滋人, 海法 康裕, 荒井 陽一
泌尿器外科   26(特別号) 84-96   Apr 2013
分子標的薬治療における予後不良因子について
齋藤 英郎, 伊藤 明宏, 山田 成幸, 三塚 浩二, 嶋田 修一, 荒井 陽一
日本泌尿器科学会雑誌   104(2) 258-258   Mar 2013
腎盂尿管腫瘍術後膀胱再発における術式の影響
伊藤 明宏, 山下 慎一, 嶋田 修一, 三塚 浩二, 山田 成幸, 齋藤 英郎, 荒井 陽一
日本泌尿器科学会雑誌   104(2) 343-343   Mar 2013
東北大学および関連施設における腎腫瘍の前向き研究 腎摘出術後の腎機能を中心に
嶋田 修一, 齋藤 英郎, 伊藤 明宏, 荒井 陽一
日本泌尿器科学会雑誌   104(2) 378-378   Mar 2013
熱射病疑いで入院後、退院直前に突然死した女性の1剖検例
森田 真吉, 喜屋武 淳, 嶋田 修一, 野沢 佳弘
福島県農村医学会雑誌   54(1) 91-94   Mar 2013
集学的治療により完全寛解が得られた前立腺横紋筋肉腫の1例
大原 慎也, 嶋田 修一, 山田 成幸, 宮里 実, 石戸谷 滋人, 荒井 陽一
泌尿器外科   25(臨増) 1138-1138   May 2012
腎癌手術におけるeGFR値の検討 術後CKD増悪の危険因子は?
山室 拓, 嶋田 修一, 齋藤 英夫, 伊藤 明宏, 石戸谷 滋人, 荒井 陽一, 庵谷 尚正, 栃木 達夫, 沼田 功, 相馬 文彦
日本泌尿器科学会雑誌   103(2) 449-449   Mar 2012
術後5年目に肺・皮膚転移が出現した透析腎癌に対してインターフェロンが有効であった1例
三塚 浩二, 方山 博路, 加藤 慎之介, 嶋田 修一
泌尿器外科   25(1) 123-123   Jan 2012
晩期再発精巣腫瘍の1例
嶋田 修一, 喜屋武 淳, 野沢 佳弘
泌尿器外科   25(1) 130-130   Jan 2012
腎盂十二指腸瘻、上行結腸瘻を併発した膿腎症の1例
嶋田 修一, 木田 智, 喜屋武 淳, 中村 啓之, 土井 孝志, 佐藤 信
泌尿器外科   25(1) 134-134   Jan 2012
停留精巣を有するダウン症に発生し、化学療法関連死を来した進行性精巣腫瘍の1例
木田 智, 山田 成幸, 佐藤 琢磨, 嶋田 修一, 大原 慎也, 宮里 実, 齋藤 英郎, 伊藤 明宏, 石戸谷 滋人, 荒井 陽一
日本癌治療学会誌   46(2) 713-713   Sep 2011
副腎癌との鑑別が困難だった後腹膜Ewing肉腫の1例
佐藤 真彦, 宮里 実, 山田 成幸, 嶋田 修一, 海法 康裕, 石戸谷 滋人, 荒井 陽一
泌尿器科紀要   57(6) 303-307   Jun 2011
15歳男性。左季肋部膨隆を主訴に近医を受診、超音波およびCT検査にて左後腹膜腫瘍を疑われ、精査・加療目的で著者らの施設へ紹介となった。画像所見ではCTにて左後腹膜に15×10×14cmの多房性の腫瘍が認められ、周囲への浸潤はなかったものの、左腎臓などの周囲臓器や脾動脈の血管を圧排していた。MRIでは腫瘍内部はT1ならびにT2強調像で高信号を呈し、腫瘍の隔壁に造影効果が認められた。更にPETでは左後腹膜腫瘍の辺縁部中心にSUVmax7.9の悪性腫瘍を疑う不均一な集積上昇がみられた。以上、これ...
東北大学における腎癌腫瘍塞栓手術症例47例の臨床的検討
嶋田 修一, 齋藤 英郎, 伊藤 明宏, 石戸谷 滋人, 赤松 大二朗, 後藤 均, 佐藤 成, 荒井 陽一
泌尿器外科   24(臨増) 550-550   Apr 2011
腎癌転移に関わるDSGb5糖鎖の機能解析
栫井 成彦, 伊藤 明宏, 川崎 芳英, 佐々木 光晴, 三塚 浩二, 嶋田 修一, 村山 泰子, 荒井 陽一
日本泌尿器科学会雑誌   102(2) 525-525   Mar 2011
東北大学における腎癌腫瘍塞栓手術症例50例の臨床的検討
嶋田 修一, 齋藤 英郎, 伊藤 明宏, 石戸谷 滋人, 赤松 大次朗, 後藤 均, 佐藤 成, 荒井 陽一
日本泌尿器科学会雑誌   102(2) 529-529   Mar 2011
集学的治療の16年後に晩期再発をきたした精巣腫瘍の1例
木田 智, 喜屋武 淳, 嶋田 修一, 野沢 佳弘
福島県農村医学会雑誌   53(1) 151-154   Mar 2011
割腹自殺企図による尿管切断に対して後腹膜鏡下尿管尿管吻合術を施行した1例
福士 太郎, 宮里 実, 嶋田 修一, 佐々木 光晴, 山田 成幸, 伊藤 明宏, 荒井 陽一
Japanese Journal of Endourology and ESWL   23(3) 165-165   Oct 2010
分層植皮術を施行したフルニエ壊疽の1例
嶋田 修一, 三塚 浩二, 江里口 智大, 加藤 慎之介, 輪湖 雅彦
泌尿器外科   22(11) 1466-1466   Nov 2009
7cm無症候性・散発性腎血管筋脂肪腫(AML)に対して動脈塞栓術(TAE)を行った1例 予防的TAEの必要性について
三塚 浩二, 嶋田 修一, 加藤 慎之介, 高橋 聡
泌尿器外科   22(11) 1468-1468   Nov 2009
前立腺癌診断における直腸診の問題点 泌尿器科医間の所見のばらつき
三塚 浩二, 嶋田 修一, 加藤 慎之介, 江里口 智大
泌尿器外科   22(11) 1473-1473   Nov 2009
三塚 浩二, 江里口 智大, 嶋田 修一, 加藤 慎之介
東北医学雑誌   120(1) 103-104   Jun 2008
臨床経験年数の異なる複数の泌尿器科医に同一症例の直腸診を行ってもらい、診断の一致率を調べた。対象とした症例は2006年と2007年に前立腺癌検診で異常を指摘され当科で精査を受けた67例(2006年31例、2007年36例)で、2006年は4名の泌尿器科医、2007年は3名の泌尿器科医に直腸診を行ってもらった。直腸診所見の内容は「大きさ」「結節」とし、「大きさ」は<クルミ大><超クルミ大><小鶏卵大><鶏卵大><鷲卵大><触れない><判定不能>に分類、「結節」は<右葉><左葉><両葉><触れ...
陰嚢皮膚欠損部を陰圧分層植皮片固定法で再建したフルニエ壊疽の1例
嶋田 修一, 江里口 智大, 三塚 浩二, 輪湖 雅彦, 加藤 慎之介
泌尿器科紀要   54(5) 387-389   May 2008
44歳男性。患者は20年前から糖尿病、アルコール依存症の治療中であったが、発熱、陰嚢部の腫脹、排尿困難が出現し、著者らの施設へ紹介となった。入院時、陰嚢は著明に腫脹し、陰嚢皮膚の一部に壊死が認められた。更に肛門周囲、鼠径部、右側腹部に至る発赤、腫脹、皮下気腫がみられ、超音波検査では尿閉による両側水腎症が確認された。一方、腎後性の腎機能低下も認められ、CTでは陰嚢から肛門、右側腹部にかけて筋膜におよぶ皮下気腫を認めた。以上より、本症例はDICを併発したフルニエ壊疽と診断され、治療として尿閉に...
三塚 浩二, 嶋田 修一, 加藤 慎之介, 高橋 聡
臨床泌尿器科   62(5) 333-336   Apr 2008
症例は65歳,女性。右乳癌の精査中に左腎腫瘍を認め紹介された。CTで左腎に径7cm,3cm,2cmの血管筋脂肪腫を認めた。右乳癌の手術と術後化学療法の後に,自然破裂の可能性と緊急時の対応が難しいことを考慮し,無症状ではあるものの予防的に選択的動脈塞栓術を行った。(著者抄録)
前立腺癌診断における直腸診の問題点 その学習効果について
三塚 浩二, 江里口 智大, 嶋田 修一, 加藤 慎之介
日本泌尿器科学会雑誌   99(2) 391-391   Feb 2008
分層植皮術を施行したフルニエ壊疽の1例
嶋田 修一
秋田県農村医学会雑誌   53(2) 33-33   Feb 2008
著明な陰嚢腫大を呈した両側精液瘤・両側陰嚢水腫の一例
三塚 浩二, 江里口 智大, 嶋田 修一, 加藤 慎之介
泌尿器外科   21(1) 111-111   Jan 2008
TUR-Btを契機に深部静脈血栓症を発症した一例
江里口 智大, 嶋田 修一, 三塚 浩二, 加藤 愼之介, 安達 尚宣
泌尿器外科   21(1) 113-113   Jan 2008
三塚 浩二, 江里口 智大, 嶋田 修一, 安達 尚宣, 加藤 慎之介
臨床泌尿器科   61(12) 1007-1010   Nov 2007
症例は87歳,女性。単発の表在性膀胱腫瘍を認め経尿道的膀胱腫瘍切除術(以下,TUR-Bt)を施行したところ,術後2日目に右下肢の腫脹が出現した。CTなどにより深部静脈血栓症の発症を認めた。ヘパリン,ウロキナーゼ,ワルファリンによる治療を開始し,3ヵ月後のCTでは血栓の消失を認めた。TUR-Btは深部静脈血栓症,肺血栓塞栓症の発症の可能性が極めて低い侵襲の小さい手術であるが,高齢,日常生活動作(ADL)の低下などを誘引とし,これらの合併症を引き起こすこともあり,注意が必要である。(著者抄録)
三塚 浩二, 江里口 智大, 嶋田 修一
臨床泌尿器科   61(12) 1007-1010   Nov 2007
両側陰嚢水腫を併発し著明な陰嚢腫大を呈した両側精液瘤の1例(BILATERAL SPERMATOCELE CONCURRENT WITH BILATERAL SCROTAL HYDROCELE PRESENTING HUGE SCROTAL SWELLING)
三塚 浩二, 江里口 智大, 嶋田 修一, 加藤 慎之介
泌尿器科紀要   53(10) 729-731   Oct 2007
われわれは両側陰嚢水腫を併発し、著明な陰嚢腫大を呈した両側精液瘤の1例を経験したので報告する。症例は52歳、男性。著明な両側陰嚢腫大を主訴に受診。エコーおよびMRIにて両側陰嚢水腫および両側精液瘤と思われる多房性の液体貯留を認めた。精液検査は異常なく、精管結紮術や陰嚢部の外傷などの既往もなかった。最初は吸引穿刺を行ったが、その後以前より急速に増大するため手術を施行した。両側精液瘤は比較的稀な疾患であり、両側陰嚢水腫を伴った症例はこれまでに報告がない。(著者抄録)
Mitsuzuka Koji, Eriguchi Tomohiro, Shimada Shuichi, Kato Shin-nosuke
Acta urologica Japonica   53(10) 729-731   Oct 2007
We report the very rare case of bilateral spermatoceles concurrent with bilateral scrotal hydrocele presenting huge scrotal swelling. A 52-year-old man came to our hospital because of large scrotal swelling. Ultrasonography and magnetic resonance ...
前立腺癌診断における直腸診の問題点について 泌尿器科医によるばらつき
嶋田 修一, 三塚 浩二, 江里口 智大, 加藤 慎之介
日本泌尿器科学会雑誌   98(2) 545-545   Feb 2007
腎に発生したPNET(primitive neuroectodermal tumor;未分化神経外胚葉性腫瘍)の一例
池田 義弘, 海法 康裕, 嶋田 修一, 中川 晴夫, 沼畑 健司, 斉藤 誠一, 荒井 陽一, 伊藤 明宏, 遠藤 希之, 笹野 公伸
泌尿器外科   19(4) 570-570   Apr 2006
GDC,DIN療法によりsurgical CRの得られたStage IV腎盂腫瘍の一例
嶋田 修一, 沼畑 健司, 新宅 一郎, 海法 康裕, 萩沢 茂, 齋藤 誠一, 荒井 陽一
泌尿器外科   19(4) 571-571   Apr 2006
全尿路真菌症による腎不全症例
嶋田 修一, 中川 晴夫, 伊藤 明宏, 斉藤 誠一, 新宅 一郎, 青木 大志, 三塚 浩二, 佐藤 琢磨, 荒井 陽一
泌尿器外科   19(3) 286-286   Mar 2006
Sentinel lymph nodes navigation下浅鼠径リンパ節郭清が有用であった陰茎腫瘍の一例
徳山 聡, 佐藤 信, 竹田 篤史, 泉 秀明, 青木 大志, 萩沢 茂, 嶋田 修一, 田村 将司, 石戸谷 滋人, 荒井 陽一
泌尿器外科   19(2) 189-189   Feb 2006