清水俊雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/13 10:13
 
アバター
研究者氏名
清水俊雄
 
シミズ トシオ
eメール
tosshimincc.go.jp
URL
https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/clinic/epoc_phase1/010/20170830185128.html
所属
国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院
部署
先端医療科
職名
医長 
学位
博士(医学)(近畿大学)
科研費研究者番号
30411599

研究分野

 
 
  • 内科系臨床医学 / 内科学一般(含心身医学) / 臨床腫瘍学 固形がんに対する分子標的治療 早期新薬開発(フェーズ1 試験) 国際共同治験 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院 先端医療科 医長
 
2012年4月
 - 
2016年3月
近畿大学医学部 内科学腫瘍内科部門 講師 
 
2010年1月
 - 
2012年3月
米国START (South Texas Accelerated Research Therapeutics) Phase I Unit クリニカルフェロー
 
2010年1月
 - 
2011年12月
米国テキサス大学オースティン校薬学部 薬物治療部 客員研究員
 
2005年7月
 - 
2009年12月
近畿大学医学部 内科学腫瘍内科部門 助教
 
2002年6月
 - 
2005年6月
国立がんセンター中央病院 内科 レジデント(治療開発部門)
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2007年3月
近畿大学 大学院医学研究科 医学系 腫瘍病態制御学
 
1993年4月
 - 
1999年3月
近畿大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
香港特別行政区 新薬第Ⅰ相臨床試験科学審査国外委員  The Consortium on Harmonization of Institutional Requirements for Clinical Research (CHAIR) Joint Scientific Committee Review Member for Phase 1 trials in Hong Kong, HKSAR
 
2012年4月
 - 
現在
日本臨床腫瘍学会  評議員
 
2013年4月
 - 
現在
日本臨床腫瘍学会  学術企画委員
 

受賞

 
2011年6月
ASCO(米国臨床腫瘍学会) 優秀賞 The clinical effect of the dual-targeting strategy involving PI3K/AKT/mTOR and RAS/MEK/ERK pathways in first-in-human phase 1 study
 

論文

 
Phase 1 study of new formulation of patritumab (U3-1287) Process 2, a fully human anti-HER3 monoclonal antibody in combination with erlotinib in Japanese patients with advanced non-small cell lung cancer
Shimizu T, Yonesaka K, Hayashi H, Iwasa T, Haratani K, Yamada H, Ohwada S, Kamiyama E, Nakagawa K.
Cancer Chemother Pharmacol   79(3) 489-495   2017年   [査読有り]
Shimizu T, Fukuoka K, Takeda M, Iwasa T, Yoshida T, Horobin J, Keegan M, Vaickus L, Chavan A, Padval M, Nakagawa K.
Cancer Chemother Pharmacol   77(5) 997-1003   2016年   [査読有り]
Shimizu T, Seto T, Hirai F, Takenoyama M, Nosaki K, Tsurutani J, Kaneda H, Iwasa T, Kawakami H, Noguchi K, Shimamoto K, Nakagawa K
Invest New Drugs   34(3) 347-354   2016年   [査読有り]
Toshio Shimizu, Patricia M. LoRusso , Kyriakos Papadopoulos, Amita Patnaik, Muralidhar Beeram, Lon S. Smith, Drew Rasco, Theresa A. Mays, Glenda Chambers, Anna W. Ma, Jing Wang, Robert Laliberte, Maurizio Voi, Anthony Tolcher
Clin Cancer Res   In press    2014年   [査読有り]
Shimizu T1, Tolcher AW, Papadopoulos KP, Beeram M, Rasco DW, Smith LS, Gunn S, Smetzer L, Mays TA, Kaiser B, Wick MJ, Alvarez C, Cavazos A, Mangold GL, Patnaik A
Clin Cancer Res   18(8) 2316-2325   2012年4月   [査読有り]
Okamoto I, Shimizu T, Miyazaki M, Tsurutani J, Ichikawa Y, Terashima M, Takeda M, Fumita S, Ohki E, Kimura N, Hashimoto J, Nakagawa K
Invest New Drugs   30(2) 639-646   2012年3月   [査読有り]
Yonesaka K, Zejnullahu K, Okamoto I, Satoh T, Cappuzzo F, Souglakos J, Ercan D, Rogers A, Roncalli M, Takeda M, Fujisaka Y, Philips J, Shimizu T, Maenishi O, Cho Y, Sun J, Destro A, Taira K, Takeda K, Okabe T, Swanson J, Itoh H, Takada M, Lifshits E, Okuno K, Engelman JA, Shivdasani RA, Nishio K, Fukuoka M, Varella-Garcia M, Nakagawa K, Jänne PA.
Sci Transl Med   3(99) 99ra86.-99ra86.   2011年9月   [査読有り]
Fujisaka Y, Yamada Y, Yamamoto N, Shimizu T, Fujiwara Y, Yamada K, Tamura T, Watanabe H, Sun YN, Bass MB, Seki M.
Cancer Chemother Pharmacol   66(5) 935-943   2010年10月   [査読有り]
Shimizu T, Okamoto I, Tamura K, Satoh T, Miyazaki M, Akashi Y, Ozaki T, Fukuoka M, Nakagawa K
Cancer Chemother Pharmacol   65(2) 243-250   2010年1月   [査読有り]
Yamamoto N, Yamada Y, Fujiwara Y, Yamada K, Fujisaka Y, Shimizu T, Tamura T
Jpn J Clin Oncol   39(4) 260-266   2009年4月   [査読有り]
Shimizu T, Yamamoto N, Yamada Y, Fujisaka Y, Yamada K, Fujiwara Y, Takayama K, Tokudome T, Klimovsky J, Tamura T
Cancer Chemother Pharmacol   61(5) 751-758   2008年4月   [査読有り]
Phase I study of combination therapy with S-1 and weekly docetaxel for advanced gastric cancer
Ozaki T, Tamura K, Satoh T, Kurata T, Shimizu T, Miyazaki M, Okamoto I, Nakagawa K, Fukuoka M
Anticancer Res   27(4C) 2657-2665   2007年7月   [査読有り]
Shimizu T, Satoh T, Tamura K, Ozaki T, Okamoto I, Fukuoka M, Nakagawa K
Int J Clin Oncol. 2007 Jun;12(3):218-23   12(3) 218-223   2007年6月   [査読有り]
Shimizu T, Sekine I, Sumi M, Ito Y, Yamada K, Nokihara H, Yamamoto N, Kunitoh H, Ohe Y, Tamura T
Jpn J Clin Oncol   37(3) 181-185   2007年3月   [査読有り]
Fujisaka Y, Horiike A, Shimizu T, Yamamoto N, Yamada Y, Tamura T
Jpn J Clin Oncol   36(12) 768-774   2006年12月   [査読有り]
Shimizu T, Yamada Y, Yasui H, Shirao K, Fukuoka M
Anticancer Res   25(4) 2997-3001   2005年7月   [査読有り]
Common toxicity criteria: version 2.0, an improved reference for grading the adverse reaction of cancer treatment
清水 俊雄, 西條 長宏
日本臨床   61(6) 937-942   2003年6月
分子標的治療の新展開
清水 俊雄, 西條 長宏
医薬ジャーナル   39(6) 67-72   2003年6月
非小細胞肺癌治療における新しい展開  3剤併用化学療法
清水 俊雄, 西條 長宏
呼吸器科   3(3)    2003年3月
薬剤師のための臨床講座 最近の抗がん剤治療 分子標的治療薬
清水 俊雄, 國頭 英夫
Pharmavision Pharmavision   7(1) 3-11   2003年1月

書籍等出版物

 
がん分子標的治療 2014年6月号(Vol.12 No.2)
清水俊雄 (担当:共著, 範囲:座談会 Theme 分子標的治療に対する自然耐性と獲得耐性とその克服)
メディカルレビュー社   2014年6月   
腫瘍内科 第13巻第6号(2014年6月発行)
清水俊雄 (担当:共著, 範囲:DDR2を標的としたがん治療の可能性)
科学評論社   2014年6月   
日本臨床 最新がん薬物療法学
清水俊雄 (担当:共著, 範囲:分子標的治療薬 1)低分子化合物 チロシンキナーゼ阻害薬(非受容体型))
日本臨床社    2014年2月   
腫瘍内科 第13巻第1号(2014年1月発行)
清水俊雄 (担当:共著, 範囲:RAS遺伝子変異陽性肺がんに対する治療の展望)
科学評論社   2014年1月   
腫瘍内科 第9巻第5号(2012年5月発行)
清水俊雄 (担当:共著, 範囲:早期新薬開発-米国Phase I Centerシステムから何をadoptさせるか)
科学評論社   2012年5月   
呼吸器科 第13巻第3号(2008年3月発行)
清水俊雄 (担当:共著, 範囲:現在開発中の分子標的薬剤(臨床開発の動向))
科学評論社   2008年3月   
呼吸器科 第3巻第3号(2003年3月発行)
清水俊雄 (担当:共著, 範囲:3 剤併用化学療法)
科学評論社   2003年3月   
呼吸器科 第2巻第6号(2002年12月発行)
清水俊雄 (担当:共著, 範囲:主な肺癌随伴徴候-上大静脈症候群,Pancoast腫瘍,Horner徴候など)
科学評論社   2002年12月   

講演・口頭発表等

 
A first-in-Asian phase I dose escalation study to evaluate the safety and pharmacokinetics of VS-6063 (defactinib), a focal adhesion kinase inhibitor in subjects with non-hematologic malignancies
Toshio Shimizu, Joanna Horobin, Hidemi Aida, Chiaki Hashii, Mitchell Keegan, Mahesh Padval, Anne Poli, Kazuhiko Nakagawa
The 73rd Annual Meeting of the Japanese Cancer Association (JCA)   2014年9月25日   
Phase I study of YM155, selective survivin suppressant plus elrotnib in patients with EGFR-mutant advanced non-small-cell lung cancer (NSCLC)
Toshio Shimizu 1, Isamu Okamoto 3, Kazuto Nishio 2, Kazuko Sakai 2, Kunio Okamoto 1,
The 12th Annual Meeting of Japanese Society of Medical Oncology   2014年7月18日   
Toshio Shimizu 1, Hidemi Aida 3, Chiaki Hashii 3, Kazuto Nishio 2, Kazuhiko Nakagawa
第22回日本乳癌学会学術集会 JBCS/JSMO Joint Symposium   2014年7月11日   
Toshio Shimizu
The 3rd Japan-Taiwan Phase I Oncology Conference (JTOPIC), Taipei, Taiwan   2014年4月20日   
Toshio Shimizu 1, Hidemi Aida 4, Chiaki Hashii 4, Kunio Okamoto 1, Kazuto Nishio 2, Tetsuya Mitsudomi 3, Morihiro Nomura 1, Ritsuko Ohnishi 1 , Kazuhiko Nakagawa 1
第11回日本臨床腫瘍学会学術総会   2013年8月29日   
Toshio Shimizu
Best of ASCO in Japan 2013    2013年7月4日   
Toshio Shimizu
The 2nd Japan-Taiwan Phase I Oncology Conference (JTOPIC), Taipei, Taiwan   2013年3月31日   
Personalizing cancer treatment of combined targeting of RAS/MEK and PI3K/AKT pathways in advanced cancer patients harboring simultaneous oncogenic alterations in both signaling pathways [招待有り]
Toshio Shimizu
The 17th JFCR-International Symposium on Cancer Chemotherapy (JFCR-ISCC)   2012年12月5日   
Symposium Session - Current Phase I Clinical Trials Programs in United States
Toshio Shimizu
The 50th Annual Meeting of the Japan Society of Clinical Oncology (JSCO)   2012年10月26日   
Best of ASCO in Japan 2012 Developmental therapeutics – Phase I
Toshio Shimizu
Best of ASCO in Japan 2012   2012年7月7日   
Combination of novel targeted drugs involving PI3K/AKT/mTOR pathway
Toshio Shimizu
The 4th West Japan Oncology Group International Symposium Fukuoka   2012年4月   
Combination treatment involving the PI3K pathway inhibitors [招待有り]
Toshio Shimizu
1st International Symposium on Personalized Medicine in Oncology   2012年2月22日   
First-in-human 「早期新薬開発~米国Phase I Centerシステムから何をadopt させるか」
清水俊雄
第12回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム   2012年2月18日   
Current infrastructures of U.S. Phase I Cente [招待有り]
Toshio Shimizu
12th Anti-Cancer Drug Development Forum   2012年2月18日   
The clinical effect of the dual-targeting strategy involving PI3K/AKT/mTOR and RAS/MEK/ERK pathways in first-in-human phase I study: The START Center experience
Toshio Shimizu
The 26th Aspen Cancer Conference Aspen, CO, USA   2011年7月   
The clinical effect of the dual-targeting strategy involving PI3K/AKT/mTOR and RAS/MEK/ERK pathways in first-in-human phase I study
Toshio Shimizu
American Society of Clinical Oncology (ASCO) 47th Annual Meeting, Chicago, IL, USA   2011年6月   
The First-in-Human, First-in-Class Study of CUDC-101, a Multi-Targeted Inhibitor of HDAC, EGFR, and HER2: A Phase I study in patients with advanced cancer
Toshio Shimizu
The 22nd EORTC-NCI-AACR symposium on "Molecular Targets and Cancer Therapeutics"   2010年11月   
Phase I dose-escalation study of continuously administered regorafenib (BAY 73-4506), an inhibitor of oncogenic and angiogenic kinases, in patients with advanced solid tumors
Toshio Shimizu
American Society of Clinical Oncology (ASCO) 46th Annual Meeting, Chicago, IL, USA   2010年6月   
Phase I study of sunitinib (SU) in combination with pemetrexed (Pem) in patients with advanced solid tumors
Toshio Shimizu
American Society of Clinical Oncology (ASCO) 45th Annual Meeting, Orlando, FL, USA   2009年6月   
当院における肺門・縦隔病変に対するコンベックス走査式超音波気管支鏡ガイド生検の検討
宮﨑 昌樹, 文田壮一, 寺嶋応顕, 武田真幸, 清水俊雄, 市川靖子, 米阪仁雄, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 福岡正博
第72回日本呼吸器学会第102回日本結核病学会近畿地方会   2008年12月   第72回日本呼吸器学会第102回日本結核病学会近畿地方会

競争的資金等の研究課題

 
<領域1-1>がんの最適医療(Precision Medicine)の実現に資するゲノム異常及びバイオマーカーの同定と臨床的有用性の検証 がん薬物療法におけるexceptional responseをもたらす遺伝子異常の研究と治療開発
日本医療研究開発機構(AMED): 平成29年度 「革新的がん医療実用化研究事業」
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 山本 昇
進行非小細胞肺癌を対象としたエルロチニブとYM155の分子標的治療薬併用第I相試験
厚生労働省研究事業 厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費): 難病・ がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業 (がん関係研究分野)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 中川 和彦