Profile Information

Affiliation
School of Global Communication, Department of English Communication, Kansai University of International Studies
Degree
博士(学術)(東京大学)
修士(学術)(東京大学)

Researcher number
40791520
J-GLOBAL ID
201601010709893091
researchmap Member ID
B000268145

中国をおもなフィールドとして、芸能の教育人類学的研究、芸能の「わざ」の教授・学習研究、無形文化遺産の人類学的研究、教育的視点からのフィールドワーク論などをやっています。

近年は、人材育成やキャリア形成という経営学的な視点も活かして、日本の能楽や宝塚との比較研究も行っています。

もともと日本のフリースクールを含むオルタナティブ教育の研究をしていたので、国内外のオルタナティブな教育思想や教育実践にも関心があります。

認知科学的な視点から芸能の「わざ」の教授・学習研究をやってきましたが、現勤務校ではアクティブラーニングなども積極的に用いてきたので、教育工学的な学習研究にも関心があります。

中国本土、台湾、日本、欧米の演劇人類学と中国演劇研究の動向に関する研究もしています。

資料公開のページに、単著『中国伝統芸能の俳優教育:陝西省演劇学校のエスノグラフィー』(2021年)の概要と抜粋、および、共著本に所収の論文をアップしています。

 

I am a Japanese cultural anthropologist interested in the following research topics. You can download most of my articles including book chapters which are on the document archive page. 

 
1. Teaching/learning process of performance-related skills and knowledge in Chinese traditional theater (and performing arts per se) from the viewpoints of educational anthropology, educational sociology, and cognitive science

2. Historical development of theater anthropology in China, Taiwan, Japan, and English-speaking countries

3. Fieldwork theories and techniques from the viewpoints of educational anthropology and cognitive science

4. Topics related to human resources management from the viewpoints of educational anthropology, management studies, and cognitive science

5. Historical development of educational thoughts including those related to alternative education


Education

  6

Papers

  22

Misc.

  7

Books and Other Publications

  9

Presentations

  28

Research Projects

  8

Social Activities

  3

Media Coverage

  25