Shin Murata

J-GLOBAL         Last updated: Nov 7, 2018 at 17:04
 
Avatar
Name
Shin Murata
E-mail
muratas3944gmail.com
Affiliation
Kyoto Tachibana University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Effect of auditory neurofeedback training on upper extremity function and motor imagery ability in a stroke patient: A single case study
Nakano H, Kodama T, Murata S, Nakamoto T, Fujihara T, Ito Y
International Journal of Clinical Research & Trials   3 1-5   Aug 2018   [Refereed]
Koda H, Kai Y, Murata S, Osugi H, Anami K, Fukumoto T, Imagita H
Journal of aging and physical activity   26(3) 457-461   Jul 2018   [Refereed]
Effect of hand massage on occupational leg swelling and resting-state electroencephalographic activity: A randomized cross-over study
Nakano N, Kodama T, Sakamoto M, Ueda T, Tani T, Mori I, Murata S
International Journal of Clinical Research & Trials   3 1-5   Jun 2018   [Refereed]
Nonaka K, Murata S, Shiraiwa K, Abiko T, Nakano H, Iwase H, Naito K, Horie J
Healthcare (Basel, Switzerland)   6(3)    Jun 2018   [Refereed]
Nakano H, Kodama T, Ukai K, Kawahara S, Horikawa S, Murata S
Brain sciences   8(5)    May 2018   [Refereed]

Misc

 
高齢者における僧帽筋の筋硬度が肩甲骨運動におよぼす影響
政所 和也, 甲斐 義浩, 古後 晴基, 村田 伸, 岩瀬 弘明, 後藤 昌史
ヘルスプロモーション理学療法研究   8(2) 47-50   Jul 2018
本研究は、僧帽筋の筋硬度が肩甲骨運動におよぼす影響について検討した。対象は、肩疾患を有さない高齢者女性24名とした。筋硬度の測定部位は僧帽筋上部、僧帽筋中部、僧帽筋下部の3点とした。運動課題は肩甲骨面挙上とし、上肢挙上角30°から120°の範囲で肩甲骨上方回旋角、肩甲骨後傾角、および肩甲骨外旋角を抽出した。各測定部位の筋硬度(mean±SD)は、僧帽筋上部:1.0±0.2N、僧帽筋中部:1.2±0.2N、僧帽筋下部:1.5±0.1Nであった。僧帽筋下部の筋硬度と上肢挙上90°(rs=-0....
辻井 優衣, 村尾 太郎, 岩瀬 弘明, 白岩 加代子, 安彦 鉄平, 堀江 淳, 内藤 紘一, 村田 伸
ヘルスプロモーション理学療法研究   8(2) 65-70   Jul 2018
本研究の目的は、地域在住女性高齢者における最速歩行時の歩行パラメータと身体機能との関連を明らかにすることである。体力測定会に参加した地域在住女性高齢者96名(平均年齢:73.7±5.7歳)を対象に、最速歩行時の歩行パラメータと下肢筋力や立位バランスなどの身体機能を計測した。重回帰分析の結果、歩行パラメータに独立して関係する因子として抽出された項目は、最大歩行速度では、trail making test(TMT)、30-second chair-stand test(CS-30)、開眼片脚立...
内側型変形性膝関節症患者に対する膝内反軽減シューズの患者立脚型QOLに関する効果
安彦 鉄平, 村田 伸, 甲斐 義浩, 中野 英樹, 松尾 大, 川口 道生, 松本 武士, 吉浦 勇次, 角 典洋
ヘルスプロモーション理学療法研究   8(2) 71-75   Jul 2018
本研究は、考案した膝内反軽減シューズを1ヵ月間履いて歩くことによって、変形性膝関節症患者の患者立脚型QOLである日本版膝関節症機能評価尺度(JKOM)が改善するか否かを検証した。対象は、変形性膝関節症患者20名(すべて女性:平均年齢63.8±7.1歳)とした。介入の効果検証にはベースライン期(A)とそれに続く介入期間(B)を設定して、その測定値を比較するABデザインを採用した。一般の運動シューズを履いて生活してもらった1ヵ月間の統制期間に比べて、膝内反軽減シューズを1ヵ月間履いて生活しても...
大腿中央前面筋厚・脂肪厚、大腿周径、大腿前面筋硬度測定の再現性および膝伸展筋力との関連
小林 佐季, 乕若 あかり, 野中 紘士, 安彦 鉄平, 白岩 加代子, 堀江 淳, 村田 伸
ヘルスプロモーション理学療法研究   8(2) 85-89   Jul 2018
本研究は、大腿中央前面筋厚(以下、筋厚)・脂肪厚(以下、脂肪厚)、大腿周径、大腿前面筋硬度(以下、筋硬度)測定の検者内・検者間再現性と膝伸展筋力との関連を検討した。対象は、健常成人20名(平均年齢:男性20.1±0.3歳、女性20.2±0.4歳)の両下肢計40脚であり、筋厚、大腿周径、筋硬度を各2回ずつ測定し級内相関係数を求め、検者内・検者間での再現性を検討した。また、膝伸展筋力と各項目との相関をPearsonの積率相関係数を求めて検討した。その結果、筋厚、脂肪厚、大腿周径の再現性は、男女...
変形性膝関節症患者に対する膝内反軽減シューズの効果 歩行に及ぼす影響
村田 伸, 甲斐 義浩, 安彦 鉄平, 中野 英樹, 松尾 大, 川口 道生, 松本 武士, 吉浦 勇次, 角 典洋
保健の科学   60(5) 349-354   May 2018
変形性膝関節症と診断した16人(女性、52〜78歳)を対象とし、外出する際には必ず膝内反軽減シューズを着用するよう義務付けた。効果検証には、ベースライン期(A)とそれに続く介入期間(B)を設定し、その測定値を比較するABデザインを採用した。測定は、歩行分析と膝の痛みの評価を行ったが、ベースライン開始時、ベースライン終了時(介入開始時)、介入終了時の3回実施した。歩行速度・ストライド長・歩幅の3項目は、ベースライン開始時およびベースライン終了時(介入開始時)と比べて、介入終了時に有意に数値が...

Conference Activities & Talks

 
Effect of finger rhythmic movement training on freezing of gait in Parkinson's disease patients: a study protocol
Nakano H, Murata S, Kodama T, Nakae H, Soma M
International Parkinson and Movement Disorder Society   Oct 2018   
Effect of insoles with toe-grip bar on toe function and standing balance in young women
Nakano H, Murata S, Abiko T, Sakamoto M, Matsuo D, Kawaguchi M, Sugo Y, Matsui H
International Conference on Healthcare & Life-Science Research   Nov 2017   
Gait Characteristics of the Elderly Showing
Shin Murata
European Association of Developmental Psychology   Aug 2017   
The Relationship of Physical and Cognitive Factors with Falls in the Elderly Disabled at Home:One Year Follow-Up Study
Shin Murata
Aug 2015   
Epidemiological study of factors associated with subjective well-being of community-dwelling elderly persons
Shin Murata
13th International Congress of Behavioral Medicine   Aug 2014