Kazunori Shimura

J-GLOBAL         Last updated: Jun 12, 2015 at 11:11
 
Avatar
Name
Kazunori Shimura
Affiliation
Hokkaido University

Research Areas

 
 

Misc

 
NAKAMURA Takuro, HORIGUCHI Takashi, SHIMURA Kazunori, ISHII Tuyoshi
Concrete research and technology, Japan Concrete Institute   21(1) 63-72   Jan 2010
SUGIYAMA Takafumi, SHIMURA Kazunori, HATAKEDA Daiki
Doboku Gakkai Ronbunshuu E   67(3) 351-360   2011
 High-resolution-type X-ray CT is used to investigate the pore structure of air entrained mortars (AE mortar). Pore size distribution, pore spacing factors and air contents are calculated based on the results of three dimensional image analysis. T...
NAKAMURA Takuro, HORIGUCHI Takashi, SHIMURA Kazunori
Proceedings of the Japan Concrete Institute   29(2) 313-318   Jul 2007
近自然型工法による河川護岸の材料としてポーラスコンクリートが注目されているが,施工歴が浅く耐久性に関する研究及び長期的な調査報告例が少ない。本研究ではポーラスコンクリートの耐凍害性を把握する目的で寒冷地に施工されたポーラスコンクリート河川護岸ブロックに対し調査を行うとともに,同配合の供試体による各種凍結融解試験を行った。これらの結果より同護岸ブロックは顕著な劣化もなく耐凍害性を保持していることを確認した。
迫井 裕樹, 下田 光輝, 志村 和紀, 堀口 敬
Proceedings of the Japan Concrete Institute   29(1) 1029-1034   Jul 2007
コンクリート構造物の耐久性に関する要因の多くは,物質移動(水分,気体およびイオン)と関連している。特にイオンの浸透・拡散は,硬化体中における水の移動と関連性が高いことが知られている。応力が作用したコンクリート内部は,ひび割れが生じており,物質移動は応力が作用しない状態とは異なると考えられる。これまでに応力作用下における塩化物イオンの浸透性について,実験的検討を行ってきたが,ここでは同様に応力作用が透水に及ぼす影響を検討するとともに,塩化物イオン拡散係数との関連性について検討を行うものである。
SUHAENDI Soften L., WATANABE Kazuo, SHIMURA Kazunori, HORIGUCHI Takashi
Proceedings of the Japan Concrete Institute   29(1) 387-392   Jul 2007