清水 遥

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 16:02
 
アバター
研究者氏名
清水 遥
 
シミズ ハルカ
所属
東北学院大学
部署
文学部 教育学科
職名
准教授
学位
博士(言語学)(筑波大学)
科研費研究者番号
20646905

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

論文

 
The organization of the senses of polysemy in Japanese EFL learners’ mental lexicon
Creative Education   9 353-367   2018年3月   [査読有り]
Generation of local and global bridging inferences in L2 reading comprehension
清水 遥
JACET Journal   59 75-92   2015年1月   [査読有り]
Discourse-based lexical inferencing in EFL reading: Focusing on depth of vocabulary knowledge and cue availability
ARELE   24 77-92   2013年3月   [査読有り]
Activation and encoding of bridging and predictive inferences in EFL reading comprehension
JACET Journal   54 33-52   2012年3月   [査読有り]
How Japanese EFL readers revise their situation models: Focusing on reading skills and the causal structure of texts
ARELE   23 105-120   2012年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
村野井仁(編)・遠藤恵利子・大山廉・清水遥・大友麻子・吉村富美子・中西弘・那須川訓也・渡部友子・バックレイフィリップ・遠藤健一・相田明子・ロングクリストファー・坪田益美 (担当:分担執筆, 範囲:第5章,第6章1~4節)
大修館書店   2018年7月   ISBN:4469246182
卯城 祐司(編), 星野由子, 髙木修一, 清水遥, 中川知佳子, 土方裕子, 長谷川佑介, 名畑目真吾, 木村雪乃, 濱田彰, 田中菜採, 森好伸, 細田雅也 (担当:分担執筆, 範囲:第4章「関連領域から見る初等外国語教育」)
ミネルヴァ書房   2018年3月   ISBN:4623081540
小学生のための英語教育研究グループ (担当:分担執筆, 範囲:p. 224)
誠文堂新光社   2016年12月   ISBN:9784416716311
卯城祐司(編著), 印南洋, 木村雪乃, 楠井啓之, 小泉利恵, 斉田智里, 清水遥, 鈴木修平, 寺島清一, 中川知佳子, 名畑目真吾, 深澤真, 星野由子, 松崎秀彰, 松下信之, 矢野賢 (担当:共著, 範囲:第2章3節「複数の文章を統合的に読む解く力」(pp. 30-35))
研究社   2012年9月   ISBN:9784327410827
卯城 祐司(編著), 甲斐あかり, 小泉利恵, 清水遥, 清水真紀, 中川知佳子, 星野由子 (担当:共著, 範囲:第2章「英語のテキスト構造」(pp. 33-47))
研究社   2009年12月   ISBN:4327410721

競争的資金等の研究課題

 
英文理解における5つの状況的次元の更新プロセス:視線計測を用いたアプローチ
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究 (B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 卯城祐司 (分担者:清水遥)
第二言語読解における推論の活性化・統合・妥当性プロセスの検証
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究 (B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 清水 遥
英文理解の破綻と修復プロセス:眼球運動測定研究に基づく読解指導への提案
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究 (B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 卯城祐司 (分担者:清水遥)
第二言語読解における大局的橋渡し推論の生成プロセスの検証
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究 (B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 清水 遥
第二言語読解における心的表象構築過程と段階的推論生成メカニズムの解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費 日本学術振興会特別研究員(DC2)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 清水 遥