下條 正仁

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/21 21:13
 
アバター
研究者氏名
下條 正仁
 
シモジョウ マサヒト
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/90591925.ja.html
所属
大阪大学
部署
薬学部
学位
博士(薬学)(長崎大学)
ORCID ID
0000-0003-1859-4444

研究分野

 

経歴

 
2016年7月
 - 
現在
大阪大学 薬学部
 
2015年7月
 - 
2016年3月
大阪医科大学 医学部 講師
 
2010年6月
 - 
2015年6月
関西医科大学 医学部 講師
 
2002年12月
 - 
2010年5月
University of Kentucky College of Medicine Assistant Professor
 
1998年8月
 - 
2002年12月
University of Kentucky College of Medicine Research Associate
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1990年3月
長崎大学 薬学部  
 
1990年4月
 - 
1992年3月
長崎大学大学院薬学研究科(博士課程前期修了)  
 
1992年4月
 - 
1995年3月
長崎大学大学院薬学研究科(博士課程後期修了)  
 

委員歴

 
2014年10月
 - 
現在
Austin Journal of Cancer and Clinical Research
 
2014年9月
 - 
現在
Edorium Journal of Biochemistry  Editor-in-Chief
 
2014年9月
 - 
現在
Austin Journal of Lung Cancer Research  Editorial Board
 
2012年
 - 
現在
Scientifica  Editorial Board
 

論文

 
Lu J, Yao I, Shimojo M, Katano T, Uchida H, Setou M, Ito S
Analytical and bioanalytical chemistry   406 1387-1396   2014年2月   [査読有り]
Shimojo M, Shudo Y, Ikeda M, Kobashi T, Ito S
Molecular cancer research : MCR   11 1258-1268   2013年10月   [査読有り]
Shimojo M
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   16 90-100   2011年1月   [査読有り]
Bassuk AG, Wallace RH, Buhr A, Buller AR, Afawi Z, Shimojo M, Miyata S, Chen S, Gonzalez-Alegre P, Griesbach HL, Wu S, Nashelsky M, Vladar EK, Antic D, Ferguson PJ, Cirak S, Voit T, Scott MP, Axelrod JD, Gurnett C, Daoud AS, Kivity S, Neufeld MY, Mazarib A, Straussberg R, Walid S, Korczyn AD, Slusarski DC, Berkovic SF, El-Shanti HI
American journal of human genetics   83 572-581   2008年11月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Proteomic approach of nitrated tyrosine residues of protein kinase G-Ia.
下條 正仁
第36回日本分子生物学会年会(神戸国際会議場)   2013年12月3日   
Pituitary adenylate-cyclase activating polypeptide (PACAP) is possibly regulated by RE1-silencing transcription factor (REST/NRSF) isoform in neuropathic pain.
下條 正仁
第36回日本分子生物学会年会(神戸国際会議場)   2013年12月3日   
Small cell lung cancer (SCLC)-specific RE1-silencing transcription factor (REST) isoform is regulated by neural-specific Ser/Arg repeat-related protein of 100 kDa (nSR100/SRRM4).
下條 正仁
第36回日本分子生物学会年会(神戸国際会議場)   2013年12月3日   
Proteomic approach of nitrated tyrosine residues of protein kinase G-Ia.
下條 正仁
43rd Annual Meeting of Society for Neuroscience (San Diego, CA)   2013年11月9日   
Pituitary adenylate-cyclase activating polypeptide (PACAP) is possibly regulated by RE1-silencing transcription factor (REST/NRSF) isoform in neuropathic pain.
下條 正仁
43rd Annual Meeting of Society for Neuroscience (San Diego, CA)   2013年11月9日   

競争的資金等の研究課題

 
患者由来iPS細胞を用いる神経変性疾患の病態解明と治療戦略
日本私立学校振興・共済事業団: 学術研究振興資金
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 下條 正仁(分担研究者)
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 下條 正仁
神経因性疼痛における神経選択的スプライシングを標的とした発症機序解明
文科省・学振: 科研費/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 下條 正仁
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 下條 正仁
神経因性疼痛モデルマウスはDRG のL5-SNT(sciatic nerve transection)で作製し1週間後、疼痛モデルマウスよりDRGを摘出した。DRGにおける各遺伝子の発現解析は、DRGよりtotal RNAを抽出後、特異的primerを用いたqRT-PCRを用いて行った。用いたプライマーはREST、REST4、nSR100、CACNA2D1、CACNA2D2に特異的配列を選択し、コントロールとしてactinを用いた。その結果、nSR100とREST4の上昇が見られた。神経細...
新潟大学脳研究所: 平成23年度新潟大学脳研究所共同研究費
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 下條 正仁