下栗大右

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/29 03:36
 
アバター
研究者氏名
下栗大右
eメール
crihiroshima-u.ac.jp
所属
広島大学
科研費研究者番号
40432687

委員歴

 
2015年6月
   
 
広島県消防学校  外来講師
 
2015年4月
 - 
2018年3月
日本燃焼学会  日本燃焼学会誌編集委員会
 
2015年4月
 - 
2015年10月
日本燃焼学会  日本燃焼学会夏期研究会
 
2015年4月
 - 
2016年3月
日本燃焼学会  小委員長 先進的燃焼技術の調査研究委員会
 
2014年4月
 - 
2015年3月
日本燃焼学会  小委員 先進的燃焼技術の調査研究委員会
 

受賞

 
2009年5月
6th Asia-Pacific Conference on Combustion, Conference Chair The Young Investigator Prize For the paper:PIV Measurements on a 2-inch Tubular Flame Burner
 
For the paper: PIV Measurements on a 2-inch Tubular Flame Burner
2011年4月
日本機械学会 奨励賞 回転流中に形成される予混合火炎の研究,具体的には管状火炎燃焼やボルテックスバースティングに関する研究について,一連の研究業績が認定
 
2013年12月
一般社団法人日本燃焼学会会長 日本燃焼学会奨励賞
 
渦流中の火炎特性に関する基礎的研究(急速混合型管状火炎の特性とその制御,高周波振動燃焼の解析,ボルテックスバースティング現象)に関する顕著な業績があり,燃焼研究の発展に多大な貢献をしたため。
2005年3月
自動車技術会 大学院奨励賞 急速混合型管状火炎燃焼に関する研究
 
2002年11月
航空宇宙学会西部支部 優秀講演賞 管状火炎を用いた保炎法による振動燃焼の抑制
 

論文

 
Flame Stabilization with a Tubular Flame
下栗 大右
PROCEEDINGS OF THE COMBUSTION INSTITUTE   30 399-466   2005年1月   [査読有り]
Rapidly-Mixed Combustion in a Tubular Flame Burner
satoru ishizuka
International symposium on combustion   31    2006年4月   [査読有り]
Shimokuri, Daisuke; Honda, Yuuya; Ishizuka, Satoru
PROCEEDINGS OF THE COMBUSTION INSTITUTE   33 3251-3258   2011年   [査読有り]
A flame propagation in a small-diameter tube has been experimentally investigated with use of small-diameter tubes and swirl injectors for methane and propane/air mixtures. Results show that, in a 3.6 mm tube, a flame can propagate rapidly along t...
Shimokuri, Daisuke; Karatsu, Yuuji; Ishizuka, Satoru
PROCEEDINGS OF THE COMBUSTION INSTITUTE   34 3403-3410   2013年   [査読有り]
A flame propagation in a small diameter tube has been experimentally investigated with use of two meso-scale combustors. Methane was used as fuel, and four inert gases, Ar, N-2, He and CO2 were used as diluents. Results show that, in the large dia...
Shimokuri, Daisuke; Fukuba, Shinichi; Ishizuka, Satoru
PROCEEDINGS OF THE COMBUSTION INSTITUTE   35 3573-3580   2015年   [査読有り]
The Fuel-NOx emission from the oxy-fuel combustion has been experimentally investigated using CH4/O-2/CO2 mixture as a model of the oxy-fuel combustion with FGR, and using NH3 as a model of fuel-N. With a tubular flame burner, effects of the oxyge...

書籍等出版物

 
Momentum press   2014年4月   ISBN:1606503030

講演・口頭発表等

 
Development of Detailed Surface Reaction Database for TWC Based on Gas Phase and Surface Species Analyses
下栗大右
The 9th international conference on modeling and diagnostics for advanced engine systems   2017年7月30日   日本機械学会
In this study, a detailed chemical kinetic database of NO/ CO/ O2 surface reaction on Rh/ Al2O3 has been constructed based on the measurements of gaseous / surface species. The gaseous species at the upstream and downstream of the monolithic cata...
Autonomous Power System Using Small Scale Vortex Combustor [招待有り]
Daisuke SHIMOKURI
Power MEMS 2017   2017年11月14日   Power MEMS
Micro and meso scale combustors have attracted considerable attention as one of energy conversion media of liquid (or liquefied) hydrocarbon fuels which possess almost 100 times larger energy density than the conventional batteries. Then, in this...
Development of Powerful Miniature System with Heat Transfer Controlled Vortex ombustor and Thermo Electric Device
Daisuke SHIMOKURI
PowerMEMS 2017   2017年11月4日   POWERMEMS
One of the advantage of the miniature vortex combustor is high heating efficiency which comes from rapid heat transfer by the vortex flow, however, this may attribute to the decrease of the wall temperature, and hence, the flame temperature. Then...

競争的資金等の研究課題

 
半径方向・周方向モード音響学的共鳴振動燃焼の発振メカニズム解明と制御
広島大学藤井研究助成基金: 広島大学藤井研究助成基金
研究期間: 2011年 - 2012年
文部科学省: 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 石塚 悟
連続可変型の多段燃焼と燃焼ガスの自己再循環を用いて,超低NOxバーナの実現を目指した.これを達成するため,新しい火炎素である管状火炎を取り入れたバーナを使用し,空気と燃料の速度比を変えることで空間的に燃料濃度の分布のある燃焼場を形成させ,さらにまた,高速で管内に接線方向に吹き込むガスのエジェクター効果を用いて燃焼ガスの自己再循環流を発生させた.その結果,簡単な仕組みのバーナで,メタン燃料に対し,空気比 1.4 で NOx 排出値を 10ppm まで低減できた.
文部科学省: 科学研究費助成事業(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 下栗 大右
本研究では,細管内に形成された渦流中を伝播する火炎を対象に,伝播限界に対する細管内径,および混合気の熱・輸送物性の影響を定量的に調べ,伝播発生・伝播限界のメカニズムについて詳細な検討を行った.結果,渦流中では通常の火炎伝播の限界値である消炎直径,および可燃限界を超えて火炎が伝播可能であることを明らかにし,さらには,その伝播限界拡張/縮小のメカニズム,すなわち燃焼速度が低く,ルイス数が1より小さい場合,細い火炎が形成される上,火炎先端の燃焼強度が強められ,渦流によって火炎伝播が促進されること...
マイクロ渦流燃焼器を利用した超小型・高出力電源の開発
岩谷科学技術研究助成: 岩谷科学技術研究助成
研究期間: 2012年 - 2013年
管状火炎燃焼による超小型・高速昇温のガス方式ヒーターの開発
日本ガス協会: 日本ガス協会大学助成
研究期間: 2014年 - 2015年