下條 正仁

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/07 17:25
 
アバター
研究者氏名
下條 正仁
 
シモジョウ マサヒト
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/90591925.ja.html
所属
大阪大学
部署
大学院薬学研究科 創成薬学専攻
職名
特任准教授
学位
博士(薬学)(長崎大学)
ORCID ID
0000-0003-1859-4444

研究分野

 
 

経歴

 
1996年4月
 - 
1998年8月
University of Kentucky College of Medicine Postdoctoral Fellow
 
1998年8月
 - 
2002年12月
University of Kentucky College of Medicine Research Associate
 
2002年12月
 - 
2010年5月
University of Kentucky College of Medicine Assistant Professor
 
2010年6月
 - 
2015年6月
関西医科大学 医学部 講師
 
2015年7月
 - 
2016年3月
大阪医科大学 医学部 講師
 
2016年7月
 - 
現在
大阪大学 薬学部 特任准教授
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1990年3月
長崎大学 薬学部  
 
1990年4月
 - 
1992年3月
長崎大学大学院薬学研究科(博士課程前期修了)  
 
1992年4月
 - 
1995年3月
長崎大学大学院薬学研究科(博士課程後期修了)  
 

委員歴

 
2014年10月
 - 
現在
Austin Journal of Cancer and Clinical Research
 
2014年9月
 - 
2016年3月
Edorium Journal of Biochemistry  Editor-in-Chief
 
2014年9月
 - 
現在
Austin Journal of Lung Cancer Research  Editorial Board
 
2012年
 - 
2016年3月
Scientifica  Editorial Board
 

論文

 
Shimojo M, Kasahara Y, Inoue M, Tsunoda SI, Shudo Y, Kurata T, Obika S
Scientific reports   9(1) 7618   2019年5月   [査読有り]
Shimojo M, Shudo Y, Ikeda M, Kobashi T, Ito S
Molecular cancer research : MCR   11(10) 1258-1268   2013年10月   [査読有り]
Lu J, Yao I, Shimojo M, Katano T, Uchida H, Setou M, Ito S
Analytical and bioanalytical chemistry   406(5) 1387-1396   2014年2月   [査読有り]
Shudo Y, Shimojo M, Fukunaga M, Ito S
Life sciences   143 174-181   2015年12月   [査読有り]
Shimojo M
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   16(1) 90-100   2011年1月   [査読有り]
Bassuk AG, Wallace RH, Buhr A, Buller AR, Afawi Z, Shimojo M, Miyata S, Chen S, Gonzalez-Alegre P, Griesbach HL, Wu S, Nashelsky M, Vladar EK, Antic D, Ferguson PJ, Cirak S, Voit T, Scott MP, Axelrod JD, Gurnett C, Daoud AS, Kivity S, Neufeld MY, Mazarib A, Straussberg R, Walid S, Korczyn AD, Slusarski DC, Berkovic SF, El-Shanti HI
American journal of human genetics   83(5) 572-581   2008年11月   [査読有り]
Shimojo M
Neuroscience letters   398(3) 161-166   2006年5月   [査読有り]
Shimojo M, Hersh LB
Journal of neurochemistry   96(4) 1130-1138   2006年2月   [査読有り]
Hersh LB, Shimojo M
Life sciences   72(18-19) 2021-2028   2003年3月   [査読有り]
Shimojo M, Hersh LB
Molecular and cellular biology   23(24) 9025-9031   2003年12月   [査読有り]
Shimojo M, Hersh LB
Molecular and cellular biology   23 9025-9031   2003年12月   [査読有り]
Lee JH, Shimojo M, Chai YG, Hersh LB
Brain research. Molecular brain research   80 88-98   2000年8月   [査読有り]
Protein kinase A regulates cholinergic gene expression in PC12 cells: REST4 silences the silencing activity of neuron-restrictive silencer factor/REST.
Shimojo M, Paquette AJ, Anderson DJ, Hersh LB
Molecular and cellular biology   19 6788-6795   1999年10月   [査読有り]
Shimojo M, Wu D, Hersh LB
Journal of neurochemistry   71 1118-1126   1998年9月   [査読有り]
Tanaka H, Shimojo M, Wu D, Hersh LB
Journal of physiology, Paris   92 149-152   1998年4月   [査読有り]
Sasaki N, Izawa M, Shimojo M, Shibata K, Akiyama J, Itoh M, Nagaoka S, Carninci P, Okazaki Y, Moriuchi T, Muramatsu M, Watanabe S, Hayashizaki Y
DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes   4 387-391   1997年12月   [査読有り]
Sakakibara R, Kato M, Okamura N, Nakagawa T, Komada Y, Tominaga N, Shimojo M, Fukasawa M
Journal of biochemistry   122 122-128   1997年7月   [査読有り]
Shimojo M, Kakigi R, Hoshiyama M, Koyama S, Kitamura Y, Watanabe S
Neuroscience research   24 175-181   1996年1月   [査読有り]
Shimojo M, Sakakibara R, Ishiguro M
Biological & pharmaceutical bulletin   18 1637-1642   1995年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Encyclopedia of Cancer Chapter Title: RE1-Silencing Transcription Factor Edited by Dr. Manfred Schwab
下條 正仁 (担当:分担執筆, 範囲:RE1-Silencing Transcription Factor)
Springer   2017年   
Chapter 20 - Regulation of cholinergic gene expression by NRSF/REST Cholinergic Mechanisms: Function and Dysfunction
下條 正仁 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 20 -)
CRC Press   2004年   ISBN:1841840750
痛みの可塑性と慢性化 特集痛みとしびれのサイエンス─基礎と臨床
下條 正仁 (担当:分担執筆)
脊椎脊髄ジャーナル   2011年   

講演・口頭発表等

 
小細胞肺癌治療を目的とした核酸医薬の開発 [招待有り]
下條 正仁
第77回日本癌学会学術総会   2018年9月27日   
小細胞肺がんの新規治療薬の探索 [招待有り]
下條 正仁
第2回革新的バイオ研究開発シンポジウム   2017年1月20日   
小細胞肺がん治療を目的とした SRRM4 を標的とする Gapmer 型アンチセンス核酸の開発
下條 正仁
第36回メディシナルケミストリーシンポジウム   2018年11月29日   
小細胞肺癌特異的に異常発現するSerine/Arginine Repetitive Matrix 4(SRRM4)を標的としたアンチセンス核酸医薬の開発
下條 正仁
日本薬学会第139年会   2019年3月20日   
Development of therapeutic antisense oligonucleotide against small cell lung cancer.
下條 正仁
2018年9月30日   

競争的資金等の研究課題

 
小細胞肺がん治療を目的とした核酸医薬の探索
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 (AMED): 創薬支援ネットワーク
研究期間: 2015年4月       代表者: 下條 正仁
小細胞肺がん治療に向けた分子標的核酸医薬開発
大阪大学: Innovation Bridgeグラント創薬支援プログラム
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 下條 正仁
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 下條 正仁
神経因性疼痛における神経選択的スプライシングを標的とした発症機序解明
文科省・学振: 科研費/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 下條 正仁
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 下條 正仁
神経因性疼痛モデルマウスはDRG のL5-SNT(sciatic nerve transection)で作製し1週間後、疼痛モデルマウスよりDRGを摘出した。DRGにおける各遺伝子の発現解析は、DRGよりtotal RNAを抽出後、特異的primerを用いたqRT-PCRを用いて行った。用いたプライマーはREST、REST4、nSR100、CACNA2D1、CACNA2D2に特異的配列を選択し、コントロールとしてactinを用いた。その結果、nSR100とREST4の上昇が見られた。神経細...
患者由来iPS細胞を用いる神経変性疾患の病態解明と治療戦略
日本私立学校振興・共済事業団: 学術研究振興資金
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 下條 正仁(分担研究者)
新潟大学脳研究所: 平成23年度新潟大学脳研究所共同研究費
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 下條 正仁
Hereditary Disease Foundation: Hereditary Disease Foundation
研究期間: 2009年7月 - 2010年6月    代表者: 下條 正仁
Studies of novel REST/NRSF-Interacting LIM domain Protein (RILP) in Huntington’s Disease
NIH: 
研究期間: 2006年8月 - 2010年6月    代表者: 下條 正仁
Studies of novel REST/NRSF-Interacting LIM domain Protein (RILP) in Huntington’s disease.
Hereditary Disease Foundation: Hereditary Disease Foundation
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 下條 正仁

特許

 
特願2015-528247 : 小細胞肺がんの診断薬及び治療薬
下條 正仁
特願2018-144016 : オリゴヌクレオチドを含有する小細胞肺癌治療薬
下條 正仁、小比賀 聡、笠原 勇矢

社会貢献活動

 
Science Judge
【講師, 運営参加・支援】  Central Kentucky Regional Science And Engineering Fair  Central Kentucky Regional Science And Engineering Fair  2007年 - 2010年
Science Judge
【講師, 運営参加・支援】  Fayette County Public Schools District Science Fair  Fayette County Public Schools District Science Fair  2007年 - 2010年