宮田信吾

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/10 15:14
 
アバター
研究者氏名
宮田信吾
 
ミヤタ シンゴ
URL
http://www.med.kindai.ac.jp/toyo/study/index.html
所属
近畿大学
部署
東洋医学研究所 分子脳科学研究部門(基礎研究部門)
職名
教授
学位
博士(医学)(大阪大学)

プロフィール

うつ病などの精神神経症状の発症機構、慢性ストレス応答における神経細胞とグリア細胞の役割、オリゴデンドロサイト成熟化機構、Neuron-Glia相互作用、神経回路形成・成熟化、海馬歯状回の成熟レベルと精神疾患、新規うつ病治療薬の探索、統合失調症発症機構、神経変性疾患の発症機構、ホヤ神経系を用いた神経発生学的研究、ガンと免疫の基礎研究、漢方薬の作用機序解明、神経細胞樹状突起における局所的翻訳機構、脳におけるタンパクメチル化の意義、小胞体ストレス・ゴルジストレスの分子機序などの研究を行い、それぞれの科学的基盤形成を目指しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
近畿大学 東洋医学研究所 分子脳科学研究部門(基礎研究部門) 教授
 
2012年4月
 - 
2016年3月
近畿大学 東洋医学研究所 分子脳科学研究部門 准教授
 
2006年4月
 - 
2012年3月
大阪大学 子どものこころの分子統御機構研究センター 特任助教(兼任)
 
2005年4月
 - 
2012年3月
大阪大学大学院 医学系研究科 神経機能形態学講座(旧 第二解剖) 助教
 
2002年4月
 - 
2005年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2005年3月
大阪大学大学院 医学系研究科  博士課程
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
日本解剖学会  代議員
 
2017年
 - 
現在
日本生化学会 近畿支部  幹事
 
2016年
 - 
現在
日本自律神経学会  評議員
 
2016年
 - 
現在
日本生化学会  評議員
 
2013年
 - 
現在
日本神経化学会  評議員
 

受賞

 
2016年
近畿大学 医学会賞
 
2014年
近畿大学 医学会賞
 
2013年
近畿大学医学会 一般演題優秀賞
 
2000年
日本薬学会 第120年会 講演ハイライト 採択
 

論文

 
Shimizu S, Ishino Y, Tohyama M, Miyata S.
Scientific Reports   8(1) 7644   2018年5月   [査読有り]
Tanaka T, Shimizu S, Ueno M, Fujihara Y, Ikawa M, Miyata S.
EBioMedicine   30 62-73   2018年4月   [査読有り]
Miyata S, Taniguchi M, Koyama Y, Shimizu S, Tanaka T, Yasuno F, Yamamoto A, Iida H, Kudo T, Katayama T, Tohyama M
Scientific reports   6 23084   2016年3月   [査読有り]
Miyata S, Yoshikawa K, Taniguchi M, Ishikawa T, Tanaka T, Shimizu S, Tohyama M
Biochemical and biophysical research communications   464(1) 76-82   2015年8月   [査読有り]
Tohyama M, Miyata S, Hattori T, Shimizu S, Matsuzaki S
Anatomical science international   90(3) 137-143   2015年6月   [査読有り]
Shimizu S, Tanaka T, Tohyama M, Miyata S
Brain research bulletin   114 49-55   2015年5月   [査読有り]
Shimizu S, Tanaka T, Takeda T, Tohyama M, Miyata S
BioMed research international   2015 797280   2015年   [査読有り]
Miyata S, Hattori T, Shimizu S, Ito A, Tohyama M
BioMed research international   2015 492367   2015年   [査読有り]
Tanigawa T, Kanazawa S, Ichibori R, Fujiwara T, Magome T, Shingaki K, Miyata S, Hata Y, Tomita K, Matsuda K, Kubo T, Tohyama M, Yano K, Hosokawa K
BMC complementary and alternative medicine   14 133   2014年4月   [査読有り]
Maeda T, Taniguchi M, Shingaki K, Kanazawa S, Miyata S
Acupuncture in medicine : journal of the British Medical Acupuncture Society   32 90-92   2014年2月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ストレス科学事典
宮田信吾、遠山正彌、他 (担当:分担執筆)
実務教育出版   2011年   

講演・口頭発表等

 
脳内化学物質変化から捉える脳機能と疾患 [招待有り]
宮田信吾
近畿大学サイエンス・シンポジウム 躍動する物質科学・脳科学の最前線〜次世代の化学者への提言〜   2019年3月   
分子生物学を用いた最先端研究〜神経科学研究から創薬まで〜 [招待有り]
宮田信吾
日本分子生物学会 講師派遣事業   2017年12月   
うつ病発症における脳白質構造変化とオリゴデンドロサイト機能変化の関連
宮田信吾、清水尚子、石野雄吾、山本彬世、川上あゆみ、遠山正彌
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ComBio2017)   2017年12月   
Molecular mechanisms of the onset of neuropsychiatric disorders by the changes in glial functions.
Shingo Miyata, Shoko Shimizu, Yugo Ishino, Masaya Tohyama.
The 60th Annual Meeting of the Japanese Society for Neurochemistry.   2017年9月   
精神疾患関連分子によるオリゴデンドロサイト発達制御
宮田信吾、清水尚子、服部剛志、遠山正彌
第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会 合同年会   2016年9月   
脳白質機能変化とうつ病発症の関連性〜マウスモデル動物からヒトうつ病患者まで〜 [招待有り]
宮田信吾
神戸大学大学院医学系研究科 先端医学トピックス   2016年7月   
漢方薬はなぜ効くか?〜基礎医学から〜 [招待有り]
宮田信吾
第22回日本女性心身医学会研修会・講演   2016年2月   
うつ病発症に関わるオリゴデンドロサイトの機能異常に関する研究
宮田信吾、清水尚子、田中貴士、松村彬世、川上あゆみ、鹿島美恵子、遠山正彌
BMB2015, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会   2015年12月   
Plasma corticosterone regulates cadherin superfamily molecules in oligodendrocytes in the mouse corpus callosum
Shingo Miyata, Keiko Yoshikawa, Manabu Taniguchi, Toshiko Ishikawa, Takashi Tanaka, Shoko Shimizu, Masaya Tohyama
第20回グリア研究会   2015年12月   
慢性ストレス応答と抑肝散による自律神経系制御の可能性
宮田信吾、清水尚子、田中貴士、松村彬世、川上あゆみ、遠山正彌
第68回日本自律神経学会総会   2015年10月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
腸内細菌叢・脳軸からみた月経前症候群への新治療戦略
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 武田卓
ストレス性精神症状改善に向けた抑肝散によるmicroRNA制御機構の解明
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 遠山正彌
慢性ストレス応答に関連する脳内PI3Kシグナルの重要性
公益財団法人 日本応用酵素協会: 酵素研究助成
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 宮田信吾
オリゴデンドロサイト機能異常よるうつ病発症機構へのタンパクメチル化の関与
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 宮田信吾
細胞増殖や浸潤シグナル経路を抑制する生薬成分の探索・同定
国立大学法人 富山大学和漢医薬学総合研究所: 共同利用・共同研究:探索研究プロジェクト
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 宮田信吾